Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

 本当におおまかな丼勘定ですが、自分がどんなことに支出しているかをフリーになってから30年あまり記録しています。確定申告のために始めたことなのですが、60歳で年金を受け取るようになってからは、老後をゆとりをもって過ごすための資金計画の意味もかねて、ざっとですが収入と支出の年間予算を立てて、3月の「決算」でバランスを見るようにしています。実川事務所の上半期決算は9月末。2021年度上半期の収支をざっとですが出してみました。
 まず、予想していたことですが、支出が大きく変化しました。記録を取り始めて以来、30数年間でもっとも大きな変化といっていい。
 大きく減ったのが、化粧品、外食、酒などの嗜好品、 旅行です。増えたのは、デジタル関連、Zoom(アカウントを取りました)、Netflix、WOWOWオンデマンド、ルーターなど。アプリも増やしたし、オンライン辞書もいくつか購入して、課金も増えた。オンライン講座も受けたりしています。それでも月々のデジタル関連消費をかき集めても、これまで化粧品に支払っていた金額には及びません。っていったいこれまで私はどれだけ化粧品に注ぎ込んでいたんだ?
 今年は3月からマスクかぶれのためにメイクをやめてしまい、製薬会社がネット販売している肌荒れの人用石鹸と化粧水しか使っていないので激減です。外食も今年に入ってからは3回ほどで、しかもランチでお酒を飲まないので全部合わせても2万円いかない。これでは外食産業は厳しいと思うからたまには……と思うのだけれど、人を誘うわけにはいかないし、それはみんな同じで誘われもしないから結局ウチで3食食べることになります。しかも必ず食べるのが納豆と野菜となったので、食費も減っています。
 旅行に関しては、今だから打ち明けますが、母の入院や介護の相談などがあって関西を往復する機会に足を伸ばして、ちょっとぜいたくな一人旅とかしちゃってました。ごめんなさい。だから旅行代は、月に一回どこかに出かけていたコロナ前に比べるとそりゃ減りはしたけれど、それなりに旅行業界には貢献していたかもしれません。そして酒代。これは事務所(と勝手に呼んでいるだけで、なんということはないたった一人の個人営業ですが)の経費ではありませんが、飲みにいかないってほんと財布を圧迫しないものなのですね。
 それで考えます。アフターコロナにいったい私はどんなことに支出するのだろうか? もし今のまま旅行、外食、化粧品(ついでに服飾品)というある意味老後の贅沢支出ができないまま(しないまま)だとしたら、私の老後の資金計画は大きく見直さないといけないだろうと思うのです。
 こんなことを言うと石を投げられるかもしれませんが、今、仕事が大変忙しい。朝から晩までPCに向かってひたすら仕事をしているので、そもそも消費をする暇がない。ああ、ばっちりメイクして、お洒落して、おいしいもの食べに行きた〜〜〜い、とか考える余裕がありません。おそらく少なくとも来年の4月まで無理です。下半期も支出大幅減のまま行きそうです。
 コロナだから仕事がいただけているのか、それともコロナとは関係なくありがたいことに仕事をさせてもらえているのか、そこのところは分かりませんが、いま思うのは、7年前に立てた「余暇を心置きなく楽しむ老後計画」は当分棚上げしておこう、ということです。その時立てた老後資金計画も見直さねばなりません。当たり前のように支出項目にあげていた旅行や外食はとりあえず「予備費」に回して、ゼロになるかもと予想していた収入を少しでも増やせるよう頑張ろうと思っています。できるかぎり長く、細々でもいいので収入を得る仕事をして、税金を支払う側にいたいです。
 もちろん明日病気になるかもしれないし、何が起こってもおかしくはない年齢ではあるけれど、健康を維持する努力を怠らずに、そして健康維持の目的を「仕事を続けていく」ことにおいて頑張っていこう、と2021年度半期決算をしめて思いました。
A388130F-30B3-4418-92E4-9C1C03D6F7C3
夜中のウォーキングで出会った彼岸花。まだ満開ではありませんが、そろそろですね。秋だなあ

 Apple Watchを購入しました。1年間ウォーキングが続いたら購入しようと決めていて、1年前のウォーキング開始日9月1日に購入し、今週届きました。私の新しいおもちゃですね。うーん、こういう新玩具がやってくると、しばらくそのことばかりが気になって仕事が進まなくなるという本末転倒なことが起こるのですが、今はちょっと仕事が詰まっているので横目でウォッチを見ながらあれこれ遊ぶのは少し我慢しています。といっても、肌身離さずつけているのですけれどね。
9CBA06A8-CB29-44BE-9841-9BA6BE170B0B
(ま、当然ベルトはガンバブルーですよ。)

 今日は某社で若手女性社員の方達に向けて「人生100年時代の女性のキャリア戦略」なんて話をしてきました。ははは(自分でも照れ臭くなって笑う)。働き始めて44年、まだまだ働くつもりだし、できれば生涯ほそぼそでもいいから仕事をしながら人生をまっとうしたいです。まだやりたいこともいっぱいあるし、あと20年と少しあるつもりで、やりたい仕事をやっていきたいです。これまでと同じ働き方はできないけれど、体力と気力に合わせて仕事をしていきたい、というようなことをお話してきました。
 お話をした後で、聞いてくださった方から「やりたいことがよくわからない」「疲れてしまって週末はごはんを食べるのも面倒くさくなる」……で、どうしたらいいですか? というようなことを言われて、ああ、そうそう、私も会社員時代はもちろん、40代くらいまでは仕事と育児家事で手一杯で、キャリアを考えるとか、なんか新しいことを始めようという気にならなかったなと思いつつ、ふと思ったのが「もしかしたらからだを動かさないと気持ちも動かないのではないか」ということでした。 
 あくまでも私は、ですが、からだを動かさないと気持ちも意欲も動かないのです。からだを動かすといっても、運動をするとかそういうことではなく、洗濯物を干す、皿を洗う、お風呂を掃除する、そうやってからだを動かしていくうちに、「じゃ、仕事しますか」という気になってPCの前に座る、と。
 座ってぼーっとネットを見たりテレビを見たりしているだけでは、あらゆることのやる気が湧いてこない。この一年、夕飯の後に座りこんでテレビをぼーっと見ながらビール飲むのをやめてウォーキングをするようになってから変わったことの一つが、「めんどくさい」ことが減ったことです。私が一番ああ、面倒くさい! と思うこと、それは掃除です。つぎが洗濯。そのつぎがご飯作ること。で、掃除が面倒くさくなってやらなくなると、洗濯ものはたまり、ご飯がテイクアウトものになっていきます。それこそなだれをうつように「めんどくさ〜〜〜〜い」になって、ついには仕事がいい加減になる。
 いまはしぶしぶながらでも一週間に1回は掃除をするようになり、3日に1回は洗濯をし、ご飯は毎日作っています。そういうリズムができると、仕事も6〜8時間はするようになる。
 私はペットにまったく興味がないので犬や猫を飼おうと考えたことさえないのですが、ウォーキングをするようになると、世の中にはなんてたくさんの人が犬を散歩させているのか知って驚きました。あるとき、相変わらず月見スポットで眺めていたら、犬を散歩させていた年配のご夫婦が「○ちゃん(→犬の名前。私は犬の種類を見分けられない)がいるから毎日外に出る気になるけれど、いなかったら二人でずっとテレビの前に座ってコロナのニュース見てばっかりになるね」という会話をしていて、ああ、そうかペットって人を動かす力があるんだ、と気付いて、ペット人気の理由の一つがわかったような気がしました(違うような気もするが)
 からだを動かすこと、大事です。
 からだが動いてこそ、気持ちも動き、何かしようという意欲もわいてくるように思います。
 ごろごろしていたら、気持ちもごろごろと落ちていく……と言ったら、友人に「(走らないと体調が悪化してしまう)競走馬みたいだ」と言われましたが。
 さ、アップルウォッチがビビッと「そろそろ立ち上がって動け」と言うので、ご飯作りにいってきます。あ、その前に洗濯物を入れないと。

一年12ヶ月で最も私が苦手とする月が8月です。暑いのが苦手。お盆休みがあるために仕事の締め切りが繰り上がるのが嫌だ。たいてい世間が海だ山だと浮かれているときに、ひたすらPCに向かわねばならないのがうんざりだ……とか思っていましたが、今年は新型コロナウイルス感染者(陽性者)が急増し、重症者も増加して医療体制が逼迫している状態がずっと続いたために、少なくとも世間は夏休みだといっても騒ぎはなく、それはそれで寂しくつまらないと感じた8月でした。コロナ感染で苦しまれている方のニュースを目にすると辛いです。例年にも増して、心浮き立たない8月でした。
ウォーキングのことを書いたきりずっと放置だったので、8月に思ったことを書いて夏を締めたいと思います。
まずガンバですが、試合を見ていない私が何かを言う資格はありませんが、どうやらダメダメなようで、ため息です。川崎選手は移籍したみたいだし、楽しみな選手は怪我ばっかりだし、しかも点がとれないとなると、いったいどこに希望を見出したらいいのかわからないうちに8月が終わってしまいます。私のDAZN復帰はまだ先だな。
今年は最近5年ほどで最も仕事が忙しい8月でした。朝10時から夕方6時まで昼ごはん抜きでひたすらキーボードを叩く毎日で、久しぶりに腱鞘炎になりかかっています。ちょっとやばいです。

最後に読んだ本も記録として記しておきます。

「食べる時間でこんなに変わる時間栄養学入門〜体内時計が左右する肥満、老化、生活習慣病」
柴田重信著 講談社ブルーバックス
むずかしいことはさておき、朝4、昼3、夕3の割合で食べて、朝にタンパク質を意識してとることだけは始めた。肝臓や肺などの臓器にも時間遺伝子があるとは知らなかった。

「彼岸花が咲く島」
李 琴峰著 文藝春秋
芥川賞受賞作だということを読み終わって知ったけれど、賞にふさわしい作品。ファンタジー、ではあるのだけれど、ノンフィクションといってもいいほど今の世相を描いている。どこの島が舞台なのだろう、と沖縄と台湾の間にある島を探してしまったりした。

「リンバロストの乙女」
ジーン・ポーター著 村岡花子訳 河出文庫
読書会の課題図書で読む。昔読んだときとまるで印象が異なった。女性の教育、自然と開発のあり方、社会格差など、現代まで続く問題が提起されている少女小説とは気づかなかった。

「あのこは貴族」
山内マリコ著 集英社文庫
衝撃的な小説だった。地方出身でがんばって勉強して慶応に入ったけれど、学費が続かず風俗の店で働くようになった女性と、東京の山手出身のお嬢様で幼稚舎から慶応、結婚だけが女性の生きる道だと信じていた女性が、一人の男性を介して知り合う。二人の道はもちろん交わらないのだけれど、でもお互いの生き方に影響を受けて、二人ともこれまで想定していたのではない生き方を選ぶ。映画化もされていて、ぜひ見たいと思っている。


「生命誕生〜地球史から読み解く新しい生命像」
中沢弘基著 講談社現代新書
この地球に生命が誕生し、植物や動物に進化していったのはどれほどの奇跡なのかがやっとわかった。だが永遠はない。いつかこの地球上から生命が消えていくであろうことも薄々わかった。難しいのだけれど、読ませる。最近理系の本を意識的に読んでいるのだけれど、この本は理系から遠く離れた私でも読めたし、理解がきちんとできたとは言わないが、読みながら衝撃を受けた。月や星を必死に見るようになったのもこの本の影響が大きい。

「赤い魚の夫婦」
グラダルーペ・ネッテル著 宇野和美訳 現代書館
メキシコの作家が動物(魚、猫、蛇など)を主役の分身?に据えて人間関係を描く。妊娠によって揺れる夫婦関係を赤い魚に投影させたり、仕事のチャンスをふいにしそうになる自分の妊娠とペットの猫の妊娠を重ねたり、ゴキブリを通して伯母と母との関係を見据える少年とか……。「本当は喜ばしいことであるべきなんだけれど、裏側にはそうではないざらりとしたものがある」ことを登場する動物たちが語っているある種のホラー。いや、ほんとおもしろかった。

 昨年9月1日から始めた「1日8000歩(ミニマム)ウォーキング」ですが、雨が降ろうが槍が降ろうが(槍はまだ降ったことがないけれどね)、風が吹こうが締め切りが襲ってこようが、毎日続けています。ワクチン2回目接種の翌日に発熱したのでお休みした以外は今のところは皆勤賞。夕飯を食べ終わってから1時間後に出発して1時間。この性格なのでだらだらと散歩することはできなくて、時速5〜6キロ、歩幅65センチを意識して歩いています。デュアルタスクがいいっていうから、中国語の短文をつぶやきながらだったり(マスクだから怪しまれない)、47都道府県を北から順番に思い出してみたり、J1からJ3までのクラブ名を思い出したり、とそんなことして何になるんだ、というようなタスクを自分に課しながら歩くのです。もう一つのタスクは、同じ道を歩かないこと。だいたいコースは4つくらいあるのですが(東西南北)、20メートルでもいいから一度も通ったことがない道を歩く、というタスクを自分に課しています。何のためのタスクなんだか、これもわかりませんが。
 ウォーキングをしてよかったことをあげると、まず動くことが苦ではなくなりました。仕事上どうしてもPCの前に座っている時間が長くなり、夕食後もビール飲みながらだらだらテレビを見てたりしたので(それで体重人生最大値を記録するほど太った)、動くことが苦になっていました。書道教室への道には急な坂の上り下りが多くて、ふー、また登り坂とうんざりしていたのですが、今では「もっと坂道来いっ!」てなもんです。
 第2に、季節のうつろいに敏感になり、月の満ち欠けや雲の形状をよく観察するようになりました。そろそろこの道には鉄砲百合が咲く頃だな、とか、アガパンサスの季節なのか、とか、薔薇は花期が意外と長い、とかこれまで気づかなかったのですが、花や草木で季節を感じることができるようになりました。何と言ってもこの年になって初めて、「月」を身近に感じるようになったのが嬉しい。月がきれいに見られる日は少ないので、新月だろうが満月だろうが今日は見られそうだとネットでチェックすると、月の出に時間を合わせて空が広く見えるところまで出かけています。
 第3に、目の疲れが軽減されました。PCやスマホや読書で疲れた目が、見るものは景色と空だけというウォーキングの時間に癒されます。デュアルタスクするから、よけいなことを考えないですんでストレスも軽くなったような気がします。
 今では6キロくらいの場所には1時間で歩いて行けるようになり、電車に乗ることも少なくなりました。帰宅してお風呂に入り、軽くストレッチすると熟睡できます。
 ウォーキングを始めた理由は、もちろんダイエットとか運動不足の解消とかもあるのだけれど、家にいると早朝から深夜までひっきりなしにかかってくる母からの電話から逃れたい、というのもありました。コロナの前は近くのカフェに逃れて仕事をしていたのですが、コロナ禍下ではそうもいかなくなり、どうしようかと思っていたところに見つけたのがウォーキングです。せめて一時間くらいは花を見たり月を眺めたりして気持ちを切り替えたいということがあり。
 それはともかく、できればこの習慣を一年で終わらせずにこれからも続けていきたいなと思っています。そのためにも健康じゃなくちゃね。
 
AAD286D8-987D-4FC0-B7F8-40204D6A2246

 月見スポットまで歩いて40分。こういう月が見られるとものすごく得した気分になります。



試合を見ていないのですが、これはやっぱり記録しておかないと。
徳島でどうやら情けない試合をやっちゃったらしく、同志からも怒りのメッセージが届いていたので金曜Jもあまり期待していませんでした。っていうか、きのうは週末前の締め切りラッシュで私は夕方に夕飯をかきこんでまた仕事 していて、ケータイで試合チェックもしていなかったのです(ごめんなさい)。
 やっとこさ9時前に入稿して、ケータイを開いたら、目を疑いました?
 え? 山見⚽️❤️って何?????
 あわててチェックしたら、ほんとだ! Jデビューの特別指定選手が後半に交代出場して、なんと、すばらしいゴールを決めているではないですか💙💙💙
 同志はゴールシーンを7回見たそうです(昨晩9時半の時点で7回だから、今は20回くらい見ているかも)
 そこで私もチェックしましたよ。
 試合自体は結構清水に押されていた?
 あれ? 4バックなの? それとも3バック?
 ペレイラのシュートが2本ポストに嫌われているけれど、清水のシュートもポストとハンドに嫌われている。どっちもどっちだったか。
 そして山見選手、交代のシーンからもう山見、山見、山見っていうくらいダイジェストはクローズアップ。
 天皇杯の試合(山見選手は関西学院大学の選手として出場)のときも思いましたけれど、「必ずシュートで終わったる!」という姿勢がいいですねえ。昨日の試合でも出場してすぐにシュートを放っているし(GKにとられてしまって惜しかった)、ペナルティエリアの前ですばやい切り返しをしてすぐにシュート!  ガンバのほかの選手にはない思い切りの良さです。
 まだまだ厳しい試合が続くけれど、ラッキーボーイが出てくるとチームはいい方向に向かうかも。
 2018年の小野瀬、2019年の福田、2020年は特になしだけれどシーズン前半の井手口の活躍もチームを押し上げた。そして2021年は山見がラッキーボーイになってくれるでしょうか。
 まだDAZN復活はできないのだけれど、ブログにはまたガンバのことを書く気になっています。
 

↑このページのトップヘ