新型コロナウィルス関連のニュースを日本だけでなく、世界のメディアで追いかけるのに忙しい日々を送っています。と書いたところで、いやいや、ちっとも忙しくしていない、何も生産的なことをしていないじゃないか、と突っ込む声が私の中から聞こえてきます。
でも、何も「生産的なこと」をせず、ただ不安を抱えて生活していくうちに「生産的なことなんてしなくていいんだ。むしろ、生産的なことを何もしないことが、危機を乗り越える上でたいせつなのだ」という声のほうが大きくなっていってます。歴史の転換点にあるいまを、「当事者」としてじっくり見て、じっくり考えることが、たぶん重要なのだと私は自分に言い聞かせています。
少なくとも私の中では、価値観が大きく変わりつつあります。でもその変化は、COVID-19の感染が世界に広がり、パニック状態になる前から始まっていました。
新自由主義を掲げて、イケイケドンドンで突っ走ってきたこの世界が、どこかで行き詰まって、一気に破綻してしまうのではないか、ということを、たぶん多くの人が予感していたのではないでしょうか。どんどん生産して、どんどん消費することを経済的「発展」とし、また物質的にもっと豊かになることを目的にして、それを達成した人を成功者として讃えるような価値観を、本当にすべての人たちが持っているものなのか? 「いまだけ、カネだけ、自分だけ」がよければ、ほかはどうだっていい、と思っている人たちばかりなのか。専門家でなくても、行き詰まりを予感していないのは、おそらく逃げ切り世代(私も一応入るけれど)か独裁的政治家くらいだったんじゃないでしょうか?
実際、地球温暖化による災害の多発や、富めるものと貧しきものの格差拡大など、破綻の予兆はありました。でも、それほど深刻に受け止められてはいなかった。「当事者意識」は実際に災害にあった人たち、もしくは格差の現実を突きつけられた人たちにかぎられました。
しかし、COVID-19によるパンデミックは、地球上のほぼすべての人たちに当事者意識を持たせたのではないでしょうか? いまは「アメリカが故意に中国でウィルスをばらまいた」というデマがとび、「アジア、とくに日本の対策が手ぬるい。クルーズ船の対応が問題だった」と非難の応酬になっていますが、そんなことを言っていられない状況が待ち構えているかもしれない。
そこでいまお勧めしたいのが、以下の本です。(以前からこのブログで何回か紹介しましたが、今こそ読むべき本になりました)
「災害ユートピア」
レベッカ・ソルニット著 高月園子訳 亜紀書房
災害時になぜ人は、困っている人に手を差し伸べるのか? 混乱のさなかに、理性的に秩序だった行動をとる人が多いのはなぜか? 
その反対に、なぜエリートは災害時にパニックを起こして、とんでもない行動に走るのか? 災害時の暴動は軍隊や警察官が引き起こす例のほうが多いのはなぜか? 
その「謎」をアメリカのアクティビストで美術史家、フェミニストのソルニットが、サンフランシスコ大地震、911、ニューオリンズを襲ったカトリーナ台風をボランティアで救援活動に訪れた経験をもとに解き明かしています。
最後の2つの章、「愛と救命ボード」「愛されるコミュニティ」はいま読むと心にしみます。 
人を信じ、人のために手を差し伸べることが人を救うのだ、と教えてくれます。

そしてナオミ・クラインの「ショック・ドクトリン」は、惨事に乗じて権力を握って圧政をしき、金儲けに走る人たちを、よく監視しなくてはならないことを思い出させてくれます。アメリカが唱えて実践してきた新自由主義市場は、 まさに「惨事便乗型資本主義社会」を発展させてきました。COVIDに乗じて権力を拡大させ、便乗して金儲けを企てるものがいないか。しっかり目を光らせておかねばなりません。
「ショック・ドクトリン〜惨事便乗型資本主義の正体を暴く
ナオミ・クライン著 幾島幸子・村上由見子訳 岩波書店

もう一度こういう本を読み直して、新型コロナ・ウィルスが収束したあとの世界のことを、じっくり考えたいと思います。