明日の柏戦はもう不安しかないので、逃避の別トピックです。
先日、娘から「ママは何歳まで生きようと一生ゲーム(注:死語かもしれないけれど電子ゲームって類です)はやらないだろうね」 と言われました。
うーん、前はマリオもポケモンもやっていたことがあるし、ヒマになればテトリスをやっていた時期もありました。が、基本的には関心がないし、好きではない。仕事以外では液晶画面は見たくない、と思うようになっている今日この頃、体力的にももうゲームは無理だな。
というところで、考えてみました。
これからどんなにヒマになっても、私がやらないであろうこと。
1) 車の運転。残念でならないけれど、これはもう私にはできない。免許は持っているものの、運転しなくなってン十年。運転をしていたころも運転が好きではなかったし、超方向音痴だし(その昔目黒に住んでいたころ、中野に行こうと思って家を出て、ナビなんかないころなので地図を見ながらも道に迷い、夕方に浅草を走っていた、という恐ろしいエピソードあり)、そもそも車に関心がない。そういう人にこの年齢になって運転しろって、そりゃ無理ですね。車の運転ができたらいいのになあ、と心底思うことが年に1回くらいあるのだけれど。
2) ジェットコースターに乗ること。とにかく嫌いだわ、高いところが。バンジージャンプなんてその場に立つと考えただけで心臓発作起こしそうだし、吊り橋が渡れないから山歩きもしたくないし、登山も遠慮したい。高い塔にも登りたくない、と拒否し続けてきたけれど、先日思い切って登ってみたらどうってことがなかったのでこれはクリアです。
3) ペットを飼うこと。犬は散歩が面倒だし、猫は毛が散らかるのがいやだし、鳥は基本的にあまり好きじゃない。要するに、動物好きじゃない。そうじゃなくても世話をしなくてはならない動物がいっぱいいるのに、もうこれ以上はごめんだ。

死ぬまでやらないであろうことは、これら4つくらいでしょうか。他にもいろいろ「やりたいけれどできないこと」が増えていくんだろうなあ。そう考えると、死ぬまでにやっておきたいことも考えなくちゃね。