MOMは矢島選手です。
ほんと失礼かもしれないけれど、まさか矢島選手をMOMに選ぶ日がやってくるとは2年前には、いや、今季ガンバに復帰したと聞いたときにさえ思ってもみませんでした。
とくに前半、キラーパスってこういうパスのことを言うのね、というパスを出しまくる矢島選手。それも自分がパスを受けてからたいていワンタッチ、ツータッチで出す。あやつられるように走る田中、アデミウソン、食野(選手を省略します)気持ちよかったー! 矢島もいきいきと楽しそうだったし、あやつられる選手たちもみんな溌剌としていて、画面越しに見ている私もその表情で元気になりました。 
三浦の飛び込んでいってのヘディングも、ウィジョの技ありゴールも、そして敬斗のスーパーなゴールもすべて気持ちよかった!!
で、ふと思い出したのですよ。FC東京戦の矢島選手はこんなに生き生きしていたかなあ、と。とてもよかったのだけれど、表情がね、ちょっと違ったんですよね。
リーグ戦ではなぜあんなにみんな表情がこわばっているのでしょうか。
 ウィジョなんて、余裕さえ感じさせる表情でシュートにパスに大活躍。リーグ戦とはすごく違う。
カップ戦で若手をはじめみんながハツラツとして楽しそうであるほどに、あ〜〜〜鳥栖戦がすごい不安 です!
でも、しばらくは昨晩の試合の余韻に浸っておきます。