神保町の駅すぐ近くにあるブックカフェ「チェッコリ」にてトークイベントを行ないます。

「布石を打つ翻訳者 林原圭吾×実川元子」
日時:10月18日(火)19時〜20時
場所:ブックカフェ「チェッコリ」
http://www.chekccori.tokyo/my-calendar?mc_id=180

チェッコリでも大人気の「翻訳」にまつわるお話。
今回は、韓国語の字幕翻訳の第一人者ともいえる林原圭吾さんが、英語翻訳家の実川元子さんの近刊『翻訳というおしごと』でのご縁から、改めてお2人で「翻訳者」ということについて語っていただきます。

 <イベント内容>

外国語を生かす職業として名前が挙がる翻訳者。「好きを仕事に」といったポジティブなイメージが世にあふれる中、翻訳者を取り巻く環境はどう変わり、当事者は何を思うのか。韓国語の映像翻訳に特化した翻訳会社、西ヶ原字幕社代表の林原圭吾と、2016年12月発売予定の『翻訳というおしごと』(アルク)を執筆中の英語翻訳家・ライターの実川元子が対談します。
※夢のある話はしませんので、ご了承のうえご参加ください。

<プロフィール>

林原圭吾(はやしばら・けいご):有限会社西ヶ原字幕社代表。「砂時計」「アイリス」「ドリームハイ」「セシボン」など数々の韓国映画・ドラマの字幕・吹き替え翻訳を担当する傍ら、映画「鯨とり」のDVD制作や「南営洞1985」「南部軍」の配給も手がける。11月公開の映画「弁護人」の字幕翻訳を担当。11月公開の映画「でんげい」の宣伝に協力。

 実川元子(じつかわ・もとこ):翻訳家・ライター。外資系会社勤務を経て独立。恋愛、ファッションなどを題材としたエッセイの執筆、翻訳をおこなう。サッカーにも造詣が深く、『孤高の守護神 ゴールキーパー進化論』(白水社,2014)などの訳書があるほか、フットボールチャンネルでレギュラーコラムを持つ。

お時間がありましたら、ぜひお越しください!