スタメンを見るとJJのかわりに山崎、という点だけは評価できても、ほかは「またこれか!」とがっかり。けれど、ベンチメンバーを見ると、ちょっと気持ちがなごんだ昨晩のガンバでした。

どうしてもどうしても勝ちたいんや~~という気持ちが「悲愴感」まで漂わせてスタジアム中に広がっていました。重苦しいほどに。なので、佐々木が先制点を入れて、武井を投入して逃げ切りをはかりはじめてから、もう私は顔をおおって、指の間から試合を見つめていました。そう、ホラー映画並み。藤ヶ谷がいきなり入ったスイッチが最後まで切れないでいたおかげで助かったようなものの、いや~ディフェンスこわいよ。相変わらずホラーだよ。

さて、zaburouさんの今週の一言です。めずらしく意見が一致していました。

『2連勝!でも、いつまでビッグ4?』

藤ヶ谷◎ 今日は別人のようでしたね。『やられた!』と思ったシーンに、月光仮面のように君が現れた(やられた!と思うと必ずやられるのが君)。motokoさんと久しぶりに意見の一致した今日のMOMです。前半のカウンター、金崎のシュートを防いだことが、久しぶりにワニナレナニワを万博に呼んだ。

安田△ 試合前に大分サポからDF藤田・坪内(大分左サイド)が攻め所と聞いていました。出来は如何でしたでしょうか?・・・・そう!まったく相手DFを崩せてない。ルーカスが戻って来ても、君の右サイドバック先発を願っています。加地が復帰するまでは。

中澤〇 デジカメはセンチューの山田電機で買ったんですね!それはそれとして、2試合連続完封おめでとうございます。この対戦相手の順位を噛み締めて、次の試合にお臨み下さいね。君は守備から入るんじゃなくて、守備に燃え尽きて下さい。ウェズレーを華麗なヒールパスだけに抑えこんだ!

山口〇 二川→武井の交替で、万博のボールボーイにまで西野メッセージが届いた。おっしゃる通り危ないシーンは、たくさんありましたね。今日はタマタマ守り切れたと思う事が正しいかもね。

下平〇 明らかにヘッディングが上達していた。攻撃では、安田よりはマシな味付けクロスを上げていたが、まったく相手脅威にはなっていません(大分サポにも確認済み)。それと、FKでヤットの横に君の立姿がないのは寂しかったです。

橋本〇 不明なラストパスをたくさん放っていたが、決勝ゴールに繋がるヤットへのスルーパスをついに出した。ここの所のガンバ・コンセプト『カウンターを受けにくい速い攻撃』をボランチの位置から実践していた。安田・下平が若武者?サイドバックの時のダブルボランチは、ヤットでは辛いと考える監督の判断は正しかった。One of the Big4。

明神〇 拮抗した試合で、明神→武井(または倉田)交替の時代は永遠に来ないのだろうか?最後ガス欠になって危ないシーンもあったが、ホントにご苦労さまでした。One of the Big4。

二川〇 3回ボールを奪われて、相手カウンターの起点になっていた。でもね、敵陣コーナーで時間稼ぎを観るよりは、トラップから前を向く君を見ている方が楽しい私です。まだ10番ユニはガンバの証でした。One of the Big4。(ジツカワコメント:復帰後さらに、フタのプレイがさかつく実践版に見えてしかたありません。三次元さかつくをやっている感覚なのかなあ。いや、ほめているんですがね、これでも)

遠藤〇 前半は痛く老けこんでいました。後半の決勝ゴールのアシストとFKは、さすがガンバ・ヤットを印象づけましたね。監督が感心するほどは、私は感心しませんてしたが。長い時間ピッチに居られる立場は有利だなと改めて思いました。One of the Big4。(ジツカワコメント:私はがっかりだったなあ。ひさびさに「空回りヤットは効を奏さない」を実感しました。ヤットはやはり「さりげなく熱い」くらいが一番いい。やたらがんばりすぎると、チームの勢いまで飲みこんでしまいます。ただ、空回りができるようになった、という点については、ちょっと評価しようかな。何が何でもヤットにボールを預ける悪癖が減った、ということで)

山崎〇 前半終了まで、ザキゴールを期待していたサポは数えきれないと思います(18時までに3人確認済み)。いい味を出していたと思いますが、立場の問題ですから次のチャンスで頑張って下さい。練りに練った相手3バックに先発2トップをあっさり捨てた朗に、がっかりしました。

レアンドロ△ とにかくシュートが枠に行きませんでした。相手ファウルを審判に主張する前に、ボールを追いかけて下さいね。君がゴールしなくても勝ったことは、嬉しかったです。(ジツカワコメント:レアンドロは「勘違いブラジル人」にならないかぎりすばらしいです。ただ、しょっちゅう勘違いをやらかす。とくにレアンドロの大活躍でリードしたとたん、さぼりはじめます。ルーカスがいると「シメて」くれるのですがね)

佐々木◎ 見事なゴールでした。ガンバでは、マイナスのボールからのゴールは久しぶりです。途中から入ると、君の効果が際立ちます。今日の家長を見ていて、かつてのドリブルが影を潜めていました。君には今日のスペースに走りこむ姿勢と前に進むドリブルをいつまでも忘れないでほしいな。(ジツカワコメント:なんでヒーローインタビューで疲労困憊、というか、ぼそぼそしているの? ガンバ(というか西野)の鉄則をなぞったのでしょうか? はしゃぐヒーローインタビューは落ち目になる、という)

武井〇 匠に叱られていました(汗)。それ以外に何をしたか記憶にありませんが、逃げ切ったことだけで○です。君が出る時は、ガンバがリードしている場面ですからね。監督が明神→武井の交替カードが切れるまで、もっともっと精進願います。みんなDVDが出るのを期待しています。

以上、今週の一言でした。

以下、ちょっと戯言です。

昨晩、18時KOのFC東京VS広島を前半だけ見ました。このカードは、もしかすると今のJリーグで一番おもしろい試合が見られるのじゃないかとものすごく期待していました。(もう今年のガンバに「おもしろい試合」は期待していない、というのもあるし)

で、結論からいうと、前半を見る限り、つまらなかった。前半からカウンターの応酬で、中盤があいてしまう。パスや仕掛けのおもしろさがない。試合の緩急がつかない。なんというか、大味。とくに期待していた石川と梶山と長友と柏木には、おいおい、と思わずつぶやいてしまうプレイが多かったです。両方とも若いチームだから、試合ごとの出来不出来があるのかなぁ。用事がなかったら、スタジアムに行きたい、と思っていたくらいのカードだったのですが、行かなくて正解だったかも。

両チームとも運動量を要求するサッカーだから、夏場はきついのかもしれません。それを考えると、秋冬制もありなのかなあ、とちらっと頭をかすめました。