ガンバ所属(まだ所属していますよね)のアデミウソン 選手が(まだ選手でいいよね)、試合後に繁華街に繰り出し、朝までクラブやバーをはしごして酒を飲み、そのまま車で練習場に向かう途中の高速道路で車に接触し、気づかぬままクラブに行ったあとに警察から任意聴取された、という事件がありました。
もう残念でなりません。
残念なのはアデミウソン がガンバの選手だから、というだけでなく、またプロスポーツ選手というだけでなく、社会人としてやってはいけないことをやったことが残念でならない 。
飲酒は習慣になります。習慣にしてはならないことなのに、習慣になります。
そしてお酒が入ると、人間、ろくでもないことをします。
でも「酒を飲む」ということが、大人の、とくに男らしさの証明みたいに考える文化がある地域は非常に多い。
しかも酒を飲んでロクでもないことをやっても、それを「お酒のせい」として許してしまう文化がある地域もまた驚くほど多い。
酒は飲んでも飲まれるな、というのは正しい。
一回でも酒に飲まれた経験があるのならば、もう「基本、飲まない」という自制が必要です。
そう、わかっちゃいるけれどね、私もお酒が好きだし、暑くなってくるともう我慢できずに、1日働いて帰ってくると缶ビールのタップを抜いてぐびぐびが習慣になってました。それでまた「酒飲まないでやってられるかよ!」と自分に言い訳しながら飲むお酒は美味しいよね、と本当はたいして美味しくないのに美味しいと無理やり自分に思わせて飲んでいました。
 実は私、昨年から少しずつお酒を控えるようにしています。基本、家では飲まない。コロナ禍のせいで外で飲む機会もほとんどありませんが、外で飲むときにはどれだけ飲んだかを頭の中で計算し、からだに聞いて飲みすぎないようにしています。(実は結構な量が飲める大酒飲みなんだわ)
歳をとってそんなに飲めなくなった、ということももちろんあるのだけれど、自分で自分のからだや精神をコントロールできないと、それこそロクでもないことになる、という例を身近で見たことが大きい。
飲酒の習慣を頭が正常に働いているうちに断たないと、それこそロクでもない末路になる、という実例が実は私の身近に何例もあるのです。
悪い習慣を断つにも、体力と気力が必要です。飲酒習慣を断つのはいましかない、と決意し、かつコロナ禍で飲む機会が減ったことも幸い(?)して、「基本、飲まない」ことを数ヶ月続けています。基本、なので、もちろん例外はいっぱいあり、外食のときや友達と会うと飲みます。そういうときのお酒って、ほんとに美味しい。お酒の美味しさを味わうためにも、飲酒を習慣にしないことは大事だな、と思っています。

でもって、アデミウソン 、今からでも遅くない。
これを機会に飲酒習慣を断ってほしい。
まだ26歳。スポーツ選手としてどうなるかはわからないけれど、あなたの人生はこれからじゃないですか。