川崎フロンターレ 4-0 ガンバ大阪

得点者:書く気にならない。

 

 これまで、負けた試合については無視する(なかったことにする)方向でやってきたのですが、こればかりは書いておかねばならないと自分をふるいたたせました(→ガンバのことになると、他人が嗤うほど真剣になってしまうジツカワです)

 ひどい試合でした。後半は声も出なかった。

 けれど、Jリーグでは(ACLでも実は)ひどい試合を今年はずっとやってきているガンバです。

 西野監督が「このチーム力では(リーグ優勝はおろか3位にも入れそうにない、とか、ACL決勝リーグを戦えない)......」と嘆くのも無理はないです。

 奇跡的にACL優勝できましたし、それはすばらしいことですが、でも、ガンバ大阪はけっして「強豪」なんかではない。つねに脆さと背中合わせで、だから好きなんですけれどね。(「いとおしい」と書きそうになって、ぐっと抑えました)きのうはその脆さ、弱さを露呈してしまいました。

 それでもこの試合を見ながら、私はガンバの将来に明るい希望の光を見てしまったのです。少なくとも、シーズン初めよりは、シーズンが終わろうとする今のチームと姿勢にこそ、ガンバの希望がある、と思いました。もちろんその希望を支えている一つがACL優勝ではあるのですが、それ以上に惨敗した近々の3試合、清水戦といい、FC東京戦といい、川崎戦といい、ガンバは性懲りもなくパスサッカーをやろうとしていました。そこに私は希望の光を見るのです。

 メディアは「DFラインが崩壊」「決定力のあるFWがいない」「遠藤、二川がいないからパスの出し手がいない」とか勝手なことを敗因にあげています。

 モチロンそれもあるでしょうが、でも、リーグ戦でうまくいっていない原因の根本はちがいます!(きっぱり)

 どうしてもパスをつなぐ。ポゼッションにこだわる。アクションサッカーをする。それがガンバのスタイルだから。

 でも、相手によってそのスタイルは読まれてしまいます。相手チームにフィジカルなりテクニックなりずば抜けた選手が1人か2人いれば、あっさり破られる、ということもある。ましてやサッカーはパスだけではすまない場面も多く、1対1で負けてボールを奪われたらパスも何もあったもんじゃないし、ボールのスピードとか方向などが少しでもずれたらパスサッカーは成立しません。

 つまり、チームとして戦術がきっちり浸透していて、個々の能力があるレベル以上でないと、そのスタイルは脆さを露呈してしまう。できもしないのにスタイルにこだわりすぎて、柔軟性をなくすことにもなる。きのうはまさにそれでした。

 でも、昨日、シーズンの初めと比較してやっと戦術が浸透しつつあることがわかりました。また個々の能力も徐々にではありますが上がってきつつあります。今のメンツにピンポイントで選手をプラスし、個々の選手の能力があと10%アップすれば、きっとすごくおもしろくて強いサッカーができるはずです。

 そのためには、来年はACLはあっさりあきらめて、これから5年計画くらいで本当に強いチームをつくっていってもらう元年としてもらいたいです。もう「戦術:(マグロンやバレーといった)一人で持てるFW」でゴリ押しして点をとるのではなく、アラウージョやマグノアウベスみたいなスピードとテクニックを兼ね備え、パスを完成させてくれる点取り屋を育成するなり補強するなりしてガンバ・スタイルを熟成させてください。

 きのうの敗戦で、もうそれしか道はないし、その道はきっと楽しくておもしろいはずだ、と超楽観的に私は思いましたです。

 またまた熱く語ってしまった。

 この程度の惨敗で凹んでいたら、ガンバサポはやっていられませんし。