気がつくと7月1日から更新が止まっていました。はー、すみませんってあやまるほどのことではありませんが。 その間、1冊入稿し、米子に取材に行き、大阪にも取材に行き、試合も見たし、そのほか相変わらずの日常生活を送っておりました。 入稿した本はオリーブオイルについての本です。 "Extra Virginity The Sublime and Scandalous World of Olive Oil" Tom Muller オリーブオイルは健康にいい、それはなぜか? とか、オリーブオイルにまつわる逸話なども紹介はされていますが、この本の最大のテーマは「オリーブオイル業界がいかに偽装にまみれているか」という話です。訳しながら、もう驚くことやら腹が立つことがいっぱいでありましたが、同時にオリーブオイルの良さ、それだけでなく「本当においしくて身体にいいものを食べることのたいせつさ」を痛感しました。訳しながら「本物のエキストラバージン・オリーブオイル」を探し求めましたよ。本物を知ると、たしかにスーパーで1000円以下で売られているオリーブオイルのまずさがわかって食べられなくなりました。 翻訳の参考にするために「食の終焉」(ポール・ロバーツ著 ダイヤモンド社)を読んだのですが、この本も食のサプライチェーンがグローバル化によってゆがんでしまい、貧しい人、富める人関係なく、消費者は食の危機に瀕している、というノンフィクションで、読みながらぞーっとしました。 もともと食には関心が強いので、食にまつわるノンフィクションを読みながら「これでは土改良から始めて自分で作物を育てるしかないのではないか」とまで追いつめられた気持ちになってしまうのですが、そこまでやる時間も技能もまったくない現状としては、最低限「よく見極めて食材を購入する」「有機だの無農薬だの遺伝子組み換えなしだのという表示は一度疑ってかかる」「身体にいい、という情報にまどわされない(油脂は肥満の原因、健康に悪い、という「いい加減情報」に振り回されて、アメリカではかえって肥満が急増した)」「何事もほどほどを心がける」と心がけています。 米子には、今取材を進めているイランのトピックスの関係で、取材対象者であるダリア・アナビアンさんのおじいさまであるラヒム・アナビアンさんが生涯をかけてコレクションしていたペルシャ更紗のコレクションがおさめられているアジア博物館を見学に行きました。 一部、コレクションは見せていただいていたし、写真集も一通り見ていたのですが、実際にカシミアを使って、イランの植物や鉱物で染められて、精緻に織られ、刺繍された更紗を見ると、しばらく言葉を失うほどの感動がありました。ガラス越しの写真ではあまりわかっていただけないかもしれませんが、一部紹介します。 th_DSC01892.jpg このペルシャ更紗がイギリスに伝わって、かの地の産業革命を促した、とされています。勾玉の柄はペイズリーと呼ばれていますが、それは昔からこの地で織られてきた柄をペイズリーがまねてつくったことからそちらの名前が通称になった、とか。織物の繊細さもですが、彩りの華やかさにも目を奪われます。しかし、わざわざ米子まで来て、なんの説明もなく見させられても「ああきれいね」で終わってしまう。革命をかいくぐってなんとか残ったこのコレクションをいろいろな方に鑑賞していただきたいな、と心から思いました。 米子は日本一人口が少ない町だそうで、2時間かけてほぼ一周しても、人がいるのは高島屋などのデパートでちらほら、という程度。繁華街と言われる通りも4分の3の店のシャッターがおりていました。地方の低迷以上に、東京の一極集中に危機感すら覚えます。 天気が今ひとつではありましたが、中世の頃からの町並みが残っている掘り割りの通りを歩くのはそれなりに風情があって楽しいものでした。人にまったく会わないのにはまいったけれど(道を聞こうにも人がいない)。途中で出会った猫まで、声をかけるひまもなくそそくさと小走りに消えていきました。 th_DSC01946.jpg 帰りに観光の目玉、とも言える安来の足立美術館(庭園が有名)に行き、ようやく人の気配を感じてほっとするも、その行き帰りはけっして便利ではなく、1時間に1、2本のJRと、バスを乗り継いでいかねばなりません。バスの中からはいわゆる「里山」が広がり、それはそれで美しかったのですが、ここで暮らす人たちを「豊かな自然に恵まれた」というべきなのか、それとも「不便」とするのか、迷うところでした。食のサプライチェーンについて考えるうえで、地方と都市との関係を「是正」することなしには前に進まないような気がします。 th_DSC01980.jpg 最後に、飛行機に乗る前に運転手さんが「水木しげるさんの名所を案内してあげる」と言い、素直に従ったらゲゲゲの鬼太郎の衣装を着せられて、あちこちで写真を撮られまくりましたw 空港の鬼太郎の前で3枚撮影されてようやく解放。あたたかな心遣いに感謝です。 th_DSC02031.jpg
半月、わりに充実した日々を過ごしていましたが(ただ一つをのぞいては)、いきなりの猛暑に今日はややばて気味です。みなさんも、どうぞ体調にはお気をつけて。