実は今、仕事がめっちゃ忙しい。朝9時から夜9時まで座っております、PCの前。 午後5時過ぎに同志からメール。ブブブーというバイブが鳴ったのでスマホのところまで行くと「驚きの高木先発!」 ええええーーーーー!!! あわててスタメンを確認。そしたら内田裕斗がスタメンなばかりか、サブに嫁阪や市丸も入っているではありませんか! もちろん小川もサブに。 なので、いったん原稿制作を置き、7時から試合観戦することに。 「なーに、若手中心なんだから(なんせ倉田がキャプテンだから)思いっきりやってくれたら勝敗は問わないよ」とか心で思っているのに、ドキドキしながら見守りました。 普段からずーっと試合を一緒にしているメンバーではないので、最初はなんだか連携はぎごちない。なかなかシュートにも持っていけない。 でも全員がとてもいい顔をして、そしてめちゃくちゃ走る走る。特に倉田。前半はまあみんなと同じくらいだったが、後半のロスタイムまで走る走る。その走りが1点目のアシスト(一応アシストに換算)につながったし、なんとかしようという意図が伝わってきてとても気持ちよかった。 高木はあまり絡めなくて少しほろ苦いデビューだったかもしれないが、井出口はある程度手応えのあるプロデビューだったのではないでしょうか。ところで井出口選手、インタビューのときにはもう少し落ち着いて笑顔でお願いしますね。 倉田のシュートのこぼれ球を大森が押し込んでガンバが先制。一気に流れはガンバに来て、以後は若い選手たちが落ち着いてプレイするようになり、特に内田裕斗がいい感じにクロスを上げていました。いいねいいね! そして後半から投入された小川が、フタからのクロスに飛び込んで2点目。おばさんはうるっときましたよ。小川、もしかすると大化けするかもー。おばさんは予感がします。 ながーい間勝てなかった鳥栖に、若手が2−0の完封勝利。 河田もよかったねー。安心して見ていられました。正也も西野も落ち着いてやっていたし、オジェソクの異様ながんばりもとてもよかった。 よかったづくしのナビスコ杯でした。 この勢いを必ずJリーグにもつなげてね、健太監督!