書道の合宿に行っておりましたので、やっとオンデマンド観戦。 あらためて思ったこと3つ。 1つ。フタはやっぱりうまいなあ。ポジショニング、走りとキックの緩急のつけ方、フェイントの入れ方、ボールコントロール、どれをとってもうまい! ファンタジフタとはほんとによく言ったもんだわ。これでシュートがもっと決まればなあ。 2つ。今野がいるからこそ、ヤットが生きて、家長が身体をはれる。今野ボランチ、代表ではともかく、ガンバではもう締めのポイントになっています。家長がキープできるのも、今野が後ろにいるからこそ(ボールを取られてもカバーがしっかりある) 3つ。My 倉田はすでにチームの核であること。うれしいなあ。 今野選手は「まだまだ。決めるべきところで決めないと、自分たちでゲームをむずかしくしてしまう」と言っているけれど、私には進化の方向性みたいなものは見えてきたように思えます。勝てたしね。後半はちょっと失速したけれど、試合自体はスカッとした内容だったんじゃないでしょうか? 1−0で完封なんて、どうも2年くらい前からないそうですよ。 ハラハラせずに、もっとスカッと余裕のある勝ち方をするためには、あと一歩とは言わず、半歩頑張ればいいような気がします。平井だけはあと100歩な。