2_cij_logo紙印刷


11月17日(日)キックオフ18時45分
前後半40分ハーフ  15分ハーフタイム
サラマットFC vs シン・ブラザースFC  
結果は 3−4でシン・ブラザースFCが勝利しました。

驚いたのは、ロヒンギャの若者たちが立ち上げたサラマットFCが、この数ヶ月で驚くほど成長していたことです。練習場所で出会った「大人」のチームの人たちにコーチを頼み、週末には地元のチームと練習試合を重ね、個人でもテクニックの向上に励んだとか。7月に同じカードで試合をしたときとはチームは様変わりしていました。
そしてシン・ブラザース。開始10分でサラマットに先制されると目の色が変わり、後半に入ると本気モードで押せ押せになって得点を重ねました(あまりに前がかりになって失点もしたけれど)。ハーフタイムに真剣にミーティングして、ポジションを変え、新しい選手を投入して打開をはかろうとしていたのは本気モードの証。
おかげで最後まで引き締まったいい試合ができました。
負けたサラマットの選手たちが、足をつりながらも必死に走り「勝ちたい!」「勝とうぜ!」と叫んでチームを鼓舞していた姿に、ちょっと感激しました。

試合終了後、選手、スタッフ、観客全員で記念撮影をしました。みんなの笑顔がまぶしいほどに輝いていました。
「また試合したいです! よろしくお願いします」とスタッフたちに挨拶した選手たちの笑顔、「いい試合でした!」「よくがんばった!」という観客の皆さんの選手への声援と拍手! 実川、そんな皆さんの笑顔や声に、お恥ずかしながら一瞬 なみだぐみそうになりました。
もちろん、またやりましょう! これが第一歩です。

写真撮影をサポートスタッフに一任したので、後日整理してからアップするつもりです。
ご協力くださった方々、お忙しいところを応援に駆けつけたサポーターの方々、そしてサラマットとシン・ブラザースの選手、忙しいところを働いてくださったスタッフのみんな、ありがとうございました。