Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

ささやかな日常

 本当におおまかな丼勘定ですが、自分がどんなことに支出しているかをフリーになってから30年あまり記録しています。確定申告のために始めたことなのですが、60歳で年金を受け取るようになってからは、老後をゆとりをもって過ごすための資金計画の意味もかねて、ざっとですが収入と支出の年間予算を立てて、3月の「決算」でバランスを見るようにしています。実川事務所の上半期決算は9月末。2021年度上半期の収支をざっとですが出してみました。
 まず、予想していたことですが、支出が大きく変化しました。記録を取り始めて以来、30数年間でもっとも大きな変化といっていい。
 大きく減ったのが、化粧品、外食、酒などの嗜好品、 旅行です。増えたのは、デジタル関連、Zoom(アカウントを取りました)、Netflix、WOWOWオンデマンド、ルーターなど。アプリも増やしたし、オンライン辞書もいくつか購入して、課金も増えた。オンライン講座も受けたりしています。それでも月々のデジタル関連消費をかき集めても、これまで化粧品に支払っていた金額には及びません。っていったいこれまで私はどれだけ化粧品に注ぎ込んでいたんだ?
 今年は3月からマスクかぶれのためにメイクをやめてしまい、製薬会社がネット販売している肌荒れの人用石鹸と化粧水しか使っていないので激減です。外食も今年に入ってからは3回ほどで、しかもランチでお酒を飲まないので全部合わせても2万円いかない。これでは外食産業は厳しいと思うからたまには……と思うのだけれど、人を誘うわけにはいかないし、それはみんな同じで誘われもしないから結局ウチで3食食べることになります。しかも必ず食べるのが納豆と野菜となったので、食費も減っています。
 旅行に関しては、今だから打ち明けますが、母の入院や介護の相談などがあって関西を往復する機会に足を伸ばして、ちょっとぜいたくな一人旅とかしちゃってました。ごめんなさい。だから旅行代は、月に一回どこかに出かけていたコロナ前に比べるとそりゃ減りはしたけれど、それなりに旅行業界には貢献していたかもしれません。そして酒代。これは事務所(と勝手に呼んでいるだけで、なんということはないたった一人の個人営業ですが)の経費ではありませんが、飲みにいかないってほんと財布を圧迫しないものなのですね。
 それで考えます。アフターコロナにいったい私はどんなことに支出するのだろうか? もし今のまま旅行、外食、化粧品(ついでに服飾品)というある意味老後の贅沢支出ができないまま(しないまま)だとしたら、私の老後の資金計画は大きく見直さないといけないだろうと思うのです。
 こんなことを言うと石を投げられるかもしれませんが、今、仕事が大変忙しい。朝から晩までPCに向かってひたすら仕事をしているので、そもそも消費をする暇がない。ああ、ばっちりメイクして、お洒落して、おいしいもの食べに行きた〜〜〜い、とか考える余裕がありません。おそらく少なくとも来年の4月まで無理です。下半期も支出大幅減のまま行きそうです。
 コロナだから仕事がいただけているのか、それともコロナとは関係なくありがたいことに仕事をさせてもらえているのか、そこのところは分かりませんが、いま思うのは、7年前に立てた「余暇を心置きなく楽しむ老後計画」は当分棚上げしておこう、ということです。その時立てた老後資金計画も見直さねばなりません。当たり前のように支出項目にあげていた旅行や外食はとりあえず「予備費」に回して、ゼロになるかもと予想していた収入を少しでも増やせるよう頑張ろうと思っています。できるかぎり長く、細々でもいいので収入を得る仕事をして、税金を支払う側にいたいです。
 もちろん明日病気になるかもしれないし、何が起こってもおかしくはない年齢ではあるけれど、健康を維持する努力を怠らずに、そして健康維持の目的を「仕事を続けていく」ことにおいて頑張っていこう、と2021年度半期決算をしめて思いました。
A388130F-30B3-4418-92E4-9C1C03D6F7C3
夜中のウォーキングで出会った彼岸花。まだ満開ではありませんが、そろそろですね。秋だなあ

 昨年9月1日から始めた「1日8000歩(ミニマム)ウォーキング」ですが、雨が降ろうが槍が降ろうが(槍はまだ降ったことがないけれどね)、風が吹こうが締め切りが襲ってこようが、毎日続けています。ワクチン2回目接種の翌日に発熱したのでお休みした以外は今のところは皆勤賞。夕飯を食べ終わってから1時間後に出発して1時間。この性格なのでだらだらと散歩することはできなくて、時速5〜6キロ、歩幅65センチを意識して歩いています。デュアルタスクがいいっていうから、中国語の短文をつぶやきながらだったり(マスクだから怪しまれない)、47都道府県を北から順番に思い出してみたり、J1からJ3までのクラブ名を思い出したり、とそんなことして何になるんだ、というようなタスクを自分に課しながら歩くのです。もう一つのタスクは、同じ道を歩かないこと。だいたいコースは4つくらいあるのですが(東西南北)、20メートルでもいいから一度も通ったことがない道を歩く、というタスクを自分に課しています。何のためのタスクなんだか、これもわかりませんが。
 ウォーキングをしてよかったことをあげると、まず動くことが苦ではなくなりました。仕事上どうしてもPCの前に座っている時間が長くなり、夕食後もビール飲みながらだらだらテレビを見てたりしたので(それで体重人生最大値を記録するほど太った)、動くことが苦になっていました。書道教室への道には急な坂の上り下りが多くて、ふー、また登り坂とうんざりしていたのですが、今では「もっと坂道来いっ!」てなもんです。
 第2に、季節のうつろいに敏感になり、月の満ち欠けや雲の形状をよく観察するようになりました。そろそろこの道には鉄砲百合が咲く頃だな、とか、アガパンサスの季節なのか、とか、薔薇は花期が意外と長い、とかこれまで気づかなかったのですが、花や草木で季節を感じることができるようになりました。何と言ってもこの年になって初めて、「月」を身近に感じるようになったのが嬉しい。月がきれいに見られる日は少ないので、新月だろうが満月だろうが今日は見られそうだとネットでチェックすると、月の出に時間を合わせて空が広く見えるところまで出かけています。
 第3に、目の疲れが軽減されました。PCやスマホや読書で疲れた目が、見るものは景色と空だけというウォーキングの時間に癒されます。デュアルタスクするから、よけいなことを考えないですんでストレスも軽くなったような気がします。
 今では6キロくらいの場所には1時間で歩いて行けるようになり、電車に乗ることも少なくなりました。帰宅してお風呂に入り、軽くストレッチすると熟睡できます。
 ウォーキングを始めた理由は、もちろんダイエットとか運動不足の解消とかもあるのだけれど、家にいると早朝から深夜までひっきりなしにかかってくる母からの電話から逃れたい、というのもありました。コロナの前は近くのカフェに逃れて仕事をしていたのですが、コロナ禍下ではそうもいかなくなり、どうしようかと思っていたところに見つけたのがウォーキングです。せめて一時間くらいは花を見たり月を眺めたりして気持ちを切り替えたいということがあり。
 それはともかく、できればこの習慣を一年で終わらせずにこれからも続けていきたいなと思っています。そのためにも健康じゃなくちゃね。
 
AAD286D8-987D-4FC0-B7F8-40204D6A2246

 月見スポットまで歩いて40分。こういう月が見られるとものすごく得した気分になります。

 関東圏、大阪や名古屋など都市部はコロナ感染症の「第五波」がやってきています。西浦教授の予測では、来週あたりに東京都の感染者数は1万人を突破するとか。またもや緊急事態宣言が8月末まで延長されて、自粛自粛と政府や行政は声を枯らして叫んでいます。
 日本だけではなく、アジアでも南北アメリカでも、ワクチン接種が進んで自粛を解禁した欧州でさえも、「第五波」に怯えているようです。北米で大規模イベントが開かれ、マスク着用なしで参加していた人たちの間で460人というクラスターが発生し、その74%がワクチン接種済みだったことから、CDCは前言を翻して「接種した人もマスクを着用するように」と警告しました。それに対する反発も大きいし、そもそも変異種(δデルタ株)の感染力の強さにワクチンが効かないのではないか、という疑いが出てきて、そこから政府や行政に対する不信感もつのっているようです。
 そういう状況を踏まえて、それでは私はどうするか、と考えるこの頃。
 私はワクチン摂取後も外に出るときにはマスクをしています。暑いし、むれるし、湿疹がちっともよくならないし、できれば外したいのだけれど、でもしかたない。社会生活を送る以上、マスクは必須だなと考えています。でも、不織布マスクをつけると顔が真っ赤にはれあがってしまうので、効き目が薄いとわかっていても布マスクです。そこは妥協せざるを得ない。 外に出るなと言われても、社会生活を送っている以上外出せざるを得ないこともあるわけで、そこも妥協です。
 政府や専門家の言うことに従うだけではらちは開かないけれど、かといってただ反発するだけも能がない。せめて自分なりの判断基準を持とうと考えて、昨年からウイルス、人体、感染症、免疫システム、ワクチンについての本を目につくものから読んでみました。とりあえず今の段階で専門家といわれる研究者の知見を私なりに理解し、自分の健康状態、環境、社会人としての生活をかんがみて、ウイルスとのつき合い方の結論はこうです。
1)屋内、人混み、電車の中、人とすれ違うときにはマスク(布マスク)を着用する。でも夜中に人とすれ違わない住宅街をウォーキングするときには外す。
2) 人と会うのはできるかぎり夜8時前にして、外食をするときには食べたり飲んだりしているとき以外はマスクを着用する。でも人と会うことを避けて引きこもることはしないし、ましてや仕事や日々の活動をセーブすることはしない。
3)ワクチンは接種する。でも、3回目を打たないといけないと今の時点で言われたら、それは未接種の人に譲って自分は様子を見る。できれば若い世代の接種を促したい。
4) 帰宅後の手洗いはもちろん続けるし、スーパーやレストランに入るときにアルコール消毒することも怠らない。でも在宅中に手を何度もアルコール消毒することはやめる。 
5)ウイルスは何回も変異を繰り返してしぶとく感染症を蔓延させていくものという前提のもとに、自分自身は発症しないように、またワクチン接種していても人に感染させる可能性があることを肝に銘じて、長期にわたってウイルスと付き合う(?)ことを覚悟する。
  地球上から人に悪さをするウイルスを撲滅する、なんていうのは妄想です。COVID19の対策がある程度できたとしても、つぎのウイルス感染症の波が襲う可能性はあるわけです。だったら、今できる対策で自分自身は感染しても発症させない、感染を広げない、というくらいしか打つ手はない。人類がウイルスを撲滅するとか、それはあまりにも傲慢で愚かな考え方でしょう。ウイルス感染症に対しても、そういう「受容」の域に達することが今の目標かな、と思っています。

 前にも書きましたが、昨年9月1日からアルコールをほぼやめました。「ほぼ」というのは、そうですね、友達と会ったとき以外は飲まない。でもって、コロナ禍のためにめったに友達と会わないので、ほぼ飲んでいないに等しい。昨年まで夏になると、ついつい冷蔵庫から缶ビールを出してプッシュ、グイッとやってました。そうですね、体調が悪くならないかぎりは、特に7月から10月まではほぼ毎日夕飯に缶ビール最低でも1本は飲んでいたかな。たしかに数年前からアルコールに弱くなって、少しでも体調が思わしくないとビール1本でもからだがだるくなったり、ワイン1杯で頭が痛くなったりしていたことはあるけれど、それでも飲まないとごはんを作る気にならないとか、いやなことがあると「やってられない!」と飲んでました。
 でも、昨年9月1日に、お酒に逃げるのはやめよう、と決めました。お酒だけでなく、いやなことがあるとついとってしまう逃避行動をやめることにしました。お気に入りの映画やドラマを最初から最後まで見続けたり、好きな漫画を全巻徹夜で読み直したりするのをやめる。子供のころから、私は好きな映画や本を繰り返し見続け読み続ける習慣(?)があったのですが、これはある種の精神的病ではないか、と少し怖くなったこともあり。誰に迷惑をかけるわけではないし、と言いたいところだけれど、締め切りに遅れたり、約束をドタキャンしたり、と迷惑をかけているのです。だからやはり病なのだろうと。自己診断ですけれど。
 2020年9月1日、母の転院手続きが終わって新幹線に乗ったものの、3分に1回ずつ絶え間なくかかってくる母からの電話(毎回まったく同じ内容)で席に座っていられずたまりかねて着信拒否し、そのことで自己嫌悪になってビールが飲みたくなったのですが、 そのときふと思ったのです。「いま、ここでアルコールに逃げたら、もう私はアルコールから逃げられなくなる」
 まさか自分がそこまで意志が強い人間だとは思ってもみなかったのですが、その日からアルコールを口にするのをやめました(しつこいようですが、友達と会ったときは飲んでいます)。いったん飲まなくなると、別にどうということなく飲まなくなってしまうものなんですね。100%きっぱりやめるつもりがないからかもしれませんが、冷蔵庫にビールが入っていても(夫用)飲みたいとさえも思わなくなる。 暑くなったら飲みたくなるかも、と思っていましたが、いまのところ特に飲みたくならない。自分がアル中ではないとわかって、ちょっとほっとしています。
 よく、逃げずに正面からしっかり問題に取り組む勇気を持ちましょう、と言われます。自分で解決できる問題であれば、逃げないで取り組むのは正しい、と思います。そういう問題を解決する勇気がなくてアルコールに逃げてしまうのはよくない。そこでアルコールに逃げたら、もうアルコールから逃げられなくなる。でも、自分では解決することができない問題が起こったとき、そこから逃げる勇気は必要なのだと思います。逃げないと自分がつぶれるとわかったら、徹底して逃げる。人が何を言おうが、逃げまくる。逃げる勇気を持つことが、自分を守るためにはたぶん必要なのです。でも逃げ込む先がアルコールであってはならない。アルコールをやめたことで、逃げない勇気と逃げる勇気があることを知りました。
 また人と会うことが多くなったら、飲むことが楽しくなるかもしれません。でも、もう逃げ込み先にアルコールを利用するのは一生やめておこう、と今は思っています。 

 本来ならウズベキスタンで行われているACLのことやEURO2021のことを書けばいいのだけれど、どうしても気持ちが進まないうちに6月が終わり、7月が始まってしまいました。
 その代わりと言い訳でこんなことを書くのを躊躇していたのですが、それでもあえて書いておくことにします。
忙しいよっ! 
 この半年、ほんとつぎからつぎへと想定していなかったいろいろなことが起こり、予定していたスケジュールをキャンセルや延期せざるを得なかったり、楽しみにしていたイベントも先送りしたり、それで結局締め切りまでに逆算して組んでいたスケジュールがこなせなくなって夕食後も休日も返上で仕事せざるを得なくなるという毎日です。
 それでも昨年の下半期に比べたらまだマシなんですけれどね。昨年の前半はコロナ禍で仕事もいったん休止になったために、まだ落ち着いて日々が過ごせましたが、8月に母が脳梗塞で入院してからは怒涛の日々でした。認知症が一気に進んだ親との付き合い方が分からなくて、あたふたしているうちに自分が全身湿疹に見舞われ(今もおさまっていないのだけれど)どう距離を置いてつきあっていくかを2021年上半期は模索していたように思います。こちらが模索している間にも、母は月に1回は脳梗塞だ、骨折だ、と病院にかつぎこまれ(ときには救急車で運ばれるのだけれど、そのたびにワケがわからない母は恐怖に見舞われて大騒ぎ)、でもまったくたいしたことなくて2晩くらいの入院で施設に戻る。ところが、こんどは施設の自分の部屋が認知できずにまたひと騒ぎ。何か起こるたびに認知症は加速度的に進行していくわけです。私の模索はとても追いつきません。
 でも、ありがたいことに、仕事の発注は切れ目なくあり、大型(私にとっては)の案件が決まったり、プロジェクトも少しずつ具体的に動き出していたりして、仕事に救われています。仕事は自分である程度コントロールができるし、やり終えたら達成感がある。それと、仕事仲間と共通の話題で盛り上がるのも楽しい。介護のことも、ついその感覚でなんとかしようとするからストレスがたまるのだろうなあ。 わかっちゃいるけれどね。
 まあそういうわけで、私は最近6時前に起床して家事や事務仕事を9時すぎまでに済ませ、できるだけ午後2時までにその日のスケジュールをこなして、不慮の事態が起きても少なくともその日の仕事に支障が出ないようにしています。何か起こるのはたいてい夕方から夜にかけてなので。とはいっても、何事も想定通りにはいきません。今日も何が起こるか分からないので、さあ、がんばって午前中に原稿を入れるぞ!
  

↑このページのトップヘ