清水戦は結果しか知りませんが、それ以上のことを知りたくないのでまたガンバのことはすべて封印状態になっています、すみません。
 前にJ2に降格したときに、現地で試合観戦をしなくなった私に同志が「元子さんは強いガンバしか好きじゃないんだ」と言ったことがありますが、そうかもしれません。強い、という以上におもしろくないサッカーにはつきあえないかな、というのが本音です。
 正直、 2014年に3冠獲ったあとも、ガンバのサッカーはあまりおもしろくありませんでした。なんというか、こう血が沸き立つような感動が味わえませんでした。実をいうと、日本代表の試合にもそういう感動がなくなってしまって、もしかして私はサッカーに興味がなくなってしまったのかなと思ったことがあったのだけれど、2019年に女子ワールドカップ観戦でフランスに行ったとき、フランス対アメリカの試合で以前味わったしびれる感動があって(どちらのチームもとくに応援しているわけではないのに)、まだ私はサッカーのことは好きみたいだと再認識しました。ただし、おもしろいサッカー限定かも。以前のように、高校サッカー、Jユースカップからご近所のグラウンドでやっている小学生の試合まで暇があってもなくても現地観戦していたような情熱はやや薄れていますが。
 でも来年の女子ワールドカップはぜひオーストラリアとニュージーランドで現地観戦したい、といまは意欲満々です。というのも、いま11月発売予定の、女子サッカーの歴史と現状について、英国のジャーナリストが書いた本の初校に取り組んでいて(おかげでまた夏休み返上だよ、とほほ)、それもあって現在コスタリカで開催されているU20女子ワールドカップをチェックしているからです。日本、グループリーグでオランダ、ガーナを破って二連勝中。18日にアメリカと対戦です。前回この大会の王者だった日本女子代表、頑張ってほしい!!