再開。9月25日 旅行6日目 今回の旅のハイライト、モロッコの、というよりアフリカ大陸への北東玄関口、 現地の方に言わせるとInternational city タンジェでの1日です。 緑豊かな庭を眺めながら、アート作品に囲まれたリビングでゆったりと朝食。濃厚なヨーグルトが美味でした。 レセプションの男の子(イケメンという私の意見には反対が多かったが、親切でいい子でした)に、ガイドをお願いしたい、英語の話せる人を、と頼んだところ、さっそく手配してくれました。オマルさん、4人の娘のパパ、前のめりで私たちの3倍のスピードでたったか歩き「キーッ」という急ブレーキをかけていきなり立ち止まり早口の英語で案内をする、そんな人。タンジェのガイドは怪しい人が多い、という中で怪しさ度5(MAX10)くらい。5人で半日、昼ご飯まで案内して、ホテルに連れ帰って30ユーロと言われ、「まあ、そんなもんか」という意見で手を打ちました。 が、後で娘がネットで調べたところ、半日10ユーロが相場だったらしい。土産物屋には行かない、と前もって言っておいたのですが、結局5軒も連れて行かれて、かなり買いました。キックバックはどれくらいだったのかしら? オマルさんと薬屋さん。私はしっかりアルガンオイルのクリーム等等を買いましたよ。 th_DSC05134.jpg タンジェは国際都市、というふれこみですが、小さな町です。フランス広場とパスツール通りを中心にした新市街と、メディナ(アラブの言葉で居住区)という城壁に囲まれた旧市街を全部歩いてまわっても半日かかりません。まずはホテルすぐそばのメンドゥーピア公園(ユダヤ人の墓地があったが「もう中身は海のそばにつくった墓地に移転してない」とのこと)を抜けてグランソッコへ。グランソッコの周囲にはCafe de Parisなんていうフランス風カフェがあり、その横の路地からメディナの市場へと入っていけます。内容はわからないのですが、どうやらムスリム社会をヨーロッパ感覚で描いた映画を上映する映画館もあったりして、独特の雰囲気です。 th_DSC05003.jpg th_DSC05005.jpg メディナの市場は食料、日用品、衣料品、ドラッグストア、など種々雑多なものが大小取り混ぜた商店で販売されていて、その物量、におい、喧噪、どれも圧倒される勢いがあります。特に私たちが滞在したときに、国王ムハンマド6世(とても尊敬されているとか)と大統領がタンジェを訪問する日程と重なったとかで、軍隊と警察が通りのあちこちに立っていました。また「マーケットの日」(オマルさんいわく)だとかで、民族衣装をつけたベルベル族の女性たちがあちこちで露天を出し、羊(ヤギ?)の乳でつくったミルクやカード、土産物の小物や薬草の露天を出していて、にぎやかなことこの上もありません。上から肉屋、八百屋、ベルベルの女性たちが露天で売っていたカードと薬草。 th_DSC05009.jpg th_DSC05014.jpg th_DSC05016.jpg th_DSC05017.jpg 人をかきわけながら、容赦ない早足のオマルさんの後を私たちは追いかけます。 th_DSC05022.jpg 途中でオマルさんの三女、13歳とその同級生たちに偶然遭遇。全員がフランス式の頬にキスする挨拶を私たちと交わして記念撮影。みんなまだベールをかぶっていないし、おしゃれもしてかわいい! 最後に娘さんがちゃっかりオマルさんからお小遣い100ディルハム(10ユーロくらい)をせしめていました。 th_RIMG7654.jpg メディナの中心とされるプチソッコ(小さな広場)を突き抜けて、急勾配の坂を登りつめると、そこがカスバです。カスバとは要塞。今はプチホテルと博物館になっているとか。ホテルと言っても、前はかなりの急坂で、車が入らない城塞の中。荷物はどうやって運ぶんだろう、とか言いながら、メディナ内の居住区の細い路地をおりていきました。 th_DSC05040.jpg 居住区の住居はどれも狭隘な印象。「90%の住宅には水道がひいてあるけれど、水道代が払えない人たちは昔の水汲み場だったここで水を汲んでいる」とオマルさんが教えてくれました。広場周辺にはおしゃれなプチホテルなんかもあったりして、「ファティマの手」というアラブ(ユダヤでも見たことがある)の魔除けの飾り物がたくさん飾ってあります。その下には「猫がいます」の表示も。 th_DSC05029.jpg th_DSC05036.jpg 途中に何軒かあるパン焼き所。かまどがあって、家で仕込んだパン種や、モロッカンサラダにするための野菜を焼いてくれます。オマルさんが買ってくれた焼きたてパンを試食しました。おいしい!!! ホテルやレストランで食べると固くて今ひとつだったのですが、焼きたては香ばしく、やわらかく、弾力があって美味でした。パン屋さんと焼きたてパン試食中のご一行。 th_DSC05062.jpg th_RIMG7734.jpg 午後1時、ちょうど下校時間で子供たちが大勢制服姿で帰宅途中。娘が「写真を撮らせて」と声をかけたら、ワルガキどもになつかれ(?)襲われました(笑) th_RIMG7747.jpg 絨毯屋、アクセサリーショップ、民族衣装屋、モロッコスリッパ屋などなど回って、メディナ内にある外国人向けレストランで昼食。パイ皮に挽肉を包んだものがおいしかったかな。 th_DSC05145.jpg ホテル前3メートルのところで、またオマルさんが立ち止まり、チップをくれくれくれ、と懇願。そういうこともあろうかと、私たちは朝、30ユーロだぞ、という誓約書(?)を取り交わしていたので、それを見せてきっちり30ユーロを払ってバイバイしました。 朝9時過ぎから午後3時まで、だいたいポイントはめぐってくれたし、まあ楽しんだので30ユーロはいい、でも、チップまではね、というのが私たちの結論でした。 その後、新市街に買物に出て、夜はフレンチのすてきなディナーを楽しんだのですが、それはタンジェ後編で。