2023年、今日で半分終わります。
いったい私はこの半年何をやっていたのだろうか、と遠くをうつろに見つめそうになる視線を戻して、この半年読んだ本の記録を残しておくことにします。だいたい読んだ順に並べています。
図書館で借りた本や電子書籍の画像はなし。
コロナが第五類になってから、あちこち出かけるようになって、移動中に本を読んでいました。本が読みたくて移動していたこともあります。

「反乱者」
ジーナ・アポストル著 藤井光訳 白水社
フィリピン出身の作家がアメリカ軍のフィリピンにおける1901年の虐殺事件を取り上げた映画制作を軸に、翻訳家、映画監督とその家族、エルヴィス・プレスリーなどがからんで展開されるメタ・フィクション。小説のおもしろさに加えて、翻訳についても教えられた。

「死の島」
福永武彦著 新潮社
読書会で「反乱者」を取り上げたところ、日本のメタ・フィクションの傑作はこの作品と勧められた。上下巻で厚いだけでなく、広島原爆を取り上げているので重いのだけれど、ぐいぐいと引き込まれたのはやはり傑作だからか。

「植物考」
藤井辰史著 生きのびるブックス
3月からしばらく「植物」にはまったのだけれど、それは牧野富太郎を取り上げたテレビの影響というよりもこの本がきっかけ。動かないはずの植物が、動く動物(とくに人間)をたくみに動かして自分たちの勢力を拡大している、という見方で歴史を見ると、これまでとは異なる見方で歴史を見るようになった。

「植物忌」
星野智幸著 朝日新聞出版
以前にいとうせいこうさんの本と一緒に読んでいたのだけれど、「植物考」を読んだあとで読み直すと、以前読んだときとはちがって植物側思考で登場人物を見ることができた。

「植物園の世紀 イギリス帝国の植物政策」
川島昭夫著 共和国
亡くなられた川島先生の遺作集。どうしても読みたくてあちこち探してやっと手に入れた。
「多くの植物は大地と大気の境界で、その両方をつなぎ止めるように、垂直な固定した生を営む」
「植物が移動しないとするのは、じつは誤りである。むしろ植物の生態は、移動することを目的としているとさえ言いうる」
といった文章にぱーっと視点の転換を感じた。

「植物の体の中では何が起こっているのか 動かない植物が生きていくためのしくみ」
島田幸久 萱原正嗣著 ペレ出版
藤原先生や川島先生の本が歴史学者の視点から書かれたものだとすると、生物化学の視点から植物はどういう戦略をとっているかが見える。

「オーウェルの薔薇」
レベッカ・ソルニット著 岩波書店
ジョージ・オーウェルがアクティヴィストとして炭鉱で取材し、スペイン内戦に参加し、その体験をもとに執筆活動をし、からだをこわしては療養生活を送ったことは知っていたけれど、彼が英国の田舎で庭づくりにいそしみ、とくに薔薇をいつくしんだことは知らなかった。土いじりと社会運動と創作活動を結ぶものについて、同じような道を歩むソルニットが考察したエッセイ。

「花の子ども」
オイズル・アーヴァ・オウラヴスドッティル著 神崎朗子著 早川書房
だいぶ前にちょっとだけ読んでいたのだけれど、植物に入れ込んだ期間に通読。アイスランドの作家による小説だけれど、アイスランドらしさよりも、植物が人間関係をよりよい方向に導くという主題が良かったかな。

「運動の神話」
ダニエル・E・リーバーマン著 中里京子訳 早川書房
ウォーキング生活に意味があるのだろうかと知りたくて読み、まあ意味あるのかと納得できたかな。

「健康寿命をのばす食べ物の科学」
佐藤隆一郎著 ちくま新書
健康ウンチクもの好きとしては、外せなかった。

「漢詩の手帳 いつかたこぶねになる日」
小津夜景著 素粒社
漢字で書かれているからつい漢詩を一読しただけでわかったような気がしていたけれど、漢詩は翻訳で読まないとまともに味わえないことがよくわかった。そんなことはさておき、とってもすてきなエッセイ。

「織物の世界史 人類はどのように紡ぎ、織り、纏ってきたのか」
ソフィ・タンハウザー著 鵜飼まこと訳 原書房
書評で取り上げた。ファストファッションにさよならすべきだ、とあらためて思った。

「ネイティヴ・サン アメリカの息子」
リチャード・ライト著 上岡伸雄訳 新潮文庫
上岡さん渾身の新訳がすばらしい。アメリカにおける人種差別の構造はまったく変わっていないのだと背筋が寒くなる。

「トランスジェンダー問題 議論は正義のために」
ショーン・フェイ著 高井ゆと里訳 明石書店
トランスジェンダーについては「持ってうまれたからだの性が、心の性と一致しないために、自身のからだの性に違和感を持つこと」という定義はあるけれど、はたしてそれがどんな問題を起こすのか? LGBTQとひとくくりにして語られがちだけれど、トランスジェンダーが私には一番理解がむずかしい。でも本書で著者の具体的な事例をあげながらの説明で、少しだけ「問題」の理解は進んだ。それにしてもこないだ成立したLGBT法案だけれど、議員さんたちはこの本をちゃんと読んだのかな?

「布団の中から蜂起せよ」
高島鈴著 人文書院
本書で紹介された映画、本、出来事の一つひとつが「刺さった」。皮膚感覚としてチクチクと刺さる。さらっと読み飛ばしはできず、刺さったものを検証したくて、「トランスジェンダー問題」の訳者と、本書の著者のトークも視聴した。

「私たちが声を上げるとき アメリカを変えた10の問い」
和泉真澄 坂下史子 土屋和代 三牧聖子 吉原真里著 集英社新書
最初の大坂なおみの章で胸をドンとつかれたような衝撃。アメリカの話でしょ、と片付けるわけにはいかない。
(ちょっと疲れてきたので、後半はまた後日書きたします)
「歴史の屑拾い」
藤原辰史著 講談社

「オシムの遺産」
島沢優子著 竹書房

「高学歴親という病」
成田奈緒子著 講談社新書

「コソボ 苦闘する親米国家 ユーゴサッカー最後の代表チームと雑木密売の現場を追う」
木村元彦著 集英社

「山の音」
川端康成著 新潮社

「川端康成 孤独を駆ける」
十重田裕一著 岩波新書

「韓国文学の中心にあるもの」
斎藤真理子著 イースト・プレス

「走れオヤジ殿」
キム・エラン著 古川綾子訳 晶文社

「ディディの傘」
ファン・ジョンウン著 斎藤真理子訳

「フィフティ・ピープル」
チョン・セラン著 斎藤真理子訳

「わたしに無害なひと」
チェ・ウニョン著 古川綾子訳

「川のほとりに立つ者は」
寺地はるな著 双葉社

「とんこつQ&A」
今村夏子著 講談社

「おいしいごはんが食べられますように」
高瀬隼子著 講談社

「白鶴亮翅」
多和田葉子著 朝日新聞出版

「残陽の郭 闇医者おえん秘録帖」
あさのあつこ著 中央公論新社

「風が強く吹いている」
三浦しをん著 新潮文庫

「華ざかりの三重奏 テルツェット」
坂井希久子著 双葉社
 あ〜〜〜〜私もそろそろこういう生活(生活者として自立した人たちとの共同生活)をしたい!!! と痛切に思っております。
 
IMG_5001