Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

 毎日送られてくる沖縄キャンプレポート@YouTubeでガンバ不足を補っています。誰がいて、誰がいないか、誰が楽しそうで、誰が緊張しているか、チェックに忙しい。
 とりあえず(本当は緊張しているんだろうけれど)福岡選手とウェリントン・シウバ選手がやたらと楽しそうで、意外なことに福田選手がなんかもう疲れているみたいだなってことはチェック。新加入選手はみんな「ザ・緊張」でこわばっていて、いやいや、そこまでわかりやすく緊張せんでもいいから、と肩を叩きたくなる。あと、セジョン選手が「今年はやったるで」の雰囲気を漂わせていて、それも期待を盛り上げてくれます。
 今年のキャプテンは誰になるのだろうか? 私は倉田選手を指名したいところ。でも、昌子選手かもなー。そろそろ三浦選手を解放してあげて欲しいような。

 キャンプレポート見ながら、ふと思い出したのが、合宿とかキャンプって辛いこともいっぱいあるけれど、楽しい思い出もいっぱいだなということです。
 私は高校生くらいまでほんっとに運動神経がなくて、不器用で、体育嫌いで、体育の時間になると緊張してこわばって、だから余計にできなくて劣等感いっぱいでした。でも、からだを動かすのは好きだったし、運動で汗をかくことは楽しかった。速く走れなくても、高く跳べなくても、ダンスなんかまるでリズムが取れなくても、ボールがまるで違うところに飛んでいってしまっても、笑えるほどからだが柔軟じゃなくても、からだを動かすこと自体はとても楽しかった。そして、「楽しい」という記憶をからだに染み付かせることが重要だなと思うのです。
 体育の評価が、通信簿で10段階で6とかだった私だけれど(体育に6以下の評価はつかなかったので、つまりは最低の成績ってこと)、今もウォーキングに太極拳に筋トレに、とからだを動かすのに忙しいのは、楽しかったという記憶があるからこそ。
 だから子供たちに運動とかスポーツを教える人たち、もしくは体育が得意なエリートたちに言いたい。
 どれほどドンくさくても、どれほど下手でも、それを馬鹿にして笑ったり、できないことを叱ったりしないでほしい。
 うまいとか下手とか、そんなことはどうだっていい。形ができなくても、すぐに疲れて座り込んだりしても、あたたかく見守ってあげてほしい。ただただ「からだを動かすのって、ほんと楽しいよね」ということを記憶させてあげること。それが大事なんじゃないか。
 私はどこで楽しいことがすり込まれたかを毎日考えていて、思い出したのが小学5年生から参加していたガールスカウトのサバイバルキャンプのこと。あれは11歳の子供に体験させるには酷じゃないですか、というほどのサバイバル訓練でした。11歳から16歳までの女子だけで(女子大生のインストラクターはついたが)、テントを張り、炉を作り、(晴れていれば)マッチを使わず火を起こし、近所に流れる川の水が飲めるかどうか水質を確かめた上でわかして飲み水を作り、なんといってもトイレも自分たちで作ったこと。
 あの4泊5日のキャンプで、ひたすら自分のからだを使って「生きる」ことを学んだような気がします。何年か続けて毎年キャンプに参加するうちに、「そうか、からだって生きるために使うんだ」という当たり前で根源的なことがわかってくるのです。そしてそれが、めちゃくちゃに疲れるけれど、めちゃくちゃに楽しかった。
 もう二度とやりたくない、来年はもう行かない、と思いながら、重いリュックを背負って帰ってきて、解散式でなぜかみんな抱き合って号泣し、ありがとう、お世話になりました、とか挨拶し、数日後にまた片付けのために集まって「来年はもっとこのへんを訓練してから行こう」とか反省会をして、翌週から一年後に向けて訓練を始めてしまう。
 速く走る、高く跳ぶ、強くボールを蹴る、うまく踊ることだけが運動じゃない。速く、強く、うまくできる人のためだけに、スポーツはあるのではない。
 からだを動かすのって楽しいね、そして生きるためにはからだを動かさなくちゃね、ということを知るために運動はある、のだと私は思う。

 プロ選手のキャンプとはまるで違うことを書いてしまったのですが、つまり、何が言いたいかというと、そりゃもちろん甘っちょろいことを言ってるんじゃないよ、と言われそうだけれど、何はさておいても「楽しんでください」ということです。
 キャンプが楽しめたら、きっと楽しいシーズンになるはず。そう期待しています。
 

やっとキックオフ・イベントをYouTubeで見ることができました。以下、箇条書きで感想を書いておきます。

1)片野坂監督の誠実さに心打たれる。
 実は監督がまだガンバのコーチをなさっていたとき、偶然なんですが間近でお姿を拝見し、というかご挨拶をしたことがあります。もちろん通りすがりに「こんにちは」「お世話になっております」程度の挨拶をしただけでしたが、こんな一サポにすぎない私にまで、少し立ち止まって頭を下げられたことを、イベントのインタビューを見ていて思い出しました。
「最初から優勝を狙うとはいえない、まずは優勝争いができるチームにしたい」
 この言葉に心鷲掴みされましたよ。そういう言葉が聞きたかった。
選手に最初に挨拶された時「まずガンバに残ってくれた選手にありがとう、ガンバに来てくれた選手にありがとう、と伝えた」とのこと。この言葉に、またまた心鷲掴みされました。
 決して派手ではないし、言葉を選んでゆっくりお話になっているけれど、中にとても熱いものを持っていらっしゃるのだろうなあ、ととてもよくわかるお話ぶりで、なんというか「信頼しています! ついていきます!」と言いたくなりました。
 2022年シーズンからものすごい飛躍をとげることはないかもしれない。でも、ゆっくりとでいいので、強いガンバを作り上げていってほしいです。

2) 山見選手と坂本選手のガツガツ感に期待する。
 中村選手も含めて、この三人はもうJ(J3含む)の試合経験があるし、山見選手なんかゴールも決めちゃってるし、だから当然なのかもしれないけれど、いい意味でふてぶてしい。初々しさではなく、ふてぶてしさを感じさせる新人選手って、ちょっと記憶にないです。もちろん目の前の山は険しいでしょうが、大丈夫、ふてぶてしく乗り越えていってください。

3)(ガンバと直接関係ないけれど)前園さんの司会のうまさにびっくり。
 的確な質問で話を引き出し、盛り上げるエピソードを紹介して、決して話している人にかぶらずに話を聞き出すうまさ。ほとんどかまずにニュース解説者のようによどみのない進行ぶりに、ほほーと感心しました。

4)新ロゴはまだ慣れないなあ。
 毎回「え? これどこのチーム?」と思ってしまう自分。ユニのデザインがあまり変わってないので助かるけれど、これ、もしユニまで大幅チェンジされていたら、ガンバかどうかわからなくなってしまうかも。慣れるまでに少し時間がかかりそうです。

5)シーズン開幕が楽しみ!
 たしかに「うわっ!」という補強はなかったし、これからたいへんかもね、と思わないでもないけれど、でも今シーズンこそ「新生ガンバ!」の萌芽くらいは見られそうな期待感を抱かせるのに十分なキックオフ・イベントでした。
 開幕が楽しみです。 

 年があらたまってからこちらでご挨拶もしないうちにもう松の内があけてしまいました。
 たいへん遅ればせながらですが、みなさま、今年もグラマラスライフをどうぞよろしくお願いいたします。
 さて、実行できるかどうかはさておき、今年の私の目標を書いておきたいと思います。

1)生活するにあたって軸足を「仕事」に置く。
「仕事」と「カッコ」をつけたのは、私の本職であり、労働の対価を金銭で得ている「モノを書く仕事(翻訳を含む)」だけでなく、ボランティアとしてやっていること、また介護、家事などのケア労働も含めています。
 特にこれまで「ケア労働」を仕事だとは考えていなかったので、やってもやっても報われなくてストレスがたまったし、ときには腹も立ちました。でも、これからは「これは仕事!」と割り切って、「やってやって」と頼まれたことを何でもかんでも「やってあげる」のではなく、私のキャパシティの範囲を超える要求に対しては「それはできない」ときっちり線を引くことにします。
 自分のキャパを相手に示すことは、仕事の基本だと私は思っています。「そこまではやれるけれど、それ以上は私にはやれないし、私の仕事ではない」と示すことは、仕事の基本能力ではないかと。
 キャパの範囲をどう定めるか、それが難しいのですが、一応時間的、労力的、金銭的なキャパシティを具体的に数字で定めて、それ以上はやらないでほかの方にお願いしてお任せしようと考えています。ほかの方に「仕事」を割り振るのが、実はたいへんな「仕事」なんですけれどね。
 そして優先順位はやはり「モノを書く仕事」が一番で、ほかのことよりも優先したいし、そうすべきだし、そうしよう、というのが新年にあたって決意したことです。

2)今日を大事にする。
 コロナで得た教訓の一つは、昨日と同じ生活、考え方、働き方、人間関係が今日もできて、変わらないと考えることはもう許されないのだな、ということです。
 明日はどうなるかわからない。いろいろな面で、明日、今日と同じことができるわけではない。100年に一度と言われる感染症の拡大は、未来の不透明性をはっきりと突き付けました。
 でも、私はそれを危機感とか悲観論に結びつけたくはないのです。明日はどうなるかわからないのだから、今日を完全燃焼したいし、こうなってほしいという自分なりの未来の世界像(卑近な世界観に基づく未来像ですが)を描いて、それに向かって自分を変えていくようにがんばりたい、と思っています。
 だから今日やりたいことは今日する。今日会いたいと思った人がいるなら、今日連絡してスケジュールを調整する。
 今日を大事にしたいです。

とこの二大目標に基づいての具体的目標。
1)ガンバの試合をホーム&アウェイ合わせて最低10試合生観戦する。
2)いま翻訳中のものも含めて、今年中に本を2冊少なくとも脱稿までは終える。
3)月と星座を観察する。
4)毎日ウォーキング、週に2回は太極拳
5)書道の課題を毎月必ず最低3作品提出する。
6)ブログを月3回は最低でも更新する。

本当は「行ったことがないところに旅行する」を加えたかったのですが、これは自分の意志ではどうにもならないので諦めました。

 今年も健康に気をつけて、目標が達成できるように頑張りたいです。
 いい年になりますように!
IMG_1437

 グラマラス・ライフを始めて、たしか21年経ち、今年が22年目ではないかと思います(記憶がおぼろげ)。最初はホームページで、その後ブログに移行し、書いていることも書き方も変わりましたが、書きたいことを書きたいときだけ書いていることが、20年以上続けていられる原動力(?)ではないかと。
 過去ログを見ると、最初は3回に1回くらいだったサッカーのトピックスがしだいに増えていき、2005年にガンバが優勝したあとからは、ほとんどガンバブログと化しました。グラマラス・ライフを始める前からサッカーの試合はわりに熱心に見ていたのですが、ガンバブログと化してからは、ガンバの試合だけでなく、代表戦はもちろん、高校サッカーやユースの試合、そのうち海外遠征までしてしまうようになって、平均すると年間30試合は観戦し、観戦すると興奮するから書く意欲もどんどんわく。長く続いた理由はサッカーのおかげでもあります。
 ところが、今年は1試合も生観戦しなかったのです。サッカーの試合を生観戦するようになった1997年以来、1試合も生観戦をしなかったなんて年はありません。その意味で2021年は私にとって「異常」な年でした。生観戦どころか、ネット観戦も後半にはやめてしまうなんて、1年前の自分ではありえない話でした。
 降格した年でさえも通っていたことを考えると、ガンバの成績低迷だけがスタジアムに足を運ばなかった理由ではない、と思います。サッカーへの関心が失せたかといえばそうではなく、PCの前に座ると最初にやるのがさっかりんを開いて、関連のニュースをチェックするのは変わらない習慣だし、サッカー関連本は探して読んでいるので、サッカーへの興味がなくなったわけではない。おそらく、私はコロナ怖い怖いの嵐に飲み込まれてしまったのか、または、今のサッカーの(ガンバの、ではなく、サッカー界全体)あり方がこのままではいけないんじゃないか、アフターコロナのシステムを考えるべきじゃないか、と思うようになったことがあるのかもしれません。

 コロナ2年目の今年が終わろうとしている今、今年はサッカー無観戦だけでなく、これまでの自分からすると「異常」なことをいろいろとやったな、と思います。
 一つは、お酒を(ほとんど)飲まなかったこと。きちんとつけているわけではないけれど、たぶん今年1月1日から今日12月31日まででアルコールを飲んだ回数は8回以下。まったく飲まなかった月が数回あります。また飲んでも1回にビール一杯程度でした。夏にビールが飲みたくなるかなと思ったけれど、全然ならなかった。不思議です。異常です。
 2つ目は、コロナワクチン2回目摂取翌日に発熱した時以外、毎日6キロ歩いたこと。雨が降ろうが、暑かろうが、寒かろうが、毎日1時間10分(6キロ歩くのにその時間がかかる)ひらすら歩く。夜にオンライン会議がある時は、昼食後に歩く。ときどき「どうして意地になって歩いているのか?」と自分でもわからなくなるのですが、364日歩き続けました。
 その結果、というわけではないでしょうが、今年12月の健康診断の数値は前年より改善していて、特に骨密度はまた一気に上がって40代の平均値になりました。骨粗しょう症の心配はまったくない、と医師に太鼓判を押してもらえたので、たぶんあと10年はパナスタの最上階まで登れるはずです。
 
 お酒を飲まず、規則正しい生活をして、運動と食事に気をつけたのも、コロナでいかに健康が重要かが身に染みたからです。そして生活習慣を見直して1年を過ごせた今思うのは、できるだけ長く「仕事」をしていたいということです。賃労働も、無賃労働も、ケア労働もできるだけ長く続けていきたい。これから歳を重ねていく中で心がけたいのは、人に迷惑をかけないだけでなく、また自分のことを自分でやることだけでなく、人のために何かできる人でありたい、ということです。
 来年もその思いを忘れず、健やかに、ゆとりを持って暮らしていこうと思っています。
 そして、来年こそ最低10試合は観戦します!! パナスタの階段を駆け上がれるかどうか確かめなくちゃ。
 最後に、来年、2022年がみなさまにとって、たくさん喜んで、たくさん笑う年となりますことを、心よりお祈り申し上げます。
 
 
IMG_1444

今年もやっぱり作りました、おせち。でも、だいぶ手抜きして、出来合いの品多し、です。
  

 コロナ共生生活2年目となった2021年の感想は、一言でまとめると「速い、早い」です。1日、1週間、1ヶ月が飛ぶように過ぎていき、起こったことが昨年なんだか今年なんだかわからなくなるほどの勢いで1年が過ぎてしまいました。
 こういう感想を持つのは私だけではないようで、ほかの方からも「コロナになってから時間が経つのが早い」という声を聞きます。
 おそらくそれは、時間の流れに節目がないからだと思うのです。旅行に行ったり、家族や友人と一緒にイベントを楽しんだりということがないと、時間はたらたらと川のように流れていってしまう。少し寂しいです。お孫の発表会や運動会を見学させてもらって、大きくなったね、とかいって時間の流れを確認することがない。仲間とごはんを食べて、近況を聞いて「そんなことが!」と驚いたり、一緒に喜んだりすることもない。変化がよく見えない夫としか顔を合わせていないと 、時間の流れが平板です。
 旅行にいく刺激もないようじゃね。「あの年には青森にいって、苔観察したよね」とか「未承認国家に初めていってびっくりだった」とかそう言うことで年月が記憶されていたのに、それもない。来年こそ、どこかに行きたい。
 
 さて、この1年、私は何をしていたかというと、ひたすら仕事をしていました。いま過去ログを調べたところ、ここまで仕事に打ち込んだのは2014年以来です。ここまで、と言うのは、朝9時半から夕方6時までPCの前に張り付いていた、という意味です。50代までは、夕飯終わってからも仕事ができたのですが、さすがに今はそれができない。目がしょぼしょぼして、焦点が合わなくなってしまうし、思考がついていかなくなる。その意味で、2014年からずっと歳を取ったな、と思います。
 それでも今年は2冊本が出たし、来年にはうまく進めば2冊プラスアルファ出版される。昨年からの連載も3本ほど続いているし、単発の仕事も月1、2本ペースでやっています。ギャラはともかくとして、仕事は順調といっていいかも。
 このままずっとこの調子で仕事ができるかなと考えると、体力の要素は置いておくとして、少なくとも仕事をする、仕事をしたい、という意欲だけはできるかぎり持ち続けていきたいし、いけるのではないかと思えた1年でした。
  実は書道にもかなり打ち込みました。週末土日のどちらかは1日は書いていたし、稽古も錬成会も皆勤しました。賞もいただけたし、自分で言うのも何だけれど、ワンステップあがったかなという手応えもあります。
 ただ、仕事や書道に打ち込めたたのは、移動や会食が制限されたおかげです。旅行に行かないし、ごはんを食べにも行かないし、友達とお茶をすることもなかったから、その時間とエネルギーを仕事と書道につぎこめました。来年、人と会うことや移動の制限がなくなったらどうなるのかな、とそこは考えるところです。ま、そのとき何を自分がしたいかを考えて決めよう。
 でも、打ち込めるのも、旅行や会食にいきたいと思えるのも、健康だからです。
 来年も健康にはますます気をつけて過ごしたい。
 
 来週、仕事納めのあとに「今年の一冊」「今年の一本」を書きたいと思っています。
 ご挨拶はそのときに。

 

↑このページのトップヘ