Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

 後半62分に倉田選手のゴールが決まるまで、そして決まってからもはらはらどきどきの展開で、試合終了のホイッスルがDAZNから聞こえる前に、同志から「完封勝利!」というメールが届いた瞬間、タブレットの前でへたへたと座り込みましたよ。
 後半投入の今野選手の頼もしさを称える声が高いのですが、私としては、一度インタビューさせてもらったこともあるGK林選手を(あえて)称えておきます。
 林選手にGKとして「ここがすごい!」という絶対的なストロングポイントがあるかと言われれば、正直私にはよくわかりません。セーブできているからたぶんセーブ能力はあるのだろうけれど、飛び出しの思い切りの良さとかはあまり感じない(ただし、比較対象がヒガシだから、そこは割り引かないとね)。ましてやキックは……なんであんなにとんでもない方向に飛んで行くのか。
 それでも林選手になってから、失点数は減っているのです。ここ2試合は完封勝利だし。新人の林選手だからなんとかしなくちゃ、とDF、とくに三浦選手がようやく集中力を切らさないようになったのか、とか疑ったりして。ごめん、林選手。
 それはさておき、この2試合の殊勲賞は、疑いもなく倉田選手でしょう! 俺がなんとかしないと、という気迫はもうずっと感じているのですが、その思いが強すぎるのか、空回りしたり、パスを受けてから出しどころを探す悪い癖が出たり、ごちゃごちゃとこまかいパスをつないでいるうちにボールを取られたり、ということが多くて、なかなか波に乗れなかったように見えました。なんとかしなくちゃならないんだけれど、どうしていいかわからない、という迷いだったのか。
 そんな迷いがふっきれた感があったのが、鳥栖戦でした。これまでは「え? なんでそこでパス?」とペナルティエリアの前でボールを誰もいない方向に蹴ったりとか、「え? なんでそこでそんなしなしなシュート?」とボールの芯を捉えきれないことが多かったのが、あの鳥栖戦のゴールはボールを受ける3つ前くらいから、シュートコースを決めていたみたいな思い切りの良さでした。仙台戦でのあのファウルはおいおい、でしたが、守備でも体張っていたし。 
 さてつぎは札幌にてvs札幌戦です。
 調子いいみたいですね、札幌。
 またまた不安が募っていて、今からおなかが痛くなっていますが、W杯中断前までに願わくは勝ち続けてもらって、少しは順位を上げないと、リーグ後半はきついよ。
 スタメン固定じゃなくていいですからね〜〜〜>クルピ監督 

 勝って喜んだ2、3日後に、ボロクソに負けて落ち込むことの繰り返しが続いています。鳥栖戦はある意味「完勝」だったわけですが、明日の仙台戦はまたぼろ負けなんじゃないかと、喜びの前に不安で胸が締め付けられてしまうのです。
 なぜ不安なのか?
 中2日、中3日の連戦なのに、疲労がたまっていることが素人目にも明らかなのに、先発メンバーがいつも同じだからです。対戦相手をなめているとは言いませんが、疲れから集中できず、ふわっとして試合に入り、相手に走られて試合の主導権を握られてしまうことが多いからです。
 クルピ監督はなぜ30歳をはるかにすぎた選手たちのスタメン起用にこだわるのでしょうか?
 疲労の問題だけではありません。
 「(ガンバが何をやろうとしているのか、ガンバの弱点はどこにあるのか)そんなことが相手に読まれているのではないか」と勘ぐってしまう展開が続いています。
 ガンバらしいサッカーと選手もスタッフもよく口にするのだけれど、それ何? と首を傾げたくなります。ガンバのスタイルとか、ガンバのサッカーとか、それ本当に強みなのでしょうか? ガンバのスタイルは攻撃的とかパスサッカーとか解説者は言うけれど、そんなの10年前に終わっているから。「昔はよかったね」という懐古趣味でサッカーするのって危険なのでは?
 サッカー日本代表も「日本らしいサッカー」を確立するとかで代表監督は日本人にこだわるとか言っていますけれど、そんなところにこだわっていると、世界のサッカーの進歩からどんどん取り残されてしまうという気がしてぞっとします。そもそも、日本らしいサッカーっていったい何? 日本人を監督にしたら日本らしいサッカーができて、それが強みになるのでしょうか?
 似たようなタイプの選手ばかりを集めて、似たような戦術で戦っていては勝てません。ましてやずっと同じスタメンでは、相手だって手の内わかってしまうでしょう。
 どんなスタメンを出しても、どんな相手に対してもいい勝負ができるようになって初めて、「○○らしいサッカー」として通用するスタイルになるのではないでしょうか。
 「相手はどうであろうと、自分たちのサッカーをするだけ」と言い出したとき、チームは少しずつ後ろに下がっていく、という例を私はかなり見てきたような気がします。

 話変わって。
 「ガンバの応援に行くときに持っていってください」と、美容師の方にバッグを作っていただきました。
 嬉しい!! これを「残留お守り」にしたいです。
IMG_0596


  

(スタメン発表から試合終了まで無力感と怒りしか覚えなかったvs湘南戦から中3日で迎えたvs鳥栖戦についてはつぎのエントリーで書きます。まだ後半しかDAZN観戦していないので。ガンバ忘れる週とか言っておきながら見てるんかい、書くんかい、のツッコミはなしでお願いします)

え〜〜〜連休前半、晴天のGW(→ガンバ忘れる週ではなく、本物のゴールデンウィークを意味している)は日光鬼怒川近くの温泉旅館にこもって書道錬成合宿に参加しておりました。
2008年ガンバがACLを制覇したとき、このまま世界へと突き進んでほしい、そのためには芸術的ゲーフラを書いて世界のスタジアムに掲げなくちゃ、という思いに駆られて書道教室の門を敲いてから(→その発想は今書くと意味不明)はや10年目を迎えております。
いまやゲーフラ製作よりも作品製作へと目的が変わってしまった書道ですが、最近ますます脳裏をかすめるのが「私は何のために書道に打ち込んでいるのだろう?」という疑問です。
書道を始めて3年くらい経ったとき、先生から「書は線だね。線が引けるようになるまで、早くても10年かかる」と言われたのですが、 その10年目を迎えて、まだ線が引けない私です。いや、たまーーーーに「いい線だね」と言われる線が引けることがあるのだけれど、たまーに、じゃね。それも「こうすれば(必ず)いい線が引ける」というマニュアルみたいなものが、少なくとも私の中にまだ確立されていない。筆や紙など道具の選び方、詩文、作品構成、姿勢、体の動かし方、力の抜き方、リズム、気持ち、 気分、そんな要素すべてに気を配っても、まだ引けない。一生引けないかもしれない。がんばっても引けないけれど、がんばらなくては引けない。
時間もお金もエネルギーも相当に注ぎ込んでいる書道ですが、それじゃ私は書家になりたいのか、と問われれば、ぶるんぶるんと首を横に振ります。書家と呼ばれる方々が、どれほどのきらめく才能を持ち、どれくらい書に賭けているかを知っている私としては、口が裂けてもそんなことは言えませんし、思ってみることさえおこがましい。
それでは趣味(職業や専門としてでなく、楽しみとして愛好するもの。by「日本国語大辞典」)なのか、と言われると、それも違うような気がします。趣味と専門(職業)の間にくっきりと線が引けるものなのでしょうか? その間に区分けできないゾーンがあるのではないか。とくに書道などの芸術に関しては。ただ「書くことが好き」というだけではなく、また「生きがい」とかいう陳腐なものでもなく、もう少し深い思いを抱いて書と向き合っている、ような気がします。
10年目を迎えた今年、錬成合宿に参加しての帰り道、「全身がばりばりいっている」「もうへとへと」(書くのって実は汗だくになってしまうほど体を動かすんです)と疲労困憊し、「ぜんぜんできない」と落ち込みながらも、同時に「書と出会えて本当に良かった」、そして「健康に気を配って体力を維持し、気持ちを切らすことなく、できれば生涯書いていきたい」としみじみ思いました。
(絵に打ち込んでいた父が、亡くなる直前まで絵筆を握っていたことを思い出します。父にとっての絵画も、たぶん趣味とか専門を超えたところにあったのではないか、と)

昨日の湘南戦についてですが、もう何も言いたくないので、ガンバのことを頭の中からきれいさっぱり追い払う(は無理にしてもかなりの部分に蓋をする)1週間にします。

ただ、これだけは言わせて!
同志とも言っていたのですが、スタメン見た瞬間に「今日は負ける」と確信しましたよ。
中2日、中3日で使っていけない選手がいるって、素人目にもはっきりしているんですけれど、いったいどういうこと?
(怒りがこみあげてきたので、GWに入ります) 

最下位で迎えた大阪ダービー。やっとこさ勝利をつかんだガンバです。
試合が終わった瞬間、思わずへたりこんで涙ぐんでしまった私。
長かった、本当に長かった。この20年で一番長い8ヶ月でした。まさか8ヶ月もガンバの勝利に立ち会えない日が来るとは……。今季始まってから、強気なことをここに書いては自分を励ましてきましたが、それでも開始早々に2失点する試合やら、終了間際でするりと勝利が逃げていく試合を見続けて、正直心が折れそうでした。やっと勝ったと思ったら、長崎戦のような試合でまたDAZN契約を打ち切りたくなッタリして、ほんと前世で何か私、ガンバに悪いことしました? の気分でしたよ。
IMG_0557

さて、 ルヴァン杯グループリーグに若手中心の斬新なメンバーで臨み、PK負けしたガンバですが、負けたながらも躍動していた高江をボランチに抜擢。J3でも今季はボランチとして出場し、活躍していた高江がトップデビューできたことは、とても嬉し勝ったし、それ以上に大事な大事なダービーでの起用で、気負い過ぎず、でも熱いプレーを見せてくれたことに私は感動しましたよ。
そして、同じくルヴァン出場した林が、ヒガシの思わぬアクシデントでトップデビュー。ヒガシ、どうも骨折らしく、ほんとそれについても涙が出そうなのですが、それはさておき、林も完封してくれてほっと一安心でした。(ただ、安定感っていうのはあまり感じなかったです。試合前のキーパー練習を見ていて、飛び出すタイミングとかポジションがヒガシに比べるとまだまだで、林が出場となったら……なんて怯えていたことが現実になって、交代直後は私のほうがテンパりそうでした。トップで試合に出て経験を積めば、きっと大丈夫と信じたいです)
若手二人の出場はとても嬉しかったし、予想外に二人とも頼もしかったので、それはダービー云々と関係なく、のちのちまで記憶に残りそうです。
そしてもう一人、私が「頼りになる!」とすっかり惚れてしまったのが、黄儀助(ファン・ウィジョ)選手です。PKを獲得して、自ら蹴って決めた、というだけでなく、攻守にわたって大活躍でした。最後の最後まで走りきったそのスタミナはもちろん、どこからも必ずゴールを視野に置いたプレーをするところが素晴らしい。もちろん、決定機を2回も外しちゃった、というところはありますし、決して華麗なプレーではないのですが、今のガンバに何よりも必要なのは、ウィジョ選手のような「ゴールにボールを入れることをプレーの第一選択肢にする姿勢」なんだと思います。今季すでに7得点目。何度も言いますが、素晴らしい!!!!
IMG_0559

今週水曜日にはvs湘南ベルマーレ戦。
あの、あの、あの、とても言いにくいのですが、クルピ監督にお願いがあります。
ヤットさんと藤本選手の起用は、できれば1週間あけていただくと嬉しいです。中2日、中3日での起用となると、「走れないまま相手に走られるサッカーで負ける」ことになってしまうことは、長崎戦で見せつけられたので。1サポのお願いとして、ちょっと心にとめていただければと願っております。

ああ、勝てば勝ったで、また不安が押し寄せてくるこのシーズン。
湘南戦は若手主体、泉澤選手や井出選手を攻撃の要で起用する布陣で臨んでも私は文句言わないんだけれどなあ。
 

↑このページのトップヘ