Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

 来週、成人式を祝う次女の髪型を決める、という用事があったので、第二試合、藤枝東VS高川学園から観戦。国立に到着したら、ちょうど第一試合の流通経済大柏VS津工業の試合で、流経柏が6点目(!)を入れたところでした。大前くんは乗せるとコワイ選手なんですが(高円宮杯のVS青森山田戦のときで確認済み)、今日はノリにノッてしまったらしい。まあ、実力差は歴然だったそうなので、納得の結果だったのかも。

 当然ながら藤枝東側で応援。実は準々決勝もわざわざ市川臨海競技場まで観戦にいって、すっかり藤枝東サポになっている私です。来週の決勝は藤色グッズをつけて行かなくては。

 試合は前半は藤枝東ペース。前半の15分ころからパスがまわりだして枠内シュートまでいくようになったところで、藤枝のリズムが生まれました。好きだなあ。こまかいパスをスピーディーにつなぎながら、ファンタスティックなプレイでゴールに迫る、という藤枝のサッカーが。5番石神くん→10番河井くん→11番松田くんという中心ラインの3人が、やりたい放題やっていました。

先制点は(藤枝の)左サイド、ゴールライン際で河井くんが高川学園のDF2人に囲まれながらボールをキープ。フォローに入った8番平井くんにいったん預け、すぐにペナルティエリアに走りこみ、平井くんからパスを受けた松田くんがヒールでちょんと戻したボールをダイレクトでシュート。美しいゴールでした。

試合後のコメントで、松田くんが「河井くんといつもアイデアを出し合ってシュートの練習していたのですが、練習通りにできてうれしかったです」と言っているのを読んで、やっぱりねぇ、と納得。あのゴールはカンとかひらめきで生まれたものじゃないと思いましたよ。でもそういうアイデアを練習のときにやっていて、準決勝の場でできるところがこのチームのすごいところ。

ところが、せっかく100点の前半だったというのに、藤枝東というチームは(たった3試合しか見ていないけれど)毎回後半の立ち上がりから20分までぐでぐでになります。

今日も高川学園に攻め込まれまくってました。高川のミスとディフェンス陣の踏ん張りに救われていたからいいようなものの、あれでは流通経済大柏には通用しないだろうな。信じられないパスミスも何回もやらかすし、パスはまったくつなげなくなってしまうし。1週間で5試合という厳しさで、たぶんへろへろだったんじゃないかと思いますが、それにしても前半と後半で豹変するってどうよ。

高川学園は10番齊藤くんというのが光っていました。ボールを持つと速い! 左サイド、右サイド、中央、縦横無尽に走りまくり、藤枝のDFを翻弄していました。ただ、彼にパスを出す人がいない。というか、彼しかパスが出せない。そこがつらいところ。

サッカーの名門(山田とか長谷部とかが出身)藤枝東が決勝に進出するのは34年ぶりだそうです。隣に座ったおじさんたち(藤枝東出身のOBたち)が大興奮。「バカうれしい!」とはしゃぎ、私は「決勝でも一緒に応援しよう!」と熱く握手を求められました(笑)。終了後に挨拶にきた選手たちと、大声で校歌を歌っていました。1番だけで終わったら不満そうでしたが、「そうか、決勝で3番まで歌うために今回は1番だけにしたんだな」と自らを納得させていたところがかわいい。

毎年、大晦日と正月は家族が集まって食事をします。

 ここ数年、大晦日のごちそうメニューの定番となっているのがローストチキンです。

 大きめの阿波地鶏を毎年12月26日のクリスマス用のチキンが終わったころに予約しているのですが、今年は顔を出すと「あ、今年もローストチキンを焼かれるのですね」と肉屋のお姉さんがにこにこ笑って予約用紙を出してきました。

 で、今年は一番デキのいい焼き具合でした。

 ローストチキンはパリっとした皮が命。 中までしっかり火を通しながら、いかに皮をこがさずに焼くかが勝負です。

 私は入江麻木さんの料理本に出ていた方法で焼いています。白ワインでしっかり洗ってしばらく置き、塩とにんにくのすりおろしをすりこみ、香味野菜を並べて蒸し焼き状態にする、という方法です。ときどきひっくり返し、出てきた汁をかけながら焼くので、手間はかかりますが、手間をかけただけのことはあります。

 付け合わせはローズマリー風味のベークドポテト、ブロッコリ、ミニトマト。お好みでレモンを搾るのもよし。

 おせちは簡略化しましたが、一応つくりました。でも黒豆のワイン煮というのを苦労してつくったのにいまいちおいしくなかったので、一気に不機嫌になり「来年はもう(おせちを)つくらない!」という気になってしまっています。

roastchicken(2).jpg

1月2日から冬物バーゲンが始まりましたね!

昨日、横浜を通ったら、西口前がのろのろしか歩けないほどの混雑ぶりでした。みんなが大きな袋を持っているので、混雑ぶりに拍車がかかった感あり。混雑のなかに飛び込む元気はなかったのでまっすぐ帰ってきてしまいましたが、そこはやはりバーゲンだのソルドだのといった言葉が耳に入ったとたん、頭のなかでエンドレスに欲しいものがぐるぐる回ってしまう私のこと。今朝からずっと頭の隅で考えつづけ、ついに決意を固めて夕方出かけました。

近所の小さなお店で、昨年から「すてき!」と眺め、前を通りかかるたびに試着していたブーツです。ついに購入しました!

渋いキャメルの編みあげロングブーツ(でもジッパーがついているので、着脱は簡単)。

編みあげのデザインもいいけれど、色がね、なんともいえないいい感じのくすみ具合なんです。新品なのに、5年はいている感じ。クラシックな形で、スーツなどかっちりした服に合わせてもすてきだけれど、うんとフェミニンなプリントのふわふわしたスカートなんかとあわせるといい感じです。そんなスカート持ってないけれどね。

あまりにもうれしくてなでさすり、手持ちの服やタイツと合わせてはいて幸せな気分。

一日一枚のスケッチの題材にしてみました。

longboots2.jpg

掃除して、炊事して、おめでとうございますを言うヒマもなく正月休みは終了です。明日からまた締め切りとの闘いの日々が始まります。休んだ気がまったくしない。
そこで親戚を訪ねた帰り、三ツ境沢で高校選手権3回戦を観戦してきした。
日大藤沢vs藤枝東。
どちらもパスをつなぐ(藤枝東)、スピードと高さを活かす(日大藤沢)という良さが出たいい試合でした。勝ったのは攻守ともにバランスを崩すことなく、落ち着いた試合運びをした藤枝東。11番の松田くんというfwがとてもきいていました。ポジショニングはもちろん、最後まで前を向いてしかけようとする姿勢に好感をもちました。
天皇杯がいまひとつおもしろくなかったので、いい口直しになりました。高校サッカーは勢いが感じられていいなぁ。
ところでこれもケータイから投稿してまます。うまくいくかな。

振り返ってみると、27年くらい紅白歌合戦という番組をまともに見たことがありません。

なぜ27年かというと、子どもが生まれてから年末年始に落ち着いて座っていられたことがないから。

最後に見たのはピンクレディの「UFO」だったような気がする、といったらいかに昔かがおわかりいただけるでしょう。

衣装対決もその瞬間だけちらっと見るか、もしくは再現された映像を見た記憶しかありません。

年末年始は仕事とは別種ながら、忙殺されて人生の半分以上を過ごしてきました。年始の番組もほとんど見たことがなく、せいぜい筋肉番付くらいかな。

年末年始はあまりにもテレビがつまらないから、同じテレビ受像機を使うならDVDを映そうと、映画を何本か借りてきました。選びながら思ったのは、別に年末年始に限らず私はテレビ放送をサッカーの試合とニュース以外ほとんど見ていない、ということでした。前はドラマもよく見ていたんだけれどな。近年では「ハゲタカ」と「相棒」は好きだったかな。でも2007年は本当に見なかった。7時のニュースを見ながらご飯を食べ終わったら、ジムに行くか、仕事をするために部屋に引き揚げるかでした。

今年はもう少しまともな番組を放送してくれい、とTSUTAYAを出るときにテレビ局に対してかすかな憤りをおぼえたのですが、何をもってまともとするのか自分の基準があいまいだし、そもそも「ああ、まともだ」と思ってもそれを見る時間がたぶん今年もないであろうと予測できるので、やっぱりテレビとは無縁の世界で生きていこう、とあっさり憤りは引っ込み、大量のDVDを胸に抱いていそいそ帰りました。

テレビはどこに行くのでしょうね?

たぶんテレビ放送はつぶさねばならない時間が大量にある人(言っちゃ悪いけれど老人と乳幼児)向けの番組をこれからもつくりつづけていくのでしょうが、それって本当にテレビというメディアが果たす役割なのだろうか? などと考えたりしてね。インターネットは「情報」を垂れ流し、テレビ放送は「時間」を垂れ流すのかな。

 

↑このページのトップヘ