Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

IMG_8669

日中、日差しが出ている間は汗ばむほどだったけれど、出かけようと空を見上げると黒雲がむくむくと見えたので、急遽傘とレインウェアをリュックに入れて出発。
京王線車内は緑ユニよりも青黒ユニのほうが目立っていたかな。私が青黒ユニに着目していたせいかもしれませんが。意外なことに3人も見かけたYUYA14番ユニ。怪我で出遅れて今季は一度も出場がないのだけれど、ユニを着ていたかわいい女子たち(ばらばらに見かけたのだけれど全員年若い女子だった)のためにも早く復帰してください。あと20番中谷ユニを2人見かけたのだけれど、2人ともアウェイユニ。なぜにホームユニではないのか、とつらつら考えながら2階席まで階段を登りました。
と、その前にプログラムをもらったら、中に入っていたJリーグカレー当選の札。落っことしてしまったのですが、拾った係員の方に「あちらで引き換えてください」と背中を押されてブースに行くとそこにはラモスさんがにこやかに立たれていました。それは嬉しいんだけれど、どうもテレビカメラみたいなのをかついだ人がそばにいて、カメラを向けている。う、映りたくない……と1歩下がって受け取り、腕を伸ばしてラモスさんと握手。

ガンバのゴル裏は相変わらずの盛況でしたが、メインの2階席はあまり人がいなかったので、悠々と3つくらい席をとって観戦しました。
で、試合内容はというと、うーーーーん、引き分けたからだけではなく、内容もイマイチだったなあ。ガンバだけでなく、ヴェルディもどこかゆるいというか、圧が足りないというか。上から見ていると、ガンバの守備体制を敷くのがものすごく速いのがよくわかりました。ヴェルディがボールを持つと、かっちり守備網を敷いて、スライドするのも速い。反対にボールを奪ったときに攻撃体制に持っていくのに時間がかかる。といっても守備に比べて、というだけですが。ウエルトンがいてくれたらなあ、アラーノ早く復帰しないかなあ、と胸のなかでぶつぶつ言いながら見ていました。
前半は「よく守りました(ハンコドン)」でしたが、後半食野→倉田、ラヴィ→ダワン(初めてチャントを聞きました)、いたんだ岸本→山下と攻撃意識が高い選手が入ってくると活性化。倉田のシュートは惜しかった。っていうかこの試合で唯一声をあげた瞬間でした。
昨季のリーグ最多失点を反省してのこととよくわかっていますが、サッカーは得点することが何よりも大事だと私は思っていて、その点では長谷川さんが監督になったあとの「得点はパトと宇佐美におまかせ。あとはみんなでばっちり守備しようね」みたいなサッカーに戻ってほしくないなあとちらっと思いながら帰りました。
今季私が生観戦した試合は1勝1敗3分け。目撃した失点は町田戦のPK、横浜戦のカウンター2点の計3点。目撃した得点は2点。目撃得点が目撃失点を上回ってほしいなあ。
という願いをこめて、ヴェルディ戦もふくめて4戦連続参戦の予定です。そのためにも仕事をがんばらないと。


スタメンを見た瞬間に思ったこと。
あれ? ウエルトン選手、どこに行った?
ネタ・ラヴィ選手がサブに入っていることにほっとしつつも、助っ人外国人がダワン選手だけなんて!不安というよりも、そうか、昨年までの「外国人助っ人はスタメン鉄板」はなくなったのかと感慨深く。
試合はガンバもグランパスもなかなかシュートまでいかず、ペナルティエリア近くになるとスピードが遅くなって、やむなくミドルシュートみたいな展開。
後半になってギアをあげてくるのかなと思ったらそうでもなく。
横浜戦や福岡戦のいやーな感じが出てきて、うーんと思っていたら相手のミス?で宇佐美選手のパス? シュート?がぼてぼてになり、坂本選手の足元にボールが流れて、GKと1対1みたいになり、GKが跳ね返したシュートが岸本選手のところに転がってきてゴール!
おめでとう、ガンバ移籍後初ゴール!
それを守り切ってまたもやウノゼロのクロート好みの渋い試合となりました。
連勝です!
昨年まで名古屋に在籍してDFの中心だった中谷選手がボールを持つごとに名古屋サポから大ブーイング。でも中谷選手はブーイングに動揺した様子も、発奮した様子もなく、いつも通りのプレーでした。
同志とも言っていたのですが、中谷選手のディフェンスって2007年、2008年ごろの明神さんを彷彿とさせます。試合展開の予測がすごい。相手がどういう展開でのぞんでくるかを、まるで3手先まで呼んでいるようなディフェンス。私はひそかに「セクシー・ディフェンス」と名付けてます。2008年はおそらく明神さんのセクシー・ディフェンス爆発のシーズンで、とくにACLでそのプレーを堪能しました。地味なんだけれど、セクシー。
オフェンスでいまセクシーだなと思うのは、鈴木選手です。やはり数手先を読みながら攻撃につなげていくのが素敵。
この2人のプレーにはときどき目が離せなくなり、ボールを持っていないときにどこにいるのだろうかと探して、ああ、そういう読みでそのポジションですかと胸キュンです。すみません、乙女なこと言ってしまって。

さて、私は水曜日の東京ヴェルディ戦に参戦予定です。
調べてみたら城福ヴェルディも連勝しているではないですか!
むずかしい試合になるのかなあ。今季はまだ一度もない3連勝を期待したいけれど、そんな期待をするとロクなことがないので平常心で飛田給に馳せ参じます。


 


公式戦3連敗後、悲観気味だった私を許してください。
「最後に勝ったのって宮本監督のときで、たしか倉田選手の1点を守り切ったんじゃなかったっけ?(現地観戦だった)」「上位のセレッソさまにいまのガンバが勝てるのか?」「また苦い思いを味わうのはいやだな〜」
ダービーのそんなあれこれを思い出して試合前にどよんとしていた私、ほんとごめんなさい。
Twitterと試合速報を何回も更新しながら試合の追っかけ。
いや〜〜〜宇佐美選手のゴールが決まって、ほんとよかった。
宇佐美選手、ほんと持ってる。あのゴールはなに、うますぎじゃない?
ウエルトン選手と坂本選手の前線プレスが効果ありすぎじゃない?
倉田選手のポスト直撃は惜しかった。
最後の選手、スタッフ、観客をふくめたスタジアムの歓喜もすばらしかった。
Twitterでもダイジェストでも、とくに後半にガンバが押し気味で、勝利にふさわしい内容だったのではないでしょうか。
もちろんMOMは文句なしに宇佐美選手です。
が、ゴールこそなかったけれど、ウエルトン選手、すばらしい。
スプリント24本、しかもロスタイムに入ってからもまだスプリントしているって、もうね、感動のあまり涙が出そうでした。
おそらく今季の出場がかなり厳しくなった三浦選手のユニを選手全員で着て、三浦選手とともにガンバクラップ、最高です。
試合後のロッカールームでのヤットさんの絶叫。受けました。モチベーションを高める役割なんでしょうか? あんなヤットさん、初めて見たような気がします。

次の試合は名古屋戦ですね。パトリック選手、恩返しはもういいからね。
(で、ネタ・ラヴィ選手とジェバリ選手はいったいどこに行っちゃったの?)



昨日まで締め切りに追われて日曜日の試合はじっくり見ていません。
軽くダイジェストを見ましたが、鹿島の得点が2回ともVARで「ゴール」と決められたのは、ライブで見ていない私でも納得いきませんでした。でも、両チームとも決定機がないなかで、ぎりぎりで決めてきたのが鹿島、1回しか決められなかったのがガンバなのかな。ガンバにもオフサイドぎりぎりでVARに引っかかるような「決定機」さえ作っていれば、中村主審(もうしっかり記憶したぞ)も得点を認めてくれていたかも。いや、悪い冗談です。
それにしてもウエルトンのあのマイナスのクロスまでのプレーはすばらしかった。
そして坂本、3試合連続ゴールおめでとう!!!

4月はガンバの試合を3試合現地観戦しました。1分(京都戦)、1敗(横浜M戦)、1勝(浦和戦)という「戦績」。まあまあかな。昨年はこの時期敗戦だらけだった。4月1日の湘南戦だけ現地観戦だったのですが、それはもう思い出したくないような試合で……。それに比べるとちょっとましかな、今年は。

 と、それはさておき4月の振り返りもメモっておきます。
 今月は仕事をする時間が長かったです。長かった、といってもあくまで当社比。一番仕事をしていた30代、40代、50代と比較すると、デスクに向かっている時間は格段に減っています。前はなんであんなに長時間根詰めて仕事ができたのだろう?? とかぶつぶつ言いながら仕事してました。
 その一方で、孫預かりもしばしばでした。今春はとくに天候不順で寒暖の差が激しかったせいか、順番に風邪引いて熱出したりすることが重なってババさま出動でした。ま、かわいからいいんだけれどね。気のせいかもしれないけれど、子どもは病気をへると、ひと皮剥けたみたいに成長しますね。からだがウイルスだか細菌だかと闘って勝利をあげるごとにステージが上がるのかな。
 子どもの心身の成長に目を奪われたこともあってか、今月は「成長」について考えることが多かったです。やっぱりね、いくら70歳になったとはいっても、私も成長を止めてはいけないなと思います。物事をちがう角度から見ること、喜びや感動はもちろん怒ることも忘れないこと、見て見ぬふりをするのをやめること、面倒なことを避けないこと、叱られ注意されることをおそれないこと、そんなことが大事なのかな。要するに、守りに入ってしまっては成長はない。
 いきなりガンバの話になって締めくくりますが、守備を固めることも大事だけれど、攻撃のパターンを増やさないと成長はないんじゃないかな。
 ところで前回書いた記事で、やめたくてもやめられなかったことを思い切ってやめていく時期に入っていると書いたら「ガンバの応援はやめないでください」というメールをいただきました。あれ? 私は「ガンバの応援をやめないためにも、やめたくても義理や人情でやめられないことを思い切ってやめてみよう」というつもりだったんだけれど、誤解を招く書き方だったか。一応断っておくと、ガンバの応援はやめませんよ。パナスタの階段が登れなくなる前に、リーグ優勝をこの目で見届けるまではやめられませんよ。そのためにも、成長してください、お願い。

IMG_8496

 

はいはいはい、ルヴァンカップのことは記憶の奥底にしまうことにしますよ。思えば学生チームに負けたことも複数回、JFLに負けたこともありましたね(遠い目)、J3にだって負けますよ、そりゃ。
絶好機を外したガンバの選手に引き換え、ワンチャンスを見事に決めた白井選手を褒めるしかないですね。
そもそもジャイアントキリングっていう言い方は正しくないのではないか、と。
だってカテゴリーが下のチームにふつうに負け続けているチームははたして「ジャイアント」なのか?
あ〜〜もう考えるのやめます。
気持ちを切り替えて、明日の鹿島戦に目を向けることにしましょう(自分に言い聞かす)

というところで、話題をバンと変えます。
私は自慢ではないけれど、長年にわたって続けていることが多いです。会社勤めが13年で、フリーランスになって今年で35年が経過し、何かしらの収入を得て所得税を納め続けて48年となりました。
結婚生活もぶつぶつ文句を言いながらも47年も続けています。
趣味の書道も15年、太極拳も14年。
同じ美容院に通って、同じ美容師さんにお願いしてすでに20年以上。歯医者さんも同じところに毎月通ってもう20年が経ちました。
仕事も趣味もだいたい4月に始めることが多いので、今月年月を数えていて思いました。
よく「何事も続けることが大事」と言われますが、本当だろうか?
私は続けたくて続けているのではなく、やめることがこわくて続けているのではないか?
続けていこうという意志があって続けているのと、やめる踏ん切りがつかなくて続けている状態とのちがいはどこにあるのだろう?
仕事も趣味も、自分はもちろん家族が健康であるからこそ続けていけるのだし、経済力もふくめて続けられるのは幸運だからだと思っています。続けているからこそおもしろさがより増していって、続けていく力が湧いてくる、ということもあるとは思っています。
一方で、やめる勇気がなくて続けていることもあります。自分ひとりの意志で終止符が打てることならともかく、ほかの人たちに及ぼす影響を思うとこわくて「やめる」と切り出せないこともある。
やめることは簡単ではない。続けること以上にエネルギーが必要です。
でも、私が好きなことに打ち込める時間はますます短くなり、エネルギーの総量も減っていくことは避けられない。
どんなにがんばっても、好きなことを精一杯やれるのはあと15年かな。
一年、1ヶ月、1日たつごとに、続けるためのエネルギーが減っていくのは目に見えていく。
私のいま持てる資源の配分を考え直す時期に来ています。
だから70歳になったいまが潮時かなと思っています。
何がって、本当はやめたいことをきっぱりとやめる勇気を持ってやめる時期に来ているのです。
そしてやめたいのに続けていたことにまわしていたエネルギーを、やりたいことにまわそう、と。
昨年、思い切って断捨離をしたときに思いました。
モノが捨てられるのであれば、コトも捨てられるはずだ。
そんなことを考えながら、初夏の新緑のなかを歩いています。
IMG_8498


↑このページのトップヘ