Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

ささやかな日常

 キッチンの窓から隣や向かいの家の木立にやってくる鳥たちが見えます。
 雀、ヒヨドリ、メジロ、ジョウビタキ、オナガ、シジュウカラ、キジバト、ハシブトガラスなどなど。季節によって、時間帯によって、やってくる鳥はさまざま。木立で何かをせわしなくついばむ鳥がいるかと思うと、ときには人間(私)の目の前で朝っぱらから恥ずかしげもなく愛を交わしたり(私が恥ずかしげもなくと思うだけ)、ちがう種類で激しいケンカを繰り広げたり(仲裁にいきたくなる)、カラスなどは「はよ、ゴミ出せや! 生ゴミ満載で出してもらおか!(なぜか大阪弁)」と燃えるゴミの日に電線にとまってこちらを威嚇したりする。その様子を眺めるのが大きな楽しみです。
 洗濯物を干すときに、隣の家の木やアンテナにとまって、ときに声高に仲間に呼びかけているさえずりに耳を傾けるのも楽しみです。物干し竿に堂々ととまっているカラスに「グワーグワー」と威嚇されると、喧嘩売られている気がして、思わず私も「なんやとー、あっちいけや〜〜」とすごんじゃうんですけれどね。でもシジュウカラあたりが美しい声でさえずっていると、しばし聞き惚れてしまう。もし解読アプリがあるのならぜひダウンロードしたいところなのだけれど、泣き声から種類を調べるアプリはあっても、鳥語の解説までしてくれるアプリはいまのところ見つかりません。
 でもって、何が言いたいかというと、 そんな鳥の姿を観察しながら野菜を刻んだり、洗い物をしたり、洗濯物を干したりしているときに、私はなんとも言えないほどの幸福感に充たされるのです。
 鳥のことが好きだから、とか、鳥の姿やさえずりに慰められるから、とかいうのとはちょっとちがう。
 鳥の姿を見つけ、さえずりに耳を傾ける余裕があること。鳥の姿を愛でて、何をしているんだろう? どんな呼びかけをしているのかな? といろいろ想像してひとりごとをつぶやいたり、にまにま笑ったりできることに、満足しているためかもしれません。
 または気まぐれ(なつもりはあちらにはないだろうが)な野鳥をたまたま見つけることに新鮮な喜びがあるのかもしれません。
 以前は「こんなつまらんことで幸福感に充たされるなんて、私ってほんと小物だわ」とか思ったりしたこともあったのですが、最近では、ま、いっか、これで幸せが感じられるのも私なのだろう、と思うようになりました。
 幸福感って、ほんとどんなことで感じられるか人それぞれなんだなと思います。
 おいしいものを食べたときとか、家族団欒とか、仕事がうまくいったときとか、すてきなプレゼントをもらったときとか、そういうときに幸福感を感じる人もいる。
 でも○○だから幸福度が高い、とか、幸福度をデータ化する、とかそれはできるのでしょうか?
 北欧諸国が幸福度が高いという記事を読むたびに、うーん、本当に? そもそもその幸福度をはかる要素って、ほんと人それぞれなんじゃないの? と思ってしまう。 
 ま、そんなことを思いながら窓をあけると、ベランダのフェンスに堂々とキジバトのつがいがとまっていて、またまたうれしくて幸せになった今朝でした。
EA2609A5-9599-42AD-8862-353B7BF103B8_1_201_a

  

松の内が明けてから年賀状を投函したり、こちらで新年のご挨拶をするという遅ればせの実川です。
いいわけはともかく、まずは今年もみなさまにとって穏やかで明るい一年となりますことを、本当に心から祈っております。
年が明けてから、元日女子相撲大会を見に行ったり(友人が出場したから)、高尾山に登ったり(夫がいきなり言い出したからつきあいで)、ラグビーを見に行ったり(南アフリカのデクラークが横浜イーグルスに加入したから)、ガンバの新加入選手にちょっと心を躍らせて小野瀬ロスをいやしてみたり……なんてことをしておりました。PCの前に座って何かをする気にならなくて、昨日になってやっと年賀状を印刷して、はい、先ほど投函しました。はなはだしく遅ればせながらで申し訳ありません。

ところで、今年の目標は、無為の時間を過ごすことです。
〜しなくてはという義務感とか、何かのためとか、役に立つから、とかそういうことではなく気持ちにまかせて、できるだけストレスを感じない時間を持つこと、かな。
実は昨年の健康診断の結果がよくなくて……いや、よくないどころか悪くて、は〜〜〜と落ち込んだのですが、原因をあれこれ考えても意味ないので、とりあえずは対症療法であっても治療をしながら、これまで通りの生活をしようかなと思っています。
ガツガツ、エネルギッシュに行動するのを少しは控えたらどうか、とも思うのですが、控えかたがわからないし、そこで自分に歯止めをかけること自体がストレスになるので、正月をはさんで10日ほど考えてあっさり「控えること」は放棄しました。仕事もこれまで通りにやっていきたいし、旅行も行きたいし、会いたい人にはどんどん会いたい。だって明日どうなるかわからないのだから、そうしたいと思ったらやっておかないと。
だから今年もおいしいものを作って食べて、行きたいところに行って、見たいものを見て、楽しいことをいっぱいやりたいなと思います。
ガンバに関しては今年もまだ我慢ガマンがまんの年かもしれなくて、ストレスもたまりまくりでしょうが、まあそれはそれとしてまずは開幕戦から行ってみようかと。
ということで、今年もどうぞグラマラスライフにおつきあいください。 
 

 事情があって、今年は1日早く今日、つまり2022年大晦日に我が家で新年会? 年越しパーティ? をやりました。いま娘たち一家を見送って久しぶりにPCの前に座りました。おせちやら掃除やら買い物やらで、4日間座るひまなかったもので。
 今年も忙しい1年でした。
 仕事に、家庭生活に、書道に、介護に、追われ続けました。
 どれも、もちろん100%完璧ではないけれど、私ができることは精一杯やれたかなと思っています。だから今年は自分を褒めてあげよう、という気分。
 今年は毎日書道展で初めて受賞しました。そのとき先生方から「一段上がったね」というとてもありがたい言葉をもらいました。
 おそらく、今年もらったなかで一番うれしく、一番励まされた言葉でした。
 そして自信もつきました。書道だけではなく、仕事でも、家事とくに料理でも、まだまだ私は成長できるし、その余力はあるんだ、と思えました。
 ただ、残念ながら年齢は容赦ないです。今年の健康診断の結果があまりよくなくて、それが加齢によるものだと思い知らされてやや落ち込んでいます。
 これに関しても、成長できるための努力は必要だけれど、40代、50代のときのようながんばりはもうきかないよ、という忠告だと受け止めて、がんばりの度合いをこれまでの70%くらいに抑えつつ、それでも成長をあきらめないでいこうと気持ちを取り直しています。
 がんばることは得意なのだけれど、がんばりすぎないことが苦手な私にとって、その70%の加減をどうつけるのかが2023年の課題になりそうです。
 今年もグラマラス・ライフを訪問いただきありがとうございました。
 来年も、またお付き合いの程、よろしくお願いいたします。
 来年は、来年こそは、すばらしい一年となりますように。
 みなさまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
IMG_3329

 おせち。いつまで作り続けられるかわからないけれど、食べてもらいたい人たちがいて、作りたくて頑張れる間は作り続けようと思っています。
 今年はいが蒸し、ミニミートローフ、昆布巻き、菊花かぶを作ってみました。

 来年はいよいよ60代最後の年を迎えます。正確には2024年再来年の2ヶ月間は60代ですが、まあ2023年が60代最後と言っていいでしょう。
 2014年に還暦を迎えたとき、私はたしかこのブログに「まだまだあきらめない」みたいなことを書いたと思います。仕事を、自立した生活を送ることを、自分がやりたいことをやることをあきらめないぞ、というような宣言をしたような気がしています(→確かめていませんので、ちがったらご容赦を)
 そして実質60代最後の年を迎えるにあたって、あらためてその決意をここに宣言しておきます。
 60代最後の年も、もちろん70代になっても、私は私のやりたいことをあきらめません。
 仕事も、趣味も、ボランティアも、生活も、やらなくてはならないという義務感よりも、やりたいという意欲のほうを優先させてやっていきます。
 ということをわざわざここで宣言するのは、年齢に関係なく、どうもね、この社会(日本だけではないかもしれないが)には、やりたいことよりも、やらなくちゃいけないとされていることを優先させる、いや、優先どころではなくやらなくちゃいけないとされる義務だけをやっていればいいんだ、それ以上のことをやるな、というような圧力があるように思うからです。ただ私がそう感じているだけかもしれないのですが。
 たとえば……
 結婚しなくてはいけない。
 子どもを産んで女は一人前(→母の口癖。1日1回は言っていた)
 女性は家庭を守るべし。
 夫や家族の面倒を見る(ケアする)のが女の義務。
 親の介護は子どもの責任であり義務。
 家族全員の衣食住の管理は妻(母)がやるべき。

 はい、私も「そうすべき」とずっと思っていました。でもね、60代になったとき、その「義務」は私の人生を貧しくしてしまう、ということに気付きました。

 とくに私(1954年生まれの女性)の仕事の前に立ちはだかる壁は、働き始めてからずっとうんざりするほど高かったです。
 
 なぜあなたがフルタイムで働かねばならないのですか。お子さんが小さいときはしっかり面倒を見てあげるべきです。それが母親のつとめです。(20代から30代にかけて)
 仕事、仕事って、あなたがそんなに必死になってやらなくちゃいけないことなの? 経済的に困窮しているわけじゃないんだから、あなたのやっている「仕事」って所詮有閑マダムの暇つぶしでしょ? それよりもだんなさんやお子さんたちの面倒をしっかり見てあげたら? 子どもがぐれたら親の責任だよ。(30代から40代にかけて)
 仕事はいい加減にしろ。親が老いてきているのだから、そんなボランティアみたいな仕事なんかやめて親の面倒を見てやれ(50代)
 いずれあなたも年をとって介護が必要になる。いまあなたが親の面倒を見ないと、そのツケは自分に回ってくるんですよ。そろそろ仕事をセーブして、しっかり親の介護をしなさい。でないと、いずれ自分が老いたときに悔やむことになりますよ。(60代。いままさに言われ続けています)

 言う人は家族(とくに母親)、親戚、友人、知り合いなどなど、面と向かっていう人もいっぱいいたけれど、○○さんがそう言ってたよ、と「忠告」する人もいて、人の言うことをすぐに気にする私にはなかなかに壁が高く、険しく感じてきました。

 でもね、励ましてくれる人もいっぱいいるのです。
 仕事を続けていくことをあきらめかけたときに、仕事を依頼して「実川さんじゃなくちゃできない仕事ですよ」と言ってくれる編集者や仕事関係者たち。
 泣き言をいうと「人に言われたことで悩むなんて馬鹿馬鹿しい! 無視無視!!」と一蹴してくれる友人たち。
 大きな仕事を引き受けるかどうか迷っているときに「その仕事をいまやらないで、いつやるのよ! 私たちだって残された時間はそう長くないんだよ。がんばりなよ」と背中を押してくれる妹。
 そして思いもかけないかたから高い評価をしていただいたり、ときには賞をいただいたりすると、ああ、ほんと、あきらめないで仕事を続けてきてよかった、としみじみ思います。

 幼い子どもを抱えて仕事をがんばっている娘たちにもいつも言っています。
 「女性が仕事を続けていくのは、男性とはまったくちがったたいへんさがある。賃金格差とか腹の立つことも多いし、いやになることもいっぱいあるし、周囲からの圧力もある。でも、あきらめないで。あなたが選んだ仕事を、あきらめないで続けていって。仕事をすることで見えてくる世界がある。仕事をすることで得るものはお金だけではない。仕事だけが人生ではないけれど、仕事をすることで豊かになる人生があるんだよ」
 そう、次世代のためにも私は仕事をすることをあきらめないでいきたいです。
IMG_3195

 もらいものの写真です。クリスマスツリーと満月。

今年、2022年の年明けに北のほうで不穏な空気が漂い始めて、まさか、まさか侵攻しないよね、いまさら武力で他国を占領しようとか、それ20世紀の半ばで全世界的に反省して終わったんじゃないの? と思っているうちにロシアがウクライナに武力攻撃。ロシアとしたらすぐに終わるはずが、いまだに戦闘が続き、ウクライナだけでなく全世界的に大きな影響(もちろん悪いほうの)が及び、どうなってしまうんだろう……とびくびくしているうちに1年が終わろうとしています。
いろいろなことがあったはずなのだけれど、そのいろいろのすべてがこの戦争に結びついてしまう。
しかも2022年が終われば、はい、問題も解決に向けて好転しますね、とはまったくいえない。
この不透明感、先が見えない不安感が影を落とした一年でした。
暗い話になりそうなところですが、気持ちを立て直して今年私個人がやったこと、やらなかったこと、思ったこと、感じたことを書いてみようかなと思います。

まずは旅行。今年は金沢、旭川、函館に旅行しました。
金沢21世紀美術館で開催されていた「フェミニズムズ」が目的でしたが、そのほかにも金沢に移転した国立工芸館を訪問し、兼六園を散歩し、金沢城を見学して温泉につかる旅。一泊でしたが、なかなか充実していました。
IMG_1564
(東京から金沢に移転した国立工芸館。館内も展示も見応えある建築物でした)

旭川は、ゴールデンカムイ 聖地巡礼ツアーと称して北鎮記念館や旭川博物館、神居古譚(と駅舎)などを見学。ジンギスカンで有名な大黒屋で大好きな羊を満喫し……おなかをこわしましたがそれでもあの味は忘れられません。ビールがいけなかったね。
IMG_2587

(神居古譚駅まで石狩川をわたる神居大橋)

函館は、私が所属する創玄書道会の創始者、金子鴎亭先生とその一番弟子である中野北溟先生(今年99歳!)の展覧会を見て、あとは第二次ゴールデンカムイ 聖地巡礼ツアーで五稜郭などをまわりました。ここでもジンギスカンを堪能し(もうビールを飲まなかった)、有名な回転寿司で「もう食べられません」というまで北の海の幸を満喫。
そのほか仕事と介護で大阪と広島にいきました。大阪は毎回観光しよう、グルメしようと思うのだけれど、結局時間がなくてアウト。でも広島は前泊したので、ちょっとだけ観光。平和記念資料館をじっくり見学しました。もう20年以上前に訪れたことがあるはずなのだけれど、展示方法が変わっていたせいか、それとも私が年をとったせいか、印象が異なりました。
IMG_3104
(平和記念大通りはクリスマスシーズンを迎えてか、イリュミネーションが輝いていました)

海外旅行に行けなくなってから、日本のなかを回っているこの3年ですが、いろいろなところにいくほどに痛感するのが「私は日本のこと、日本の(そして世界のなかにおける日本の)歴史を知らなさすぎる」ことです。
そもそも日本はいつごろから日本となったのか?
日本語はどのように成立したのか?
生まれは兵庫県ですが、東京で暮らしてもう50年以上がたちます。出身は兵庫県でも、成人してからの生活の場は東京。そうすると首都・東京の住民の目線でつい日本全体を推し量ってしまうのだけれど、地方に旅行するたびにそれでは日本のすがたはほんの一部しか見えてこないとわかります。それではいかんよなあ〜〜と毎回旅に出るたびに思うので、今年は歴史の本をわりによく読んだかな。
読んだ本についてはまたあらためて。

↑このページのトップヘ