ガンバ 2ー3 大宮

得点:ガンバ ルーカス

         中澤

    大宮 吉原 藤本 森田

 

は~。逆転負けの試合が終わってからあまりにへこんだので、しばらく下北沢をさまよって気分を変えました。

試合に関してはいろいろあるだろうけれど、後半10分くらいかな? ヤットがトラップミスしてボールがサイドを割ったのを見たとき、「今日はヤバイかも」という気がしました。

前半の30分くらいまではなんとか動いていた足も、しだいに止まってきて、案の定失点。

二川に代わって倉田を出したとき、「ヤバイかも」の「かも」がとれて「今日はもうダメってことか?」と思いました。なぜバンちゃんじゃなくて倉田だったんだろう? 倉田の詰めの甘さと守備の下手さでもろに2点失点してしまったことは、西野はくやんでもくやみきれないだろう。

もう1点取りに行く、というのならバンちゃんだったはず。守備固めというのなら、リードしていたわけだし、残り10分ほどだったし、あそこは水本だったのではないか? はっきりいって、これはもう監督の采配ミスとしか言いようがない。しかも失点してから固まっているし。

せっかく中澤がうれしい初ゴールだったのに、ほんとに残念だった。シジクレイと比べたらそりゃいろいろな意味で不安定だ。でも、中澤は中澤でいいところもある。失点して下を向きがちなところを、必死に自分を励ますところはえらい。今日は終わってから泣いていたけれど、泣くのは早いよ、ソウタ。何回もこういうくやしい思いをして、優勝するんだからね。

言いたいことは山のようにあるけれど、いまはとにかくグチと八つ当たりにしかならないので、やめておきます。試合の分析は専門家に任せておけばいいし。

さ、つぎだつぎ。