1−4で惨敗した済州戦から中3日で迎えた「鬼門日立台」の柏戦。
行く前に同志に「今日はぼろ負けする。もう嫌だ、3バックやめろ、○○やめろ」とかブツブツこぼすメールを送ったら、柏までさすがに来られない同志が「まあがんばってください」と、励ましてるんだか(罵詈雑言を)牽制しているんだかわからない返信がありました。
ウチから日立台まで2時間弱。重い足を引きずるようにして、向かいました。
……(試合)
IMG_6774
(試合中に場所を代わってくださった隣の模範的ガンバサポの方、ありがとうございました。おかげで楽しく応援できましたです)

IMG_6783
(万歳までやれましたよ)

帰りはルンルン。「3バック、ハマってたわー。健太、固執したのは、柏にはこれが効くと見越していたんかなー」
はいはいはいはい、手のひら返し。
同志からの「いい試合です。羨ましい」というメールにほくそ笑む私。

さて、試合です。
柏レイソル1ー3 ガンバ大阪
得点者:小林(柏)、長沢✖️2、アデミウソン(PK)

勝因は何かと問われたら、1)出足が早くて球際が強かった、2)意地、3)長沢が早い時間に得点した、この3つをあげたいです。
1)については前節の甲府戦でも決して悪くなかったんだけれど、昨日との違いは「全員がよく走っていた」という点。甲府戦では井手口やアデミウソンは走れてなかったですね、当社比ですが。
走りで牽引したのは、何と言っても倉田と藤春。この2人の勢いに押されるように、CBのファビオや三浦までもが、セットプレー後に全速力で戻っていました。
2)については、済州戦の「酷敗」の反省からか、みんなが危機感を持って「こりゃなんとかせねば」と取り組んだことかな。緩みがなかったですね、最後まで。後半の早い時間に同点にされたのも良かったかも。
それと、ヒガシのスーパーセーブでますます緩みが消えたのも良かった。ヒガシ、三浦や初瀬にときどきアドバイスしていたけれど、その姿がシジクレイやルーカスの「試合中座学」を思い出しましたよ。よくCBを叱ったりしていたものね、あの2人。今はそれがヒガシ。
3)はガンバの悩みどころ。勝敗が「前半に長沢が得点できるか?」にかかってしまっている。なぜかという問いに対する答えはもうはっきりしていますね。長沢しか点を取る人がいないこと。以前はそれが宇佐美だったんだけれど、あのときはまだパトリックもいたし、倉田も前線で絡んでいた。でも、今は長沢だけが頼み。
アデミウソンもすごく上手くて推進力はあるんだけれど、なぜかシュートが下手。後半に絶好機を大きくふかしたときには、大森かと思いましたよ。 

と、今日までは浮かれてもいいけれど、ガンバサポのみなさん、これが今週末のFC東京戦にも継続されるか、というとそうはいかないと予想します。
またもや、試合前になると「ボロ負けしそう。もう嫌だ。今のFC東京には勝てない。○○やめろ」とか言い出しそうな自分が怖いです。