長く一つのチーム、一つのリーグ、一つのスポーツを追いかけていると「ああ、ここがターニングポイント」という試合があることに気づきます。1年ほど過ぎてから「あそこだったな」と思うこともあれば、試合観戦中に思うこともある。そして今日のVS広島戦は、ガンバ大阪にとって一つのターニングポイントとなった試合だったな、と私は今振り返って思っています。 ホームで勝てなかったのに、引き分けだったのに......という意見はあるでしょうが、この試合は3つの意味でガンバ大阪の2014年シーズンを占う上で大きいものだったと思います。 1つは、J1王者に引かない試合をしたこと。 正直、浦和、新潟、仙台とリーグ戦では「私らJ2あがりですけん、守りから入らせてもらいますわ。攻撃? いやいやそんな恐れ多いこと、J1様をお相手するにあたってとても畏れ多くて」という試合運びだったのですが、ナビスコの神戸戦で自信をつけたのか、「やれることはやらせてもらいますわ」という思い切った試合運びでした。まだまだ稚拙で、連動したスムーズな攻撃とはいきませんでしたが、それでもまずは奪ってからショートカウンターを徹底してやっていて、特に前半は小気味よい試合運びでした。「受けに回らないで、自分から動く」ということを、今年初めてキックオフ直後からやった、という意味で(ナビスコでもやってましたがえ、リーグ戦では初ということで)ターニングポイントでした。 2つ目。ヤットに全面依存する姿勢がはっきり薄れたこと。 そのことでヤット自身も、楽にプレイできているように見えたのですが気のせいかな.そもそもヤットのFW起用は、健太監督の「苦肉の策」ってところがあります。ヤットが入ることによりチームは大きく変わる、よい方向にも悪い方向にも。ヤット依存症が高いときには、ヤットがよければチームはヤットがタクトをふるうままに躍動するが、ヤットの調子が悪いとあっという間にずるずると......。ボランチにヤットがいることにより、その依存度はますます高まり、チームはヤット次第ということになる。でも、ヤットの力は絶大なので、是非チームにいかしたい。そうなると、彼の最適ポジションは? ということで、FWになったのではないでしょうか? そして、ヤットがFWになることで、彼の守備が軽減されるだけでなく、依存度も下がり、失点のリスクも低くなる。 それがリンスを得ることで機能する、ということが証明できたのがこの広島戦だった、と私には思えます。 3つ目。健太監督のメンツの組み方に、ますます柔軟性が見られるようになったこと。 ナビスコを若手と1.5軍構成にしたのはスタメンの疲れを考慮したものと思われますが、そこで活躍した阿部、明神、リンスをスタメン起用し、これまでずっとスタメンだった佐藤を途中起用するという思い切った采配をしてきました。 今はいろいろ試しているんだろうな、と思われますが、たぶんこの広島戦で「もっと柔軟に考えていいんだな」と思われたのではないか。 シーズンが終わったとき、きっと「ああ、広島戦がターニングポイントだったね」と笑顔で頷きあえる、そんな気がしています。