Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

ささやかな日常

夕食後、ほぼ毎晩ウォーキングしています。最初は3ヶ月でやめようかなと思っていたのに、いまでは歩かずにはいられない。健康のために、というのを超えて、もはや最大のお楽しみ。
毎晩、イヤホンを耳につっこんで、その日のテーマミュージックとウォーキングコースを決めて、アップルウォッチをセットして歩き始めると、その日にあった不愉快なことは「ま、いっか」と水に流せるし、いいことがあったときにはたとえ雨が降っていても空がやけにまぶしく感じられる。

しか〜〜し「緑道にはウォーキングやジョギングをしている女性を追いかける男がいる。気をつけて」と近所の人から注意を受けました。夫からも「危ないから気をつけて」とか言われる。70近いばあさんを襲う人なんていないよ、と鼻であしらっていたのですが……。
ある日、ウォーキングコースのひとつの緑道を歩いていると、背後2メートルくらいのところをピタッとくっついて歩いてくる人がいるのです。その距離が気持ち悪い。歩くペースを早めたり、ゆっくりしたり、途中で道を変えたりしても、ピタッと同じ距離でついてくる。2キロ歩いても背後霊のようについてくる。そのとき近所の人の言葉を思い出し、気持ちの悪さを超えて恐怖にかられ、その日は途中で切り上げて人通りの多い商店街に戻って買い物をして帰宅しました。
それから3日ほどたってから同じ緑道を歩いていたら、途中からまた2メートル男がついてくるではないですか。
こんどは気持ち悪いのを通り越して、まず恐怖に襲われたのだけれど、ふと、このままじゃだめだ、と警察に通報を決意。
そうすると驚いたことに、つぎに通ったときにはパトカーと自転車でおまわりさんが複数人、巡回しているではないですか! その後も巡回は不定期ではありますがつづいており、2メートル男は出現していません。
そうか、と私は気づきました。
70歳近いばあさんがそんな嫌がらせにあうはずがない、考えすぎだ、とか
夜にウォーキングするほうが悪いから時間帯をもっと早くしよう、とか
ウォーキングコースがよくないから変えよう、とか
そういうことではなく、「警察に通報する」というのが私がとれるもっともよい対策だったのだ、と。
「私が悪いんだ」「私ががまんすればすむこと」と黙ってやりすごすのではなく、行動すること。
それができたのは、2年間フェミニズムを学んできたおかげだと思います。

とまたまたこじつけのようですが、今週末にせまってきたイベントです。

「フェミニズムってなんですか?」刊行記念
「きっとあなたにも必要なフェミニズム」
 6月18日(土)15時〜17時
https://atta2.weblogs.jp/ryushokan/25-トークショー/
詳しくは↑
申し込み・お問い合せ:隆祥館書店 TEL:06-6768-1023 

住所:大阪市中央区安堂寺町1-3-4 谷町6丁目⑦番出口向かい

Eメ-ル:ryushokan@eos.ocn.ne.jp

主催:隆祥館書店        協力:文藝春秋

 今週はとても嬉しく、誇らしい出来事がありました。
 このブログには私宛にメールでお問い合わせを送れる機能をつけています。私のアドレスをご存知ないかたも、ブログ経由で連絡がとれるように、という意図があります。
 先週一通のメールが届きました。
 私がどこかに書いた記事が、いつごろ、どこに掲載されたものだったか、教えてくれませんか、というお問い合わせでした。
 ヒントはファッション誌に掲載されていたこと、そしてスピリチュアルことを取り上げていた、という2点です。
 それを読んでしばし考えました。しばし=2日以上悩みましたね。スピリチュアルに興味がないはずの私が、何かそれについて書いたのか? うーんうーんうーんと悩んでいるうちに、ハッと思い出しました。
 創刊まもないころのVOGUEでスピリチュアルの特集が組まれて、私は何人かに取材して書いたことがある! でも、それって20年以上前。当時の担当者はもうほとんど残っていないから、アーカイブを見てくれと頼むのも気が引ける。
 でも、たしか藤田理麻さんに絵を描いていただいたことはよく覚えていて、それがご縁で理麻さんが拙宅に遊びに来てくださったり、私が毎年日本で開かれる個展(理麻さんは海外在住)をよく訪ねたりして、いまもご縁が続いているのです。スピリチュアルつながりですね。
 その旨をお伝えしたら、問い合わせてくださったかたが、なんと私が書いた記事をきっかけにスピリチュアルを本格的に学び、アメリカまでいらっしゃって、そこで多くの人と出会ったとお返事をくださりました。私が当時書いた記事の一節↓を保存していたことを思い出され、送って来てくださったのです。
「アメリカのヨガをはじめとするブームの底辺にあるのは、東洋志向とともにスピリチュアリティ志向である。身体はスポーツクラブで鍛えて、精神面・心理面はセラピストに面倒を見てもらう、というだけでは満たされない何かをアメリカ人はスピリチュアリティにもとめているのかもしれない。それも既存の宗教の枠に入らない、またカルトでもない、もっと純粋にスピリチュアルなものー心を開いて何か大きなものに対する畏怖や宗教や感謝を感じること、生きていることへの感動、鋭く豊かな直観力を探している。」
 お返事のメールを読んで、私は画面の前でじーんと感動してしばし固まってしまいました。
 22年前に書いた記事を、こうやって保存してくださっている読者がいて、しかもその記事が人との出会いをつくった、とおっしゃってくださる。
 ありがたいし、嬉しいし、そして身が引き締まる思いです。
 こうやって25年もブログにいろいろなこと(最近はほとんどがガンバのこと)を書き散らしていて、新聞や雑誌、Webでの記事もありがたいことにたくさん書かせていただいていますが、私が書いたものなんて、すぐに消えていくように思っていました。とくにSNS全盛のこの時代には、誰もが発信し、ことばは氾濫して、流れていくものだ、と。 
 でも、そうじゃないんですね。
 ことばは残っていく。ことばは刻まれるものなのです。いいように残って、刻まれていくように、だいじに発信していかねばならない。
 そのことを思い出させてくださったかたに、あらためて感謝したいです。
 
IMG_2089

 今年のGWは仕事やらなんやらでかつてない忙しさで、ブログを書く時間もなく。
 札幌戦はもうまったく見てなくて、神戸戦は見逃し配信でやっと9日に見られました。中村ジロー選手がよかったですね。ひょろっとしてまだ体格がしっかりしていないように思っていたけれど、神戸戦ではそのイメージはなく。むしろガンガンしかける姿が頼もしかったです。
 クォン選手は驚きでした。こういうCBを獲得できたんだ、とちょっと見直すと同時に、よくガンバに来てくれたとうれしかったです。
 そして明日は柏戦。雨もあるし、それ以上にまたまたコロナで7人も隔離とか。もうあまり期待しないで(それはいつものことだけれど)心を静めて待ちましょう。

 多忙だった理由は、来月刊行される訳書「ザ・クイーン——エリザベス女王とイギリスが歩んだ100年」(カンゼン)という本の校正が大詰めだったからです。先ほど編集者に再校を送って、たぶん訳者の私の手は離れる……はず。
 また来週は2年間続いた連載がまとまった「フェミニズムって何ですか?」(文春新書)が刊行されます。 こちらは清水晶子さん著、私は連載のライターをつとめました。
 書道の公募展の締め切りも重なり、なんかもう毎日朝から晩までみっちり仕事と書道に追われてました。
 でもつぎの締め切りが来月やってくる。それが終われば、今年の夏こそ夏休みをとって、ガンバを生観戦したり、山に登ったりしたいです。
 3月に開催された創玄展という書道の公募展で入選した作品をアップします。今年は賞はいただけませんでしたが、自分としては一つ前に進めたかなという手応えのあった作品制作でした。
 
IMG_1781
IMG_2057

 湘南戦については、またもや記憶から消したいのでもう書きません。スタッツだけは見る、とか言ったけれど、後半ガンバはシュートゼロという数字が目に入ったとたんに、またもや見ないことにしました。後半になると足が止まるのは何故なんでしょうか? ローテーション組んで、新人もどんどん使っているはずなのにね。

 そこで今週のブログは、ガンバのことをちょっとお休みして、「締め切りについて」書いてみようと思います。
 思えば仕事を始めた45年前から、私はずっと締め切りと闘い続けてきたような気がします。いつの頃からか、締め切りを擬人化して、ときに「締め切りさまがおいでになる」と敬語を使って畏れ、ときに「締め切りの野郎、いちいちうるさいんだよ」とののしり、ときに「締め切りさ〜〜ん、ちょっと待ってよ〜〜」と懇願してきました。
 若い頃は締め切りが重なっても、無理をすればある程度は守れたし、締め切りに間に合わせるためにちょっと無茶な仕事配分もこなせました。でもここ10年は無理です。何件も重なってしまうと、体力云々以前に、「締め切りストレス」で精神的にまいってしまう。
 ここ10年は仕事の依頼があると、仕事の内容やギャラより前に聞きたいのは、「納期はいつですか?」ということです。単発ものの取材記事(納期が短い)だけでなく、本を訳したり書いたりする仕事(納期はたいてい数ヶ月先)も、締め切りによっては「ううう、ちょっと無理かも」と受けられない私がいます。もう20歳若かったらぜったいに受けていただろうと思う仕事でも、最近は涙をのんでお断りせざるをえない。な〜〜〜んて、そんなにいっぱい仕事の依頼があるわけではありません。ただ、言ってみたかっただけ。
 今、集中して仕事ができる時間は、1日せいぜい6時間になりました。午前3時間、午後3時間。以前は夜にも3時間くらいやっていたけれど、もう無理です。何かあって(たとえば母の介護のこととか、孫預かりとか、体調不良とか)締め切りに間に合わないのではないかと思うとこわいので、できるだけ締め切りの前に終わらせたいと思うのですが、それがなかなかうまくいかず、たいてい締め切りぎりぎりになってしまう。それがまた身体的・精神的ストレスです。
 でも、何の本だったか忘れましたが、「締め切りが脳を活性化して、老化させない」と書いてあったのを思い出します。締め切りがなくなると、たちまち脳も身体も精神もだらけてしまうそうです。何日までに、何時までに、これを仕上げなくちゃ、と思って、締め切りに合わせて逆算してスケジュールを組むことが、何よりも脳にはいいのだとか。そんなこと言われても、締め切りが与えるストレスが軽減されるわけではありませんが。
 こんなことを書いているのは、GW前進行でいつも月末にやってくる締め切りが前倒しになって、今週中に納品しなくてはならなくてあせっているからです。いやいや、こんなこと書く前に、原稿書けよ、ゲラ読めよ、です。わかっちゃいるのですが、ガンバのことを書きたくない、考えたくないから、誤魔化しているだけかも。
 
 さ〜〜て、ゲラ読みに戻りますか。

 

 サッカーの話ではなく、仕事や生活態度のことです。
 意外に思われるかもしれませんが、私はだらしない割りに完璧主義で、いつも「これではダメだ。こんないい加減なことをやっていては仕事を失う。友だちも失う。家族にそっぽ向かれる」とか怯えています……いました。過去形にしたいところだけれど、以前よりはましになったけれど、今でもビクビクしています。
 三食、栄養価を考え、野菜中心のおいしい食事を作って食べていないと、生活習慣病になる。
 晴れたら布団を干して、洗濯をして、清潔な服を着なければ、社会人として失格だ。
 外出して人に会うなら、ちゃんとおしゃれして化粧をしないと失礼になる。
 食後に運動しないと、糖尿病、高血圧、認知症になるリスクが高まる。
 趣味も休まず続けていかないと……
 自分が納得のいくまで完璧に仕上げて、納期に遅れないようにしないと……
 たまには家族とつきあわないと……以下略
 でも、でも、でも、最近、そこまで突き詰めるのはどうなんだろう? と思うようになりました。
 たまにはファストフード食べたって生活習慣病なんかになりゃしないし、普段着で人に会ってもたいてい相手は気にしないし、洗濯なんか一週間に一回でもちっともかまやしないし、仕事で忙しかったら孫のヘルプを断っても子どもたちは気にしない。
 まあ仕事はね、納期に遅れたらやはりまずいでしょうけれど、それだってどうして無理ならちゃんと早めに「遅れます」と言えばいいことです。毎回はダメでも、どうしてもってときは仕方ない。
 自分に厳しい人は、他人にも厳しくて、他人のいい加減さを許せなかったりします。はい、私です。
 人に対してもっと寛容になろうとするなら、自分にももう少し甘くならないとね。
 いずれ「いい加減にしか生きられない」時期がやってきます。
 そのときに、もしこのまま「ちゃんとしていなきゃ基準」が高いままだったら、きっと自分が許せなくて苦しむのは自分です。
 
 なんてことを書いているのは、はい、締め切りに遅れているからなのです。ごはん作っている時間も、掃除をする気力もないからなのです。それなのに、ガンバのことが気になって、辞書引きながら、ガンバブログを読んでいるからなのです。
 つまり、自分へのい・い・わ・け。
 今日はもういい加減ペースでいこう。

と、話題変わり。
 ウクライナが平和を取り戻すことを祈って、8年前のかの地の写真をあげます。平和へと道が続くことを祈って
B9D6E80E-7415-4441-8309-BB56082DFD8F


  

↑このページのトップヘ