Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

2016年04月

上海上港戦以後、もうガンバのことを見たくない、聞きたくない、考えたくない、というくらい落ち込んでいたのですが、今日は久々の勝利だったのでちょっと持ち直しました。
こんな試合だったよね、というお話は現地観戦でないので行った方にお任せするとして、画面から感じたことを一つだけ。
「中盤がすっかすっかなんですけれど、どうして?」
シーズン始まってからずーっと気になっているのですが、攻撃のときも守備のときもハーフウェイラインから前も後ろも何メートルか青黒(もしくは白)ユニがいなくて、相手チームばっかりなんですけれど。
原因は、恐らくディフェンスラインが下がりすぎるのと、選手同士の距離のバランスがとってもよくないからだと思われます。
今日は得点後からずっと中盤すっかすっかすっかっかっか。仙台の山吹ユニがピッチの真ん中当たりを 占拠している時間の長いこと。得点こそPKの1点のみでしたが、少なくとも中盤では仙台のほうが「パスをつなぐサッカー」をやっていましたよね。
勝った後なのに言いたくはないが、これじゃな〜〜〜危機感が消えません。いや、ますますもって危機感がつのります。
 今のガンバはリズムを失っているように思えます。
どうやってリズムを見出すのか。
リズムをつけるのが得意で、それを仕事にしていたヤットさんの復活を祈るのか。
それとも、あらたなガンバのリズムで、タクトをふるう誰かに期待するのか。
後者でいかねばならないのでしょうが、どちらにしても時間がかかりますね。 

あと1時間でACL vs上海上港戦が始まるというのに、今更ながら先日の横浜戦について。
見ながら私が感じていたのは「あああ、今、ガンバの1つの時代が終わろうとしているな」ということでした。1つの時代=遠藤保仁が引っ張って来た時代、です。
今シーズンが始まったときから感じていたこtなのだけれど、ヤットさんにおんぶに抱っこで引っ張っていってもらう時代はもう終わりにしないといけないのですよね。本来ならば、J2に降格したときにやっておくべきことでした。ヤットさんへの依存度をさげる、ヤットさんのつぎの時代を担う選手たちを育てる、ということを。
遠藤保仁は希有なサッカー選手であり、その人がガンバを引っ張って来てくれたことに感謝の言葉もないのだけれど、そろそろ次のスタイルを作っていかねばならない時期に来ているはずです。
それができていないまま2016年シーズンが始まったことに、私は危機感を強く感じています。
後出しジャンケンになってはいけないから、今、言っておきたい。
次の時代への移行期をどう乗り切るか。
今シーズンはガンバにとって正念場、なのだと思います。
クラブもチームも、監督も選手も、そしてサポーターも危機感を持たなければ今シーズンは乗り切れない。
新スタで浮かれているだけでは、危ういです。
 
さて、上海上港戦。
瀬戸際のガンバを、全員で踏ん張って前に進ませなければ。 

土曜日のvs横浜Fマリノス戦については、今、ちょっと触れたくも触れられたくもないので、別エントリーで書きます。水曜日のACLまでに。
今日、書きたいのは今世界を揺るがしている「移民問題」について。もっと言えば、自分たちとは異なるものについて「無視」していてはいけない。それが今の世界なのだ、ということに気づかせてくれる映画についてです。
「扉をたたく人」(2010年制作。クリックしていただくと予告編が出ます)は、私がこの数年で最も心を揺さぶられた映画の一つです。
images

妻に先立たれて生きる気力をなくしていた老年の大学教授が、シリアからやってきた不法移民の青年に出会い、彼から「ジャンベ」というアフリカの打楽器のたたき方を教わる。彼のおかげで老教授は久しぶりに閉ざしていた心の扉を開くのですが、青年が逮捕され、不法移民として収監され、老教授の奮闘もむなしく強制送還されてしまう……ざっくりあらすじを書くとこうなります。
現代は"The Visitor"。訪問者、ですが、日本版の題名「扉をたたく人」が映画の趣旨を伝えていて秀逸だと思いました。
普通に暮らしていれば接点がなかったはずの2人が出会い、青年は老年教授の心の扉をたたく。教授がそれに応えたことで、教授自身の気持ちも、そして青年の周囲も動き出します。結末は哀しいし、シリアのその後を知るとよけいにその救いのなさが胸に迫ります。
「普通に暮らしていれば接点がない」という異文化の人たちと、否応なく接点を持たねばならないのが「グローバル化」された今の世界です。
欧州のテロ事件、ISの問題、難民受け入れ問題、移民問題、どれも「私には関係ないから」と無視してはいられないはずなのに、あえてふれないようにして避け続ける。それができなくなったとき、つまり自分の身にその問題が直接的にふりかかったとき、異質な人たちへの反感、憎悪が広がってしまうのではないか。
今、扉はたたかれています。「普通に暮らしている」はずの私たちにだって、異文化の人たちがたたく音は聞こえているはず。
それにどのように応えるのか?
その前に、その音にちゃんと耳を傾けているだろうか?
応えることで自分が大きく変わり、世界の見方が変わるはず。でも、「無視」という冷たい反応が一番重いしこりを残してしまう。この映画はたたく音に応えることの一つの例を示している、と思います。
俳優たちもすばらしい! 
機会があればぜひ、とおすすめしたいです。 

↑このページのトップヘ