Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

キプロス島について書かれた日本語の本で、簡単に入手できるものは1冊しかありません。
「キプロス島歴史散歩」 澁澤幸子著 新潮選書
最初は図書館で借りて読んだのですが、ガイドブックがほとんどない以上、これを持っていくしかないと古本で買いました。ちなみにAmazonで1冊だけ残っていた新刊を購入していたのは、なんと北キプロスまでCONIFAの会議に出席したいと単身やってきた大学生O君でした。O君、きみはすごい! 生まれて2度目の海外旅行で北キプロスに1人でやってくるなんて! しかもその目的がCONIFAの総会に出席するためだなんて! 私もCONIFA紹介記事を書いてきた甲斐があったというもの。「日本から一人でやってきたんだよ! CONIFAに関心があるからっていう理由だけで、15時間ほどかけて自腹でやってきたなんてすごくない?!」と紹介するとCONIFAメンバーはもう大喜びで、大歓迎されていました。北キプロスで私よりはるかにもてはやされていたO君。CONIFAアジアの未来を託したいと思ったくらいです。
さて、会議終了後、O君と1日半キプロスを観光しました。レフコシャにある「国境」を越えて南のニコシアに行って、キプロス・リーグの試合をテレビ観戦したり、西にある「リゾート地」ガジマーウサ(ファマグスタ)に乗合バスで行ったり、と連れ(しかも男の子)がいるおかげで1日半の観光も充実したものとなりました。
IMG_9245
(北キプロス側の街、レフコシャでは壁面に「アート」が描かれている家や店舗がたくさんありました。それを見てまわるのも観光のお楽しみ、のようです)
IMG_9233
(でも、まあ北キプロス側のレフコシャの街並みはこんな感じ。中心部でも)

fullsizeoutput_5f53
(「国境」も二人で越えればこわくない。そして国境を越えて南のニコシア側に入ったとたん、このにぎわい)
IMG_9250
(パフォーマンスをしているお兄さんを囲む観光客も気前よくお金をあげてました)

その後訪れたキプロス島の西側にあるアンタルヤの観光でも思ったのですが、「遺跡をあまりにも無造作に放置している!」
まずは「遺跡放置状態」だったガジマーウサ探訪からです。ガジマーウサ、もしくはファマグスタと呼ばれる町は、ぎりぎりで北キプロスに入っている島東端にある町です。かつては島の中心地だったところです。紛争終了後に町のギリシャ系住民は南側に、南のトルコ系住民は北側に強制移住させられたとか(以後、情報は「キプロス歴史散歩」よりの引用です)南北に無理やり分けられたんだなあ、という痕跡も街のあちこちにありました。
町が作られたのは紀元前285年、アレクサンドロス大王没後のヘレニズム時代にエジプトに誕生したプトレマイオス朝がキプロスを領土としたとき、ガジマーウサの前身となるサラミスに都市を築いたそうです。ローマ時代には北のギルネと並んで、サラミスはローマにワイン、銅、オリーブなどを輸出する貿易港として大いに繁栄したとか。ローマ時代からビザンティン時代の初期まで、キプロスの中心地はサラミスだったそうです。
IMG_9278
(地中海一繁栄していた交易港のおもかげはいまはなし@ガジマーウサの港で)

その後エルサレムからユダヤ人が住み着き、コンスタンティウス帝(337−361年在位)が町の名前をコンスタンティアとして復活させたり、647年にはシリアを支配していたウマイヤ朝の攻撃に晒されたり、12世紀にはトルコに迫害されたアルメニア人が移住して現在のガジマーウサの基盤を築いたり、とつぎつぎと外敵に狙われるのですが、最も繁栄させたのは十字軍です。ガジマーウサは聖地エルサレムを訪れる巡礼者や商人の中継地隣、地中海ナンバーワンの交易センターとして繁栄しました。
IMG_9261
(バスが終着地、ガジマーウサに到着するなり目に飛び込んでくるのはヴェネチアが支配していた15世紀末に築かれたこの城壁跡。テンションが↑)
IMG_9277
(城壁内にはコミュニティの人々が集まって協議をしたであろう会議室とか、交易している品々を保管していた倉庫とか、迷路のようなところに宿泊施設などがありました。しかし、長く放置状態でつい最近になってこの遺跡の重要性に着目したヨーロッパが、大々的な修復に乗り出したとか)
IMG_9273
(ヴェネチアの紋章であるライオンのレリーフが刻まれているオセローの門。オセローっていったい??と思ったけれど、もしかしてイギリスが植民地にしていたときにシェークスピアの影響で命名したのでしょうか?)
IMG_9262
(城壁内の旧市街には人々の暮らしがあります。トイレを借りてチャイを飲んだカフェにはご近所らしきおじいさんが店番をしていました。っていうか、店の人はいったいどこに行ったんだよっていうくらい、人がいない閑散とした通りでした)
IMG_9263
IMG_9267
(写真上:キプロス島はどこにいっても猫だらけ。歩いている人よりも歩いていたり寝ている猫の数のほうが多い! カフェでもお客さんのかわりに猫が座っておりました。
写真下:オスマン・トルコ帝国支配時代に帝国にたてついたムスタファ・ケマルが幽閉されていた地下牢への入り口はこちらでございます。ケマルは建国の父と広場に銅像が建っていましたが、人気は今ひとつで近代トルコ建国の父はやっぱりアタチュルクらしいです)
IMG_9295
(閑散としているガジマーウサ旧市街ですが、こういう雰囲気のある路地が見受けられるということは、おしゃれな人も住んでいるのでしょうか?)
IMG_9298
(最後に、乗合バスです。レフコシャからガジマーウサまでは40分と言われたけれど、停留所があるともないとも言える箇所で何回も停車して、学生さんが大学前で降りたり、通院しているらしきおじさんおばさんが病院前から乗り込んだり降りたりしているので、結局1時間以上かかりました)

アンタルヤの遺跡についてはつぎのエントリーで。

 

北キプロス・トルコ共和国は、トルコ以外世界中どの国も承認していないという国際的ほぼ未承認国家です。1983年に独立宣言をするまで南北で紛争していたこともあって、「えええ? 危なくないの?」とよく言われるのですが、なんというか、危なさを感じることもできないほど街中でさえも閑散としていました。
エルカン(エルジャンという発音なのかどうか、私がエルカンというと、エルジャンと直されること数回)という空港に降り立ったとき「あれ? 米子鬼太郎空港か?(米子の方、すみません)」というほど小さい。人はいっぱいいるけれど、とにかく小さい。久々に会ったクルディスタンFAのいかついおじさんたちと迎えのマイクロバスに乗り込み、ギルネ(キレニア)という北部の沿岸沿いのリゾート地に向かったのですが、車窓から人家はほとんど見えず。何も植わっていそうもないけれど、どうやら畑らしき平地を20分ほど走ると、いきなり山道になりました。着いた日は北キプロスにはめずらしい冬の嵐で、がたがた山道を揺られて、大風と大雨にマイクロバスがあおられるたびに、はい認めましょう、「ここ、ちょっと危ないかも」と私もビビりましたよ。
fullsizeoutput_60de
(エルジャン空港からギルネには山を越えていきます。山頂からギルネへの風景。これは晴れている日に撮影したのですが、嵐の日にはただぼんやりと禿山が見えるだけで、しかもバスが揺れる揺れる。さすがの私もびびった)

畑には何も植わってそうにないし、牛や羊も見当たらないし、禿山だし、いったい北キプロスの産業は何なのか? と疑問に思ってクルディスタンFAのマネジャー、シュワンさんに「ここの人たちはいったい何で生計を立てているのかな?」となんとなく言ってみると、シュワンさん、いきなりスマホを取り出して調べてくれました。10分ほど調べてからの答えは「わからんなー。でもここの景色、俺らのクルド自治共和国と似てるんだよ。俺らは石油が産業だが、ここは石油が出そうにないな」だって。
fullsizeoutput_5f5a
(走っている車の窓から撮ったのでブレていますが、採石場と禿山です)

でも山の中腹あたりに採石場がいくつかあり、もしかして鉱物が出るんじゃないかと思って後で調べたら、どうやら銅が採れるらしい。確かじゃないけれど。
IMG_9224
(レフコシャの中心部?にあるサッカーバー。ちゃんと酒も出すらしい)

宿泊したアカプルコ・ホテルは老舗のリゾートで、カジノと大会議場、大宴会場が併設されています。住民の99%がムスリムの北キプロスになぜカジノがあるか? ムスリムって賭け事禁止でしょ? その理由を、今回の会議を仕切った旅行会社のウテが明かしてくれました。「観光産業に力を入れているので、トルコでは禁止されているカジノを作ってトルコからだけでなく、ドイツやロシアの観光客をよんでいる」。イスラムの教えをとるか、経済をとるか……苦渋の決断(?)で、経済だったわけですね。そういや、お酒は飲めないだろうと思ったら、ビールでもワインでもウィスキーでもラキという強い蒸留酒でも、なんでも飲み放題。お酒のCMも流れるし、酒屋の看板はあちこちにある、と。うーん、経済が勝ったわけですね、ね、ね。

IMG_9187
(ホテル前の海岸です。海はトルコブルーだし、砂浜はハワイ並み。夏に遊びたいところです)

ホテル本館は古びていましたが、私が宿泊した新館は昨年オープンしたばかりとかできれいでした。夏に来たらもっと賑わっていたのでしょうが、真冬の今、なんだか閑散としていました。でも真冬といっても、気温は昼間に20度まで上がるし、夜も薄手コート一枚で十分だし、着いた日こそ嵐だったけれど、翌日からは太陽さんさんで気持ちのいいお天気が続きました。避寒に訪れる人がもっといるといいのにね、と観光開発のための人材不足の北キプロスにちょっと同情。
IMG_9186
(ホテル内のプールやジムも充実していました。私は一通り楽しみましたが、その間、一人きりですべてを独占。プールに一人で入っていると、なんかアホみたいな気分でした)

北キプロスが観光客誘致のために力を入れているのが、「スポーツツーリズム」です。特にサッカー。シーズン前キャンプをもっとここではってね、という宣伝をしていました。宿泊施設はもちろん、天然芝のグラウンドがいっぱいあってインフラは整っているようです。Jリーグの皆さん、北キプロスでキャンプをはるのはいかがですか? ごはんも日本人の口にあうと思いますよ。景色は心洗われるほどきれいだし、何よりも繁華街がそばにないから選手の皆さんはサッカーに集中できると思いますよ。
fullsizeoutput_5f51
(レフコシャ中心部、びゅんびゅん車が行き交う幹線道路とローマ時代?の遺跡の壁に囲まれてサッカーコートがありました。試合をしていた2チームは、負けているほうが途中でチームメイト同士殴り合いの大げんか。試合以上に喧嘩がおもしろかった)
IMG_9286
(会議終わってトルコに移動する前にガジマーウサという西岸の歴史ある街に行ったのですが、そこでも遺跡の中にピッチあり。この壁、14世紀くらいのものらしい。この壁に向かってシュートするのです。いいなあ)
IMG_9207
(日曜日夕方、レフコシャのバザール風景。トルコのバザールと比べると時化ていましたが、それでも大勢の家族づれで賑わっていました。でも買い物している人の半分以上が男性なんですよね。お買い物はあなたね、って奥さんに言われたのか、それとも財布を握っている俺が好きなものを買うんだってことでしょうか)

IMG_9167
(ギルネのメインストリート??? 夜になると閑散としていました。でもこういううねうねと曲がった通りは好きだなあ)

IMG_9168

(ホテル前の明け方の海岸。裸足でジョギングしちゃいましたよ、あまりの気持ちのよさに)
 
IMG_9094

(なんども言いますが、メシはうまい!! テラスで太陽を浴びながら食べるトルコ料理は最高です)

トルコ料理が好きです。世界の3大料理は(一般的に)フランス料理、中華料理、トルコ料理とされていますが、フランスや中国に並ぶだけはあります。おそらくオスマントルコ帝国時代にさまざまな民族、文明がまじったことが、美味を産んだのではないかと推測。でも、正直、フランス料理ほど洗練されていないし、中華料理ほど絢爛豪華、珍味きわめる感じではない。一般家庭でごくふつうに食べられている家庭料理としてのトルコ料理が美味なんだと思います。ハレではなくケの料理が美味しいっていうのは、ある意味非常に贅沢なことですね。
北キプロスもトルコ料理でした。キプロス料理っていうのはないのか? とちょっと疑問。よくわかりません。南キプロスにいったらいきなりイタリアだったので、違いを出す上でも北キプロス=トルコ料理なのかも。

それでは、正味8日間、おいしかった料理を並べていきます。
 
fullsizeoutput_60c1
宿泊した北キプロスの北岸のリゾート地、キレニアのホテルでは3食ビュッフェでした。昼、さんさんと輝く太陽の下で食べていたのは野菜中心のトルコ料理。野菜そのものが味わい深いんです。
 
IMG_9157

 CONIFAのレセプションは古い城塞町ギルネにあるケバブ・ハウス。豚以外の肉、肉、肉、肉責め。これで終わったかと思ったら、最後にとどめのようにこのパフォーマンスでまた肉。いや、一つひとつの肉料理が調理方法から味付けまでちがって満足したんですけれどね。
IMG_9149
なんせ、テーブル横にこの肉入り冷蔵庫だものね。
fullsizeoutput_60c3
アンタルヤに移動して、お世話になったハクスヴェルさんご夫婦に連れていっていただいたケバブのお店。炭焼きで羊肉の串焼きや焼き鳥(もちろんトルコ風味)が出てきて、これまた美味でした。
これは羊のレバー、「クズジエール」クズ=羊、ジエール=レバー
fullsizeoutput_60c4
こちらは串焼き鳥「タブックシシ」タブック=鶏、シシ=串焼き。オールスパイス、トマトペースト、タイム、クミンといったスパイスがきいていて、ナンにはさんで食べるとひときわ美味しかったです。
IMG_9327
「エトリピデ」エトリ=肉、ピデ=ピザ。薄焼きのピザ生地の上にスパイシーなひき肉や野菜がたっぷり。これは北キプロスでも私はものすごく気に入って毎食食べていました。
fullsizeoutput_5f4e
アンタルヤ名物料理「ピアーズ」白いんげんのサラダです。白いんげんをごまペースト、レモン汁、オリーブオイルであえて、トマト、玉ねぎのスライス、ゆで卵とイタリアンパセリを添えたサラダです。気に入って日本でも作りました。
IMG_9328
トルコはデザートもおいしい。最近は甘みもおさえられてよりヘルシーになっている、とのことですが、それでも結構甘くて濃厚。これはかぼちゃを甘く煮てゴマペースト=タヒンときざみくるみをかけ、カイマクという水牛のクロテッドクリームを添えた「カバックタトルヌゥ」 
fullsizeoutput_60ca
そして朝ごはんです。ししとうみたいなシビルビデル(辛くない)、トマト、オリーブ、パストゥルマというビーフジャーキー、タヒン=ゴマペースト(甘い)、自家製オレンジジャム、白いの2つはベヤズペイニルという白チーズ、あっさりして食べやすいチーズです。そして感動したのが24時間石窯で焼いているパン屋さんのエキメッキ(パン)。おいしくて感動したので、お店に連れて言ってもらいました。
fullsizeoutput_60cb
メガネの方がパン屋さんのオーナー。どれを見てもおいしそうなパンばかりが並んでいて、ボレッキやアチュマといったパンを買って試食。うーん、焼きたてエキメッキはトルコでないと食べられない!!そのためだけでももう一回トルコ行きたい!
fullsizeoutput_60cd
fullsizeoutput_5f66

トルコ料理の代表格とも言えるのが「ギョフテ」という牛肉(羊肉もあるのか?)というハンバーグみたいなひき肉料理です。街中にもギョフテ屋さんがあちこちにあって、中身に野菜各種を入れたり、煮込みにしたりとバラエティがあるみたいです。ハクスヴェル家にはギョフテ焼き器みたいなのもあって、さすがと感心しました。

fullsizeoutput_60ce
トルコ、といえばヨーグルト。ハクスヴェル家の自家製ヨーグルトでつくったヨーグルトの冷たいスープ。野菜がたっぷり入っていて、スパイスとほんのり塩味が舌とおなかに優しい。
fullsizeoutput_60d0
ペースト3種と人参とヨーグルトのサラダ。ひよこ豆のペースト「フムス」、ナスのペースト「パガルー」はすっぱいのとこってりしたものと2種類。
fullsizeoutput_5f63
ひよこ豆のシチュー「ノフット」。牛肉の出汁がひよこ豆によく合う。
IMG_9691
近所でやっていたバザールにはすごい量の野菜が売られていました。お兄さんが「写真撮って!」とポーズを取ってくれました。
IMG_9692
巨大なかぼちゃもバザールで
fullsizeoutput_5f5e
今回お世話になったハクスヴェルさんご夫妻。ひろこさんとはこのブログを通してもう15年ほどのおつきあいですが、2回訪れたトルコで2回ともとってもお世話になりました。これほどお料理上手だとは!! ハクスヴェル夫妻のおかげでトルコをもっと味わえて、もっと好きになっています。

fullsizeoutput_60c9
おみやげで購入した「ロクム」というトルコ特産のお菓子。グミのような、キャンデーのような素材にナッツや果物を入れたお菓子で見た目ほど甘くなく、差し上げた方々が「ん? いけるじゃないか!」と言ってくださいました。

最後にアンタルヤの街中の風景写真をいくつかご紹介しておきます。旧市街の観光名所となっている地区で夕方に撮影したものです。観光客が増えたとはいえ、人はさほど多くなくて古代ローマ帝国遺跡からオスマントルコ帝国時代の建物まで立ち並ぶ味わい深い街でした。
IMG_9346

fullsizeoutput_60b4


IMG_9375


IMG_9363


IMG_9371


fullsizeoutput_5f4b

FIFA非加盟の国、地域、少数民族、僻地の人々のサッカー協会が参加するサッカー連盟CONIFAが第3回となるワールドフットボールカップを、今年5月末から6月はじめにかけてロンドンで開催します。
1月5〜7日に北キプロス、キレニアで開催された年次総会で、組み合わせ抽選が行われました。また会場や宿泊先などの概要が発表されたので、以下でお知らせします。

大会会期:2018年5月31日〜6月9日
5月30日(水)集合日
5月31日(木)グループステージ第一試合後、開会式
6月1日(金)休養日
6月2〜3日 グループステージ
6月4日(月)休養日&イベントデー
6月5日(火)ノックアウトステージ
6月6日(水)休養日
6月7日(木)順位決定戦&準決勝
6月8日(金)休養日
6月9日(土)順位決定戦&決勝 閉会式
6月10日 帰国日
(試合日程に関しては未定です。変更はあるそうです)

会場
1)Charlton AthleticFC のホームスタジアム The Valley Stadium
http://www.footballgroundguide.com/leagues/the-valley-charlton-athletic.html

2)Sutton UnitedFCのスタジアムGander Green Lane
https://en.wikipedia.org/wiki/Gander_Green_Lane

3)Leyton Orient FCのスタジアムMatchroom Stadium 
https://www.leytonorient.com/news/2016/july/media-information-new/

4)Millwall FCのスタジアムThe Den Stadium
https://www.millwallfc.co.uk/club/getting-to-the-den/

の4箇所が予定されています。
 

参加チーム
 
IMG_9110

グループ1
バラワ(ソマリア南部にある港町から英国にわたった移民がつくったチーム。大会の主催者)
エラン・バニン(英国王室領土マン島のチーム)
タミル・イーラム(スリランカ内戦によって国を追われたタミル人のチーム)
カスカディア(北米西岸、カナダとの国境近くの森林地帯のチーム)

グループ2
アブハジア共和国(ロシア、ソチと隣接した未承認国家。前回大会の優勝チーム)
北キプロス・トルコ共和国(キプロス島北部の未承認国家代表)
フェルヴィディク(ハンガリー北部地域のチーム)
チベット(言うまでもなくチベットの代表だが、多くの選手は欧州に移民している)

グループ3
パダーニア(イタリア北部地域代表。昨年行われた欧州選手権覇者)
セーケイランド(ルーマニアとハンガリーの国境地帯に暮らす少数民族のチーム)
キリバス共和国(太平洋中部に浮かぶ環礁と島々からなる国。地球温暖化で沈んで消滅の危機にある)
マタベレランド(アフリカ、ジンバブエの西部地域を代表するチーム)

グループ4
パンジャブ(パキスタンとインド北部にまたがるパンジャブ地方の代表だが、選手は全員が英国への移民で構成される。前回大会準優勝の強豪)
ユナイテッド・コリアンズ・イン・ジャパン(在日コリアンを代表するチーム)
西アルメニア(トルコ北部のアルメニア人たちを代表するチーム。コーカサス地方の強豪)
カビリア(アルジェリア北部に暮らすベルベル族の代表。カビル語を話し、キリスト教を信仰する)

以上16チームです。次回大会から初めてチーム数が16(これまでは12)に増えました。出場権を勝ち取るためのやり方も変わり、古参ながら出場がかなわなかったチームも多くて総会ではだいぶもめました。総会出席者も「遠い」「ビザが取りにくい」と言うこともあって、スイスで開催された前回60人から大幅に減りましたが、それでも活発な意見交換があって有意義で楽しい総会となりました。以下が集合写真です。
 
IMG_9142

FBBB59A5-60C7-4FF1-AF8C-B1C1ADB70326


南北を隔てる国境を越えるにはパスポート提示のみでオーケー68A8A8CE-0A06-479C-A057-B7636D08B5CD
今はモスクになっているかつてのカテドラル@レフコシャ
いま北キプロス・トルコ共和国の首都レフコシャにいます。首都は南北で分割されていて、南のキプロス共和国ではニコシアと呼ばれます。首都だけでなく、いたるところで地名が2つあってややこしい。
それも1970年代からの内戦で、たいして大きくもない島が南部はギリシャをバックにキプロス共和国が、北部はトルコをバックに北キプロス・トルコ共和国が支配しているからです。南にもいってみましたが、印象はだいぶ違いました。トルコ文化対ギリシャ(西欧)文化、といってもいいくらいかも。もっと言えば、北はなんだか荒涼、閑散としていて色がないのですが、南は色あざやかな印象です。

キプロス紛争は私が大学生のころから1980年代半ばまで続いていて、かなり記憶に新しいつもりだったのですが、今回初めて訪れて、紛争の傷跡みたいなものはあまり感じられませんでした。せいぜいグリーンベルトという「壁」があるくらい。でも、たったの数日で何がわかるか、と住民からは言われるでしょうね。
なぜにここにやってきたかというと、北キプロス代表がCONIFAのメンバーで、今年の年次総会が北キプロス主催でギルネ(キレニア)で開催されたからです。会議は1月5日から3日続いて7日、日曜に終わり、月曜の昨日は1日観光していました。たぶん、もう一度来るチャンスはないと思うと、紀元前から文明が栄えたというこの島を見ておかないわけにはいきません。といっても、1日ではたいしたところは見られませんでしたが、何となく感じたのは、島が古代よりさまざまな文明の支配・影響を受けて、何層にも積み重なった独特の文明を築いてきたのではないか、ということです。
0EF5EBC2-4ECA-4B49-9421-B032BB87D7EE

北のこういうハゲ山が続きます


キリスト教とイスラム教も混じりあっていて、キリスト教の教会がモスクに改造(転用といったほうがいいかも)されているかと思えば、祈祷している人は少なくてやたらとバーとカジノやノミ屋がある、という。えーっと、飲酒や賭け事はムスリム禁止なんじゃなかったですか? 酒の看板もそこいらじゅうにあるし、がぶがぶウィスキーとかラキという強い酒を飲んでいるし。
今、キプロス島は観光を主産業に育てようと一生懸命だそうで、北と南の海岸にはリゾートホテルがばんばん建設されています。北キプロスにもトルコ人をはじめ(トルコパスポートは「国内」扱いで出入国できます)ドイツや東欧からの観光客が大勢つめかけているそうです(by北キプロス観光局)。私が宿泊したギルネのリゾートホテル「アカプルコ」にも、ドイツからの団体客(たぶん社員旅行)が宿泊してカジノとイベントを楽しんでいたみたいでした。

9D792315-AEF9-4300-8D42-3EE7F9E3ED41
海は
めちゃきれいです
 

今回のCONIFAの会議にはいろいろとサプライズがあったので、つぎのエントリーで書きますね。
これからERCAN(エルカン、エルジャン)空港まで行って、アンタルヤに飛ぶのでそろそろ準備をせねばなりません。アンタルヤの友人宅で2泊して日本に帰る予定です。
 

↑このページのトップヘ