あとちょっとで訳了......というところまでこぎつけていて、頭のなかが訳している本のことだけになっているジツカワです。

でも、外は憎らしいほどの五月晴れ。風もさわやかで、こういう日に走ったら気持ちいいだろうなあ......いかん、いかん、今日のノルマがあるだろー! とあえて窓の外から目をそむけて、ひたすら横文字とPC画面とにらめっとしております。

でも、五月晴れ......1年が5月と10月だけだったら、私ももっとやさしい人になれるのになあ。

さて、もうすでに50冊近くを翻訳してきたわけですが、どんな本を翻訳するときも、気持ちは「釜でごはんを炊く」感じで、実際の進行は「北島選手の200メートル」です。

気持ち→はじめドンドン、なかパッパ、赤子泣いてもフタとるな。ほんと、最初は張り切って始めるんだけれど、なかなか軌道に乗らなくてたいてい中だるみ。半分を過ぎたとたんに勢いがついて、最後は乗って飛ぶように訳してしまって、ミスが出やすくなるので自制する、と。

はかどり具合からいくと、最初はノルマがなかなか達成できず、それに自己嫌悪をおぼえるほどのらくらなんだけれど、ヤバイと思って自分にムチ打つようになると最後の50メートルのターンをしたあとは一気。

いま「赤子泣いても......」と「最後の15メートル」のところです。

そして明日はJリーグ、ガンバは浦和レッズと対戦します。

あ~どきどき。どうかどうか勝てますように! 祈るような気持ちの私をどーんと沈めるニュースが。

G大阪レアンドロとルーカス浦和戦出場微妙

なんでよりにもよって「今」なんだ? 

五月晴れなのにどんよりしそうだったのですが、ふと去年を思い出しました。

去年も今頃浦和と対戦した時には、ガンバは10位。チームはいっこうに勢いが出ず、ヤットと安田を欠いたスターティングメンバーでした。

ぜいたくを言ってはいかんよね。

今年は誰かが欠けても大丈夫なメンツをそろえたはずなんだから、これがチャンスと発奮してほしいな。とくにスタメンを外れている安田とパクと山崎には!

明日はどうか勝ちますように!

nokorou89.gif