Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

80歳を過ぎるころから、母の口癖は「私には関係がない」になりました。75歳くらいまでは毎朝新聞をなめるように読み、外出すれば週刊誌を購入して往復の電車の中で目を通し、世間でベストセラーになっていると聞けば本を購入するなど情報収集に余念がない母でした。そのお陰かどうか、あらゆることに自分の意見があって、自分の意見に反対するようなことをいう人(特に夫や娘たち)には、論破するまで声高に自説の主張を演説し続けるという困ったところもあったのですが、この5年ほどはどんな話題をふっても「だって私、きっとあと10年後にはこの世にいないから関係ない」と投げやりです。たぶん情報収集も討論もエネルギー不足で面倒になっただけでなく、今世界で起こっていることに自分が関与することはないと決めて、区切りをつけているのだろうと思います。
80代も半ばとなった母の世代の人たちが、「私には関係がない」と政治や経済、社会の問題に背を向けて、内向きの自分ファーストになってしまうのは「老化」のせいで、ある意味ではしかたないのかもしれません。
ですが、私の世代から自分ファーストになってしまったら、次世代がとっても困るのではないでしょうか。ときどき私が熱く社会問題や世界情勢などを語ってしまうと、「そんな遠い世界の出来事は日本人には関係ないんじゃないか?」とか、「私のまわりにはそんな人はいないから関係ない」とか、教育費の無料化や子供の貧困を救うという話題には「私には子供がいないから関係ない」と言われることが多いです。でも、世界の果てのように思えるたとえばシリアとかイラクのような国の紛争が、日本にも及ぼす影響は大きいし、自分の子供はいなくても、50年、60年生きてきて、次世代と何かしらのつながりがないと言い切れる人なんてこの世の中にはほとんどいないはず。50、60代は自分の老後のこと以上に、次に続く世代のことを心配しなくてはならない世代なんだと思います。
憲法改正はもとより、子供の貧困問題、世代間、社会間格差の問題、外国人実習生の労働環境、AIが変える職場、地球規模での気候変化、沖縄をはじめとする米軍基地問題、東アジア情勢などなど、私たちの社会には今手を打たないと明日の生活さえも大きく(悪い方へと)変わってしまう問題が山積しています。
そんなことを考えたのは、仕事部屋の整理をして10〜20年ほど前の新聞や雑誌の切り抜きを見返していたら、「あのときに手を打っていればこんなことにはならなかったのに」ということが山ほどあると気づいたからです。一番強く思ったのは原子力発電所の地震対策です。阪神淡路大震災のときに懸念する声はあったのに、「阪神間には原発がなくてよかったね」で終わってしまった。あのときに耳を傾けていたら、福島の惨事はここまで大きくならなかったはず。次世代どころか、十世代後までの大きな負の遺産となってしまった責任は、私も含めて当時現役真っ只中だった、現在の50、60代にあると思います。
私はこの10年以上、テレビの地デジ、特に民放テレビ番組をいっさい見なくなってしまい、また週刊誌を読まなくなってしまったのですが、その理由がタレントや政治家の不倫や噂話やいい加減な健康情報、旅やグルメ情報ばかりで辟易するからです。もしかしてテレビと週刊誌は日本人を思考停止させるための「国策」として不倫・健康情報だけに絞っている? うっかり地デジをつけてそんな番組を見るたびに、私は絶叫してしまいます(心の中で)。「私には関係ない!」
そんな見知らぬ他人の不倫話以外、世界で起こっていることで自分に関係がないことなどない! というのが私の主張です。
だから「どうせ私がなんか言っても世の中変わらないから」とか白けて目を背けないで、選挙には行きましょう! と最近では会う人ごとに念を押しています。明日の世界がどうなるかは、私たち一人ひとりにかかっているのだと信じているから。民主主義の社会に生きている私たちが明日の世界のためにできる、そしてやるべき最低限のことは、投票です!
ふ〜〜〜熱く語ってしまいました。 衆院選投票日まであと4日。

先日、お孫ちゃん2号が誕生し、今日からまた我が家は5人家族です。なかなか夫婦二人暮らしを満喫する、というわけにいかず、しばらくはまたおばあちゃん稼業にも精を出すことになりそう。ある意味、本当にありがたいことだと感謝していますよ、はい。この少子化の時代に、すでに孫2人。まだまだじいちゃんばあちゃん元気で現役で、孫の面倒も見られるのだから、この幸せを噛み締めなくちゃね。
とはいうものの、孫が何人生まれようが、私たちがこれから心身ともに老いていくことは確実です。いくら若作りしたってダメ。孫一人につき5歳若返るってわけにはいかない。
今年は実家の片付けと処分に奔走したのですが、そのときにしみじみ思ったのが、「我が身の始末をつける年齢に入った」ということでした。老後、なんてずいぶん遠い先のことのように思っていたし、まだ10年以上現役で働き続けるつもりではありますが、それでも始末をつけねばならない年齢になっているのはまちがいのないところです。私も確実に老いていき、その先には死が待っているのです。若いときは死ぬのが怖かったし、考えることさえもタブーにしていたところがありますが、孫が生まれ、親が亡くなり、生まれ育った家を手離すというこの4年ほどの変化の中で、私と死との距離はぐっと近くな理ました。
以前に比べると、死ぬこと自体はそれほど恐ろしくない。恐ろしいのは、始末をつけないで死ぬことです。
始末をつけるとはどういうことか? いつ死んでもいいように、身辺を整理することだと今の私は思っています。いつか読むから、いつか仕事に役立つはずだから、と思って大量の書籍を手放さずにいたのですが、その「いつか」はもうたぶん来ないのです。 あとみっちり働けるのは10年もない。その間に「役立つ」本はそれほど多くありません。そしてもし私が明日死んだら、この本の始末に苦しむのは子供や孫でしょう。
似合わなくなっても、(体形が変わって)着られなくなっても、もったいないからとクローゼットにしまっておいた服も始末しなくてはなりません。今、似合わず、今、着られない服はもう一生着ることがないのです。
今はまだお客さんも来るし、娘たち家族が集まってにぎやかにわいわいやる機会があるから、食器もそれなりに揃えていますが、あと10年もしないうちに不要になるでしょう。好きで集めていた食器、テーブルクロス、キッチン用品なども、始末をする時期が早晩やってきます。
母がいま介護ケア付きホームに入っているのですが、持っていける身の回りのものはほんのわずかだし、わずかですんでいることで母は精神的に穏やかです。たくさんのものを持つ、持ちたいという欲求は、せいぜい70歳までではないか。
身の回りのもの、そして自分自身の始末をつけること。それがこれからの私のテーマなのだと思います。何かを残そうとするのでなく、これまでのことを少しずつ消滅させていくこと。子供や孫に自分の始末の負担をかけないこと。実家の始末を終えて、2人目の孫が生まれた今、そんなことを強く感じています。

ルヴァンカップの第二戦、95分に気持ちがどん底に落ちました。ガンバについて何か書こうという気持ちに、3日たった今もまったくなれません。
J2降格危機のときは「監督選びに大失敗した」と原因がはっきりしていたし、ガンバ大阪ともあろうクラブがこんな失態を見せるとは、とクラブに怒りをぶつけることができたのですが、今年はもうね、どこにどんな怒りをぶつけていいかわからない。
今年のJリーグの開幕戦のとき、いや、昨年からずっと「こんなことでいいのだろうか?」ともやもやした気分でしたが、ときどき勝ったりするし、なんのかんの言いながらACLにも出場したし(酷かったけれど)怒っていいのかがよくわからず、もやもやを抱えたまま今まできました。
きっと誰かがなんとかするだろう、というかすかな期待はことごとく裏切られ続け、最後にとどめを刺したのがルヴァンカップ95分の一撃でした。

しばらくガンバのことは私のなかで封印しようと思います。
誰が監督になるか、来年はどうなるのか、そんなことも考えるのをやめます。
年パスも来年は購入をやめることにしました。ファンクラブだけは継続しますけれどね。
来季は少しガンバと距離をおいて、サポとしての精神の安定を取り戻すシーズンにする予定です。

でもね、一言だけ言わせて。
今のガンバは末期症状ですよ。J2に降格した2012年よりも先が見えない深い穴に落ち込んでいます。
来年は降格も覚悟しなくてはならないかも。そして降格したら、1年での復帰はむずかしいでしょう。
クラブも、チームも、そういう危機感を持って臨んでほしいなあ。

それでは来年のリーグ開幕まで、しばらく「青黒を追いかけ」るのはやめます。
来春、笑顔でスタジアムでお会いすることができますように! 

ガンバのことは頭に浮かんだだけで胃が痛くなってくるので、しばらく触れるのをやめていました。考えるのもやめていたかも。ちょうどいろいろな締め切りが重なって忙しかったこともあるし、試合はこっそりダゾーン見直し配信観戦でしたよ。

ところが、ルヴァン杯の対戦相手がセレッソ大阪と決まり、しかも倉田選手、井手口選手、東口選手とガンバから3人も主力が代表に選出されて不在、となると気持ちが盛り上がらないはずがありません。
「いつもと違う顔ぶれになるだろう!」「若手選手が出場する!」その盛り上がりです。
ホーム5連敗で、リーグ戦も天皇杯もタイトルからはほど遠いとなっては、ルヴァン杯くらいしか盛り上がりようもないってことはさておき。
そして昨晩の試合。
スタメンに中原選手の名前を見つけて胸がときめきました。
しかも試合開始16分で赤崎選手ゴーーーーーール!! ガンバにやってきてから初ゴールです。ときめきました。
でも、中原選手のパスミスから持ち込まれて失点。
ふだんのメンツでの試合だったら、「こりゃー今日もあかんな」と盛り下がるところでしたが、昨日は「このメンツで先制したんだし、アウェイゴール取れたんだから、いいよいいよ」と目を細めちゃったりしてね。
でも後半にセットプレーから失点し、逆転されてからは「あああ、やっぱりこのメンツでもだめかー」と落ち込みかけたところに……井出選手、ガンバで初ゴーーーーーーール!!!
同志と5月くらいからずっと言ってたんですよね。
「井出はどうした? どこに行ったんや。怪我か? それともよほどの何かがあったのか?」
そして天皇杯で出場したものの、またも姿が見えず。
でも、昨日は交代出場してからあまり時間が経ってないところで素晴らしいダイレクトボレーを決めたのです。90+3分の表示。
もうね、鳥肌が立ちましたよ。(あ、ガンバのテキスト速報を追っかけていただけですが)
2点取って同点でセカンドレグを迎えられるのと、1点しかアウェイゴールを奪えず負けて吹田でセレッソを迎え撃つのとではぜーーーーんぜん気持ちが違います。
ガンバで初ゴールの2選手の得点で迎えるセカンドレグ。 
気分いいわー、今日は。ガンバのことを考えても胃腸はビクともしない。
日曜日、行きたいなー吹田に。 

先日、母のところを訪れたときに、夏物と冬物の衣替えをしてほしいと頼まれたので箪笥の中のものをひっくり返して入れ直すのをやってきました。
母は84歳になったのですが、着ているものがとても80代とは思えない派手さ。本人は「派手なものは着られないのよ、ここ(→介護ケア付きマンション)では」と言うのですが、いやいやいや、世間一般の「派手基準」からすれば、母の服はどれも派手度+7くらいは行ってますね。(派手度0が世間一般の基準からすると派手でも地味でもないところ)でもって、ホームで母と仲が良い方々も皆結構派手です。皆さん、地味な色とされるグレーやベージュなどの服を着ていても、カーディガンはライトグリーンやライトブルー。カーディガンが黒とかグレーなら、その下のシャツは柄物(カラフルな花柄など)。なぜか皆さん、ラメがお好き。ストライプのニットのどこかがラメ、とかね。
「みなさんも十分派手だからこれくらいなら気にしなくていいよ。そもそもお母さんの服で地味と言えるものは一着もないしね」と私が言うと、「あら、そうかしら? これなんか地味だと思うけれど」とつまみ上げたのは、ペプラム部分がゴールドのラメで縁取りしてある黒のニット。
まあね、黒ですけれどね。そもそもペプラムがついているだけで相当に派手。というか、なんでシンプルなデザインと色の服がないんだ? なぜ何かプラスしてあるんだ? 刺繍とか、ストライプなどの柄とか、フリルとかをつけないとおさまらないのか?!
そう私が突っ込んだら、母は憤然として言い返しました。
「あんたの着ているものの方がずっと派手や! だいたい60歳過ぎた女が着る服とは思えん!」
まあね、そこは認めましょう。私もファッションには何かをプラスしたくなるんです。くすんだ色は嫌いだし、黒やグレーならば必ずコントラストをつけた原色の何かをポイントにしたい。白黒ストライプとか大好きで、「また黒白か!」と自分でも思うほどついそこに落ち着いてしまう。トルコブルーやピスタチオグリーン 、フーシャピンク、レモンイエロー、オレンジなんかも大大大好きで、ショーウィンドウにそんな色の服やバッグを見つけると遠くからでも走り寄る。お値段がかわいければ、つい買ってしまう。やっぱりね、遺伝したんですよ、「派手好き」が。
この派手好きは、実は関西、特に神戸ファッションで育った女性たちの「性(さが)」なんじゃないかと思ったりします。60歳になっても、80歳になっても、どうしても地味にシンプルになれない。シックと言われなくたって、それが何?
関東ではupper60sの服売り場って地味でシックなんです。色使いがあざやかであっても、関西で好まれる色とは違う。だからつい若者の売り場に行ってしまうのだけれど、かなしいかな、60を過ぎて体形が崩れつつある私のサイズはない。そしてやっぱり似合わなくなりつつあるんですよ、若者向けは。
私がすごく気に入っているセレクトショップ、DELTA@代々木上原でも、着られる服が少なくなってきつつあります。
60代にふさわしいファッションで我慢すべき? それともダイエットしてウエストを絞り、若作り〜〜とか言われても頑張るべき?
白のパンツにトルコブルーのツインセットを着た母と一緒に出かけた日、私が着ていたのはレモンイエローと白のチェック柄のシャツにカーキ色のパンツ、そしてオレンジ色のソックス。80代と60代の母娘は、梅田でも十分に目立っていましたとさ。

↑このページのトップヘ