先日のダービーについて何か書く気にはとてもならず、代わりに、といってはなんですが、トークイベントのお知らせをしてもうしばらくガンバのことは目に入れない、ましてやそれについて何か書いたりしないようにしようと思っていました。
 でも、ふと目にとまった「ロスタイムは7分です」さんのコラムに、とても共感したところがあったし、長年ガンバサポを名乗ってきて、ピッチ内外での騒動について何も言及しないのはサポとしてどうかと思ったので、書いてみます。
「ロスタイムは7分です」さんのコラムはこちら↓
https://7additionaltime.com/archives/8692
「分断されるサポーター、レアンドロ・ペレイラ選手と昌子選手の口論を事例に」というタイトルで書かれたこのコラムで私が共感したのは、この部分(すみません、勝手に引用します)

 “バズる”のは強い意見だ。最近は「論破」という言葉をよく見聞きする。戦う人に支持が集まる世界。ネットで何かを発する時、常に問われている気がする。
「で、お前は味方なの?敵なの?」

 私はTwitterもインスタグラムも利用していない。いや、一応アカウントは持っているし、たま〜〜〜にのぞくし、拡散を頼まれてリツイートをすることもある。
 でも、基本姿勢として「できるだけ見ない」「自分からは発信しない」。Facebookは利用するし、発信し、コメントもつけるのに、Twitterやインスタはなぜやらないのか? 意図的ではない。自然に足(目か?)が遠のいてもう何年にもなる。
 理由は「ロスタイムは7分です」さんのいうとおり、敵と味方にくっきり線を引き、正しかろうがまちがっていようが、強いわかりやすい意見に支持が集まるのが耐えられないからだ。
 自分とは相入れない意見の人を、「おまえは間違っている!」「おまえは敵だ!」と指差しし、糾弾 し、相手が消えるまで「論破」するのを見ているのが、息苦しくなるくらいストレスだ。私自身や、私が出した本や書いた記事、インタビューで答えたことに対して、根拠レスなバッシングを受けたこともある……そうだ。わざわざ教えてくれる人がいるのだけれど、私は見ていない。
 マジョリティ/マイノリティ(多数派/少数派)、支配者/被支配者とくっきり線が引けるものなのだろうか? 多数派の意見だから正しくて、少数派だから間違っている、なんてそれは民主主義ではないはずだ。正否の線引きなんて、状況と置かれている立場によってまったくちがってくるだろう。私のほうが声が大きく、「論理」立っていて、こんなに支持してくれる人が大勢いるのだから、私の意見こそ正しくて、間違っているほうは黙っていろ、という姿勢は独裁者のものだ。
 サッカーのことにかぎらない。会社で、学校で、家庭で、夫婦で、パートナー同士で、親子で、きょうだいで、地域コミュニティで、そしてインターネット空間で、「あなたがまちがっている」「おまえが悪い」と個人を指差し、糾弾するのではなく、また指差された個人を「私が悪かった」「間違っていました」と謝らせるのではなく、お互いの意見に耳を傾けて、そういう考え方もあるのか、と理解した上で、「それでも私はこう考える」と言える社会。私が目指しているのは、そういう社会だ。
 サポーターとして、パートナーとして、友人として、母親として、私は「相手の意見に耳を傾ける度量の大きい人間」になることを目標にしている。道は遠いけれど。

 というようなことを、実は私は2年間にわたるフェミニズムの取材を通して学びました。(すごいなこのほとんど強引ともいえるもって行き方)フェミニズムは「炎上案件」なのだそうです。フェミニズムとひと言出すだけで「あっち側の人」とか言われるそうです(SNSを見ない私はすべて「そうです」しか言えないのだけれど)
 でも、フェミニズムを知ると「私が悪いのではなく、相手が間違っているのでもなく、制度や社会に問題があるし、変えていくことが(私でも)できる」とわかってくる。すると、とても気が楽になるし、パートナーとの関係も、上司との関係も、ふしぎとざらざらからすべすべへと変わっていくのです。少なくとも私は。
そういう意味でトークイベントです。

「フェミニズムってなんですか?」刊行記念
「きっとあなたにも必要なフェミニズム」
 6月18日(土)15時〜17時
https://atta2.weblogs.jp/ryushokan/25-トークショー/
詳しくは↑
申し込み・お問い合せ:隆祥館書店 TEL:06-6768-1023 

住所:大阪市中央区安堂寺町1-3-4 谷町6丁目⑦番出口向かい

Eメ-ル:ryushokan@eos.ocn.ne.jp

主催:隆祥館書店        協力:文藝春秋

(ここを見ていらっしゃるのはガンバサポの方が多いと思うのですが、イベント終了後、パナスタまで横浜FM戦にご一緒するっていうのはどうでしょう?(これまたすごい強引なお誘い……我ながら苦笑)