Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

自分でも「しょうがないな、私」と思うのですが、これほどスマホに頼る生活をしておきながら、1週間に1回くらいスマホをどこかに置き忘れてしまい、しかも置き忘れたことに気づくのが5、6時間たってからで固定電話をかけながら家中を探し回るとか、家に起き忘れたまま外出してしまってさあたいへん、みたいなことをやっています。
今日も午後一番から外出したのですが、夕方になって「今日の用事は全部すんだかな?」とバッグを探ったところ、スマホがない!バッグの中を探しまくってもない! 探しているうちに忘れていた用事を思い出しました。「そうそう、こないだ教えてもらった花粉撃退スプレーをドラッグストアで買おうと思っていたんだ」とね。ところが、そのスプレーの商品名がしばらく思い出せない。うーんうーんと考えているうちに「そうだ!イハダだ!」と思い出して、すっきりるんるんドラッグストアで購入しましたよ。(ところで今年、私は花粉症がひどいのですが、みなさんはいかがですか? 閾値をはるかに越えて、いまでは花粉につきまとわれている心地です)
帰宅したら、クローゼットにちんまりとスマホさまがお待ちになっていらっしゃいました。コートを取りに行ったときに忘れたらしい。7時間スマホがなしに無事生還いたしました。
スマホを忘れた日に気づいたのですが、スマホはないならないで何とかなるもんなんですね。むしろ、スマホがなければもう少し頭を使うようになるのかも。今日は行くのが初めてのところに出かけたのですが、この超のつく方向音痴の私が、必死に脳内地図を探りながら、なんとか時間通りにたどりつけました。スマホがなくて一番困ったのが「時計」だったかもしれません。わざわざコンビニに入って時計確認して出てきたり、ついには買い物をしたお店の人に「すみません、いま何時ですか?」と聞いたりしてしのぎましたが、あ〜こういうことがあるから腕時計を忘れて外出はダメだな、とスマホではなく腕時計のほうを「外出時にマスト携帯」と脳にメモリました。
もちろん、スマホを忘れないようにしたほうがいいのですが、たまにスマホを全然見ないで過ごす日があってもいいかもしれない、と最近は思っています。
スマホなし生活でいいことその1。落ち着いて集中して本が読める。もちろん紙の本です。スマホやタブレットで電子書籍を読んでいると、メールやLINEやニュースが入ってきて、ついそちらに気をとられたりして集中を欠きます。今日も移動時間帯や待ち時間に本が1冊読めました。
いいことその2。脳内メモリーが活性化する。今日の予定や買い物リストなどをスマホにメモっておくと、うっかりメモを見ておきながら、見たことで安心してやり忘れて帰ってきてしまうことがあるのですが、スマホを持っていないと気づいた時点でもう必死で脳内を探ってスケジュールを思い出そうとします。そのほうがやり忘れが少ないような気がします。
いいことその3。周囲に注意を払うようになる。移動の車内で、歩いているときに、または駅での待ち時間に、まわりを観察してふだん目に入らなかったこと、聞いていなかったことに注意が向いて、思わぬ発見や気づきがあったりします。今日は車内のマスク着用率が55%であることを発見しました。発表されている花粉症患者率よりも高いような気がします。そして話題の黒マスクは2人しか見かけませんでした。
1週間に1回くらい、スマホなし生活を送ってみるのもいいんじゃないか、と思えるのは、私がたぶん半分引退生活を送っているからかもしれませんが。
F9373F2A-CD37-4CA6-8111-2D5BE057AA58

 スマホがないとちょっと寂しいと思ったのは、外を歩いていておもしろいものやきれいなものを見つけたときです。写真に撮れないから。でも、記憶に焼き付けるだけでいいのかもしれませんね、そういうものは。これは公園を通り抜けているときにふと香りが漂ってきて気づいた蝋梅です。

ガンバ vs 松本山雅 2:1

今季ホーム初勝利!
カップ戦でも、相手がJ1昇格チームでメンバーを落としてきたにせよ、ガンバがガチメンバーでポジションを変えて挑んできたにせよ、それでも勝つことが大事。
ハイライト動画を見ましたが、アデミウソンがすごい! ウィジョも素晴らしい。もちろん小野瀬も! 小野瀬は本当にシュートがうまい!! 走り込んでくるときからどのタイミングでどのコースに打つか、しっかりイメージができているようなシュートです。攻守ともにこれだけ頼りになるともう外せませんね。もしかすると、もしかすると……(あとはご想像にお任せします)
でも、この試合で私が注目したのは、初のボランチコンビ、倉田と高です。
開幕から感じているのは、今季は倉田がチームの浮沈をにぎるキーマンだということです。
開幕戦はアレでしたけれど、その後、倉田の「俺がチームを引っ張る」という気持ちが強く出ているときには、チーム全体が活性化します。
そしてこの試合で高とボランチを組んだ倉田は、開始6分ペナ前でFKを与えるハンドを与えて、それが失点につながったとはいえ、高とのコンビはいいんじゃないか、と思わせました。 
ともあれ、勝利の勢いを週末にぶつけてほしいものです。
もちろん参戦しますよ。 

ガンバ vs グランパス 2:3
うーん、うーん、うーん、と唸るしかない試合でした。
キックオフから44秒で失点。早すぎる。
しかしその後、相手陣内に攻め込むいい時間帯があって、相手のオウンゴールで追いつく。
ところがそれから1分もたたないうちにフリーキックで失点。
後半に入ってガンバが攻めて、グランパスがカウンター、という展開になる。東口のファインセーブやらジェソクの頑張りでなんとか鋭いカウンターを防いでいたそのとき、ヤットからのパスに抜け出したアデミウソンがドリブルでペナルティエリアに切り込み、後ろから倒されてPK獲得。どきどきながらこれを決めてまた追いつく。
「頼む、1分後の失点はやめてくれ!」と祈っていたのですが、15分後くらいに今度はこちらがオウンゴールで失点。
そして試合終了。
この試合、交代が運を分けたかな、という印象です。
矢島をディスるわけではないのですが、この試合、試合始まってまもなくはパスミスが見られたヤットさんが、しだいに「進化ヤット」とでも言いたくなるほどのキレ味を見せるプレーを攻守ともに見せるようになり、「今日のヤットさんは大先生から超人に進化した」とか言っているうちに交代。とたんにガンバ側だけでなく、試合全体のリズムがぎくしゃくし始めました。そして名古屋は新加入の相馬選手を投入。ガンバはジェソク(この試合では序盤の失点には絡んでしまったけれど、その後は攻守ともに非常にアグレッシブでよかった!)が米倉に交代したのだけれど、相馬のスピードに追いつけず。結局、名古屋の左サイド側から何回も相馬に仕掛けられて、最後にオウンゴールとなりました。
この試合、ガンバの選手の誰かが良くなかった、とか、誰かの決定的なミスがあった、とかそういうことは感じませんでした。アデミウソンは相変わらずきれていたし、ウィジョもいいシュートを打っていた。
 失点がなあ、とは思うけれど、DF陣も「ああ、もう! 何やってんの!(怒)」という感じにはならなかった。初めて生でキム・ヨングォン選手を見ましたが、ジョーをきっちり押さえていたし、途中でハーフウェイラインまで持ち上がって攻撃を組み立てようとする積極性も見られてよかったと思います。三浦とのコンビはまだまだでしょうが、今後に期待が持てる。 
 それでも何かが足りないのです。だから負けるのです。何が足りない? 何が良くない? 数日間考えても良くわかりません。
 同じスコアであっても、開幕戦よりははるかにチームとして勢いが出てきたな、という印象を持ちました。 だからちょっとうつに落ちたけれど、横浜戦の後のように1週間引きずったりはせず、今夜のルヴァン杯前には持ち直しましたよ。 
 とにかくまだ先は長いです。気長に待ちますよ、熟成と成長を。
Lm9tWWNjRPahSyAX+RwvZQ
 

今日19時キックオフでルヴァンカップ予選がスタートします。ガンバはジュビロ磐田とアウェイで対戦。おそらく若手中心でチームを組んでくる、と期待しています。
ガンバでいま一番私が注目しているポジションはボランチです。何も私だけでなく、ガンバサポなら特に今季の「ボランチ問題」にはきっと関心があるはず。
今季ボランチとして出場したのは
遠藤選手、高選手、今野選手、矢島選手、田中達也選手
ほかにもボランチで起用される可能性がある選手として、市丸選手、倉田選手も控えています。
2試合の組み合わせとしては
遠藤ー高(vs横浜戦スタメン)(高→田中50分、遠藤→矢島85分)
遠藤ー今野(vs清水戦スタメン) (交代 遠藤→矢島)
 そしてたった2試合ですが、ボランチとして「こ、これは!!」という違いを見せつけたのは、今野選手でした。横浜戦と清水戦のボール支配率がガンバ43%:横浜57%、ガンバ67%:清水33%、パスの本数に至っては、横浜戦ではガンバ404:横浜536、清水戦ではガンバ766:清水386と顕著な違いが見られましたが、試合を見直すとボランチのところでボールが持てて動かせたかどうかの違いになり、清水戦では圧倒的に今野選手の存在が際立っていました。
今野選手がいたおかげで、遠藤選手は落ち着いてボールを保持して配給でき、両SBも前にあがっていけたのだと思います。前々から言っているように、ガンバは今野選手のチームになっています。私は「○○のチーム」と誰かにチームを背負わせるのが好きではないし、たぶん背負わされた選手もいやなのではないか、と推測します。なんと言っても、サッカーはチームで戦うスポーツなのだから。加えて、今野選手は年齢もあって怪我やコンディション不良で出場がかなわないことも多い。
そうなると、ボランチに誰を出場させるのか、そこが大きな問題になってきます。
おそらく若手主体で組んでくるであろう今日のルヴァン杯予選。
私の希望的予想としては、矢島ー高コンビではないかと。
田中選手はやはりサイドで使ってもらいたいなあ、ボランチではなく。
 いろいろと考えると、ボランチ問題は楽しみでもあり、不安のタネでもあり。
今季は「ボランチ」が鍵を握るシーズンになりそうです。 

今日で65歳になりました。
65歳といえば、会社に勤めていれば確実に定年になる年齢ですね。といっても、私は会社勤めじゃないから定年はありません。 区切りがつかないし、退職金もらえないし、社会的に自分がどういう位置付けにあるのかがいまいちはっきりしないまま65歳になりました。何か特別な気分になるかなと思ったけれど、とくになし。60歳になったときのほうが、そうか〜〜〜還暦か〜〜〜と感慨深かったです。
それでも、65歳は65歳。60歳から5年たって、なるほど、60代ってこんな感じなのね、とやっと実感がわいてきたところです。
60歳になったときには、このまま年取っていくのはいやだ、まだまだ自分はやれる、とやたらとはやっていて、なんというか、50代をまだ引きずっていた、と今振り返って思います。
自分はまだまだやれる。まだ現役を続けるよ。これまでと同じようにやっていける。
そんな感じで意気込んでいました。
5年たってわかりました。
やはり60代は50代までとちがいます。体力が落ちる、とか、仕事の声がかからなくなる、とか、周囲の視線が「おばあさんか、、、、」に変わる、とか、そういうことだけではない。
私自身が50代まで築いてきたもの、たいせつにしてきたもの、こだわってきたもの、そんなものがあまりたいせつに思えなくなった、ということです。
反対に、それまで「どーだっていいじゃないか、そんなこと」と切り捨てていたものがたいせつになってきました。
仕事をしていない自分がありえない、と思っていたのだけれど、仕事をしていなくても充実していてしあわせな自分がいることを発見してちょっとびっくりしたし、あれほどこだわってきたおしゃれの方向もちょっと変わってきた。新しいファッションを追いかけるのがめんどくさくなって、いかに楽に呼吸できるか、に変わりました。
過去は振り返らない、古いものは捨てて新しいものを追いかける、とか言い放っていたのに、にわかに自分の、そして親の、祖父母の、そのまた先祖の生きてきた時代を追いかけるようになった。
それじゃ私は65歳になって「昔はよかったよね」人間になるかといえば、それは違います。楽なファッションに走り、過去を振り返るのは、つぎの一歩を踏みだすためだ、と自分では思っています。
もう50代までのがんばりは捨てて、ゆっくりと深い呼吸をしながら、60代、70代にふさわしい歩みを続けていきたいな、と思っています。
きっとこれからも欲しいものを欲しいといって、手に入れるために無理もする、と思います。でも、欲しいものが今までとは変わっていることも自覚しています。やっとね。
一人では歩いていけないこともわかっています。
家族はもちろん、友だちと、仲間と、みんなに助けられながら、私ができるならば手助けをしながら、ゆっくり歩いていきたいです。
65歳になった今日、思ったことです。
 

↑このページのトップヘ