Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

振り返ってみると、27年くらい紅白歌合戦という番組をまともに見たことがありません。

なぜ27年かというと、子どもが生まれてから年末年始に落ち着いて座っていられたことがないから。

最後に見たのはピンクレディの「UFO」だったような気がする、といったらいかに昔かがおわかりいただけるでしょう。

衣装対決もその瞬間だけちらっと見るか、もしくは再現された映像を見た記憶しかありません。

年末年始は仕事とは別種ながら、忙殺されて人生の半分以上を過ごしてきました。年始の番組もほとんど見たことがなく、せいぜい筋肉番付くらいかな。

年末年始はあまりにもテレビがつまらないから、同じテレビ受像機を使うならDVDを映そうと、映画を何本か借りてきました。選びながら思ったのは、別に年末年始に限らず私はテレビ放送をサッカーの試合とニュース以外ほとんど見ていない、ということでした。前はドラマもよく見ていたんだけれどな。近年では「ハゲタカ」と「相棒」は好きだったかな。でも2007年は本当に見なかった。7時のニュースを見ながらご飯を食べ終わったら、ジムに行くか、仕事をするために部屋に引き揚げるかでした。

今年はもう少しまともな番組を放送してくれい、とTSUTAYAを出るときにテレビ局に対してかすかな憤りをおぼえたのですが、何をもってまともとするのか自分の基準があいまいだし、そもそも「ああ、まともだ」と思ってもそれを見る時間がたぶん今年もないであろうと予測できるので、やっぱりテレビとは無縁の世界で生きていこう、とあっさり憤りは引っ込み、大量のDVDを胸に抱いていそいそ帰りました。

テレビはどこに行くのでしょうね?

たぶんテレビ放送はつぶさねばならない時間が大量にある人(言っちゃ悪いけれど老人と乳幼児)向けの番組をこれからもつくりつづけていくのでしょうが、それって本当にテレビというメディアが果たす役割なのだろうか? などと考えたりしてね。インターネットは「情報」を垂れ流し、テレビ放送は「時間」を垂れ流すのかな。

 

旧年中はグラマラスライフにご訪問いただき、ありがとうございました。

いまさらですが、昨年末グラマラスライフをブログに移行しました。

2000年5月より続けてまいりましたホームページも、7年半を経過して少しずつ書きたいことが変わってきました。そこで、心機一転するほどではありませんが、年があらたまると同時に、あらたな気持ちでまた書き続けていきたいと思っております。

お時間のあるときにまたぜひご訪問ください。

 

これから初詣に出かけ、天皇杯決勝を観戦するために国立競技場に行ってまいります。

ガンバが勝ち進むことを想定していたので、席は広島側。

鹿島サポの娘は「小笠原のユニが着られない!」とぶーたれておりますが、私はその隣でこっそり佐藤寿人に心の声援を送ろうと思い、紫色のマフラーを巻きました。

最後になりましたが、みなさまにとって2008年が輝く年でありますことを、心よりお祈り申し上げます。

 

お雑煮をしっかりお変わりして、うーん、今年もまたダイエットとか悩んじゃうのかなぁ。

10月13日に行われたナビスコ杯準決勝ガンバVS鹿島戦で、シジクレイが貴重な2点目をGOALして以来、私のケータイの待ち受けはそのときのシジの画像が入っています。

そのときは「来季もシジがいるからDFは大丈夫」と信じていました。

でも、このときに実はもう「来季、契約更新しない」と告げられていたそうです。

リーグ戦終盤、マグノ=アウベスがリーグ戦の最中だというのに中東のどっかのチームに無断で行ってしまい、ガンバはますます点が取れなくなって失速に加速度がついたのですが、同じブラジル人選手としてシジはそのことにずいぶん傷ついたそうです。

「自分の場合、ドアは自分の手で閉める」

そう言って、ブラジル人選手の多くは帰ってしまう天皇杯も残ってガンバと戦ってくれました。

昨日行なわれた天皇杯準決勝、VS広島戦。

ガンバは広島に完敗しました。

昨日は仕事だったのでテレビ観戦もできず、今日、掃除が終わって家に誰もいなくなったのを見計らってそっと録画を見ました。

試合内容はもうどうでもよかった。ただ、青黒ユニのシジの姿をしっかり目に焼きつけておきたかった。

全部終わったとき、これでシジが見られなくなるのだと思ってがっくりきました。

シジのとんでもないミスで悲鳴を上げることも多かったし、35歳という年齢はやはりこたえているかなと心配なところもありました。でもシジクレイが立ちはだかっているだけで、なんだか安心できたのです。大丈夫、シジがなんとかしてくれる、と思えました。

でも、確実に言えるのは、2007年シーズンのシジクレイは、加入した2004年よりはもちろん、優勝した2005年よりうまくなっていました。今年のシジクレイのパフォーマンスは、たぶん彼のプロ選手史上最高だったのではないでしょうか。

今年3月、鹿島戦のあとに東京駅でガンババスからおりてくる選手たちと遭遇し、シジクレイを間近で見ました。

かっこよかった!

ほんとにすてきでした。

来年からはどうやらパープルのユニを着たシジを見ることになりそう。

さびしい。けれど、また会えるのはうれしいかも。

ROSE(2).jpg
先週、髪を切りました。

うしろは15センチほど切り、顔側は20センチ近く切ってボブになるようにしました。

かなり長かったので、それだけ切ってもあまり変わらないといえば変わらないかもしれません。

それにしても、家族の誰ひとり気づかないとはいったいどういうことでしょうか? 人のヘアスタイルに関心が高い娘たちでさえも、私が「切ったんだ」というまで気づかない。はぁ~。

 

それはともかく、先日新聞で、女性のヘアスタイルについてコメントすることでさえセクハラになる、という記事がありました。セクハラになるコメントって、どういうのなんだ?

それで思うのは、男性、いや、日本人男性は女性の外見を褒めるのがとても下手だと思いますが、なかでもヘアスタイルについてのコメントは、褒めてるんだか、からかっているんだか、それとも変だよと注意しているんだかわからないものが多い。じゃなく、そればっかりだ。私はこれまでの人生で、ヘアスタイルについての褒め言葉で、男性から何かしらまともなコメントをもらったことがありません。少なくとも記憶にない。

たぶん、男性は女性の顔は見ても(脚や胸に目がいっても)、髪にまで目がいかないんじゃないかと思います。で、たまに上のほうまで目がいって、自分の記憶にある印象とちがうとあせる。何か変化があったんだ、と考える。でもその変化が好ましいものなのか、それともマイナス方向の変化なのか判断がつかない。加えて、変化が長短、カール、色程度しか思いつかない。しかも以前の記憶とあまりにも大きくちがっていないかぎり(真っ黒が金色になっているとか、坊主になったとか)「何か変わった」という認識で終わってしまう。

つまり、大多数の男性は女性の髪型なんてどうでもいい、とまではいわないまでも、あまり関心がないのだと思います。だから、男性に「女性の髪型であなたの好みは?」という質問を投げかけても、旧態依然というのか、誰もが同じことをいいます。「さらりとしたロングヘア」。はぁ~。

だから、女性のヘアスタイルをうまく褒めることができると、男性はポイントを稼げます。

それでは、セクハラにならずに女性の髪型を褒めるにはどうしたらいいか?

「似合っている」「いいね」は無難ですが、そんな褒め方では「そう? ありがと」で終わってしまいます。言い方によっては「気持ち悪い」と思われてしまうかも。

私の場合は、まず変化に気づいてくれること、どんな変化なのか的確に指摘して「前もよかったけれど、今度のヘアスタイルはもっとおしゃれな感じだ」とか「思い切ったね」と変わったこと自体を褒めてくれることです。

とまあ、言いたいことを言ってみました。誰も髪を切ったのに気づいてくれないから。

 

昨日やっと仕事納め。今日は掃除と買い物。なんかもう、すごく疲れています。正月が来る前にこんなに疲れていていいのだろうか?

画像は相変わらず凝っている「3分スケッチ」で、お正月用に飾ったバラの花のスケッチ。すごく変わった色と形が気に入って「これを中心にして、パープルのチューリップをあわせて」と頼んだら、花屋さんが「お正月だから縁起をかついでバラは7本に、松もいれましょう」とつくってくれました。えーっと、スケッチはむずかしいです。

東京は季節も昼夜も失っているメトロポリスです。

真夏でもブーツをはけるし、真冬でもタンクトップが着られる。

だからコートはもう必要ない、と思っていて、7年前にヘルムート・ラングの膝上丈のコートを清水買いをして以来、手を出さないでいました。

ところが先日、ウチの近所の小さなセレクトショップがバーゲンをしていて、妹と一緒に襲撃(まさに猛禽が肉をあさるごとく)したとき、以前からずっと迷っていたロングコートを購入しました。

ニューヨークのデザイナーの作だそうです。キモノのような打ち合わせの襟元がポイントで、ベルトでしぼらないとゆるいAラインで広がります。ベルトをしてもよし、しなくてもよし。シルエットが美しい。

こまかいグレンチェックでのウール地で、膝下10センチくらいまであります。この丈のコートは30年前に流行ったとき以来もっていません。

薄手なので、冬の寒さを感じさせないメトロポリスで地下鉄に乗っても汗をかかないですみます。

ただ、気温が5度を下回ると寒い。マフラーをまかずにはいられません。

しばらく着て歩いて思ったのは、これをコートととらえてはいけない、ということです。

コートとドレスの中間くらいに位置するはおりもの。マフラーやストール、太いベルト、ブーツ、アクセサリーなどをプラスして完成する服なのだということ。

だから楽しいんだけれど。

 

ヘタクソですが、スケッチを載せてみます。

先日「カラースケッチも3分」(山田雅夫著 光文社新書)という新書を書評し、スケッチを描いてみたくなって即12色色鉛筆を買ってきました。まだほとんど描いていませんが、来年は着るもの、食べるものをスケッチしていきたいなと思っています。

 

coat(3).jpg

↑このページのトップヘ