ガンバ 2−2 名古屋グランパス

あの〜〜〜前半を「守備から入る」っていうの、やめません?
っていうか、守備から入って、なんであんなシロートのような2失点?
それと、宇佐美選手。やっぱりね、私たちは期待しているわけですよ、あなたに。何をって、得点です。ゴールです。パスとか組み立てとか、そういうのも大事ではあるけれど、なぜ宇佐美選手がFWで2トップの一角にいるかというと、そこは「ゴ〜〜〜〜ル!!!」を期待されているからじゃないですか?
なのに、ほとんどシュートを打たないって、それはどうかと頭を抱えます。

と、言うまいと思っていた文句をつい口走って(筆走って)しまいました。
でも、渡邊選手、パトリック選手、倉田選手の3人が入ってきてから、がらっと雰囲気が変わりました。
そこに「攻撃のスイッチを入れろ」という宮本監督のメッセージがあったから、とかそういうこともあったでしょうが、この「誠実3人男」の、前を向いて仕掛ける姿勢がピッチ全体の空気を変えたのだと思います。
この3人の交代選手からは覇気が感じられたな。自分たちに与えられたミッションに誠実だし、必死に走り、跳び、奪い、ドリブルし、ほんと気持ちよかった。
それがロスタイムの同点弾につながったのだと思います。

いや、別に、代えられた選手たちがだめだめっていうんじゃないんです。 
でも、なんていうか、ミスがなぁ〜〜〜せっかくボールを奪っても、一瞬で奪い返されたり、連動しないからパスコースがなくて変なパスミスしちゃったり。申し訳ないけれど、いらだちました。
2手先、3手先を読んで連動して動くっていうのがない。
まだまだヤットは引退できないなあとため息。

とか言っているうちに、中3日で清水戦ですよ。
そろそろ勝ってほしなあ……って前のエントリーとは真逆のことをいっておりますが。