妹と話をしていて「お姉ちゃんは変わっている」とよく言われます。ま、夫からも「きみは変わっている」と言われるし(そういう夫も相当に変人だと私は思うが)、初対面でしばらくしゃべった人からいきなり「実川さん、変わってますね」と言われたことも何回かあるし、自分でも「もしかして、私は変人か?」とぞくっとすることがあるので、認めましょう。
私は変人です。バン(変人認定の判子を押してみた)
ところで、いま特別価格4800円で入手できる「日本国語大辞典」をiPhoneでポチったので「変人」を引いてみたのですが、「変人」を「へんじん」と読むか、「かわりびと」と読むかでは意味が違うんですね。
「 へんじん」は「かわった性質の人。性質のかたよったひと。かわり者」
「かわりびと」は「=かわりもの」に誘導され、「一般の人から見て奇異な言動や奇行の多い人。変人(へんじん)、奇人」とあります。
ポイントは「偏っている人」「一般の人から見て奇異」というところです。つまり、「平均」「中庸」「一般」という基準に照らし合わせると、そこから外れている人が「変人」です。
そこで疑問です。いったいどこに誰が「平均」や「中庸」の基準を設定するのでしょうか?
そして「一般の人」とはどういう人を指すのでしょうか?
我こそは平均的な人間であり、一般を代表している、という人がいるのでしょうか?
たぶん統計をとって、いろんな要素の平均値を出せばいいのかもしれないけれど、どうも数値化できる要素を並べてみても、「平均的な人間」や「一般の人」は浮かび上がってこないように思います。いや、そう思っているのは「変人」の私だけで、数値にあてはまっている「一般の人」像は一般の人の頭の中にしっかりあるのかも。ヤバい!
 正直、変人と呼ばれることは(へんじん、でも、かわりびと、でも)あまり嬉しくないのです。何も自分がスタンダードとは言わないけれど、奇異な言動や奇行に走っているとまでは思わない、いや、思いたくない。それでは変人と言われないように気をつけようとするかと言えば、いや、無理。どうやって気をつけていいかわからないから、このまま奇異な言動と奇行に走りまくったまま最期を迎えそう。
 変人と呼ばれることを覚悟して、今週から一人取材旅行に行ってきます。どこに行くかは現地からリポートしますのでお楽しみに。一つだけ、今回は一般の人も行きそうなところです。
最後に「変人認定」とはまったく関係のない画像で締めくくり。梅の花、すでに開花。玄関でいい香りを放っています。ほら、季節感をお届けする画像で締めくくるところなんかは、全然変人じゃないでしょ?
IMG_6234