先に言っておきます。昨日は私用で現地観戦はおろか途中までライブで見るのもかなわず、電車の中で後半から見て、帰宅後録画で試合を見ただけの「感想」です。
 アデミウソンと宇佐美を故障で欠き、なんと小野瀬をFW起用して渡邊と組ませるというまたもやスクランブル布陣でのぞんだ王者・川崎戦でした。なんたって相手は王者で強いチームだし、我らがガンバは札幌のアウェイ戦であっさりルヴァン杯決勝への道を閉ざされて、残るミッションは残留のみというチームです。 正直、勝てる勝てないというよりも、どうかみじめな大敗、完敗はやめてね、と祈る気持ちでした。
 ところが試合は思わぬ展開となります。
 FW起用があたったのか、小野瀬のミドルシュートがバーにあたり、跳ね返ったところを千真がちょんとつついて入れてあっさり先制(あの、あくまでも私の目視にすぎませんが、バーにあたったボールはゴールラインを超えたところに落ちていたように見えました。あくまでも私の目視ね)
 開始5分の先制に、いやーーーな予感が漂います。王者・川崎がこの先制点で圧力かけてくるに違いない、という予感ね。でもってその予感は当たるのですが、昨日のガンバは王者のパス回しに食らいつく食らいつく、とくに食らいつき方が激しかったのが言うまでもなく井手口ですが、そこを冷静にさばいていたのが矢島でした。
 と言うわけで、前半は1−0で折り返します。
 でもこの前半でちょっと気になったのが(後出しジャンケン発言ですけれどね)、ガンバもフロンターレもプレーが荒い。ちょっとそれ、危ないんじゃないの? というタックル、体当たり、競り合いがそこここで発生ですが、主審は笛を吹いたり吹かなかったり。後半に入るとその「ちょっと危ない競り合い」が加速しますが、そこで異次元存在感を放っていたのが川崎のレアンドロダミアンと、ガンバの小野瀬でした。と言っても、レアンドロダミアンの凄さは「うまい!」と言うところで、小野瀬の凄さは「気が利いて献身的」と言うところです。
 ともかく、レアンドロダミアン様のピッチの中では異次元巧みなプレーであっさり逆転。あっさりしすぎてましたね。え?! やられると思ったらやっぱりやられてしまっていいわけ? みたいな。とくに2点目なんて、背中に目が付いているのか、と思わせる反転逆コースシュート。敵ながら惚れ惚れしますわ。
 逆転された時点でまだ後半20分ほど残っていて、このペースで3点目、4点目が入っちゃうんじゃないかと頭を抱えそうになったところで、なんと、その2分後、ガンバを救ったのが我らが10番、倉田秋!! 魂の同点弾でした。クロスを上げたのは、文句なしMOMの小野瀬。
 ところが、このヘディングシュート後、倉田が起き上がらない。ぐったりとピッチに横たわったまま。この時点では意識がなかったみたいに見えました。そして競り合ったときに、倉田の側頭部に頭突きした川崎の登里も倒れてました。歓喜に沸いたガンバゴール裏も、その光景に凍りつきます。倉田は担架に乗せられてピッチから運ばれ、あとからわかったのですが、そのまま病院に直行したそうです。登里はしばらくして立ち上がってプレー続行かと思われましたが、脳震盪の疑いありで、交代となりました。
 私はどうしてもガンバ側に立った目線でこの負傷場面を見てしまい、ヘディングしたあとにアフターで頭突きした登里はきわめて危険プレーではないか、なぜイエローじゃないのか、とか思ったのですが、おそるおそる2、3度見てからの「感想」は、衝突事故みたいなところがあったかな、と一方的に糾弾する気持ちが少し薄れました。
 ですが、この「事故」の伏線は試合開始のときからあったと思います。どちらのチームもどうしても負けられない状況にありました。川崎はこの試合を勝たないとリーグ3連覇の可能性がかなり遠のく。ガンバはいうまでもなく負けたら降格圏内突入です。前半からの荒いプレーの連続は、その必死さゆえ、だったのかもしれませんが、とにかく「球際の激しさ」とか「がんばり」を荒っぽさと勘違いしてしまうと、怪我につながる確率がかなり高くなる、というこれまでの私の観戦経験から得たデータがあてはまってしまう事態となりました。荒っぽさとがんばりを混同すると、命にかかるほどの重大な怪我を引き起こしかねない。
 私は先ほど倉田選手のヘディングシュートを「魂の同点弾」とか書いちゃいましたが、もし負傷がなかったらそんな大層な言葉を使っただろうか、と書いたあとで少し反省しました。でも、たぶん負傷がなくても書いていただろう、と思い直して消すのをやめました。負傷は辛いけれど、あのヘディングシュートはすばらしかった。大げさでなく、ガンバを救いました。今季のベストゴールにあげてもいいくらいです。
 激しい競り合いを怪我につなげないようにするために、ルールがあり、そのルールに沿って試合をさばいていくのがレフェリーたちです。ラグビーのレフェリーは反則をとるとき(もしくは反則に見えるけれど反則をとらないときも)、何がどうルールに反しているかを両方のチームにはっきりわかるように説明します。それどころか、つけたマイクを通して、スタンドのコーチたちや画像を通してレフェリングしている人たちにも即時伝える。テレビで見ていても、その声が聞こえます。
 私はこれがすごくいいと思います。何がどう反則なのか、もしくは反則ではないのか。言語化して選手、観客、視聴者に伝えることで、フェアに進めることができるのではないか(そうじゃないこともあるそうですが)何よりも、レフェリングのぶれが減るのではないか。そのことが負傷を減らせる助けになるのではないか。サッカーの試合には取り入れるのがむずかしいのでしょうか?

いまはただ倉田選手も登里選手も軽傷であることを祈るばかりです。
スポーツは人を元気にするものであってほしい。
そのために犠牲を出してはいけない。