Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

昨日はいろいろとあって、結局DAZN後追いで深夜に見ました。飛ばし飛ばしで。最初の15分以外は飛ばしても飛ばしてもFC東京ペースで、はらはらどきどきばかり。ストレスが溜まりました。
試合終了直後は悔しさが先に立って、冷静に考えられなかったのだけれど、一晩眠って少しだけ冷静になったところで感想を箇条書きにしてみます。
1)ガンバはチーム状態は上向きだけど、チームの力が向上したわけではないことがはっきりわかりました。融合も含めて、まだまだチームの実力が伸びているわけじゃない。ディフェンスもオフェンスもどちらも力不足。首位の長谷川東京に立ち向かうには足りないところばかりです。悔しいけれど。
2)同志に何度も指摘されてあらためてきのうの失点シーンや危ない場面を見直しましたが、同志のいうとおりヨングォン選手のポジショニングがおかしい。危ない場面にもかかわらず、CBとしているべきポジションはそこじゃないだろう、とドシロートの私が見てもおかしいところに、なぜか棒立ちで立っている。膝が悪いのでしょうか? それともからだが重い? コンディションが悪い?  菅沼選手をなぜ起用しないのか、すごく不思議です。
3) 失点数がリーグで2番目に少ないチームを相手に、なぜペナルティエリア近くまで来ておきながらパスをするのでしょう? そういうチームに有効なのは、ワンタッチやダイレクトのミドルシュートだとシロートは思います。今のガンバは、こねまわさないで、大胆に、スピーディーに攻撃することでしかオフェンスの力は発揮できないように思うのですが。
4)つい最近までJ3で戦っているU23の主力だった選手が、スタメンの半分近くをしめているのですよ。チームはまだまだ産声をあげたばかり。監督以下、誰かに責任を押し付けるのではなく、成長をなまあたたかく見守っていこうではないですか(→そんな甘いもんじゃないっていう声が聞こえるでしょうが)

試金石はあっけなくぼろぼろと崩れてしまいました。上向きじゃなかった、やっぱり弱かった、ということがはっきりした今、もう一度、スタート時点に戻って、今年はとにかく残留さえすればいいという気持ちで応援していきます。

サッカー女子ワールドカップを追いかけてフランスを転戦しているうちに、今年の半分が終わっていました。私的な総括はつぎに回すとして、まずはガンバ大阪のこの半年を振り返ってみたいと思います。
まずは成績から。
リーグ戦 5勝5敗7引き分け、勝ち点20、13位。
これだけ見ると物足りないといったらたしかに物足りない、もっと上にいてもいいはず、と言えるかもしれません。
でも、シーズン前に私は予想していました。
シーズンオフ中にこれといった補強がなかった今シーズンは、リーグ戦はせいぜい中位の成績しかあげられないだろう。昨年の10位を上回ってくれたら十分ではないか。ただカップ戦ではうまくいくかもしれない、とね。なぜリーグはぱっとしなくてもカップ戦では、と期待したかというと、カップ戦にはきっと若手を出場させるだろうし、若手はチャンスをつかむために必死だろうし、とくにカップ戦は勢いつけたもんがちだからうまくいくかも、という理由からです。
そしてルヴァン杯はプレーオフも勝ち抜いて、トーナメントに突入できました。案の定、若手中心のメンバーで戦って勢いがついた感じです。
そして若手のその「勢い」が前半のもたつきを突き破った感があるいま、つぎなる課題は「ベテランの経験と若手の勢いの融合」となるでしょう。松本山雅戦で見せたような「融合」があれば、下半期は安定した戦いができるはずです。
そのための試金石となるのが、明日のFC東京戦。勝敗はもちろんですが、それ以上に「現在のチームの実力をどこまで発揮できるか」それを見たい。
この5年ほどなかったことですが、試合前にスタメン予想を立てるのが楽しみでなりません。スタメンが発表になったとき、「あれ! こう来ましたか、宮本監督!!」というサプライズにワクワク。3−5−2(3−1−2−2−2といったほうがいい?)のフォーメーションになってから、アンカーポジションに誰が入るのか、左右のウィングは誰? 2トップは誰を選択してくる? サブには誰を入れる? と対戦相手を見ながら予想するのがすごい楽しみになっています。さてさて、あしたの試合はどうなるかな?

 

1975年から1年間フランスに留学していたのをふくめて、フランスを訪れるのはこれが9回目になります。9回が多いか少ないかわからないし、それほど思い入れを持ってフランスを観察してきたわけではないのですが、1975ー76、1978、2000、2002、2004、2011、2013、2016、2019と訪れてみて、この国もやはり大きく変わったなあと思います。とくに大きな変化を感じたのは、EUROに加盟したあと、そして今回でした。
昔はよかった、とかは全然思いませんが、70年代に留学していたときに私が持っていたフランスに対するイメージは、いまやまったく通じないなあ。根幹にあるものは変わらないのでしょうが、根幹の10センチくらい上のところにあるくらいの文化だの気質だのはずいぶん変わったように思えます。
移民が増えた、とか、パリの観光地にはシーズンもあって大量の中国人観光客が団体で歩いていて、でも日本人にはついに出会わなかったとか、街中にふつうにマクドナルドとかスターバックスがあるとか、本屋に並んでいるベストセラーがフランスの作家以上にアメリカものとかアフリカ、アジアの作家ものが多くなっているとか、街行く人の服装がこれでもかというくらいカジュアル化しているとか、一旅行者にはそんなことが目につきます。
2016年にはあまり気づかなかったけれど、今回はシェア自転車とキックボードが異様な勢いで増えていて、とくにキックボードは自転車と並ぶ移動手段として定着してきている感があります。自動車がステイタスシンボルではなくなっていることを感じさせました。
また以前には肥満の人があまり目につかなかったのだけれど、今回は地方にいったせいかもしれませんが、歩くのさえもたいへんそうなほど肥満した人たちが目につきました。テレビでお菓子やスナックのCMが流れると、必ず下に「健康のために食べすぎに注意しましょう」とかいうテロップが流れるのですよ。2004年に訪れたときには、パリの知り合いのマダムが「最近は健康志向とかで、猫も杓子もジムに通っている」とか言いながら、自分も週3回トレーニングしていましたが、そういう人たちがいる一方で、不健康に太っている人も増えているのではないか。健康に関しても、二極化が進行している印象を持ちました。
そして私がフランス語で話しかけると、いきなり英語で答える人たちが増えました。っていうかそんな人たちばかりだった。しかも英語で教えてくれる情報が、英語力のせいなのか、それとも情報不足か、まちがっていることが多くって、英語で答えてくれたことをもう一度フランス語で確認しなければならない。その昔、英語をあれほど嫌っていたフランス人はどこにいってしまったのでしょうか。でも、実は私もややこしい話のときには英語のほうが楽なので、助かっちゃったりするんですけれどね。
というようなことを、シャルル・ド・ゴール空港で書いています。
そろそろ搭乗かな。
家に帰るまでが遠足。まだ気を引き締めていきます。

(追記)無事帰国しました。いま帰国後の洗濯、掃除、そして旅行経費精算を終えたところ。フランス、物価が高かったなあ。ポーランドに比べるとぎょっとする高さでした。ハイシーズンとはいえ、ホテル代とか3倍。フランスではろくなものを食べなかったけれど、それでも高い。ホテル近くのパン屋さんで聞いたら、お惣菜パン(小さいものでも3〜5ユーロくらいする)はあまり売れなくて、バゲット1本1ユーロが1番売れるのだとか。

同志による実況中継をランチを食べながら眺めていて、中村敬斗ハットトリック、3アシスト、全得点にからむ、の報に食欲が倍増しましたよ。
7ー1スコアっていつぶり? 天皇杯とはいえ、こんなスコアずっと見ていなかった気がします。4ー1くらいは記憶にあるけれど、7点っていうのは!!! もうそんな量産スコアをガンバで見ることはないだろうと思っていたので、すごくうれしいです。しかも、得点したのがつい最近まで、いや今現在もU23でプレーしている20前後の若手だってことに踊ります。
まだゴールシーンが見られていないのでどんな試合だったか、得点だったかコメントはできないけれど、スタメン平均年齢24・5歳、ハットトリック達成が18歳ってところに、I can dance all night!ですよ。未宮本監督がつい最近まで監督をしていたU23組が大活躍ってところにも踊れる。
私が日本を離れている間、ガンバのトップチームは公式戦3勝1敗、U23は2勝、ユースはこないだ逆転負けしちゃったけれど、ほぼほぼ満足です。
この調子で上向きを維持していってほしい!!!

日本を出てから17日目。いよいよ今日帰国の飛行機に乗ります。まだリヨンにいて、空港まで直行の列車に乗り、飛行機に乗らなきゃいけないから、「無事に旅がおわりました〜」と宣言するわけにはいかないけれど、ほぼ全日程を終えたことになります。少なくともやろうと思っていたことはすべてやりつくしました。
2014年から「ひとりでできるもん」の海外一人旅を始めてから、 今年で6年目。毎年のように海外には出かけていますが、実はひとりで行動するのは2014年(スウェーデン)、2016年(フランス)と2回しかなくて、今年は3回目。2014年も16年もそして今年もまったくひとりで行動していたのは10日程度です。友人と一緒だったり、海外の友人宅でしばらく過ごしたり、CONIFAの大会後だったりと、全行程ひとり旅ということは実はやったことがありません。今回の旅も前半は友人に誘われて2人でギリシャの島バカンスを楽しんできました。アテネの空港で落ち合って、ベルリンにいくという友人とアテネの空港で分かれて私はフランスへ。ちょっとかっこいい? と2人で頷き合いましたよ。旅慣れている友人といっしょだと、気楽だし、心強いし、何がありがたいって「トイレに行ってくるから荷物見ていてくれる?」とか、レストランで多品種を注文してシェアできるのがとっても助かります。ひとりだとごはんが困る。定食を頼むのが一番安上がりなんだけれど、たいていスターターでおなかいっぱいになってしまって、メインに行きつかず(それでもデザートは入る)、無理に食べると翌日まで膨満感が残る。私も年をとったのです。
3852FB50-6AE9-43AA-A8B4-C93484D0D5D9

(レンヌでホテルの人に教えてもらったパン屋さんは、セルフサービスのワンプレートブランチをやっていて、サラダ、メイン、パン、ジュース、紅茶かコーヒー、スープ、デザートを好きなだけ選んで食べられます。これで15ユーロ。大満足でした。とくに右端のガスパチョがおいしかった!)

3回目の12日間ひとり旅となった今回、 自分の旅のしかたで気づいた変化がいくつかあります。
その1、認めたくないけれど、やはり毎年体力は落ちていく、ということにとくに今回は気付きました。以前のように、あれもしたい、これも見たいと詰めこむがむしゃらな日程はこなせなくなりました。 そんなことをすると必ず3日目くらいに息切れする。ひとり旅で何がいやって、体調を崩してしまうことです。からだが弱ると気持ちも弱る。ひとりだと辛いしこわい。なので、夜に劇場にいくとか、試合観戦があるときには、観光は午前中にして、午後の数時間をホテルの部屋でくつろいで過ごすことにしました。そしてごちそうを食べるのは3日に1回にして、あとはほどほどの腹八分目。もちろんお酒を控える。無理して控えているわけではなく、飲みたくない。レストランに入って「お飲み物は何になさいますか?」と 聞かれて「水。それだけでいいです」とふつうに答えてしまう。「まずはビールお願いします」とか言っていた昔がなつかしい(←半分嘘)
その2、ひとりでいることを恥じず、恐れなくなった自分に気付きました。3年前EURO観戦でリヨンにきたときには、東洋人の女性が、ひとりで、男子サッカーの試合を観戦している……物好きと思われているだろうなあ、なんで来ているんだと思われてるんだろうなあ、とかやたらと気にしていたのですが、昨晩、最後の観戦を終えてスタジアムから満員のトラムに乗っているときに、「あれ? 私ひとり観戦を別にたいして気にしていないんじゃないか」と気付きました。 周囲はカップルか家族づればかり、欧米人だらけ、しかも私、日本代表ユニとか着ちゃっている(爆)。そんな場違い感に帰る間際に気づくという。
レストランにひとりで入ってごはんを食べることにも、ずいぶんと余裕が持てるようになりました。やっぱりじろじろと見られるし、私がフランス語を解さないと思っているのか、「中国人かしら? でもひとりっていうのは変ね」「何を食べてるのかな?」とかひそひそ、じゃなく結構大声でしゃべっている隣のテーブルの会話が耳に入っても、そちらの方向ににっこり笑って「ボンジュール私は日本人」とか言えるようになりました。 
50F44927-FE4F-4C42-BF7E-3FB5309DF99A

(レンヌのスタジアムは運河沿いの公園の先にあります。家族づれとともに川沿いの道をのんびり歩いていくと、そこがスタジアム。行き帰りの道を歩くのさえも楽しかった!)

 その3、わからないこと、知らないことは大声で聞けるようになりました。私はひどい方向音痴です。グーグルマップのおかげで最近はなんとか目的地に到着できるようにはなりましたが、そもそもグーグルさんが示している方向がわからなかったりもする。で、以前はスマホの画面をしばらく眺めたりしていたのですが、最近はひとを見定めてから「○○はこっちの方向ですよね」と聞いて確かめるようになりました。地下鉄やバスのチケットの買い方や改札の通り方がわからない、というときにもまず聞く。前は逡巡があったのだけれど、今回はまったく逡巡なしに「わからない」→「聞く」が脊髄反射でできるようになりました。グーグルさんより、ガイドブックよりも現地で暮らしている人の情報のほうが確かです。 
この3点が改善(?)されたことにより、今回はずいぶんと気持ちにもからだにも余裕ができて、精神的にストレスが少なく、体力的に楽でした。 
738A15FE-B4BB-4749-948F-2D7794BF9C3F

(パリの猛暑がひと落ち着きした日に、パリ在住のお友達のところでごはんをごちそうになりました。アパートの窓からは見事な夕焼けが) 

だから歩くことが楽しかったです。まわりを観察しながら歩く余裕ができました。 旅の醍醐味って、たぶん歩く速度で周囲を観察することだと思います。おもしろいもの、知らないものがあれば、立ち止まって観察し、好奇心が抑えきれなくなったら「あの、それなんですか?」とか聞く。それが楽しい。異国の女がひとりで「それ何?」とか聞くと、たいていびくっとかされるけれど、こちらがニコニコ笑って、「もしかしてこれって〜?」とか聞くと、苦笑して「いやいや、ちがうよ」と教えてくれる。別に知ってどうかなるってことじゃないけれど、なんかそういうことが楽しい。歩いて観察し、ググるより前に人に聞く。そういうことができるから、ひとり旅は本当に楽しいです。
 
最後にパリで宿泊していたホテルのバルコニーから眺めていた風景。エッフェル塔って醜悪ってずっと思っていたけれど、なんだか親しみがわきました。バルコニーから部屋に入る窓をうっかり外からしめてしまって、部屋に入れなくなり、フロントに電話をかけてあけてもらったのは今回の旅の最大の失敗。フロントのお兄さんに「ほんとに気をつけてくださいよ」と怒られました。スマホとWiFiルーターを持って出ていてよかったー!
AAD4665A-3CCE-415E-8924-17A73D575F2E

↑このページのトップヘ