Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

女子サッカーを追いかけて

昨日は大和市が企画主催する「レディースサッカー体験会」というのに行ってきました。久々にシューズはいて、ボール蹴って、とても楽しかったです。
ボールを蹴ることは、快感です。ボール蹴るたびにドーパミンがどっと出る感じ。いや、データの裏付けも何もなく、ただ私の感覚でしかありません。へたっぴい初心者のいうことだから、万人にあてはまることではないと思いますが、うん、昨晩はドーパミンいっぱい出たぞ、きっと。
50歳を前にして「こんなにサッカー好きなのに、ボールを蹴らないで死ぬわけにはいかない」と、「大人のためのサッカー教室」に入会し、多いときには1週間に4回もボールを蹴っていた時期がありました。チームにも入ったし、合宿にも参加したし、家で自主練とかもやってました。ぜんぜん上手くならなかったし、怪我もしたし(結局そのためにやめざるをえなかった)、試合に出してもらうたびに役立たずの自分が申し訳なかったのだけれど、でもボールを蹴るのは楽しかった。
昨年、久しぶりにシューズをはいてウォーキングサッカーに参加させてもらったとき、楽しさを思い出しました。そのときの縁でまたボールが蹴ることができました。
私は運動神経がなくて、中学まで走るのは遅いし、リズム感がないからダンスも何もかも下手で運動会が大っ嫌いでした。特にボールを使う競技がダメダメ。ボールを投げたらとんでもない方向に飛んでいくし、ボールをキャッチすることもあまりできない。ドッジボールとかでは一番にボールをあてられて外でのそのそしているタイプ。でもからだを動かすのは嫌いではなかった……じゃなくて好きでした。ただ鈍臭い自分が恥ずかしくて、積極的にスポーツに一生懸命になることはないまま年ばかり食ってしまった。(水泳とか長距離を走るとかは少しだけ得意だったけれど)
でも50歳を前にして「もう見栄張っている年齢じゃない。好きなことをやって何が悪い?」とサッカー教室の門をたたきました。そこでも一緒に入った人たちがどんどんうまくなっていくのにいつまでたっても鈍臭いまま。「私はなんでこんなことをやっているのだろう???」と思うことの方が多かったかな。
「サッカー? その歳でそんなことやって何になる?」「いい歳してやることか?」「怪我したらどうする?」といろいろ言われたし、言われても「ああ、そのとおりです」としか答えようがなかった。でもいま思います。
どれだけ恥をかいても、どれだけアカン自分にうんざりしても、たとえ5年くらいにせよ夢中になってサッカーをやっていてよかったな、とね。
70歳になってもボールを蹴ることができて、ああ、気持ちがいいって思えることが幸せです。
人生にやって無駄なことはひとつもないんだと実感してます。


なでしこジャパン 2−1 北朝鮮代表
IMG_7979

パリ五輪出場をかけた最終予選、対北朝鮮戦。第1戦はサウジアラビアのジッダで開催され、0−0の引き分けに終わりました。ぎりぎりまで開催地が決まらず、4日前にようやく決定したらサウジアラビア。航空券や宿泊の確保にJFAは奔走したと報道されていました。欧州組のなかには日本まで帰国して、すぐにサウジアラビア往復という選手もいて、しかも日中の温度38度という炎天下での試合でコンディション調整もたいへんだったと想像します。内心、北朝鮮での試合開催が無理なら、日本での一発勝負でいいじゃないかと思っていました。男子チームだったらもっと非難の声があがったはず。
最終予選のチケット発売と同時にチケットを購入したのですが、聞くところによるとぎりぎりまで余っていたとか。でも、行ってみると満席でした。22000人超の入場者。まあまあかな。
試合は北朝鮮がとても強くて、互角の勝負となり、レベルの高い試合内容だったと思います。北朝鮮はコロナがあってしばらく国際試合から遠ざかっていたと聞きましたが、そうとは思えないほどチームはまとまりがよく、テクニック面でも戦術面でもレベルが高かった!
どきどきしながら国立競技場へ。服装は当然、ワールドカップのときと同じ。そしたら入り口でテレビ局にインタビューされてしまったけれど、年齢60代というとドン引きされました(汗)

勝ったからいえるのかもしれませんが、試合は内容的にもとてもよかった。サウジの第1戦では左サイドがあまり機能していなかったのだけれど(遠藤選手や宮澤選手が不参加だったからか?)起用された北川選手が大活躍。左サイドにかたよってるんじゃないかな、右の清水、藤野両選手がいまひとつかなと思ってはらはらしていたら、後半にすばらしいゴール! え〜〜〜打ち明けますが、藤野あおば推しの私はゴールが決まったときに全身に震えが走って涙が出ました。自分では「花粉症のせい」と思いたかったけれど、いや、もう感激の涙ですよ。あおば、20歳でもうエースですね。
と2選手の名前をあげましたけれど、全員よかった。第1戦ではアンカーをつとめた熊谷選手がねらわれまくってると思っていたら、昨晩の試合では3バックの真ん中。安定していました。
最初のゴールを決めたかと思ったら、失点にからんでしまった高橋選手、ゴールライン上10センチのボールを片手でかき出した山下選手、縦横無尽にピッチを走り回った長谷川と長野両ボランチにいたっては、風格さえも漂っていましたね。
フランスに行って応援したくなり、調べたのだけれど……航空運賃もホテル代も高すぎ。うーん、どうしたものか。

先月7月20日に開幕し、一カ月に及んだ32カ国代表の熱い闘いが昨日幕を閉じました。
優勝したのはスペイン。
決勝戦となったスペインvsイングランドは、決勝戦にふさわしく、テクニック、戦術、フィジカルすべてにハイレベルでした、両チームとも。
勝敗をわけたのは、スペインの高い技術と戦術眼だったかな。イングランドに主導権を渡さないように、パスはカットし、前線からすばやく激しいプレスをかけ続けたのが勝因……だったように思います。
そのスペインと日本はグループリーグ第3戦で対戦し、なんと4−0で圧勝しました。
大会得点王になった宮澤ひなた選手がスペイン戦でもあざやかなカウンターから2得点しました。
なでしこジャパン、スペインには圧勝したものの、準々決勝で対戦したスウェーデン戦ではフィジカルの高さをいかしたスウェーデンのハイプレスにやられました。そのときは、体格的に似たようなスペインには勝てても、いかんともしがたい身長や体格の差には勝てないのか、なんて思ったのですが、きのうの決勝戦を見ていて、いやいや日本だってもっとやれるはずだよ、と思いましたね。
アジア枠2と出場権獲得は厳しい競争となるでしょうが、パリ五輪で「もっと上を目指せる」ことを証明して欲しいです。

ニュージーランドで生観戦が7試合、ホテルのTVでニュージーランドだけでなくオーストラリアで行われている試合もチェックし、日本に帰国後もFIFA+で試合観戦しました。今年の夏はワールドカップ観戦に明け暮れたといってもいい。なでしこジャパンの試合でなくても、観戦するごとに一喜一憂し、得点に雄叫びをあげ、失点に頭を抱え、選手と一緒に涙を流しました。なんでここでぼろぼろ泣いているのか、自分でもわからないのだけれど、感情昂り指数はかなりのものでした。
今夏、気温だけでなく、私の気持ちは熱かったです。
そんな興奮の一カ月が終わって、いまは祭りのあと状態。
まだ暑さは続きますが、気持ちを切り替えて仕事に戻らなくちゃ。
IMG_5853

 試合について、いまは書けません。
 まだ冷静になれない。
 試合終了とともに、ピッチに崩れ落ちる選手たちを見たくなくてテレビをいったん消しました。
 後半のしぶといがんばりを見ていると、胸が苦しくなってもうなにがなんだかよくわからなくなってしまったので、いったん消したテレビをまたつけて後半だけ見直しました。また泣きました。
 今朝、選手コメントを一行読んだだけで涙腺決壊してしまうし、とても試合を振り返れない。
 5試合を通して、私のMVPは熊谷選手です。
 10ヶ月後のパリ五輪でも、4年後のワールドカップでも、ぜひキャプテンマークを巻いてほしい。
 すばらしいキャプテンシー。
 このチームをもっともっと見ていたいので、パリ五輪に行く準備を今日から始めようと。 
 最後にひと言。
 サッカーが好きでほんとによかった。
 そう思わせてくれたチームに感謝です。 

↑このページのトップヘ