Jリーグ開幕戦。
ガンバは先週に24時間かけてオーストラリア、アデレードに遠征してきたので、1試合だけ行われた昨日、日曜日の試合でした。
試合結果は、ガンバ1−1ヴァンフォーレの引き分け。
攻めているけれど、決め手がなく、攻めあぐねているうちに反撃を受けてズドン! 慌てて点を取ろうと遮二無二やるけれど焦りからドツボ。最後のFKでなんとか1点返しました、という内容。はい、去年からまーったく変わっていません(^_^;)
IMG_6712
(私の期待の2人です。左井手口、右市丸。今年はチームを引っ張るくらいの成長を見せてほしい)
fullsizeoutput_4c87
(天気は曇り。歩くと汗ばむくらいなんだけれど、夕方になると冷え込みました)
久々のガンバ。天皇杯決勝の観戦で1月1日に吹田スタジアムには足を運びましたが、ガンバをホームスタジアムで観戦するのは半年ぶりくらいか?
新しいチャントがいっぱいできていて、私はできたことさえも知らなかったから口パク。でもゴール裏の人々はみんな大声でちゃんとチャントを歌っている(はい、ダジャレです)
ゴール決めろ、ゴールぶちこめ(と聞こえた)と歌いながらタオマフ振り回すのが気に入りました。
今野のチャントもできていた。ちゃんと歌えないとね(はい、ダジャレです)何と言っても、ガンバはコンちゃんのチームですから、いまや。
fullsizeoutput_4c8d

何が言いたいかというと、ガンバをホームで見られるのって、幸せだなー❤️ということ。
幸せで終わって試合内容についてはパスしたいところだけれど、そうもいかないので書きますね。ごくシロートの感想。まずはいいところから。
1)新しいCBコンビ。ファビオは何回か最終ラインからボールを持ち上がって攻撃に参加していましたが、ああいう姿勢、いいですよねー。 パスミスは散見されたけれど、パスを出そうというところがいい。三浦さんのダイアゴナルなロングパスにはしびれました。よくピッチが見えているし、積極的な姿勢も好感度高し。ラインの上げ下げも一生懸命指示してやっていました。DFラインとしては「鉄壁」かどうだかわからないけれど、攻撃の起点となろう、というCBコンビの意識は買います。
2)今野さんのサイドハーフ起用。たぶんサイドハーフという呼び方は適切ではないと思う。3ボランチ+倉田トップ下で、ダイアゴナルを形成。ボトムにヤットさん、両サイドに左今野、右井手口をおく布陣。でも、今野さんが上がる上がる。今野さん、攻撃好きなんだ。そしてまた数少ない決定的なシーンにはすべて今野が絡み、得点も彼。ただ、これってちょっとどうなの? というのは「うーんと思うところ」で書きます。
IMG_6725
(今野さまさまさま……)
3)堂安、初瀬、泉澤が交代。若手を使うぞ、という意欲は見えたかな。堂安は元気にプレーしていました。あの図々しさは買いかな。
そしてうーんと思ったところ。 
1)試合間隔が短い中、3試合連続同じスタメン。怪我人続出。
そうでなくても米倉、呉屋、藤本、藤ヶ谷と怪我から戻ってきていない選手が多い上に、長沢と井手口も怪我を抱えつつ出場。藤春はどうだか知らないけれど、試合の最初から足がもつれていて、自慢の快速は鳴りを潜めていました。
人がいない、っていうのはわかるけれど、怪我している選手を無理して出さなくてはならないほど? そうでなくても人が足りないのだから、何かを捨てる、ということも大事かもしれない、とか思ったりして。まあ、そうはいかないんだろうなあ。
2)攻撃が手詰まりすぎる。ポゼッションを取っているし、シュートもなんとか打つようになっているけれど、崩しきれない。グデグデボール持っているうちにミスが出て、相手に得点献上。その悪循環はまったく治っていません。同じパターンの攻撃を見すぎて、私、70分くらいであくびが出ましたよ。ガンバのパターンを知らない相手ならいいけれど、知り尽くしている相手に同じことを何年もやっていたら、そりゃ勝てませんって。
3)今野さんを酷使しすぎ。守備に攻撃に、結局今野さんとヤットさんが走り回る、というのはいい加減いどうにかしてほしい。もうね、若手の突き上げがぁぁぁぁとかいう問題じゃないと思う。監督、クラブ、どうにかした方がいいKY依存症。 

 中2日で済州戦です。そして中3日で柏戦。うーん、今年も厳しいシーズンになりそうです。
 でも、応援しますよ。どこまでも。

(まだDAZNを契約していない私。それ以上に問題は、PCのOSをうっかりバージョンアップしたら、メールの送受信にも苦労している今日この頃。確定申告もやらなくちゃならないし、PCで観戦は7月くらいになるかも〜〜〜)