浦和レッズ 2-1 ガンバ大阪

得点者:梅崎、エスクデロ(浦和)、大塚(ガンバ)

試合後のガンバの選手たちのコメント

「前半から、あれだけミスをしたら攻めることはできない。守備のところも軽かったし、全体的に緩くて、ふわっとした感じで試合に入ってしまっていた。今日は浦和の意識も高く、切り替えとか、セカンドボールの対応のところでも明らかに浦和の方が統一されていた。」(MF武井)

「試合は生き物でトーナメントは勢いがそのまま出る。ボールへの気持ちを出した方がそれが勢いになっていく。なんとか結果を出したかったけど、今日はその部分で浦和が上だったということ。」(DF山口)

「相手の方が気持ち的に入っていたように思うし、動けていたし、うちはセカンドボールも全然拾えなかったし、そこで差が出た」(MF二川)

もちろん気持ち以外の部分の話もしているのですが、選手たち自身も「気持ちで負けていた」と認めているわけです。それは私もそうでした。今だから打ち明けると、私はナビスコ杯の試合にガンバが出場することさえ、つい2週間前までころっと忘れていて、同志に指摘されて「ああ、そうなの? で、いつですか?」と聞いてからスケジュール表に書き入れる始末。気持ちが入っていないよね。そういうサポがいるところには、タイトルは来ないんだな、と埼玉スタジアムで久しぶりにWe are REDSを聞きながら思いましたよ。

ガンバ自身もどれくらいこのナビスコカップにかけていたのだろうか、とちょっと疑問です。遠藤、イグノ、加地がいないなかで、直前に明神さんまで離脱。今年3分くらいしか公式戦に出ていない怪我明けの橋本を90分間出場させ、加地のポジションに高木をあてる、というかなーり無謀な策で始まった準々決勝となる第一戦、VS磐田戦。このときにはTVが見られない同志に実況メールを送っていたのですが、前半始まって30分後に「ガンバ、ナビスコ杯を獲る気なし。カップがかすんでいます」と送ったほど、ぐでぐでの内容でした。そこをなんとか二川の超人プレイでしのいで準決勝進出。昨日は予定があったのを無理やり代わってもらって埼玉スタジアムに駆け付けたのですが、そこで見たのは磐田戦前半のぐでぐでを90分やり続けたガンバさんでした。

あんな酷い試合後ですからネガろうと思えばいくらでもネガれるのだけれど、そこはそれ、ポジティブシンキング(死語)の私です。これで気持ちを入れ直すことができるのであれば、いい薬になったのではないか、と思うことにします。明神キャプテンがシーズンの抱負を聞かれると、決まって「リーグ優勝」をあげます。ACL、ナビスコ、天皇杯というほかのタイトルはもう獲ったけれど、明神キャプテンはまだリーグタイトルを獲っていない。モチベーションはほかのタイトルに比べるとはるかに高いということは想像がつきますね。今シーズン、残されたタイトルはリーグと天皇杯しかない。気持ちを切り替えましょう!(自分に言い聞かせている)

鹿島は別にして、やはり予選リーグを苦労して勝ち抜いてきたところこそ決勝の舞台に立つのにふさわしく、ACLでぽろっと負けておいたうえに決勝トーナメントから出場して「3回勝ったら賞金1億円。おいしい」とか言っているチームには、やはり勝利の女神はほほえんでくれません。武井選手が言うように、昨日の私は「ふわっとした気持ち」で試合を見始めました。5分もたたないうちに「ああ、今日はもうダメだな」とわかっちゃいましたよ。チームも自分も、最後まで乗り切れなかった。盛り上がったのは、高木→大塚の交代と、大塚のロスタイムのきれいな一発だけでした。翔平は技術もセンスも十分にあると思いましたよ。っていうか、去年から成長したよね。来季はぜひスタメンで出場できる実力を見せつけてほしいです。当然、水曜日の天皇杯はスタメンです。