太極拳を始めて10年になります。太極拳歴10年なんてひよっこもいいところですが、10年続けた自分はえらいなとちょっとだけ褒めておきます。褒めるべきは、教え方がおもしろくて深い師匠なんですが。
この1年弱、できるかぎり毎日太極拳をやるようにしています。まあ、でも、暑いとときどきさぼりがち。クーラーをきかせてもなぜか汗がしたたり落ちて目にしみ、しばしば中断せざるをえなくてそれが億劫だったりして……と言い訳をしておきます。
それでも、まったくやらないのではなく、一部だけやるとか、八段錦まではやるとか、立禅はやっておこうとか、一応一年続けているのです。旅行に行ってもね。
1年続けたことで、ある意味驚くほど変わったと思うことがあります。

その1。腰痛がなくなった。
気がつくと、長年の職業病、持病だとあきらめていた腰痛を感じることがなくなった、ということに最近気がつきました。腰痛だけでなく、肩こりもない。五十肩だかなんだかで一時期左腕があがりにくかったのですが、それもありません。ときどき水泳もしているのですが、五十肩のときには肩の痛みを我慢してクロールをしていたのだけれど、いまは全然平気。おかげで1000メートル35分でコンスタントに泳げるようになりました。(理想は30分だけれど、いまは無理しないことにしている) 
なぜ太極拳で腰痛や肩こりが消えたのか。こんどのお稽古で師匠に分析してもらおう。

その2。 長い時間歩けるようになった。
以前は外出したとき、10kmを超えるといきなり足に疲れがきたのですが、いまは15〜20kmでもあまり疲れずに歩いています。とはいっても、街中を20km歩くのは1年に数回しかないのですが、それでも歩くときは歩く。おかげでタクシーを使うのが重い荷物を持っているときだけになったので、タクシー代も軽減できてありがたい。

その3。片足で立つことが、少しできるようになった。
これはまだ改善、改良途中です。太極拳は片足で立つ動作がとても多い。というか重心をたえず移動させていく運動(?)で、足の力を使うのではなく、片足でも両足で立つのと同じようにゆったり立つことができないと動作にならないのです。そしてこれがむずかしい。師匠に「重心を移動させながら丹田を意識すること」とたえず注意されているにもかかわらず、足の力でなんとかしようとするから、ふらつきます。ふだんの歩行でも、重心の移動を意識するようにしているのですが、なかなか。少し時間があくと、片足で立つとか、爪先立ちをしてゆったりと立つことをやっているのですが、気持ちがあせると足の力を使いすぎてしまってすぐに倒れてしまう。

あと呼吸が深くなったとか、新陳代謝がよくなったせいか汗をよくかくようになった、とか、集中力が高まった、とか、いろいろといい点はあるのですが、まだまだひよっこの10年選手です。長く続けていけたらいいな。