書く気がしなかったのでブログにアップしていませんでしたが、ジュビロ磐田戦、清水エスパルス戦も現地観戦していました。いや〜〜〜どちらも最悪の内容でしたね。ミスミスのオンパレードだったし。帰りの3時間が辛かったこと。
現地生観戦での勝利は、4月30日のvs横浜戦以来の2ヶ月半ぶり。それも良い思い出の多いスタジアム、フクアリでの勝利だったので、感慨もひとしおでした。
しばらく中断期間に入るためか、中二日にもかかわらず、清水戦とはあまりメンバーを変えないで臨んだジェフ千葉戦。 ガンバがJ2にいたときに、フクアリで対戦したときには、米倉、大塚翔平、山口智と、よりにもよってガンバと縁がある3人に見事なゴールを叩き込まれての敗戦。「敗戦って、ガンバが負けたのか?」と聞きたくなるような3人の得点者ですね。そうか、フクアリには必ずしもいい思い出ばかりではなかったのかも。
IMG_7667

昨日の試合も、ジェフにもう少し決定力のあるFWがいたら、3−2くらいで負けてそうでした。特に2点目をとったあとからは防戦一方。ずっと向こうで試合が進んでいたので、何が何やらわからず、ヒーヒー、やばい、危ないよ、と叫んでいるうちに終了のホイッスルを聞いてホッとしましたよ。
昨日の試合のハイライトは、実は得点シーンではなく、センターバックの三浦がCK後にこぼれたボールを拾うなり、最終ラインから猛然とドリブルで駆け上がり、放った強烈シュートがポストに弾かれたところ。まさかCBの三浦があんなシュートを放つとは思ってもみなかったから、泉澤〜〜なんて叫んじゃいましたよ。ごめん、三浦!
そのシュートで目が覚めたのか、その後によくボールがまわってチャンスも増えたのように思います。後半のガンバ2点目、泉澤のゴールもすばらしかったけれど、帰途中、頭の中で反芻していたのは、三浦のドリブルからのシュートシーンでした。
それでも私の昨日のMOMは、得点者のファビオや泉澤でも、三浦でもなく、藤春です。 ずいぶんとお疲れの様子だったけれど、後半にチャンスと見ると駆け上がってくる姿にジンときました。初瀬と比べると、上がるタイミング、守備の察知能力なんかはまだまだ藤春の方が一枚上手だなあ。
次のMOMは倉田。井手口が前半の早い時間に負傷交代となり、泉澤が入ったことで今野とのダブルボランチになってから、試合のコントロールが見事でした。時間の使い方、ボールのさばき方、相手選手への対応など、キャプテンマークをつけているだけのことがある、とまた見直しました。ヤットさんとは違うタイプではあるけれど 、次の時代のガンバの色を出していくのは、たぶん、倉田なんだろうなあと思わせました。
さて、つぎは吹田スタジアムでのダービーです。吹田では初となります。しかも相手は首位。いい試合になりますように。