Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

ランチョンマット

 さて、理想のマイキッチンができてまず招待したのは、娘たち家族です。
 娘たちの第一声。「いったいここどこ? っていうくらい変わったね。私たちが知っている「実家」のかげはもうない。別の場所だよ」
 その意見が聞きたかった。「別の場所」、そうなんです。もうかつてのキッチンではありません。だから私の労力は以前の半分、とまでは言わなくても、3分の2くらいですみました。

 娘たち家族を呼んで囲んだ食卓のメニューは、でも、いつもお誕生日や祝い事で作っていたのと同じ。鯛の姿焼き、ローストビーフ、カラフル温野菜、イチジクと春菊のサラダ、利久ナス(長女の大好物)、豚バラれんこん(お孫1号のリクエスト)など。

fullsizeoutput_6aaa

IMG_2045

娘たち家族を招待したときは、長女が大好きな「あんず」の絵を壁にかけました。父の作品です。

 そして「ペルシャの夕べ」と称して、親しい女性たちをおよびしての女子会を開きました。友人のダリア・アナビアンさんが書かれた「千夜一夜のおもてなし」を参考にして作ったペルシャ料理は、舌の肥えた友人たちにも好評でした。
fullsizeoutput_6ac0

このときは壁には父が描いた「イランの娘たち」というタイトルの絵をかけました。2000年に両親と一緒に旅したイランとのご縁はまだ続いています。
IMG_2160

私の予想に反して、とくに好評だったのがバスマティライスというインディカ米をたくさんのハーブやサフランと炊き込んだチェロというお米料理でした。後ろにあるのは5種類の豆をほうれん草やニラなどと煮込んだホレーショ

 そして中国からの留学生と中国人の先生ご一家を招待してお茶をしました。お子さんたちもいるので、テーブルセッティングも少し変えて。
fullsizeoutput_6ac2

 これからも「ウチにいらして!」と気軽に友人や家族をお誘いしたい! とテンションが上がっています。

 断捨離第一段階終わりました。キッチンの改装も終わり、その使いやすさに毎日うきうきしています。「キッチンを改装したい」と私が言ったときに「子どもたちも独立して2人暮らしになったんだから、今さら家の改装なんて必要ない」と言い張っていた夫も、きれいになったキッチンには満足そうです。
 改装してみてあらためて実感したのですが、家電製品、そしてシステムキッチンのこの10年の進化はすごいです。節電、節水、節ガスはものすごく進んでいるし、かつ、安全対策がそりゃもう「ここまでやりますか!」というくらい念入りにされている。高齢化社会を見越して、なのか、お年寄り(私も含む)には安心して便利に使える設計になっています。(この話、何回も書いていますね。それくらい感動したのです)
 思えばここ数年、冷蔵庫壊れた、洗濯機壊れた、食器洗い機の調子が悪い、ガスコンロが使えなくなった、とそのたびに修理を呼び、結構高額の出張修理費をとられ、あげくに「つぎに故障したら買い替えをご検討ください」と言われてきました。ついに「これ以上は無理」と言われて買い換えようとしたら、階段があがらないから一人暮らし用の小さい冷蔵庫しか無理、今の洗濯機の機種にするなら排水管から取り替えてください、いまのスペースにお望みのコンロは入りません、などなどいちいちダメ出しをされてストレスがたまっていました。ガスコンロが4口中1〜2口しか使えなくなったのが改装への最後の後押しとなったのですが、その期に及んでも夫は「コンロだけを変えればいいことじゃないか」と主張。コンロを変えるだけではすまない、ガスの配管までやり直さなくては新しい機種はつかないのだ、と言ってもまだぶつぶつ言っていました。
 でも、料理というものを生まれてから3回くらいしかやったことがない、つまりキッチンを日常的に使うわけではない夫ですから、家電にはいっさい興味なし。ましてやシステムキッチンがなんたるものかもわかってないから「自分の意見」というのがない。PCやIT機器みたいに情報収集研究して、「これがいいんじゃないの?」などと意見することはありえないわけです。そのことにほんと助けられて、私は自分がやりたいように改装できました。 そして出来上がったのが、実家から独立して以来ずっと夢見てきた「理想のマイキッチン」です。毎朝、キッチンの窓から差し込む朝日に窓辺に並べた観葉植物がきらきら輝くのを見て、幸福感でいっぱいになっています。こんなことでこんなに幸福になっていいのか、と自分をいさめたくなるほど。
 マイキッチンができて一番に思ったこと。それは「お客さまを招待したい」ということです。このキッチンを使って、おもてなしをしたい! 思いっきり料理を作ってみたい! 頭の中で思い描いていたテーブルセッティングを実行してみたい! ただし、今持っているものだけでやりたい、ということ。
 断捨離のとき、食器、カトラリー、テーブルクロス、ランチョンマット、鍋釜包丁などキッチン用品を全部出してリビングの床に並べどれを残し、どれを娘たちに譲り、どれを捨てるかで分けました。そのとき「これを使ってどんな料理を作り、どう盛り付け、どんな人に食べてもらいたいか?」というイメージが湧くものだけを手元に残しました。あとは娘たちの判断に任せ、娘たちもいらないといったものは処分。
 手元に残したものは、どれも「料理したい欲」をそそるものばかり。おかげでキッチン完成からすでに3回もお客さまを招待! そこでどんなテーブルを作ったかが続きます。

トルコ料理が好きです。世界の3大料理は(一般的に)フランス料理、中華料理、トルコ料理とされていますが、フランスや中国に並ぶだけはあります。おそらくオスマントルコ帝国時代にさまざまな民族、文明がまじったことが、美味を産んだのではないかと推測。でも、正直、フランス料理ほど洗練されていないし、中華料理ほど絢爛豪華、珍味きわめる感じではない。一般家庭でごくふつうに食べられている家庭料理としてのトルコ料理が美味なんだと思います。ハレではなくケの料理が美味しいっていうのは、ある意味非常に贅沢なことですね。
北キプロスもトルコ料理でした。キプロス料理っていうのはないのか? とちょっと疑問。よくわかりません。南キプロスにいったらいきなりイタリアだったので、違いを出す上でも北キプロス=トルコ料理なのかも。

それでは、正味8日間、おいしかった料理を並べていきます。
 
fullsizeoutput_60c1
宿泊した北キプロスの北岸のリゾート地、キレニアのホテルでは3食ビュッフェでした。昼、さんさんと輝く太陽の下で食べていたのは野菜中心のトルコ料理。野菜そのものが味わい深いんです。
 
IMG_9157

 CONIFAのレセプションは古い城塞町ギルネにあるケバブ・ハウス。豚以外の肉、肉、肉、肉責め。これで終わったかと思ったら、最後にとどめのようにこのパフォーマンスでまた肉。いや、一つひとつの肉料理が調理方法から味付けまでちがって満足したんですけれどね。
IMG_9149
なんせ、テーブル横にこの肉入り冷蔵庫だものね。
fullsizeoutput_60c3
アンタルヤに移動して、お世話になったハクスヴェルさんご夫婦に連れていっていただいたケバブのお店。炭焼きで羊肉の串焼きや焼き鳥(もちろんトルコ風味)が出てきて、これまた美味でした。
これは羊のレバー、「クズジエール」クズ=羊、ジエール=レバー
fullsizeoutput_60c4
こちらは串焼き鳥「タブックシシ」タブック=鶏、シシ=串焼き。オールスパイス、トマトペースト、タイム、クミンといったスパイスがきいていて、ナンにはさんで食べるとひときわ美味しかったです。
IMG_9327
「エトリピデ」エトリ=肉、ピデ=ピザ。薄焼きのピザ生地の上にスパイシーなひき肉や野菜がたっぷり。これは北キプロスでも私はものすごく気に入って毎食食べていました。
fullsizeoutput_5f4e
アンタルヤ名物料理「ピアーズ」白いんげんのサラダです。白いんげんをごまペースト、レモン汁、オリーブオイルであえて、トマト、玉ねぎのスライス、ゆで卵とイタリアンパセリを添えたサラダです。気に入って日本でも作りました。
IMG_9328
トルコはデザートもおいしい。最近は甘みもおさえられてよりヘルシーになっている、とのことですが、それでも結構甘くて濃厚。これはかぼちゃを甘く煮てゴマペースト=タヒンときざみくるみをかけ、カイマクという水牛のクロテッドクリームを添えた「カバックタトルヌゥ」 
fullsizeoutput_60ca
そして朝ごはんです。ししとうみたいなシビルビデル(辛くない)、トマト、オリーブ、パストゥルマというビーフジャーキー、タヒン=ゴマペースト(甘い)、自家製オレンジジャム、白いの2つはベヤズペイニルという白チーズ、あっさりして食べやすいチーズです。そして感動したのが24時間石窯で焼いているパン屋さんのエキメッキ(パン)。おいしくて感動したので、お店に連れて言ってもらいました。
fullsizeoutput_60cb
メガネの方がパン屋さんのオーナー。どれを見てもおいしそうなパンばかりが並んでいて、ボレッキやアチュマといったパンを買って試食。うーん、焼きたてエキメッキはトルコでないと食べられない!!そのためだけでももう一回トルコ行きたい!
fullsizeoutput_60cd
fullsizeoutput_5f66

トルコ料理の代表格とも言えるのが「ギョフテ」という牛肉(羊肉もあるのか?)というハンバーグみたいなひき肉料理です。街中にもギョフテ屋さんがあちこちにあって、中身に野菜各種を入れたり、煮込みにしたりとバラエティがあるみたいです。ハクスヴェル家にはギョフテ焼き器みたいなのもあって、さすがと感心しました。

fullsizeoutput_60ce
トルコ、といえばヨーグルト。ハクスヴェル家の自家製ヨーグルトでつくったヨーグルトの冷たいスープ。野菜がたっぷり入っていて、スパイスとほんのり塩味が舌とおなかに優しい。
fullsizeoutput_60d0
ペースト3種と人参とヨーグルトのサラダ。ひよこ豆のペースト「フムス」、ナスのペースト「パガルー」はすっぱいのとこってりしたものと2種類。
fullsizeoutput_5f63
ひよこ豆のシチュー「ノフット」。牛肉の出汁がひよこ豆によく合う。
IMG_9691
近所でやっていたバザールにはすごい量の野菜が売られていました。お兄さんが「写真撮って!」とポーズを取ってくれました。
IMG_9692
巨大なかぼちゃもバザールで
fullsizeoutput_5f5e
今回お世話になったハクスヴェルさんご夫妻。ひろこさんとはこのブログを通してもう15年ほどのおつきあいですが、2回訪れたトルコで2回ともとってもお世話になりました。これほどお料理上手だとは!! ハクスヴェル夫妻のおかげでトルコをもっと味わえて、もっと好きになっています。

fullsizeoutput_60c9
おみやげで購入した「ロクム」というトルコ特産のお菓子。グミのような、キャンデーのような素材にナッツや果物を入れたお菓子で見た目ほど甘くなく、差し上げた方々が「ん? いけるじゃないか!」と言ってくださいました。

最後にアンタルヤの街中の風景写真をいくつかご紹介しておきます。旧市街の観光名所となっている地区で夕方に撮影したものです。観光客が増えたとはいえ、人はさほど多くなくて古代ローマ帝国遺跡からオスマントルコ帝国時代の建物まで立ち並ぶ味わい深い街でした。
IMG_9346

fullsizeoutput_60b4


IMG_9375


IMG_9363


IMG_9371


fullsizeoutput_5f4b

季節として春はあまり好きではないのですが、心も体も浮き立つような食材が店先に並ぶ、という点では最高だと思っています。私は「新」のネーミングにとっても弱いのです。そして春には「新」のつく食材、特に野菜がいっぱい。
新キャベツ、新人参、新じゃが、新たまねぎ、新ごぼう、、、、あれ? もっとあったような気がするけれど、ま、いいや。
秋に出てくる、新米、新大豆、などにも心が動きますが、春の「新」シリーズには、もっとこう舞い上がるような心地になるのです。
新シリーズとはあまり関係なく、最近、作ったもの、凝っているものなどなど、ちょっと自慢たらしげだけれど紹介しておきます。春だもの。
 
IMG_6746


今春はちらし寿司を3回も作りました。ちらし寿司、気分盛り上がります。



fullsizeoutput_4dc0

豆豆豆づくしサラダとイワシのマリネ。イワシは煮付けも大好き。春とは関係ないですけれど。

IMG_6820

90歳過ぎても、超お元気な女性がしょっちゅうお肉を召し上がっている、と聞いて久々にステーキ。ポタージュは新人参と新たまねぎで作ってみました。

ご近所の同い年の方がお料理がとっても上手で、しかも凝り性で、手先が器用。彼女からのおすそ分けいただく夏みかん(どなたかのお庭で採れるもので、もちろん無農薬ワックスなし)やなんだかわからない柑橘類でジャムを作ったり、お庭の梅を分けていただいて梅干しを漬けたりしています。
今年も夏みかんおすそ分けの季節がやってきました。私からのお返しは金柑マーマレードです。
以前に金柑が実家の庭で大量に採れるのだけれど、味が今ひとつでどうしたらいいか、と相談プラス採れた金柑を大量にいただき、夏みかんジャムの要領で作ってみたら、これが非常にうまい!! 正直、ジャムとか太るし、歯が悪くなるし、作るもののあまり自分では食べない私ですが、この金柑マーマレードは自分で言うのもなんだがうまい! というわけで、毎年この季節に大量に金柑を煮るわけです。
fullsizeoutput_4c9f
(左から夏みかん、金柑、なんだかよくわからない柑橘のマーマレード)
もう少し季節が進むと、路地いちごが大量に安く出回るのでいちごジャム、入梅前には梅干し、と保存食作りが続きます。
IMG_3036
(家中で一番日当たりがいい娘の部屋一面に梅干しを干して嫌がられていたのだけれど、今年は娘もいないことだし、5キロは漬けたい)

自宅で作るものなので、砂糖も塩も精製していないものを使うから見た目はいまいち。しかも甘みも塩味もぐっと控えで保存料など使わないから早めに食べきることが大事で、ごく近しい友人や家族にしか配りません。娘たちは「ママの作ったジャムや梅干し以外はもう食べられない」とか嬉しいことを言っておだてるので、またせっせこ保存食作りに精を出してしまうのです。
今年はひそかにキムチを漬けてみたい、とか思っているのだけれど、ハードルが高いかなあ。

で、思うんですね。保存食に凝りだすっていうのは高齢者になった証ではないか、と。こういうものが美味しいとか、安全だ、とか考えるところも、作る時間を惜しまないことも、出来上がったものを嬉しそうに配ってしまうところも(ほら、おばさまがよくまわりに飴を配るみたいに)高齢者認定の一項目ではないでしょうか。ま、いいけど。
 

↑このページのトップヘ