Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

2012年05月

えーっと、ちょっと照れくさくて報告しそびれていましたが、長女が結婚しました。

おめでとうございます、ありがとうございます。

「ずっと一緒にいたい人がいる」と言ってきたのが1年半前。その後、順調におつきあいが進み、家族もふくめてとても自然な気持ちと形で結婚まで到りました。

娘が新しく家庭を持つ、というのはどういう気持ちなのだろうか、と以前から想像していたのですが、予想していた歓喜とか一抹の寂しさとか以上に、今、私の胸の中にあるのは「穏やかであたたかな気持ち」です。なんていうかね、ひたひたとあたたかいものが満ちてくる、そんな感じ。娘に対しては、心から一緒にいたいと思える人と一緒になれて本当によかったね、と思うし、彼については、娘を大事にしてくれてほんとにありがとう、という気持ちです。

新婚生活は楽しそうです。彼が料理に興味があって、娘の帰りが遅いときには豪華ごはんをつくって待っていてくれるのだとか。メニューを聞くと「え! そんなものもつくれるの?」と私がびっくりするほど手が込んでいます。二人で家具を探したり、生活用品を買いそろえたりするときの話を聞いていると、まさにザ新婚。(ママの書道作品を壁にかけたいから書いてね、と頼まれました。うれしいなあ)一緒に働き、一緒に生活する、というライフスタイルが娘たち世代ではごく自然に根付いているのかな、とちょっとうらやましい。

これまで他人の結婚のときには、「末永く幸せに」という祝辞が単なる社交辞令にしか聞こえなかったのですが、娘たち二人を前にして、出てくる言葉は「どうか末永く幸せに」しかありませんでした。どうか、二人で仲良く、元気に、末永く幸せになってほしい、と願っています。

 すみません、当日は締切と重なって現地に行けませんでした。負けたんだから文句の一つも言わなくちゃいけないのだろうけれど、私が言えるのはただ一つ。

 応援してるよ。本気でね。たぶん、タイトルとってきたこれまでとはちがう気持ちで応援している。

 

 目標が「絶対残留」になってしまったけれど、それでも応援してる。呪文のように唱えている。このチームを応援しなくて、サポなんて言えないのよねって。

 もし今年残留できたら、松波さんは(今日は3戦全敗後にも"さん"づけ)「名将」に一歩近づくような気がします。だってね、フロントの大失態で連れてきたろくにキャンプもやれないような前監督のしりぬぐいをした挙句、必死にチームをつくり直しているんだからね。今のガンバのJリーグでの17位という降格の位置は別にふしぎじゃない。10年も任せていた監督を無理やり代えて、功労者たちをばしばし切って、連れてきた監督がまったくの無能で(予想は十分についたはず)、機能不全に陥ってしまったのをなんとか立て直そうとしているのだから、そう簡単にはいきませんって。

 がまんがまんがまんがまんがまん(考えてみりゃ、もしかするとこの事態はまんが?)

 

物書きなんて仕事はどうしても運動不足になります。意識的に身体を動かさないと、何時間も同じ姿勢で固まっていることもしばしば。仕事が押してくると、3日間、一歩も外に出ない、なんてことまであったりして。3年前には頸椎がおかしくなって3ヵ月くらい手がしびれていたし、去年はいきなり運動したら腰痛を発症し、身動きがとれなかったことがあるので深く反省し、できるだけおだやかに歩くことにしています。ウォーキングってやつですね。年寄りくさいけれど、歩くくらいが結局は身体のためにはいいみたい。(そう言いながら、たまに夜中に発作的に走っているのだけれど) とはいっても、用事がなければただ歩くだけは(アホらしくて)なかなかできないので、目的があって外出するときには、電車に乗らずに歩く、というのを1週間に最低2回はやっています。駅にしてだいたい3つ。時間にして1時間。 先日、用事兼ウォーキングで歩いていたとき、すてきな場所を通り抜けました。八重桜の花吹雪と、しだれ桜の新芽が見事なコントラスト。土手には白い花が一面に咲いていて、これ、ほんとに都心ですか?の気分。バギーを押して散歩をしている人たちと何人もすれちがいましたが、赤ちゃんもごきげんでした。 お散歩には絶好の季節ですね。こういう気持ちよい気候が続かないのが残念。 th_IMG_1311.jpg

フランス人留学生がホームステイしていたり、書道展の締め切りが迫っていたり、仕事が押せ押せになっていたり、で、GWとはとても思えない忙しさです。朝6時30分起床じゃないと一日の予定がクリアできません。計画ばっちりで、めいっぱい働いております。身体と頭が動くっていうのは気持ちがいい。昨年は一年間、気持ちははやってもなかなか身体がついていかずにすぐ故障していましたが、今年はまあまあって感じで動けています。 ごはんもわりにまじめにつくっています。最近のヒットは「スイスダイアモンドのソテーパン」です! ダイヤモンド入りの素材でコーティングしてあるんですのよ、ほほほ。友人に教えてもらって、自分んチのと、娘たち夫婦のところと1本ずつ買いました。 焦げ付かないとか手入れが簡単とか、だけではなく、とにかくおいしくきれいにできる。我が家は野菜をよく食べるのですが、キャベツでもさやえんどうでも、色が変わらず、というか、色鮮やかにできあがります。しかも早いし! ただ、難点は重い。中身が入っている持ち上がりません。腕の力をつけるしかない。丹田に力を入れて、えいやーっと持ち上げております。 その「超豪華ソテーパン」でパンを焼いたところの画像をアップします。 th_IMG_1326.jpg

↑このページのトップヘ