Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

(気が重くなるガンバの移籍情報から話題をそらしたい一心で、ガンバとサッカー以外の話題です)

 毎年「早く終わってくれ〜〜〜」と願う年末年始が近づいてきました。なんでこうも年末年始がいやなのかと振り返ってくると、「手が抜けない性格だから」ということに気がついたここ数年。大掃除もおせち料理もすべて手が抜けない。手を抜くと、そこから堕落していって、一気に老化が始まるような恐怖感があります。そもそもどうやったら手が抜けるのかがよくわからないのです。年賀状はようやく2年に1回にし、メール年賀状で近況をお知らせする「手抜き」で妥協することに自分を納得させています。(今年は喪中なので、メールもハガキも含めて年賀のご挨拶は失礼します、ってこんなところで言ってしまってすみません)
 いつまでおせち料理を作るか、というのも悩むところですが、たぶん今年も作るでしょう。作らない理由が自分の中で見つけられない。
 おせちだけでなく、自分一人しか食べないとわかっていても、食事作りに手が抜けません。私自身は手を抜いているつもりなのだけれど、気がつくと一汁三菜、作ってしまう。時間がない、めんどくさい、と思いながらも、冷蔵庫を開けて食材があると「もったいない」「腐らすわけにはいかない」「まずいものは食べたくない」というので、つい作ってしまう。これはもう、病気ですね。
 そんな私にぴったりの料理本を紹介してもらいました。同じように「手が抜けない病」に悩む女性からです。
「賢い冷蔵庫」瀬尾幸子著 NHK出版
fullsizeoutput_7aec

 野菜や肉の下ごしらえの技をいろいろと紹介している本なのですが、もうね、目からうろこぽろぽろのアイデアがいっぱいで、しかも役立つ役立つ。ほうれん草はゆでたあとしぼらないで保存、とか、ニラは刻んで醤油と水につけておく、とか、鍋であまった白菜は2.5%の塩水で保存、とか、素材の味を損なわず、すぐにおいしい料理に直結する技が紹介されていて、私は日々の食事作りが一気に楽しくなりました。
 手が抜けない人にとって、こういう技を伝授してくれるとほんとありがたいんだわ。
 ニラ醤油、あまった鯛の刺身にかけたらほんと美味しかった! おすすめです。
 
fullsizeoutput_7ae7

 三連勝でほるほるして、ガンバ大阪の今季MVPは小野瀬選手! なんて書いてから爆睡し、目覚めてスマートフォンの電源を入れたとたんに大ショックなニュースが目に入りました。
 リーグ優勝を果たした横浜Fマリノスが正式に小野瀬選手にオファーを出した、というニュースです。それに加えて、FC東京が三浦選手にオファーを出した、というニュースも見つけました。
 阿部選手のときも、このブログで「お願い! ガンバに残ってください」と書いた直後に、川崎フロンターレへの移籍が公式で発表されました。 
 井手口選手の海外移籍の前に、「まさかガンバを見捨てないよね」と書いたけれど、やっぱり移籍してしまった。
 だから今回ももう手遅れかもしれない。 ここまではっきりニュースで書かれる、ということは、もうずっと前から決まっていたことなのかもしれません。
 2人が関東の強豪クラブに移籍する気持ちはわからないでもないです。 ガンバの下部組織からの選手やスタッフのみが優遇され、有望な若手はみな海外に流出し、2年連続残留争いをしているクラブにいても、短い選手キャリアのこの先は暗い、と思う気持ちもわからないでもない。
 それでも、1サポーターとして懇願したい。
 これまでガンバを救ってきてくれたのは小野瀬選手、三浦選手、あなたたちです。
 そしてこれからのガンバを中心になって築いていくのも、小野瀬選手、三浦選手、あなたたちです。
 あなたたちまでいなくなったら、ガンバはもう衰退の一途。来季はまた残留争いから降格の確率がぐっと高くなってしまう。
 内部事情がわからないから、ガンバにいたくない事情がもしかしたらあるのかもしれない。
 でもサポーターとしては、いまのガンバ大阪になくてはならない2選手がいなくなることが、どれほどガンバの魅力をそこなうか、どれほど大きな戦力を失うことになるか、それはよーくよーくわかります。

 お願いします! 
 来季もガンバ大阪でプレーしてください!小野瀬選手、三浦選手!
 
fullsizeoutput_7aeb

DAZNでガンバvsレッズ戦、テレビで横浜FマリノスvsFC東京戦を同時観戦。それにしても日程を組んだ人、すごいよね。優勝決定も入れ替え戦の決定も直接対決で組んでくるとは。AIなのでしょうか? いやいや、AIでもここまで予想はできなかったでしょ? 横浜は昨年はたしか降格争いに巻き込まれていた時期もあるし、ガンバよりも下の12位という順位でシーズンを終えたのですから。
優勝決定戦は「優勝するのは横浜だ」という強さを見せつけられる試合となりました。私のお気に入りの仲川選手は得点こそなかったものの、攻守の「守」のほうで大活躍。最後まで横浜はおもしろいサッカーを貫いて優勝しました。喜田選手と一緒に私も涙ぐんじゃいましたよ。15年ぶりか〜覚えていますよ、前の優勝を。故・松田選手が キャプテンでね、強かったんだわ。あのころの横浜に、ガンバはまったくかなわなかった。
15年の間にいろいろなことがあったな、なんて今日の試合を見ながら振り返っちゃいました。応援しているチームでないにもかかわらず、今年の横浜Fマリノスの優勝には納得だったし、うれしかった。攻撃的で勢いのあるチームが優勝しないと、リーグは盛り上がらないと思うから。

 さて、ガンバの試合です。今季初の3連勝。仙台、松本山雅、そして今日の浦和戦としだいに勢いが増していった、という感じがします。前への意識もどんどん高くなってしまうせいか、それとも前半にボールポゼッションで圧倒するせいか、後半に入るとバタバタになって最後に失点。前への意識が高いのはいいことだし、宇佐美とアデミウソンの呼吸があってきて、複数得点が続いているのはとっても心強いのですが、後半の失点がねえ。その癖をどうか来季は直してほしいなあ。
 宇佐美と井手口が帰ってきて、パトリックも戻ってきて、なんだか以前のガンバに戻ってしまったみたいな感がありますが、来季は彼らも組み込んだ新しいガンバを見せてくれることを祈ります。
 今日なんといっても嬉しかったのは、福田選手のJ初ゴールでした。いつかはゴールが見られると思っていたけれど、それが今年の最終戦とは。スタメンのときもあったけれど、J3に戻されてベンチにも入れなかったりする日々が続いていましたが、このゴールで来季のトップ定着が期待できそうです。
 
 私が選ぶガンバのMVPMost Valuable Playerは、小野瀬選手です。今日の最終戦でも、攻守にわたって献身的でかつ信頼がおけるプレーを見せてくれました。来季もガンバをよろしくお願いします。
 つぎにもっとも成長した選手 Most Improved Playerは、矢島選手です。とくに後半戦の矢島選手は、試合ごとどころか、試合の中でも成長がみられました。からだを張って、泥臭いプレーもいとわない、頼れる選手になってきたんじゃないでしょうか。清水戦のゴールはほんとうれしかった。来季はもっともっと得点を!!
 若手では福田選手と言いたいところですけれど、期待をこめて高尾選手を推したい。来季はもっと活躍してね。
  来季は残留争いだけはやめてほしい。そのためにも、オフもどうか気を抜かないで!!!
 

 先日、母のことについて、かかりつけの医師に相談に行ってきました。その際に、はっと胸をつかれることを医師に言われて、以来自分の中でその言葉を噛み締めています。
 母は若いときから運動が苦手で嫌いで、からだを動かすことに消極的でした。いまもそうです。いまいるホームでは、たくさんの運動プログラムが用意されていて、さかんに勧められるのですが、1、2回は顔を出しても、なんやかやと言い訳をこしらえてやめてしまいます。 
 今回、私が心配でお医者さんに会おうと思ったのは、母が薬をちゃんと服用していないことに気づいたからです。というか、前々から私が「さあ、食後の薬を飲んで」といって薬の封を破ってコップとともに渡さないと飲まない。しぶしぶ飲んだあとに決まって「こんな薬飲んでも、なんの効き目があるのかわからない」という。 介護保険を利用して、お薬カレンダーを毎週届けてもらっているのだけれど、それでも飲み残しはいっこうに改善されない。
 そのことをお医者さんに訴えて、「先生から薬をちゃんと飲むように、運動もするようにと言ってもらえませんか?」と頼んだら、医師から「それはできません」とはっきり言われました。
「いま処方している認知症のためのお薬は、劇的に物忘れが直ったりする効果があるのではなく、現状をできるかぎり維持するためのものだ、ということは診察のたびに申し上げています。また運動機能が衰えて歩行困難になると、一気に老化が進みます、と運動もおすすめしています。でも、薬をのむのまない、運動するしない、というのはご本人の意志にかかっています。望むような効果があるわけではなく、副作用もあるのだから薬をのまない、というのも1つの選択ですよ。また歩くと足が痛くなるし、疲れる、だから歩かない、というのもご本人の選択です」
 そうかぁ〜と私はいたく感じいりました。
 メディアではしょっちゅう、80代、90代で矍鑠と活動し、老いなんかなんのその、自立して社会的にも活躍しているスーパー老人が取り上げられます。それが高齢化社会における老い方の理想像とされているところもあります。
 でも、スーパー老人になんかなりたくない、ぼけてわけわからなくなったっていいじゃないか、という老い方を選択する人がいたっていいはずです。 自分の衰えを素直に受け入れ、老いにあがらわずに老後を送るのだって一つの理想としていいはずです。老い方の選択肢がいくつもあるほうが、高齢化社会は豊かだと言えるのではないか。
 家族に看取られて、苦しまずに穏やかに死ぬことが老人の死に方の理想とされているけれど、みんながみんなそういう死に方を本当に望んでいるでしょうか? 1人で死んでいった人を、みじめだ、かわいそう、とあわれむのは生きているものの傲慢ではないか。
 生き方に関しても、もしかすると社会が押し付けた理想に振り回され、それにそぐわないことで悩んだり苦しんだりしている人もいっぱいいる
 人それぞれ、与えられた寿命もちがえば、生まれ育った環境もちがっています。こういう生き方、老い方、死に方をしたい、と願ったところで、それがかなえられる人なんてほとんどいないのではないか。選択したくなくても選ばされることだってある。意識的にせよ、無意識にせよ、何かしら「選択」できる人は、平和で安全な社会に生きていて、ある程度健康で経済的にさほど困窮していないということで、その意味で幸せで恵まれているのだと思います。
 そして医師の言葉を反芻しているときに気づいたのですが、老い方、死に方の選択は、生き方の選択の延長線上にある、ということです。つまり、自分の意志で選んでいった道の先に老いと死があるのだ、ということ。 今日の私の選択が、80歳、90歳の私に深く影響しているのです。そう心して、やっぱり私は日々の運動と食事に気を配る健康ばあさんでいようと思いました。
  
fullsizeoutput_7aca

5年ぶりにホーム最終戦に行ってきました。2014年、三冠達成のときに、ヤットさんの優勝宣言を聞いたのが私の最後のホーム最終戦ではなかったかと。ということは、新スタになってから一度もホーム最終戦に行っていなかったのかと我ながら軽いショックを受けました。
別に行きたくなかったからではなく、最終戦のころはなんやかやとありまして……ってそれは言い訳ですね。
5年ぶりのホーム最終戦は、松本山雅を相手に4−1の快勝、、、、なのか? たしかに前半はボールを支配して、3−0とあっさりリード。ところが後半に入るといきなりドタバタが始まります。私は松本山雅よりのスタンドで観戦していたのですが、CKやFKのたびに目をおおわんばかりの混乱ぶりで、ピッチからあわわ、という声が聞こえてきそうな感じでした。33試合で20得点しかしていない松本山雅さんだから助かりましたが、もう少し決定力がある選手がいたら、3点くらいあっという間に追いつかれていましたね。
でも、そのドタバタから矢島がカウンターで持ち込んで、アデミウソンが4点目。きれいなゴールでした。
得点した選手を順番に交代する、というわけがわかるんだかわからないんだかよくわからない交代で、最後にドタバタからあっさり1点返されて試合終了。 試合終盤でやられちゃうんだよね、という今シーズンらしい試合でした。
最後に宮本監督が挨拶。
大分戦のことにふれて、前の試合で勢いがついたのか前半はいい感じで先制したのに、なんかふわふわしてミスをかさね逆転された、あれはメンタルの問題だと選手に話した、ということや、せっかくシーズン終盤で盛り上がってきて、チームの形ができてきて、勢いもついたところでオフに入り、始動するとまるでちがうチームになっている、という話が興味深かったです。不甲斐ないシーズンだった、とやはり監督は思っていたわけですね。宮本監督、笑顔がありませんでした。
E87C7FB2-B1D7-4F17-B2C5-060C7997F88F

もう1試合ありますが、ここはビシッと勝ってくださいね。ふわふわして負けちゃって、そのままオフに入って、ふわふわを引きずったまま始動なんて、やめてほしい。
来シーズンはどんなチームになっているのか。
今年はいらいらもやもやする試合が多かったのですが、締めてみれば、生観戦試合は勝ち越しました。DAZN観戦ではずいぶん落ち込み、腹を立てて、もう来週の試合は見ない! とタブレットを投げることも多かったけれど、でも、去年の前半までみたいな「ガンバのことはもう諦めた」みたいな気分になることは実は少なかったです。
来シーズンは笑顔でわくわくできますように!
あともう1試合ありますけれどね。
 
9D88FAB0-089D-418D-B6A9-AAB7B2B0E3F9
黄金の
脚賞は予想どおり倉田選手に!

↑このページのトップヘ