まだ海外にいます。何回も言いますが、海外でDAZNを見られる設定にしてきてほんとによかった、と思った昨日のリーグ戦でした。
前半はなんか知らんけれどグデグデで、大丈夫かなあと不安になりました。前半が終わったときは、そろそろ3バックのこの布陣も対応されて、前にボールが運べなくなってきたなあ、なんて思ったのですが、後半にヤットさんが入ると攻撃がピリッと引き締まった感じがしました。ラインもあげられるようになり、アデミウソンと田中の突破力も有効になってきたし。湘南の守備ブロックのほころびも見えるようになってきて、それでも最後が決まらない。それでも交代出場して試合の展開を変えるところを見ると、あらためてヤットさんは偉大だわ、やっぱり、なんて思いましたね。
後半を見ていて、「ケアのたいせつさ」なんて言葉が頭に浮かびました。先の先の先の展開まで読んで、攻撃のケア、守備のケアをしていく。相手の穴を見つけるのと同時に、こちらの穴をつくらせないようにケアする。そういうことができる、という点で、ヤットさんよりすぐれた能力の持ち主はなかなか見当たりません。ガンバではヤットさんについで、ケア能力は倉田が高いのだけれど、きのうは出場停止。ヤットも秋もいないと、やはりケアがね、福田と高江のところがまた穴ぼこぼこでしたよ。
しかし、しかし、きのうのヒーローはもうなんといっても食野!!!
 90分をすぎてのあの仕掛け、タメの作り方、切り返し、どれをとってもストライカーの能力を示している、と感激しました。あの、ほんと、お恥ずかしいのですが、海外でDAZNダイジェストを繰り返し見ながら目からなんかが出てきましたもん。
自分の得点でチームを勝たせたい、と言っていたその言葉どおりを3試合目に実現。J3もあわせて今季12点目は文句なしのストライカーでしょう! 
昨晩は幸せな気分で時差ボケもなくぐっすり眠れました。 
水曜日のルヴァン杯ホームvs長崎戦はどんなメンツでいくのかなあ。最近はガンバの試合を考えることが楽しみになっています。帰国するまで、降格圏から遠ざかっていてくれますように!!