Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

「今年は(も)ガンバ大阪の試合をできるかぎり観る」
というのが年間目標でした。(そんなもん、目標にするな、というツッコミはどうぞなしで)。
ゼロックス杯にはじまり、リーグ戦は18試合/34試合、ナビスコは4試合(決勝含む)合計23試合観戦。
ユース(サハラカップ、クラブユース選手権、高円宮杯)の試合も4試合観戦。
ガンバ以外だとU22オリンピック予選もホームゲームを3試合、日本代表戦2試合。
(訂正:合計32試合だと思っていたら「いや、37試合だ」と教えてくださった方が。。。。この1年間、一緒にガンバを追いかけてくださったzaburouさんです。でも、どの試合が抜けているかわからない。たぶんU22と高校選手権が抜けています。あと、ガンバ以外のJチームの試合も実は観ているので、それが抜けていました。)

まだ天皇杯やクラブワールドカップも残っていますが、ほぼ今シーズンは終わりです。っていうか終わった気分。
「ガンバる」というのが「勝負弱く、詰めが甘く、後半失速する」ことの代名詞として定着した感のある2007年Jリーグは、鹿島の劇的・奇跡的優勝で幕を閉じました。
嫉妬まじりで「鹿島は代表が一人もいなくて、浦和とちがってACLもなくて、Jリーグ戦にだけ集中できたから」といういいわけを探すのは簡単ですが、ガンバにカケラもないものを鹿島は持っていたことはたしかで、それが優勝への大きな原動力になったと思います。
それは「チームとしてのまとまり」。
いやー、中学生の部活みたいなこといっちゃってます。
でも終盤怒涛の9連勝で優勝するチームをみていると、前半に負け続けたことも、このチームの結束を固くしたし、むやみに優勝を狙わず、目の前の一つずつ勝つことによって盛り上がってまとまっているな、と強く感じました。
主力選手だけじゃない。サブも若手もスタッフもサポも、一つ勝つごとに、一点入れるごとに、すごくまとまっていった。その力がありました。
ひるがえってガンバは、一つ負けるたびに、一つ引き分けるたびに、どんどんばらばらになっていった。たまに勝っても盛り上がらなかった。すぐに「あといくつ勝ち点を勝てば優勝する」とばかり計算が先行し、それが達成されないことで全員があせって空回りしていました。なまじ個人が傑出した能力をもっている集団なだけに、ちょっと具合が悪くなると「自分でなんとかしよう」とする気持ちが強くなって、ますますまとまりをなくす、という悪循環になってしまう。
チームの状態が悪いときこそ、監督が手を打たねばならないのだけれど、にしのんはそういうタイプじゃないし。

正直、天皇杯に勝ち残れるかは、いまの「チームとしてのまとまりのなさ」ゆえにはなはだあやしいと思っていますが、いまここで踏ん張って「チームのまとまり」を取り戻さないと、来年の厳しい日程はとてもこなせません。
目標、優勝、なんてことはいわないほうがいい。
とにかく一つひとつの試合を大事に、チームとしてまとまることを目標に階段をのぼっていってほしいです。

毎年、シーズンが終了するとすぐに来季構想を考えて、早くシーズンが始まらないかなと楽しみだったのですが、今年は暗いなあ。
明るくなるために、今年の観戦日記なんか書いてみようかなあ。

 いよいよ12月です。
 早いなぁ(ため息)
 心のどこかで、生きることはひまをつぶすことである、などと不埒なことを考えているためか、時間が飛ぶように過ぎていくことにさほど抵抗はないのですが、それにしても1年が過ぎていくのが恐ろしく速くなっていくのには抵抗感があります。
 ふり返ってみて、今年、時間を忘れるほど夢中になって読みふけった本があるだろうかと考え、5冊くらいしかないことに愕然としました。
 5冊あればいいんでしょうけれどね。
 最近では『言葉の海へ』(高田宏 洋泉社)がおもしろかった。古い本の復刻版ですが。『言海』を完成させた大槻文彦の生涯をたどったドキュメンタリー。言葉と国語の関係を考えるうえで、示唆に富んだ本でした。
 『灯台守の話』(ジャネット・ウィンターソン著 岸本佐知子訳 白水社)も一気読み。読み終わってしばらく、自分がどこにいるかがわからなくなっていて、ぼんやり窓の外を眺めていました。いい小説を読んだっ! という満足感あり。英語でも読んでいたのですが、ちょっと私の解釈とちがっていたところがあって、英語を読み返して「ああ、そうだったのか」と納得しなおす訳文でした。
 あと3冊はベッドサイドにあるので、また明日。

夕飯は野菜たっぷりタイカレー、カリフラワーとトマトのサラダ。

今年の秋冬は「なんてったってカラータイツ」なんだそうです。
街を歩くと、色とりどりの脚が華やかに通り過ぎていきます。
なので、私も便乗してカラータイツ。
スモーキーピンク、エッグイエロー、モーヴ、ブリック、ワインレッドをそろえてみました。
毎冬登場する黒のタイツでは「脚の太さとかっこ悪さを隠す」という気持ちが強かったのですが、きれいな色のタイツをはくのは、勇気がいるけれど、気持ちに弾みがつきます。
そしてカラータイツにあわせるのは、ブーティー。
要するに、くるぶしまでのブーツのことでしょ? その丈ならいいわけでしょ? というので、これまでパンツに合わせてはいていたアンクルブーツを「ブーティー」と無理やりよんではいてみるわけです。
今日、色あせたグレー系のウエスタンブーツにトルコブルーのニーハイソックスをはいて、チャコールグレー系のタータンチェックのプリーツスカートをはいている女の子がいて、「おしゃれだなー!」と振り返ってしげしげ眺めました。
色で上手に遊べるのは、おしゃれの上級者だな。

夕飯はさわらのムニエルにナス入りトマトソースをかけたもの、ブロッコリ、いんげん、シェパードパイを添えて。


1998_1.jpg「巨乳はうらやましいか? Hカップ記者が見た現代おっぱい事情」
実川元子訳
早川書房
1470円(税込)

ヒトのメスにしかないふくらんだ乳房。この器官は古代においては母なる大地に捧げる信仰のシンボルとしてあがめられ、世界各地で芸術家を刺激して彫像や絵 画に描かれ、ときには陰謀や犯罪の原因ともなってきました。女にとっても男にとっても、欲望と羨望の対象であり、悩ましくもいとおしい乳房が、いま世界中 でおかしなことになっています。ずばり言えば「巨乳願望」によって。おっぱいは大きいほうがいい、それも折れそうなくらい細身の身体にスイカップがついて いるのがいい、という世界的な風潮により、年間推定百万人近くが人工乳房の手術をしているというこの現状。 生まれながらにHカップのジャーナリストが、巨乳をめぐるビジネスの最前線に体当たりで斬りこんでいくルポです。

kurashi.jpg「女の子のための仕事ガイド」シリーズ
理論社
しごと応援団編著
 娘たちを見ていても思うのだが、仕事をすること、社会に出ること、そして大人になることについて、不必要に身構えてしまっているところがあるいまどきの中高生。
  やりたい仕事を見つけて、自分の稼ぎで食べていくのは、たぶん人生における最大に近い喜びだと思うんだけれど、そんなにたいそうなふうに考えないでもいいんだよ、という気持ちをこめて贈るシリーズ。

第1巻 人の役に立ちたい 教育・医療・福祉・法律の仕事
第2巻 「人をきれいにしたい」 ファッション、デザイン、美容、フィットネスの仕事
第3巻 「語学を生かして、世界で働く」 国際関係、旅行、語学、ビジネスの仕事
第4巻 「おいしいものが好き」  食の世界で働く。つくり手、調理、食の演出、販売の仕事
第5巻 「人を楽しませたい」  放送・エンタテインメント・広告・レジャー
第6巻 「暮らしを支える」  金融・行政・建築・不動産



sigoto2.jpgsigoto5.jpgsigoto3.jpgsigoto4.jpgshigoto.jpg










↑このページのトップヘ