浦和レッズ 0-0 ガンバ大阪

MOM:ゴールポスト

よく負けなかった。負けてもおかしくなかった。たぶん負けるとしたら0-1で負けていたし、勝っていたとしても1-0だったろうなあ。そんな感じの試合でした。

実は試合前からあんまり勝てる気がしなかったので、朝から胃が痛くて胃薬を飲みながら観戦w

レアンドロしか(ほぼ)得点していないチームで、レアンドロがいなくなったらどうなっちゃうのか、というのをまざまざと見せつけられましたね。まあ、レアンドロがいた前半もなんだかなー......の展開でしたが、ケガで播戸と交代してからは、もうまったく攻撃の形がつくれず。レア様、長期離脱になったら西野体制、かなーり厳しいことになります。どきどきしちゃってるだろうなあ、にしのん。

浦和はステキパスサッカーを展開していました。「変わらなくちゃ」という思いが結集していましたね。全員がよく動いて、ちゃんとパスをつないで、審判に文句もつけず(フィンケ監督がしっかり記者会見で皮肉たっぷりに審判批判をしていましたが)、ころころ転がらず、スペースを埋め、プレスをかけ......本来ならガンバがやらなくちゃいけないことを、全部やっていました。

とくに原口、山田(直)の2人がキレキレ。それにエジミウソンが絡むとコワイのなんのって。たぶん、ポンテや田中(達)がいないからよけいによさが引き出されていたのではないかと思っていましたが、ポンテがいたらきっと負けていた、という説もあり。でもね、私はポンテがいないからこそ、山田はともかく、原口はいきいき走り回れるんだ、と思って見てました。わからないけれど。

若手がいきいき、はつらつと自信を持って躍動しているのは、たとえ他チームでも気持ちいい。下平はもちろん、大塚や寺田や倉田もなんとか見習ってもらいたいもんです。じゃないと、終わっちゃうよ、自分たちもガンバも。

ところで。

私は闘莉王(字あってる?)があまり好きじゃなくて、イタタタタかなわんなあ、とひそかに思っているのだが、ことサッカーに関しては、今日はあらためて彼のすごさを感じました。ポンテがいなかったからか、試合をつくっていたのは実は彼だったんじゃないか。試合全体の流れを読み、ガンバのどこをつけばいいのかわかっていたのは、彼でした。視野(空間的にも時間的にも)の広さを感じました。若手もすばらしいのは認めるけれど、ただ、経験値のなさからくるものなのか、視野が狭い。だから、今だから言うのはアトダシジャンンケンなのはさておき、山のようにあった浦和のチャンス(つまりガンバのピンチ)のたびに「ま、大丈夫かな」とわりに落ち着いていられたのですが、闘莉王からの正確なフィードと坪井とのCBコンビだけは手ごわかったなあ。

ほかの選手たち全員が(監督までもが)「いいサッカーができた。非常に質の高いゲームだった」と言っているなかで、一人彼だけが「勝てなくてはいくら内容がよくても意味がない」と切り捨てるようなコメントをしているのを読んで、わかっているなあ、と思いました。もしかしたら、彼は生まれ変わろうとしている浦和がはらんでいる「スタイルを変える危機」みたいなものを感じているのかも。

一度成功体験を持ったクラブにしみついた「スタイル」を変えるのは、たいへんなんだなあ。。。。。。

レアンドロの離脱だけでなく、ガンバの将来(今年だけでなく、来年とか再来年とか)にもかなり危機感を持った試合でした。本気で考えなくてはならない時期に来ているのかも。いまのスタイルでいいのか、とか、勝つことと育成とのかねあいとか。

でもね、ガンバはなんとかすると信じてはいるんですがね。

そんなことは私が考えてもどうしようもないので、今日は胃薬を飲んでもう寝よう。