Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

ランチョンマット

 一昨年からの断捨離活動の一環として、食品の無駄をなくすための見直しをやっています。そんなに大げさのことではなく、冷蔵庫冷凍庫内と食料棚のチェックを1週間に1回やるってだけのことですが、やってみるといかに自分が「もったいない無駄」の上で生活していたかよくわかって恥じ入るばかり。もっと恥じ入らなくてはならないのは、食料棚(っていうほどたいそうなものではないのですが)の無駄を無駄と認識しながら「ま、しょうがないか」と扉を閉めるときに一緒に意識にふたをしてしまって、もっと無駄を重ねていることです。冷凍食品は永遠に日持ちするってわけじゃないのに、余った食品や食材をとりあえず冷凍庫に入れてしまう。そして1年後にため息をつく、と。
 でもどうやって「無駄」を削ったらいいのか。「食べたいものを食べるお楽しみ」と「無駄を排すこと」のバランスはどうとればいいのか。まだ私にはわかりません。
 NHKで昨年世界のドキュメンタリー「すべて食べよう」 という番組が放映されました。アメリカのドキュメンタリー映像作家の夫婦が、スーパーマーケットで毎日捨てられていく膨大な食料品に心をいため、どうやったら無駄な食材が減らせるのか考えてみよう、というところから、我が身を使った実験に挑みます。それは「1年間、捨てられる食材をもらって(拾って)きて、それだけで食生活を賄う」という「実験」です。その1年を追いかけるうちに、夫婦は食糧をめぐる根深く、幅広い問題に気づいて愕然とし、各方面へのインタビューを重ねます。食品を扱う小売店舗から加工販売両者、流通業者、農家、酪農家までインタビューされた人たちは、口をそろえて「食品廃棄は大きな問題で損失」としながらも、「どうしたらいいかわからない」と肩をすくめます。そう、小さな食糧棚や冷蔵庫の「あまった食材」を前に肩をすくめ、ため息をついて扉をしめる私のように。
 「捨てられる食材をもらってくる」ことを始めた夫婦がまず直面したのが、スーパーマーケット側がかたくなに渡すのを拒否することでした。巨大なごみ箱に山積みされたチーズや食パン、ビスケットを前に、「まだ食べられるじゃないか、なぜ廃棄処分なんだ!」と詰め寄ると、そこに泣く子も黙る切り札が出されます。「ほら、賞味期限が切れてるだろ」。やれやれ、ここでも賞味期限か! 「でもたった1、2日過ぎているだけで、まだ十分に食べられるよ」と迫っても「だめだだめだ、帰れ」と追い払われる。
 そこで夜間とか警備の人がいないときに、こっそり巨大なコンテナみたいなゴミ箱にしのびこんで食品をあさり、車に積み込んで家に持ち帰ることになります。いつもバラエティ豊かな食材が捨てられているわけではないので、たとえばヨーグルトしか捨てられていなかったら、朝昼晩毎日ヨーグルトを食べ続ける、とか、ソーセージ大量処分に行き当たったら、冷蔵庫いっぱいのソーセージをひたすら消化するとか、なかなかたいへん。夫婦ともに半年で見た目もわかるくらい太ってしまい、「実験」の企画書を書いた妻は「もう嫌だ!この企画はやめる! 毎日同じものを必死で食べるのなんて、からだによくない!」と言い出します。夫に説得されて結局続けたのですが、どんどん顔色が悪くなり、肌ががさがさになっていくのが画面からもわかりました。賞味期限切れの食材を使った料理だから、とかではなく、たぶん「食べなくちゃ」という義務感から食べているだけで、何の楽しさもない食事からはやはり栄養が取れないってことかもしれません。
 番組ではレストランの食べ残しだけを餌にしている養豚場とか、 ちょっと折れ曲がっているからといって大量に捨てられるバナナとか、捨てられる食品の衝撃的映像も流れるのですが、それ以上に私がどきっとしたのは「どんな食材であっても、収穫し、加工し、保存し、消費地まで運搬し、販売するために地球上のエネルギーを膨大に使っている。食品を捨てるということは、そのエネルギーも無駄にしているということだ」という指摘でした。
 さて、ここからいきなり話が小さくなります。最近数ヶ月、私は「食品食べ尽くし運動」を実施中です。生協の宅配を私は20年以上活用しているのですが、それ以外の食品をできるかぎり買わない、生協も含めて購入した食品はできるかぎり食べ尽くす、という運動です。生協では「もったいない野菜」といって、毎週324円(税込)で買い手がつかずに余った野菜を買うことができるので、それも利用しています。どんな野菜が入っているのかがわからないために、ときにちょっと困ることもあるけれど、 廃棄処分になる野菜を救える気がして、少しでもエネルギー節約に貢献できるのではないかと自分をなぐさめてみたり。
 先週の宅配では、見事なにんじんが5本とさつまいもが6本入っていました。その週に、私は「春にんじん2本」を購入してしまっていたので、冷蔵庫の野菜箱に 7本並んでしまうことに! おかげで今週は「にんじん食べ尽くし週間」となりました。にんじんのポタージュ、肉じゃがならぬ肉にんじん、キャロットラペ、にんじんとうどのきんぴら、にんじんグラタン……食べ尽くしましたよ、1週間でにんじん7本。「すべて食べよう」の夫婦の気持ちがほんの少しわかった気がしました。同じ食材を食べ続けるのって、ほんとたいへん。
 さて、今日は生協宅配前日。冷蔵庫を空っぽに「しなくてはなりません」。ってね、「食べなくてはならない」というのは、食欲とは別物ですね。 頭の中の「食欲」と胃袋の「食欲」が別物ってことか。
 とりあえず、あまった野菜を全部刻んで入れた「春のちらし寿司」を紹介しておきます。
%Xa7dgWAR92r978UF2noag
 

先ほどポーランド旅行の総費用をまとめたのですが、物価の安さにずいぶんと救われたなあというのが感想です。レストランで「豪勢に食べた、飲んだ」と思っても、一番高かったときで一人100ズウオチ=3000円くらい。
味はたぶん日本人好み。でも量ははんぱないです。同行者に「今日はメインをやめましょう。前菜1品とサラダで十分です」と毎回牽制されましたが、それだと一人1000円くらいですみます。ミルクバーにいたっては、定食で3品に飲み物がついて500円。市場で食料品を見ましたが、肉も安いし、野菜にいたっては「え? この値段ですか?」というくらいでした。りんご1キロ90円とかね。
ポーランドはさまざまな文化の影響を受けているので、料理もロシア、トルコ、イタリアとおいしいところの要素をたっぷり詰め込んでいる、という印象です。

それでは写真に撮った料理だけですが、おいしかったものを紹介します。
IMG_4538
ワルシャワの観光客向けチェーン店で食べたソーセージです。ビールによくあうこと!ポーランドはこと肉に関してはすべて食べ尽くす、という韓国料理精神に通じるところがありました。写真を撮るのを忘れたのですが、ガチョウの内臓の煮込みもすごく美味しかった!

IMG_4157
クラクフのホテルの食堂で出て来た「きのこパスタ」。完食したのですが、きのこの量が半端なくて、しまいに悲鳴を上げそうでした。
IMG_4622
ポーランド・ユダヤ人博物館でのランチ。いまちょっと記憶が定かでないのですが、うずらのローストにベリーソースをかけたものだったかな。横にあるのは野菜のコロッケ。向こう側に見えるのが、ロールキャベツとフライドポテト。いずれもポーランドの名物家庭料理です
IMG_4657
これも名物料理のプラツキというポテトパンケーキ。朝ごはんに食べたときにはヨーグルトソースやメイプルシロップをかけていましたが、スープと一緒にも食べるみたいです
IMG_4893
グダンスクのフィッシュ・メルクト(フィッシュマーケット)というレストランで食べた、今回の旅で一番豪華だった魚料理。3種類のニシン(酢漬け、燻製、ソースつけ)、サーモン、魚のクロケット、フィッシュペーストがてんこ盛り。
IMG_4897
このほかにカボチャとなしと白身魚の酢漬けが入ったサラダ、イカのフリットなどもおいしかったなあ。
IMG_4447
ポーランドはスイーツも美味しい! とかいって、もう30年くらい食べたことがないパフェに挑戦しましたが、あまりの甘さに3分の1でギブアップ。
IMG_4321
なんといっても美味しかったのは、アップルパイでした。甘さほどほど。りんごの酸味とパイのさくさく感がたまりません。
IMG_4460
行列のできるドーナツ屋@ヴロツワフで、並ぶとすぐに売り切れていたこのドーナツ、ラファエッロ。「一度買ってみようよ」と言ったのですが、私が残したパフェを完食させられてまいっていた同行者に「甘いもの好きじゃないのに、食べきれるわけがないでしょう」とあきらめさせられました。
IMG_4308
そうそう、ポーランドはスープの国です。これはさつまいものポタージュ。一番よく食べたジュレックという酸っぱいスープはなぜか写真を撮り忘れ。あとパンはどんなパンでもものすごく美味しかったです。

IMG_4328
ポーランドは水よりビールのほうが安い! 地元ビールは500ml、5ズウォチ=150円。水は10ズウォチと二倍でした。でも、寒いのと疲れていたせいか、アルコールは日々控えめでした。

IMG_4593
ワルシャワを案内してくれたアンナさんと、旧市街のマーケットでホットワインと焼きチーズをいただきました。アンナさんには歴史のとらえ方や文化を学ぶことについて、たくさん教えられました。アンナさん、本当にどうもありがとうございました。アンナさんのおかげで、ポーランドが大好きになりました!
 

今年も当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。
今年は(も)おかげさまで家族そろってお正月を迎えることができました。はい、ありがたいことだと感謝しています。家族が増え、おせち料理を一人前に食べるほど孫も成長しているので、用意する量も半端なくなってきました。はい、ありがたいですよね、そうですよね。でも、でもね、あ〜あ〜〜あ〜〜ここからは副音声にてお届けします。読みたい人だけチャンネルを切り替えてください。
(あ〜〜疲れた。30年以上、年末年始は疲労と苛立ちですぎていく。「そんなことしなくていいのに」と思いながらも、なんだか自分でも説明のつかない義務感でおせち作ったり、大掃除したり、初詣に行ったりしている。夫がずーっとスマホ(以前はPC、その前は新聞)を見ているだけでびくとも動こうとしないのに苛立つ。昨日は15時間一人キッチンで奮闘した。できあがったおせちやら料理は瞬間でなくなった。私はまだ食べてないぞ。毎回私の口に入る前に空になるので、最近は31日に作りながらツマミ食いすることにしている。紅白歌合戦なんて結婚以来一回も見ていない。その時間はキッチンでお雑煮の準備をしているから。1日も早起きしてお雑煮の準備。朝からやってきた娘たち家族が先ほどやっと帰って、片付けがほぼ終わった今、疲労困憊して頭の芯がしびれたみたいな状態なので、感謝の気持ちなんてわいてこない。正月に家族で集まるという風習は、みんなで助け合う大家族でこそ意味があるのかもしれないけれど、こういう中途半端な規模の家族だと一家の主婦にかかる負担が大きすぎます。ま、おせちとか真剣に作るのやめたらいいんだけれどね。私の憧れは、家族が私を残してみんなで旅行に出かけて、私一人家に残ってのんびりお風呂につかって本を読みながら年を越すこと。まだまだできそうにないのが残念。その夢がかなう前にぼけるか死ぬかしそうだ)
fullsizeoutput_6c46
(どうしても作ってしまうおせち。30年以上作り続けてきて、いまさら作らないと縁起が悪いような気がして作ってしまいます。なんでだろう?)

正月早々、愚痴をこぼして申し訳ありません。
さて、気を取り直しまして、65歳になる今年、ある意味節目だと思っているので、今年の、そしてこれからの目標を書いておきます。書いて公言することで、初めて実現への道も開けると信じて。
1)CONIFAアジア・カップを開催する。まだどこで、どのように、いつ、とかおぼろげの計画のまま右往左往している状態ですが、3年越しの私の目標です。今年こそ達成しなければと心しています。
2)書道は今年「師範」を取得する。師範という段級を取ることが目的なのではなく、師範になってこそ開けてくる(わかってくる)世界を見てみたいと思っています。今年も週3回、地道に続けていきます。
3)今年も続けて毎日30分間集中的に体を動かす。実は、9月からほぼ毎日就寝前に八段錦と太極拳で3、40分体を動かすことを続けてきました。まだ効果があるかどうかはよくわからないのですが、少なくとも寝つきはよくなり、朝までぐっすり眠ることができるようになりました。あと、片足立ちと爪先立ちにふらつきがなくなりましたね。これからどんどん年をとっていくことをしっかり自覚し、ケアは怠らないようにしようと思っています。
4)行ったことがないところに旅をし、食べたことがないものを食べ、新しい友だちを増やす。今月末から行ったことがないポーランドに行き、5月にはアルメニアとアルツァフに行く予定です。日本国内もまだまだ行ったことがない場所があるので、ぜひ旅をしてみたい。国内でいま一番行きたいのは屋久島なんだけれど、早く行かないと千年杉までたどり着く体力がなくなりそう。

もう一つ、たいせつな目標があるのだけれど、いまはまだ公言するのが憚られるので少し目処がたったら公言します。

こうやって目標を書いているうちに、愚痴をこぼしているんじゃなくてちゃんと行動しろよ、と自分に喝が入りました。
だいじなだいじな1年の始まりです。はりきっていきましょう!!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

fullsizeoutput_6c41

 

 さて、理想のマイキッチンができてまず招待したのは、娘たち家族です。
 娘たちの第一声。「いったいここどこ? っていうくらい変わったね。私たちが知っている「実家」のかげはもうない。別の場所だよ」
 その意見が聞きたかった。「別の場所」、そうなんです。もうかつてのキッチンではありません。だから私の労力は以前の半分、とまでは言わなくても、3分の2くらいですみました。

 娘たち家族を呼んで囲んだ食卓のメニューは、でも、いつもお誕生日や祝い事で作っていたのと同じ。鯛の姿焼き、ローストビーフ、カラフル温野菜、イチジクと春菊のサラダ、利久ナス(長女の大好物)、豚バラれんこん(お孫1号のリクエスト)など。

fullsizeoutput_6aaa

IMG_2045

娘たち家族を招待したときは、長女が大好きな「あんず」の絵を壁にかけました。父の作品です。

 そして「ペルシャの夕べ」と称して、親しい女性たちをおよびしての女子会を開きました。友人のダリア・アナビアンさんが書かれた「千夜一夜のおもてなし」を参考にして作ったペルシャ料理は、舌の肥えた友人たちにも好評でした。
fullsizeoutput_6ac0

このときは壁には父が描いた「イランの娘たち」というタイトルの絵をかけました。2000年に両親と一緒に旅したイランとのご縁はまだ続いています。
IMG_2160

私の予想に反して、とくに好評だったのがバスマティライスというインディカ米をたくさんのハーブやサフランと炊き込んだチェロというお米料理でした。後ろにあるのは5種類の豆をほうれん草やニラなどと煮込んだホレーショ

 そして中国からの留学生と中国人の先生ご一家を招待してお茶をしました。お子さんたちもいるので、テーブルセッティングも少し変えて。
fullsizeoutput_6ac2

 これからも「ウチにいらして!」と気軽に友人や家族をお誘いしたい! とテンションが上がっています。

 断捨離第一段階終わりました。キッチンの改装も終わり、その使いやすさに毎日うきうきしています。「キッチンを改装したい」と私が言ったときに「子どもたちも独立して2人暮らしになったんだから、今さら家の改装なんて必要ない」と言い張っていた夫も、きれいになったキッチンには満足そうです。
 改装してみてあらためて実感したのですが、家電製品、そしてシステムキッチンのこの10年の進化はすごいです。節電、節水、節ガスはものすごく進んでいるし、かつ、安全対策がそりゃもう「ここまでやりますか!」というくらい念入りにされている。高齢化社会を見越して、なのか、お年寄り(私も含む)には安心して便利に使える設計になっています。(この話、何回も書いていますね。それくらい感動したのです)
 思えばここ数年、冷蔵庫壊れた、洗濯機壊れた、食器洗い機の調子が悪い、ガスコンロが使えなくなった、とそのたびに修理を呼び、結構高額の出張修理費をとられ、あげくに「つぎに故障したら買い替えをご検討ください」と言われてきました。ついに「これ以上は無理」と言われて買い換えようとしたら、階段があがらないから一人暮らし用の小さい冷蔵庫しか無理、今の洗濯機の機種にするなら排水管から取り替えてください、いまのスペースにお望みのコンロは入りません、などなどいちいちダメ出しをされてストレスがたまっていました。ガスコンロが4口中1〜2口しか使えなくなったのが改装への最後の後押しとなったのですが、その期に及んでも夫は「コンロだけを変えればいいことじゃないか」と主張。コンロを変えるだけではすまない、ガスの配管までやり直さなくては新しい機種はつかないのだ、と言ってもまだぶつぶつ言っていました。
 でも、料理というものを生まれてから3回くらいしかやったことがない、つまりキッチンを日常的に使うわけではない夫ですから、家電にはいっさい興味なし。ましてやシステムキッチンがなんたるものかもわかってないから「自分の意見」というのがない。PCやIT機器みたいに情報収集研究して、「これがいいんじゃないの?」などと意見することはありえないわけです。そのことにほんと助けられて、私は自分がやりたいように改装できました。 そして出来上がったのが、実家から独立して以来ずっと夢見てきた「理想のマイキッチン」です。毎朝、キッチンの窓から差し込む朝日に窓辺に並べた観葉植物がきらきら輝くのを見て、幸福感でいっぱいになっています。こんなことでこんなに幸福になっていいのか、と自分をいさめたくなるほど。
 マイキッチンができて一番に思ったこと。それは「お客さまを招待したい」ということです。このキッチンを使って、おもてなしをしたい! 思いっきり料理を作ってみたい! 頭の中で思い描いていたテーブルセッティングを実行してみたい! ただし、今持っているものだけでやりたい、ということ。
 断捨離のとき、食器、カトラリー、テーブルクロス、ランチョンマット、鍋釜包丁などキッチン用品を全部出してリビングの床に並べどれを残し、どれを娘たちに譲り、どれを捨てるかで分けました。そのとき「これを使ってどんな料理を作り、どう盛り付け、どんな人に食べてもらいたいか?」というイメージが湧くものだけを手元に残しました。あとは娘たちの判断に任せ、娘たちもいらないといったものは処分。
 手元に残したものは、どれも「料理したい欲」をそそるものばかり。おかげでキッチン完成からすでに3回もお客さまを招待! そこでどんなテーブルを作ったかが続きます。

↑このページのトップヘ