Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

欧州滞在中から引き続いて時差ボケです。もしかすると、時差がとれた本物のボケの始まりではないか、というくらいぼけ〜〜〜っとしている。一日中眠い。夜11時に就寝しても、午前3時に眠っても、朝9時まで目が覚めない。ケータイのアラームが何回スヌーズしても気がつかないほど。夜間の睡眠時間に関係なく、昼間も眠い。疲れてるんだよ、と言われたくない(そういうところは意地を張ったりする)ので、なんとか平気な顔をして仕事をしていますが、うーん、頭の芯のところでねじが巻き切れていない感じ。
はい、おっしゃりたいことはわかっていますよ。「もう年(トシ)が年なんだから、いい加減に自重しろよ」
そう、自重(日本国語大辞典の定義では③自分のからだをたいせつにすること。自愛、ですね)はどの年齢においてもたいせつなのだけれど、とくに高齢化へと向かいつつ、しかも経験を積んで自分のからだがわかっている「はず」の年ではやるべきことなのかも。
ところで、自重(じちょう)の項目で一番にあげられている定義は「自分の品位を保ち、むやみに卑下したりしないこと。自尊」です。でもって、私はこの定義についての「自重」も、今ひとつできない。
仕事で、ちょっと重そうな案件をふられると、つい言ってしまうひと言。「私には無理です」「私なんか、まだまだダメです」
自分は謙遜しているつもりだろうか? それとも本当に自信がないのだろうか?
「翻訳というおしごと」で、自分にとって新規分野の案件を振られたときに「私には無理です」と言うな、と堂々と書き、トークイベントではしょっちゅう「やったことがない分野だからとか、まだ自分は実力がないと卑下していては仕事はこない」とか言っているくせに、自分ではつい言ってしまう、やってしまうこのくせ。これは日本人的な癖なのか? 
振り返ると、小さいころから私は「人並み」という呪縛に縛られてきました。先日自分は「どんくさい」と書きましたが、そのどんくささについての劣等感は「人並みでない」というところから来ていたように思います。親から、親戚から、学校の先生から、常に言われ続けたのは「人並みに(なるように)がんばれ」でした。特に親(母親)からは「あんたは人の倍がんばって、ようやく人並みになる。勉強も習い事も人の倍がんばりなさい。それで人についていける」と言われ続けたことが、今も耳の奥で鳴り日々言っています。そして大人になって、自分に自信もつき、子育てもして、ようやく「人並み」なんて基準がないことに気づいた後も、まだ「自分は人並みになれないダメなやつなのではないか」という思いがどこかにくすぶっているようなのです。
そしてこれってどうも日本人特有の感覚みたいです。「人並み」という基準について、日本以外の文化で育った人に説明しようとしても、なかなか理解が得られない。
実は今も「自分はまだまだダメだ」という自信喪失→自尊心傷つく→劣等感に苛まれる→前に進むことに臆する、という負のスパイラルに陥りかかっています。たぶん、仕事でちょっとつまずいているせい? 他人(善意の人。善意から出た言葉ほど私を傷つける)から言われたことのせい? 自分の知識と思慮の足りなさに気づいたせい? それとも単に疲れているせい?
こういうときこそ「自重せよ」と自分を励まさなくてはなりませんね。
もちろん「まだまだダメだ」がプラスのスパイラルになることもあるわけです。まだまだだと思うからこそ、もっと知識を増やし、もっと考えようという動機にもなる。
まずは時差ボケから立ち直り、プラスのスパイラルへと転換できるように、自重します。
IMG_2013
 

19時ヒースロー発の飛行機に乗って東京に帰ります。1人で海外を旅していると、「もしも〜〜があったら」というのが不安で、ついつい時間よりも早く行動してしまいます。よって2時間前にもう搭乗口に座っているのですが、さすがに早すぎたのか誰もいません。見事に誰もいないぞ。係員さえもいない。大丈夫なのかと何回もボーディングパスを確かめたけれど、数字はあっている。うーん、早めに来たのにまだ不安になるとは。
さて、還暦を過ぎてから海外1人旅に拍車がかかってしまっている私ですが、60過ぎのおば(あ)さん一人旅で、これは持っていったほうがいい、というものをこの暇すぎる時間を利用して書いてみようと思います。しかし、この記事はあまり汎用性がないかもしれない。60過ぎて一人旅したいとは思う女性は少数派? いや、変人? ま、いいや、とにかく私が何回かの旅行で学んだ「あるととてつもなく役立つ」ものを並べます。
1)海外向けWiFiルーター
 最近はホテルでもレストランでもWiFiがデフォルトで使えるので必要ない、とよく言われます。が、私のような方向音痴はGoogleMapがないことには外が歩けません。Googleさまの言うとおりに歩けば、あら不思議、どんな場所にも行き着くのですよ。
待ち合わせ場所に時間通りに到着できるだけでなく、ちょっと小腹がすいたな、というときに、適当なカフェを見つけるためにも、WIFiルーターを携帯していることがもう私には必須です。もちろんお金はかかるけれど、一人旅を安全に、効率よく、楽しく過ごすためにはWiFiルーター様々。ちなみに私はGlobal WiFiを利用しています。
2)薬
 別に一人旅のときだけでなく、私はごっそり薬を持っていきます。風邪薬、咳止め、胃薬、鎮痛剤、抗生物質数種類、睡眠導入剤、塗り薬、目薬……ほとんど使わないのだけれど、持っているととても安心。いざというときには薬がある、と薬袋を握りしめていれば、病気のほうから逃げていく気がします。
 今回はしょっぱなの空酔いからずっと調子があがらず、めずらしくあらゆる薬にお世話になっています。そろそろ酔い止めを飲んでおくかなあ。
3)ワインオープナー&栓抜き
 女一人でレストランに入りにくいので(それでも入っているのだけれど、視線が痛い)、よくテークアウトの食料とワインやビールを購入して部屋で食べます。キッチン付きの部屋ならばたいていのものはそろっているけれど、普通のホテルだとワインや瓶ビールを買ってきたものの、きゃー、飲めないよぉ、ということがありました。以来、ワインオープナーと栓抜きが一緒になっているものを持ち歩いています。あ、もちろん手荷物には入れられませんよ。預ける荷物にしのばせます。
4)文房具一式
 はさみ、セロテープ、スティック糊、筆記用具、定規、万年筆、カラーペンが予想もしないときに役立ちます。たとえば書類が破けちゃったとか、購入した服のタグをとるとか、まあいろいろ。これも預け入れの荷物にしのばせています。
5)Kindle もしくは iPad
  1人旅の一番の楽しみは、前にも書きましたが読書です。私だけかもしれないけれど。前は荷物の5分の1くらいに本を詰め込んでいたのだけれど、最近はもっぱらiPadにごっそり入れていきます。旅行中こそ腰を据えて本を読みたいし、読める。時差ぼけで早く目が覚めても、読書をしていればまぎらわせます。

 1人だとたとえばトイレに行くのにいちいち重い荷物を下げていかねばならない、とか、入りたいレストランに入るのに躊躇する、とか、自分が映っている写真がない、とか、不便なこともあるのですが、それ以上に誰に相談することなく行きたいところに行けて、食べたいものを食べたいときに食べる事由があるし(食べない、という選択肢もあるし)、今日は何をしようかと目が覚めてからゆっくり考えられるという楽しみがあります。
 体力と気力が続くかぎり、1年に1回くらいは一人旅をしていきたいなあ。
 
DSC01522

(たまーに夕焼けが見えたりしたロンドンの夕暮れ)

IMG_6592
 (でもって、私は自撮りが下手なんだわ)



ラフバラ探訪について書こうと思っているうちに、もう明日帰国となってしまいました。
毎日、いろいろな方々に出会い、興味深い話をいっぱい聞かせてもらい、濃密な12日間でした。
日本に帰国してから話をまとめることにして、2月1日以降をざっと画像と記録しておきます。
 
IMG_6464

(ラフバラ大学はスポーツサイエンス学科で有名。毎週水曜日午後には大学対抗戦が行なわれるそうで、水曜日午後に滞在した私は運良く女子ラグビーとホッケーの試合が観戦できました)
IMG_6472
(ラフバラはかつて繊維産業で栄えたそうで、靴下製造業を記念した銅像が町の真ん中にありました。靴下をはかせてあげる私)
IMG_6485
(木曜日朝にはマーケットが立つ、という幸運にも恵まれ、パン屋さんでコーンブレッド等をゲット)
IMG_6494
 (夜中に歩くと幽霊に出くわしそうな教会と墓地。英国らしい、といったらいいのか)
IMG_6399
(1回はおっしゃれーなレストランで気取ってみよう、というので、仕事の帰りに歩いていける範囲で女一人でも入れそうなレストランをGoogleさんに聞いたら、教えてくれたのがBerners Tavernでした。女子会率が高いところだった)
IMG_6548
(アフターヌーンティーにも挑戦してみよう、というのでSOHO HotelというところをBooktableで予約していってみました。もう動けないほどおなかがいっぱいになって、帰りは40分かけて歩いて帰りました)
IMG_6587
 (地下鉄やバスも利用をしているのだけれど、徒歩圏内30分なら歩くことにしました。めずらしく青空が見えたときにはハイドバークを1時間散歩したりして)
 
IMG_6636

(今日は女子サッカーリーグの取材でロンドン南部に行ってきました。レベルが高いのと、応援の熱心さに驚きでした)
おもしろいことがいろいろあったし、いやー、英国すごいわ、と驚くことももろもろ。頭を整理して、また書き込みます。
さて、荷造りするかな。 

1月29日から英国に移動しました。
UK BorderのNON-EUは長蛇の列。恐らく3分の2はChineseパスポートを握りしめた人たち、若い子が多かったのは、正月休暇を利用しての旅行かな?
 
IMG_6356
(ハイドパークのヘンリー・ムーアの彫刻作品の前でも中国人観光客が記念撮影していました)

ほかの人がみんなパスポートに書類をはさんでいたので、にわかに不安になって後ろに並んでいた中国人らしき学生さんに、書類を指差しながら「这是什么? 要不要这件文件为入境检查?(→もちろん辞書を引いて入国審査を調べました」と聞きました。後ろの中学生くらいの女の子たち、怯えたように飛び退いて手を振る。え?もしかして私の中国語、まったく通じてない? 女の子たち、くすくす笑うばかりで、あきらかに私と話すのを嫌がっていたので、しかたなく前に並んでいたご婦人(50歳くらい。中欧系の顔立ち)に聞いたら、彼女は「機上で配られたのよ。もらってない? 入国審査には必要だと思う。後でもらえるわよ」と親切に教えてくれました。
何とか書類をもらって書き込み、入国審査までこぎつけました。審査官は2人。ベールをかぶった若い女性と指導官らしき男性。どんなことを聞くかを彼女に指導しているみたいでした。そのせいかどうか、質問は「え? なんでそんなことまで聞く?」というところまでつっこむつっこむ。
英国にやってきた目的を聞かれて、面倒なので「観光」というと、「何を観光するつもりか?」「いろいろ」「具体的に何を見たいか?」というから、しかたなく「美術館と博物館」というと、「具体的にどこに行きたいのか?」ともっと食い下がる、男性のほうが。そして私が答えるたびに「ほら、こうやって会話をするんだよ」とかベールをかぶった女性に指導する。
女性のほうが、それならとばかり「さまざまな外国に行っていますね」というので「はい」と答えると、男性審査官「だめだめ、そういう聞き方では」と言うと「ロシアに何回か行っているみたいだけれど、目的は?」と聞かれました。娘が働いていたから、とか言うとなんかとんでもなく突っ込まれそうだったので、私はフットボールのライターをしていて、ロシアワールドカップの事前取材があって……云々とウソ八百を並べました。そしたら「英国滞在もライターの仕事ではないか?」と墓穴を掘ることに。「いや、フットボールの取材を通じて知り合った友人に会うけれど、仕事はしない」とまたウソの上塗りをするはめになりました。そのほかにも「英国は初めてか?」「いや、30年ぶり」と答えると、「30年前とはロンドンは様変わりだよ。あそこも変わった、ここも変わった」とか言うから「そう、世紀も変わったけれど、女王は変わっていない」というと、やっと笑ってくれました。
ま、結局ゆうに10分近く引き止められましたよ。ふ〜〜〜私は要注意人物か?
DSC01491
(宿泊しているホテルの窓から。思わず♫chim chimeney chim chimney chim chimcheree♫と歌ってしまいました。傘を片手にメリーポピンズおりてくる、と)

 30年前にはなかったヒースロー・エクスプレスに乗れば、わずか15分でパディントン駅到着。ホテルは駅から歩いて6分とあったけれど、夜で雨が降っていて大荷物だったので、タクシーに乗りました。
もしかすると30年前にもタクシー運転手だったのではないか、というほどのおじいさまが運転手で、耳が遠い。大声で住所を連呼し、iPadの地図を見せると、弱々しくうなずいて連れていってくれました。当然、荷物の出し入れも自分です。
ホテルは駅からも近い上に、ハイドパークまでも歩いて5、6分。静かな住宅地の中にあります。でも、周囲はホテルだらけ。単なる想像(妄想)ですが、高級住宅地ながら家賃の高さで住民は居着かず、ホテルに改装したところが多いのでは? 


DSC01494

(ベン・リトルトンの新著。サッカーを通じて子どもに数学、生物から国際関係まで説明する、というおもしろい内容です)

 さて、到着した翌日からインタビューを始めました。まずは拙訳書『PK〜最も簡単なはずのゴールはなぜ決まらないのか?』の著者、ベン・リトルトンから。ベンさんの新著『Football School〜Where Football Explains Rules the World』を贈呈いただき、今年8月に出版されるという新刊についての話を聞きました。私のプロジェクトについてもお話し、いろいろとアドバイスをもらえてよかったです。1時間半なら時間がとれる、と言ってもらったのだけれど、結局2時間半にわたるインタビューとなり、話題はフットボールにとどまらず、Brexitからトランプまで政治や国際情勢に及びました。
 それはともかく、ガンバサポということは言っていなかったのに、ベンさんから「いま、欧州でプレーしている日本人選手で一番期待していて好きなのは、宇佐美だ」と言ってもらって、私、大興奮。ベンさん、ええ人やわー!! と、株急上昇。
IMG_6365
(男性下着は赤が人気だったそうです。赤は活力を与えて健康にいいと思われていたとか)
 フットボールとは関係ないのだけれど、ロンドンでぜひとも観ようと思っていたのがヴィクトリア&アルバート美術館で開催中の"Undressed"という企画展でした。インタビューの合間を縫って、なんてことをしていたら見逃すので、スケジュールを組んで行ってきました。
 下着についての歴史、機能、役割をまとめた展示だったのですが、私が長年追いかけている「身体」についての広く深い考察がなされていて、とてもよかった。下着というとつい女性のセクシーなものを考えてしまうかもしれないけれど、展示は男性の下着、それも軍隊、労働者、スポーツ選手の下着についても展示されていて、興味深かったです。
そして今回、英国の地方も見てみたいと思っていて、ご縁があって取材もかねて中部の町、ラフバラに行ってきました。それについては次のエントリーで。

 
IMG_6372
(ヴィクトリア&アルバート美術館の中庭。月曜日の午後、大勢の小中高生が見学に訪れていました)

どうもlivedoorブログが海外での書き込みがむずかしいらしく、ジュネーブでトライしたもののはじかれました。ロンドンではうまくいくことを祈りつつ。

26日午前1時近くに羽田を出発する便でフランクフルトに飛び、乗り継いでスイスのジュネーブにまずは入りました。 
目的はCONIFAの年次総会に出席するためです。CONIFAには2015年よりUnited Koreans in JapanとRYUKYU Islandの2つのサッカー協会が加わっており、2協会の代理として出席しました。東アジアのチームはこの2つしかないし、欧州のチームが中心で活動がまわっている中で、アジアの存在感を高めるためにも出席しておこうと決意。
ジュネーブには一度来たことがあるはず、と記憶をたどってみたら、結婚した翌年に英国駐在だった夫を訪ねてスイスとイタリアを旅行したんだった、と思い出しました。たしか夏で、レマン湖に突き出た桟橋に座って、ニコンのカメラのフィルムを入れ替えようとしたら、撮影済みのフィルムを夫が湖に落としてしまった、という「大事件」があったのでした。それからの午後にずっと夫が機嫌が悪くて、ハラハラしたのでよく覚えているw
今回は冬、それも真冬で、天気はずっと曇天。それ以上に、私は行きの飛行機で「空酔い」 になってしまい、嘔吐がとまらずふらふらになりながらジュネーブにおりた、ということもあり、ジュネーブの印象はほとんどありません。到着した日はすべてのスケジュールに断りを入れてひたすらねむったのですが、それがまずかった。せっかく深夜便に乗ったのに、いまだに時差ぼけ。夜9時就寝、早朝4時30分起床が続いています。やれやれ。
会議の議題は多岐にわたったのですが、一番の焦点は「政治とサッカー」でした。今年の欧州選手権開催地は北キプロス。トルコのみが承認している「未承認国家」です。出場希望チームの中に西アルメニアが入っており、全メンバーによる投票でエントリーされてしまったことから会議は紛糾しました。
DSC01481

なぜなら19世紀末から20世紀初頭にかけて、オスマン・トルコ帝国は少数民族であったアルメニア人を虐待しており、第一次世界大戦時にアルメニア人を大虐殺した、という歴史があるのです。トルコはジェノサイドを否定、というか無視しつづけています。この歴史を描いた映画『消えた声が、その名を呼ぶ』は日本でも公開され、私も見ました。

今回、西アルメニアは投票によりエントリーされたのですが、その前に北キプロスから「トルコ政府からは西アルメニアを北キプロスに行かせることはできない、と何度も警告を受けている」という発言があり、暗に「辞退してほしい」とにおわせたことから会議は紛糾。CONIFAの会議や活動では政治の話をしない、というのが大原則なのですが、それはメンバー全員が政治に翻弄されてきた歴史があり、当然今も政治的に微妙な立場にあるからです。それを超えてスポーツで親交をはかろう、というのが設立の趣旨なのだから当然です。しかし一方で、大会開催となるとパスポートとビザの問題は常についてまわる。ビザ問題は政治に左右されるので、大会開催にあたって政治を「説明」せざるを得ない。そして政治的理由で大会参加を見合わせてほしい、ということはCONIFAの趣旨に真っ向から反する。いろいろな矛盾をはらんでいるわけです。
みんなが意見を言い出してぐでぐでになり、結局ペンディングになりました。 私は欧州、というか、コーカサス地方をめぐる大国(トルコ、ロシア、イランとイラク)の政治と歴史について疎いので、発言が何もできず。会議後にオブザーバーとして出席していたオーストラリア人とベルギー人の政治学、社会学の大学教授たちに誘われて、バーで飲みながら講義を受けたけれど、それでもよくわからなかったし、この問題に自分なりの意見を述べることはできませんでした。もっと勉強しなくちゃなあ、とため息。勉強したってわかるもんじゃないけれど。
会議後のフォーマルディナーでも、話題はもっぱら「政治」でした。とくにトランプ大統領が難民とムスリムの7ヵ国の米国入国を拒否する命令を発令した、と話題で盛り上がりまくりました。拒否される国のパスポートを持っている人たちもいて、「いや、俺たち別にトランプの米国になんか行きたくないよなあ」「というか、絶対に行きたくないね。こっちから願い下げだ」「だけど向こうから言われると腹立つ」とか 言ってました。反トランプキャンペーン(?)をはっているNYタイムズの記者も来ていて、いろいろとおもしろい話も聞けました。inaugurationの参加人数をめぐって報道官が言ったalternative factsとは何か、とかね。
IMG_6330
(年次総会のディナーは開催地の名物料理を食べるのがしきたり。というわけで当然チーズフォンデュでした)
ディナーの最後に、会長が私の名前を呼んで、なんと特別賞を授与されました! アブハジアのコインです。「2014年スウェーデンで開催した第一回ワールドフットボールカップから、元子は一貫してCONIFAの活動を支え、日本で啓蒙に力を尽くしてきた。その活躍に感謝をこめて贈りたい」と言われて大感激でしたよ。
IMG_6335

でも、活動はまだまだ道半ば。これからですね。もう一度モチベーションを高めるのに、この賞はおおいに励みになりそうです。
CONIFAの活動にかかわることで、私の世界は大きく広がったし、世界観も変わりました。何よりも、この活動にかかわらなければ知り合うことがなかった人たちと友達になれたのはとてもうれしいです。みんなありがとう! これからもどうぞよろしく!
 
IMG_6338

↑このページのトップヘ