と、私が自問してこのブログを書いているとのは新幹線車内です。今日もまた大阪の母のところに向かっています。先日新幹線の領収書を整理していたら、8月から今日まで12回の往復。まずは「2018年は移動の1年」だったということですね。
1月にCONIFA年次総会で北キプロス、その後にトルコの友人をたずねてアンタルヤに。
5月にはCONIFA ワールドフットボールカップでロンドンへ。
その後は関西を行ったり来たりの日々でした。
移動が多かったということは、「本がたくさん読めた1年」ということでもあります。
数えてはいないけれど、100冊はいったかな。書評の仕事がぐっと減ったにもかかわらず、やっぱり本を読む、それも仕事に関係のない本を読む、娯楽ではない本を読む、要するに純粋に読書が楽しめた1年でした。高校時代を思い出しましたよ。あのころは片っ端から、ジャンルを問わずに飢えたように本を読んでいましたが、ちょっとそれに似た読書体験の1年でした。
何回も書いているけれど、今年出会った作家で心に響いたのはナオミ・クラインとレベッカ・ソルニット、そして書道の詩文探しで出会ったいまさらながらの大岡信でした。漢詩も含めて、一番たくさん購入したのが詩集という読書の新境地開拓でした。
そしてなによりも最大のイベントだったのが、「断捨離」でした。
昨年は親の家を、そして今年は自分の家の自分の領域を片付けたのですが、断捨離とは単なる片付けや整理や捨てることではないことに気づきました。モノ、ヒト、仕事、趣味、それぞれに優先順位をつけること。これまでとこれからを考えて見直すこと。それが断捨離でした。

嬉しいこと、悲しいこと、興奮したこと、落胆したこと、辛いこと、励まされたこと、いろいろとあった1年でした。
 あらためて「今日と同じように明日がやってくると思ってはいけない」ことを噛み締めた1年でもありました。毎年毎年1年が過ぎていくのが速くなっていく感がありますが、だからこそ、1日をたいせつに過ごさなくてはいけない、と心しています。
つぎに今年の本のベスト10をあげてみたいと思います。