IMG_1482
(今年、一番印象に残った光景。スウェーデン、ウステルスンドで午後10時過ぎに沈んでいく太陽です。強烈な光を残しながらあっという間に沈んでいってしまうその太陽に、なんだか人の最期を重ねてしまいました)

還暦を迎えた今年、何となく社交儀礼のように口に出していた3つの言葉に、重みがぐっと加わったような気がしています。
「お世話になりました」
「ご面倒をおかけします」
「どうぞよろしくお願いいたします」
 それまでは特に意識することなく口に出していたのですが、最近は心から「本当にありがとう」「本当に申し訳ない」「本当によろしく」という気持ちをこめて出すようになりました。
私はみんなのお世話になって生きている。
私はみんなに面倒をかけながら生きている。
私のことをみんなに気にかけてくれることに、とても感謝している。
そういう気持ち。
儀礼的な言葉が、儀礼でなく口から出てくるようになった2014年でした。 
いろいろなことがあって、いろいろなことをやって、いろいろな人に出会って、いろいろな思いを味わった今年一年。
そんな「いろいろ」な人々、事柄に、心から感謝したいと思っています。

皆様にとって、2014年がたくさんの思い出がつまった一年であったことを祈ります。いい思い出はもちろん、悔しかったり、苦かったりした思いも、もがいたりスルーしたりするうちに、きっといつか「よい思い出」に変わるはず。どんな思い出であっても、後になって思い出すことがたくさんあることが幸せ、なんだと私は思います。 

皆様、今年も一年、グラマラスライフを訪れてくださってありがとうございました。
また来年も、たくさん笑って、たくさん泣いて、たくさんがんばれる一年でありますよう!!