クラブワーストのシュート1本に終わった仙台戦から7人もメンバーを替えてきたばかりか、ベンチには小川、内田裕の新人に加えて、まだ2種登録の高校生、井手口まで入れるという大胆なメンバー構成にしてきた長谷川監督。メンバー表を見て、同志のざぶろうさんは一言。「ナビスコ、捨てとるなあ」。いやいや、この試合がうまくいけば、健太さんならきっとリーグでもメンバーを替えてくるはずですよ、と私。 で、そのスターティングメンバーは     リンス  佐藤 二川           阿部      今野  明神 オジェソク 丹羽 西野 米倉       東口 ワクワクしましたね。実はこの日は出張で関西。試合に間に合うかハラハラしたのですが、なんとか1時間前に終わって電車に飛び乗り、メールを開いたらこのメンツ! 思わず小さなガッツポーズをしてしまいましたよ。1日のハードな仕事の疲れが、メンツを見ただけで飛んでいくって、私、どんだけ「新しい」ガンバに期待してるねん! さて、試合。 リーグでシュートが打てなかった反省からか、FWをはじめみんなでとにかくアタッキングサードまでボールを運んでシュートで終わろう、という意識が強く、そのかいあって開始10分もしないうちにファーストシュートをリンスが打ちました。その後、神戸に押し込まれる時間帯もありましたが、どちらも決定的な場面はあまりないまま前半終了。 ハーフタイムにはゆうみパパさんにご挨拶をし、J2上がりですからこんなもんですよ、という慰めとも自虐ともつかない言葉をかけていただきました。ゆうみパパさん、またお会いしましょう! で、後半開始まもなくリンスのスーパーゴール! ほんとにきれいな弾道を描いてゴール片隅に決まりましたね。リンス、ボールを持ち過ぎないでスパーッと打ったほうが決まるみたい。 それから10分もしないうちに、リンスからのこぼれ球を佐藤がこれまたスパーッとスーパーゴール。あああ、気持ちよかった。 フタやリンスの「そこは決めろよ」という決定的な場面もあり、阿部ちゃんの気持ちの入ったシュートあり、後半はかなりガンバが押し込んで楽しい時間でした。 この勝利でガンバが得たものは大きい。 ①FWにゴールが生まれた。リンスと佐藤はかなりほっとしたと思います。ケチャップのフタが開いた、と考えたいなあ。これからドバドバ点を決めちゃってください。 ②お久しぶりの明神さんが、全盛期の明神さんに近いことを確認。そして明神さんがボール刈りしてくれるおかげで、今野が前を向いて積極的なプレイをするようになりました。リンスの得点は前線にあがった今野がスローインを頭でそらして落としたところから生まれたし、佐藤の得点は今野が中盤で奪ってリンスに出したボールがこぼれたことで生まれました。 ③リンス、明神ばかりでなく、米倉、オ、西野、そして阿部という、TM常連みたいな準レギュラークラスのクオリティが早い段階で確かめられたのは、大きな収穫です。というか、ヤットさんがいなければいないなりの戦い方ができることがJ1でも確かめられたのはほんとうれしい。 さてさて、明日はもうJ1王者、広島との戦いです。 胸を借りるつもりで、地道に謙虚にジャイアントキリングしましょう!