試合前のスタメンを見た瞬間「ああ〜〜〜また5バック? なんでウィジョもアデミウソンもベンチスタートなの?」と悪寒がしました。
 キックオフからヒガシが怪我をして治療をするまでの間、悪寒はますます強くなるばかり。そしてマリノスの強力FW、要警戒の天野からのすごくいいパスを、右サイドからするするとファビオの裏から入ってきた仲川に決められて、悪寒マックス。昨日はキッチン改装のクライマックスで、業者さんが入れ替わり立ち替わりやってきては「奥さん、これ、どうしましょうかね?」と呼び出しがかかることが多く、DAZNを立ち上げたままうろうろしているうちに後半が始まっていました。
 ヒガシに代わって林、菅沼に代わってウィジョ。4バックに変えて始まった後半のガンバは、大変身。5分ほど離れてからiPadの前に戻ってきて見ると「え? これさっきからやっているマリノス戦のライブだよね?」と思わず目を疑うほどのアグレッシブなガンバでした。積極果敢にプレスをかけてボールを奪い、奪ってからすばやく前に運ぶ。それはもう小気味好いほどのすばやさ。
昨シーズンからツネさんが監督になるまでのガンバのサッカーにおいて私がすごく不満だったのは、せっかく苦労してボールを奪っても、前に運べない、もしくは前に運ぼうともしなかったことです。ところが、宮本監督になってからはボール奪取後に必ず選手たちが前を向き、前に走ります。以前のように、だらだらのろのろと横パスとバックパスを繰り返しているうちにボールを奪われてカウンター、そして失点、ということが本当に減りました。 それだけでもストレスがたまりません。
昨日のマリノス戦後半は、前半に感じたストレスを吹き飛ばすほどのすかーっとする出来栄えでした。ウィジョのゴールはもちろん、小野瀬のJ1初ゴールも、ボールを奪ってからの速さが勝負を決めたすばらしい崩しでした。ボール奪取→前のスペースにボールを出す→常に2、3人のガンバの選手が走り出す→マリノスの選手たちが誰をマークするのか混乱しているうちにラストパスを出して誰かがシュートをする。あああ、本当に気持ちがいい。スカッとする。こんなガンバが見たかった。
ただ、試合を見終わったあとに「なんで最初から後半のようなサッカーをやらないんだ?」という疑問が湧きました。5バックなんてうまくいかないんだからやめたらいいのに、最初からウィジョ、渡邊、アデミウソンの3トップとかでもいいじゃないか、とドシロートは思ったわけです。
が、宮本監督と選手たちの試合後のインタビューを聞いて「あーそういうことか!」と腑に落ちました。
90分間ハイプレスをかけてボールを奪い、スピードをあげて人数をかけるサッカーではエネルギーが持たないし、相手に対応されてしまったら、たとえばビハインドを負ってしまったらつぎに打つ手がない。マリノスのような攻撃的なチームと対戦するのであれば、まずは守備を固めて45分をできれば無失点でしのぎ、後半に一気に攻撃のギアを上げる。そういうことだったのですね。
宮本監督をちょっと、いや、だいぶ見直しました。ゲームプラン通りだったのか。試合前に悪寒なんて感じてほんと悪かった。ごめんなさい。

これでだいぶ残留に近づけたみたいですね。今シーズンも残り4試合。浦和戦は残念ながら行けないのだけれど、ホーム最終の湘南戦は行きます。それまでに残留をしっかりと確定させて、最後のセレモニーでツネ監督とみんなと一緒にガンバクラップやりたいです!