Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

「女子サッカー140年史 闘いはピッチとその外にもあり」
スザンヌ・ラック著 実川元子訳
白水社
F2958C2C-F591-442B-9F08-434BF2287A05


 今日、見本が届きました。書店にももうすぐ並ぶはず。
 タイトル通り、女性たちが挑んだサッカー競技の140年にわたる通史と、現在世界で女子サッカーがどう発展しているかを英国ガーディアン紙で女子サッカーを担当する記者が書いた本です。
 1881年にスコットランドで初めての女子サッカーの試合(イングランドVSスコットランド)が行なわれてから140年たったいまも、「女だてらにサッカーなんて……」「女子サッカーはスピードがなくてへたくそでつまらない」「 サッカーは男のものでしょ」というバッシングをネットやメディアで見かけます。一応、建前だけにしろ男女平等をめざすことが公に叫ばれるようになった今でも、女子サッカーに向けられる視線は全面的にポジティブとはいえない。
 それなら140年前はどうだったか? イングランドで最初にボールを蹴り始めた女性たちは、「男性のもの」とされるサッカーを自分たちもできると示すことで、参政権を勝ち取ろうとしました。最初は女性参政権運動(サフラジェッツ)と並行していたサッカーですが、権利獲得に関心がない女性たちも楽しみでボールを蹴るようになり、またたくうちに人気スポーツになっていきました。
 イングランドで女子サッカー競技が盛んになったのは、第一次世界大戦中に男性たちが戦争に駆り出され、女性たちが労働者として働くようになったことがきっかけでした。工場で働く女性たちは昼休みのレクリエーションにサッカーを楽しみ、そのうちに工場同士で対抗戦をするようになり、やがて試合は戦争による死傷者や家族を救済するための慈善興行へと発展します。
 戦後も女子サッカー人気は衰えず、1921年には5万3000人の観客を集めるまでになるのですが、これに危機感を覚えたのが イングランド・サッカー協会(FA)です。自分たちの管轄外で興行する女子チームが、男子リーグの観客を奪ってしまうのではないかと恐れ、その年に「女子の試合にグラウンドを貸すことは許さない」と禁止令を発令。それからなんと半世紀にわたって、イングランドのみならず世界各国で女子サッカー競技はFIFA傘下の各国協会から、またときには法律で禁止されてしまいます。
 暗黒の半世紀がすぎたころ、アメリカから起こった第二波フェミニズム運動に刺激を受けた女性たちは、またボールを蹴るようになり、たちまち人気を集めたことで、FAをはじめ各国のサッカー協会もようやく禁止令を解除しました。やっと1970年代になってからですが。
 その後も紆余曲折がありながら、1991年にはFIFA主催で実質的女子ワールドカップが中国で開催され(ワールドカップの名称は使わせなかったが)、1995年から参加チームも増えて45分ハーフ前後半990分と男子と同じルールで試合が行われるようになりました。
 現在アメリカやイングランドでは女子のプロリーグで試合が行なわれており、日本も2021年からWEリーグというプロリーグが発足しています。ただ世界のどこでも観客動員数は少なく、財政難にあえいでいるチームも少なくないのが現状で、それをどう乗り越えてより発展させていけばいいか、と著者はさまざまな提言をしています。
 女性参政権獲得運動、男女同一賃金を求める闘い、教育の機会均等、職場や家庭における性差別の禁止、性暴力への抗議……といった女性の人権を守る闘いと女子サッカーの発展は重なっている、と著者は繰り返し訴えます。女性たちがサッカーを楽しむ権利は、女性が自分の身体と精神を守る権利の延長線上にあるのです。
 来年7月下旬から8月上旬にかけて、オーストラリアとニュージーランドでFIFA女子ワールドカップが開催されます。ピッチに立つ選手や審判たちだけでなく、すべての女性たちを応援する大会になってほしいという気持ちが湧き起こってくる本だと思います。

 最後に。日本女子サッカーのレジェンド、澤穂希さんが推薦文を寄せてくださいました。心から感謝です。

鹿島戦終了後、他会場での結果を待っていた選手たちが残留決定を知って飛び上がって喜ぶ姿を見て、なんかもうね……はっきり言って喜びとか安堵感とか以上に、虚しさを感じました。違うだろう、と。
もちろん残留が決まってほっとしたし、もし降格とかPOとかにまわっていたら、怒りや悲しみがこみあげていたかもしれないけれど、でもなあ、残留決まって大喜びってなんか違わないですか? 違和感がある、という言い回しが大っ嫌いなのだけれど、胸にこみあげるこの複雑な気持ちはまさに「違和感がある」でした。

つぎの監督がどなたになるのか?
補強はどうするのか?
それ以上に、誰が来季もガンバのユニを着るのか?
シーズン終了とともにそんな情報を漁っていたのだけれど、今年はその気持ちがわいてこない。
なんだろう、胸にこみあげるこの喪失感と焦燥感。
降格した年もこんな気持ちにはならなかった。
2012年からここで書き続けた「ガンバは生まれ変わらなければならない」とか「新しいガンバをつくっていってほしい」とか、そんな言葉が今年はむなしく私の胸で響き渡ってしまいました。その残響がまだ続いている感じ。
 
来季はどうなるか……不安も期待もできるかぎり抑えて、できれば情報シャットアウトして、シーズン開幕を待とうと思います。 

ガンバ 2−0 ジュビロ
得点:食野選手、パトリック選手


ダイジェストを見ただけの感想です。
ゴールシーンは2点ともすばらしかったし、後半投入された食野選手の左足シュートも、パトリック選手の体幹の強さを証明するような170度くらい回転させてのバイシクルシュートもよかった。
2点目が決まったあとのゴール裏の歓喜あふれる「歌えクルヴァ」は、どなたかが録画してくださったのをTwitter で見て一緒に歌いました。チャントが歌えるスタジアムになってよかった。
松田監督と倉田選手の最後のあいさつも胸に染みました。

でもね、ここははっきりさせておかねばならないのだけれど、まだ何も決まっていないのですよ。
最後の1試合、全力をつくしてほしい。
残留できて来季もJ1で闘えるのか?
立て直しができるという希望が見えるのか?
それともこのままうやむやになってしまうのか?
何も決まっていません。
まずは鹿島戦。しっかり勝つことはもちろんですが、どのステージであっても来季はちゃんと闘うチームになれるという未来予想図を少しでも見せてほしいです。

最後に、ヤットさんがゴール裏に挨拶にやってきた姿に思わず泣きそうになりました。もしかしてヤットさんも涙ぐんでた? ヤットさんこそ、まだこれからです。フォルツァ、ヤット!!!

先週、2泊3日で函館に行ってきました。
お天気が最高で、東京は肌寒かったらしいけれど、函館は半袖でも大丈夫なくらいのあたたかさ。私をふくめ書友4人で行ったのですが、それぞれに見たいもの、やりたいこと、食べたいものがいっぱいあって、それらを全部盛り込んで充実した3日間となりました。
簡単に画像で振り返ります。 
IMG_2919

函館旅行の第一の目的は、この展覧会を見ること。私が所属している創玄書道会の創設者である金子鷗亭とその弟子である中野北溟の詩文書を集めた展覧会。とても充実した内容だったのですが、これはお二人の出身地である北海道で見てこそ響くものがある、と思えました。

IMG_2859

第二の目的は「ゴールデンカムイ聖地巡礼第二弾」(この目的を掲げたのは私だけですが) 。鶴見中将と杉元たちの金塊をめぐる最後の戦いの場となった五稜郭をじっくり見学しました。箱館戦争(1868年10月20日~1869年5月17日)のくわしい経緯をおそらく初めて知りました。写真パネルで見た榎本武揚率いる旧幕府側脱走軍の面々のなんとかっこいいことか! 土方歳三にあやうくノックダウン(死語)されそうでした。

IMG_2823

函館が発展するきっかけはいわずもがなですがペリー来航。その船に乗せてくれと駆けつけた新島襄の像が函館湾岸に立っていました。若者たちが強く外国への憧れを持っていた時代。いまの閉塞との差を感じました。そうそう、外国人観光客の団体をいくつも見かけました。そろそろ戻ってきていますね。

IMG_2887

紅葉はまだ二割くらいでしたが、街路樹のななかまどの実はすっかり色づいていました。あと1週間ほどで本格的に紅葉して、一気に冬だそうです。

IMG_2931

宿泊したホテルの売りは朝食バイキングの品数の多さ。2回の朝食で4人でおそらく全品制覇したはずです。なんといっても、いくらやマグロなど何種類もの具がてんこ盛りにできる海鮮丼がすごい!

おなかも気持ちも豊かになった旅行でした。
 


ガンバ 2−0 横浜Fマリノス

 正直、あきらめていました。
 試合前予想を読んでも、めずらしくtoto予想なんか見ちゃっても、どこにもガンバのガの字もなく、ひたすら「横浜が優勝を決めるか?!」ばっかり。リーグ随一の攻撃力を誇るマリノスさまのこれまでの経過が延々とつづられて、土曜日の対戦相手はどこなんだよ???と思ったら小さくガンバと。
…………さびしい……秋風が身に染みました。
 東京在住サポから「横浜に行きますか?」と問い合わせメールが来たのですが、私は明日月曜から土曜まで出張続きで、その前になんとしてでも1冊校了せねばならないし、実はまたもや体調を崩して、トイレとデスク間を往復している状態(すみません、汚くて)なので、横浜行きはあきらめました。 
 朝、新聞見て全国放送で試合ライブがあると知り、また悪寒。もう長年、全国で放送される試合でガンバは勝ったことがありません。川崎さまの優勝の引き立て役となって何年か? こんどは横浜さまのお引き立て役?
 毛布にくるまって、めったにつけないテレビの前に座り、前半8分にファン・アラーノのゴールが決まったあとにも「また早い時間の先制点?」と悪寒。早い時間に先制(もしくは早い時間に同点に追いつく)→あとはサンドバッグ状態で逆転、というパターンを今年はいったい何回見たでしょうか? 悪い予感しかありません。
 案の定、攻められる攻められる、ヒガシ神とゴールポストとか誰かの足とかで神クリアが続く状態。前半のガンバのポゼッション率20%とか。前半の途中でテレビを消しました。具合がますます悪くなりそうで。
 で、試合がそろそろ終わるかなというころに恐る恐る、でも思い切ってテレビをつけると……????(目をこする)え? 見間違い? 0−2となってるんだけれど……
 パトリックのゴールとはじけるゴール裏映像を見逃しました。

 つぎの試合まで3週間もあります。長い。
 それにまだ降格圏を脱しているとは言い難い。
 どうなるかわからない。
 待ち構えるは磐田に鹿島って、いやな予感しかありません。真綿で首を締められるような気分ではあるけれど、ある面、きのうの試合で達観もしました。
 なるようにしかならんわ。
 精一杯準備して、精一杯走って、とにかく勝て!!
 

↑このページのトップヘ