FIFA非加盟の国、地域、少数民族、僻地の人々のサッカー協会が参加するサッカー連盟CONIFAが第3回となるワールドフットボールカップを、今年5月末から6月はじめにかけてロンドンで開催します。
1月5〜7日に北キプロス、キレニアで開催された年次総会で、組み合わせ抽選が行われました。また会場や宿泊先などの概要が発表されたので、以下でお知らせします。

大会会期:2018年5月31日〜6月9日
5月30日(水)集合日
5月31日(木)グループステージ第一試合後、開会式
6月1日(金)休養日
6月2〜3日 グループステージ
6月4日(月)休養日&イベントデー
6月5日(火)ノックアウトステージ
6月6日(水)休養日
6月7日(木)順位決定戦&準決勝
6月8日(金)休養日
6月9日(土)順位決定戦&決勝 閉会式
6月10日 帰国日
(試合日程に関しては未定です。変更はあるそうです)

会場
1)Charlton AthleticFC のホームスタジアム The Valley Stadium
http://www.footballgroundguide.com/leagues/the-valley-charlton-athletic.html

2)Sutton UnitedFCのスタジアムGander Green Lane
https://en.wikipedia.org/wiki/Gander_Green_Lane

3)Leyton Orient FCのスタジアムMatchroom Stadium 
https://www.leytonorient.com/news/2016/july/media-information-new/

4)Millwall FCのスタジアムThe Den Stadium
https://www.millwallfc.co.uk/club/getting-to-the-den/

の4箇所が予定されています。
 

参加チーム
 
IMG_9110

グループ1
バラワ(ソマリア南部にある港町から英国にわたった移民がつくったチーム。大会の主催者)
エラン・バニン(英国王室領土マン島のチーム)
タミル・イーラム(スリランカ内戦によって国を追われたタミル人のチーム)
カスカディア(北米西岸、カナダとの国境近くの森林地帯のチーム)

グループ2
アブハジア共和国(ロシア、ソチと隣接した未承認国家。前回大会の優勝チーム)
北キプロス・トルコ共和国(キプロス島北部の未承認国家代表)
フェルヴィディク(ハンガリー北部地域のチーム)
チベット(言うまでもなくチベットの代表だが、多くの選手は欧州に移民している)

グループ3
パダーニア(イタリア北部地域代表。昨年行われた欧州選手権覇者)
セーケイランド(ルーマニアとハンガリーの国境地帯に暮らす少数民族のチーム)
キリバス共和国(太平洋中部に浮かぶ環礁と島々からなる国。地球温暖化で沈んで消滅の危機にある)
マタベレランド(アフリカ、ジンバブエの西部地域を代表するチーム)

グループ4
パンジャブ(パキスタンとインド北部にまたがるパンジャブ地方の代表だが、選手は全員が英国への移民で構成される。前回大会準優勝の強豪)
ユナイテッド・コリアンズ・イン・ジャパン(在日コリアンを代表するチーム)
西アルメニア(トルコ北部のアルメニア人たちを代表するチーム。コーカサス地方の強豪)
カビリア(アルジェリア北部に暮らすベルベル族の代表。カビル語を話し、キリスト教を信仰する)

以上16チームです。次回大会から初めてチーム数が16(これまでは12)に増えました。出場権を勝ち取るためのやり方も変わり、古参ながら出場がかなわなかったチームも多くて総会ではだいぶもめました。総会出席者も「遠い」「ビザが取りにくい」と言うこともあって、スイスで開催された前回60人から大幅に減りましたが、それでも活発な意見交換があって有意義で楽しい総会となりました。以下が集合写真です。
 
IMG_9142