Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

装う快楽

 40歳になったころから、私は一人暮らしに憧れています。長女が中学生、次女が小学生で子育てに一息ついたころからです。一息ついたといっても、家族関係は子どもが幼いときよりもはるかにむずかしくなっていました。ときどき「全部投げ出してどこか遠くに行きたい」「ああ、もう一人でのびのび暮らしたい」と本気で思いましたし、家族にも言いました。でも、結局、責任感とか常識というのが邪魔をして今にいたっています。
でも、そのときから変わらず今も一人暮らしは憧れです。
その昔、親といろいろとあって、一人で東京に出てきて就職し、一人暮しを始めました。
初出勤の朝。ときは春。きらきらと陽光が降り注ぐなか、アパートを出て、20分ほど歩いて駅に向かうとき、それまで感じたことがないほどからだが軽く、気持ももちろん軽く、全身で幸せを実感しました。この上もなく足は弾み、誰もいなかったら口笛をふいてスキップするところでした。
一人暮らし、一人で働いて自活する(実際は自活はなかなか厳しいものではありましたが、そのときは自活という言葉にうっとりしていました)、誰にもあれこれ批判されない! 憧れていた生活の始まりです。すべてが輝いて見えた朝でした。
まあね、それからあっさり一年あまりで結婚しちゃって一人暮らしはそれっきりでしたけれど。
その後も私は一人暮らしにたまらなく憧れています。東京に出てきて一人暮らしを始めた朝の至福が忘れられないのかもしれません。
ないものねだりなんじゃないか。家族がいるからこそ思えるぜいたくじゃないか。そう思いながらも、ほぼ毎日、「もし一人暮らしになったらどうするか?」と架空の生活をうっとりと思い描いていたりするのです。散歩のときには、マンションとかアパートを見かけるたびに、「50平米くらいの部屋はないかな」とか考えてしまう。
そんなの単に夢想しているだけ。ぜいたくな夢を見ているだけ。そう自分をいさめていました。
そしたら昨年、女性の友人複数人から「実は家族とは別居して一人暮らししているんだ」と打ち明けられたのです。
友人たちは既婚者です。子どももいます(成人していますけど)。でも、数年前からそれまで家族と暮らしていた家を出て、一人で暮らしているとのこと。離婚はしていないしする気もない。でも、家族と一緒に暮らすのはやめた、という友人たちの顔は、晴れ晴れとして自信があふれていました。淡々としていて、肩の力が抜けていて、そして媚びていなかった。あ、思い切って人生を整理したんだな、と思いました。
私は拍子抜けしました。なんだ、やろうと思えばできるんじゃないか。
私は何を迷っているのか。
一人暮らしは寂しい、と言われます。とくに単身世帯の高齢者は不安と孤独にさいなまれる、と言われています。
でも、本当にそうでしょうか? 高齢者の孤立は問題がいろいろと起こるでしょうが、孤独を好む、もしくは孤独に生きることを自ら選択したい高齢者だっているのです。
家族がいないと不幸。孤独な高齢者はみじめ。それは思い込みにすぎないのだ、と私は友人たちに教えられました。
 私は孤独を楽しめる高齢者になりたいです。
 前々からここで何回となく書いているように、一人で生きていく潔さを持ちたいです。 

年末年始のお楽しみ(?)が占い、という人は結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?
私も年に1回ですが、おみくじを引いたり、ネットで占いを見たりします。あたった試しがないので、さすがにうのみにしたりする年齢ではなくなりました。でもおみくじや星占いのページにいいことが書いてあると励みになるし、悪いことが書いてあると気をつけようと思ったりしているので、たぶん「占いなんて信じない!」「占いなんて嫌い!」というタイプではありません。
ただ、お金を払って占ってもらったことは、40年以上前に伊勢丹の横にいらした「新宿の母」に大枚3000円払って見てもらったとき1回だけかな。そのとき言われたことは「あたってる」(語学を使う仕事につく、など)と思ったのだけれど、冷静に考えれば「あたっていることだけを記憶している」ためかもしれません。 
なぜ唐突に占いの話なのかというと、私はVOGUEgirl電子版の「しいたけ占い」というページが好きなんです。しいたけさんの星座占いを私がおもしろいと思う理由は、1)どの星座に関しても、いいこと3〜7割、悪いこと3〜7割で書いているところです。禍福はあざなえる縄のごとし、を心得ている書き方で、あまりいいことを書いていなくても「こういうところに気をつけて、頑張ろう!」と思えるし、反対にいいことが書いてあると、「がんばらなくちゃこのいいことは実現しないな」と自分を奮い立たせる。そのさじ加減がとってもうまい、と思えてしまう。
そして2019年魚座(私)のキーワードは「あなたが今までやってきたことを必要とする人が現れやすいし、あなたがやりたいことが”それだったらぜひ”みたいな形で必要とされることや、あなた自身が新しい居場所をつくっていく機会がとても多くあります」。うーん、くすぐられる。あたっている、ピンとこない、という感覚を超えて、くすぐられるんですよね。「必要とされる」とか「新しい居場所」とか、そういう言葉に私はくすぐられる。 たぶん、くすぐってほしくて私はしいたけさんの占いページを読んでいるのだと思います(って言っても、1年2回上半期占いと下半期占いだけなんだけれど)
鬱々として気持ちが晴れないとき、自分ではどうしようもない障害が起きたとき、思うようにならないことが立て続けに起きてふ〜っとため息をつきたくなったとき、 しいたけさんの占いでくすぐられた言葉がふと浮かんで、そうか、これもつぎの扉を開けるまえの逡巡なんだな、とか、きっとあの人もいつかわかってくれる日がくる、とか、食べて飲んで忘れちゃうのが一番、とか、自分の気持ちを立て直すための一助になるのです。
私にとっての占いの効用はそんな感じ。
さて、そろそろ「必要とされる人」になるために、「新しい居場所」を作る準備を始めようっと。 
IMG_2210
(画像は関係ないのだけれど、雲が漂っていても、雨や雪が降っていても、むこうは青空って思わせてくれるのが「好きな占い」です、とこじつけておきます)

 

 先日、書道教室の友人たちと性格の話をしていて言われたこと。
「元子さんはしっかりしているようで抜けている」
これはわかる。自分でも自覚しているから。詰めが甘いんですよね。ちゃんとしっかり締めていこう、と緊張してがんばるときほど、肝心なところで抜けてしまう。力が入ると、ぽかをする。うーん、この性格は子供のころから。
でも、つぎの一言は意外だった。
「元子さんは負けん気が強い」
え? 私、どちらかと言えば、競争意識が低いと思っていたんだけれど、自分では。ち、ちがうの? 
勝負事で負けても平気か、と言われたら、そりゃおもしろくない。でも、そもそも賭け事とか、ゲームとか、ものすごく苦手だからやらないんですよね。勝負事が嫌いだし、勝負魂がないから粘らない。で、負ける。麻雀、ポーカー、ブラックジャック、将棋、どれもやるにはやるけれど、やれば負ける。負けるから好きじゃないのか。好きじゃないからうまくなろうという努力をしなくて、だから負けるのか。とにかく負ける。でも、負けて楽しい平気なんて人、いる? 負けん気が強ければ、そこで勝てるようにがんばると思うんだけれど、私はがんばらない。
スポーツでも、勝てないとめちゃくちゃ気分が悪い。でも、まあ好きだからがんばる。でも、がんばっても負ける。負けて、気分悪くて、ストレスいっぱい。
でも、私が負けん気が強いと言われるのはたぶんそういうことじゃないんだと思う。仕事とか書道とかはもちろん、そのほかもろもろ生活全般、実にくだらないところに、私にはむきになって勝負をかけてしまうところがある。そういうところを見て「負けん気が強い」と言われるのかも。
ただ私が勝負をかける場面は、たいがいくだらない。たとえば、一緒にテーブルを囲んだ人たちの中で一番たくさん食べ、一番酒を飲む人になりたい、とか思って無理して食べて飲んでしまったりする。「食が細いんですね」とか言われると負けた気分になるからだ。健康診断の数値が同じ年齢の人たちのなかでトップでいたいと切実に思って、健康診断の前はストイックに食事療法と運動を励んだりする。
誰、と特定できる誰かに勝ちたいのではない。特定のライバルがいれば、その人を抜いたらそこで勝負が終わるはずなんだけれど、特定の人を想定した勝負ではないので「勝った!」という満足感はない。たぶん、私にとっては「勝つ」ことよりも、「よかった、負けなかった」と安心することがたいせつなのだと思う。
でも、それって負けん気が強い性格なのだろうか?
ちょっとちがうような気がするんだよね。
64年も生きてきて、負けん気が強いって初めて言われたので、ちょっと書いてみました。
ところで、負けん気が強いって、褒められたのかなあ?
 

今年も当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。
今年は(も)おかげさまで家族そろってお正月を迎えることができました。はい、ありがたいことだと感謝しています。家族が増え、おせち料理を一人前に食べるほど孫も成長しているので、用意する量も半端なくなってきました。はい、ありがたいですよね、そうですよね。でも、でもね、あ〜あ〜〜あ〜〜ここからは副音声にてお届けします。読みたい人だけチャンネルを切り替えてください。
(あ〜〜疲れた。30年以上、年末年始は疲労と苛立ちですぎていく。「そんなことしなくていいのに」と思いながらも、なんだか自分でも説明のつかない義務感でおせち作ったり、大掃除したり、初詣に行ったりしている。夫がずーっとスマホ(以前はPC、その前は新聞)を見ているだけでびくとも動こうとしないのに苛立つ。昨日は15時間一人キッチンで奮闘した。できあがったおせちやら料理は瞬間でなくなった。私はまだ食べてないぞ。毎回私の口に入る前に空になるので、最近は31日に作りながらツマミ食いすることにしている。紅白歌合戦なんて結婚以来一回も見ていない。その時間はキッチンでお雑煮の準備をしているから。1日も早起きしてお雑煮の準備。朝からやってきた娘たち家族が先ほどやっと帰って、片付けがほぼ終わった今、疲労困憊して頭の芯がしびれたみたいな状態なので、感謝の気持ちなんてわいてこない。正月に家族で集まるという風習は、みんなで助け合う大家族でこそ意味があるのかもしれないけれど、こういう中途半端な規模の家族だと一家の主婦にかかる負担が大きすぎます。ま、おせちとか真剣に作るのやめたらいいんだけれどね。私の憧れは、家族が私を残してみんなで旅行に出かけて、私一人家に残ってのんびりお風呂につかって本を読みながら年を越すこと。まだまだできそうにないのが残念。その夢がかなう前にぼけるか死ぬかしそうだ)
fullsizeoutput_6c46
(どうしても作ってしまうおせち。30年以上作り続けてきて、いまさら作らないと縁起が悪いような気がして作ってしまいます。なんでだろう?)

正月早々、愚痴をこぼして申し訳ありません。
さて、気を取り直しまして、65歳になる今年、ある意味節目だと思っているので、今年の、そしてこれからの目標を書いておきます。書いて公言することで、初めて実現への道も開けると信じて。
1)CONIFAアジア・カップを開催する。まだどこで、どのように、いつ、とかおぼろげの計画のまま右往左往している状態ですが、3年越しの私の目標です。今年こそ達成しなければと心しています。
2)書道は今年「師範」を取得する。師範という段級を取ることが目的なのではなく、師範になってこそ開けてくる(わかってくる)世界を見てみたいと思っています。今年も週3回、地道に続けていきます。
3)今年も続けて毎日30分間集中的に体を動かす。実は、9月からほぼ毎日就寝前に八段錦と太極拳で3、40分体を動かすことを続けてきました。まだ効果があるかどうかはよくわからないのですが、少なくとも寝つきはよくなり、朝までぐっすり眠ることができるようになりました。あと、片足立ちと爪先立ちにふらつきがなくなりましたね。これからどんどん年をとっていくことをしっかり自覚し、ケアは怠らないようにしようと思っています。
4)行ったことがないところに旅をし、食べたことがないものを食べ、新しい友だちを増やす。今月末から行ったことがないポーランドに行き、5月にはアルメニアとアルツァフに行く予定です。日本国内もまだまだ行ったことがない場所があるので、ぜひ旅をしてみたい。国内でいま一番行きたいのは屋久島なんだけれど、早く行かないと千年杉までたどり着く体力がなくなりそう。

もう一つ、たいせつな目標があるのだけれど、いまはまだ公言するのが憚られるので少し目処がたったら公言します。

こうやって目標を書いているうちに、愚痴をこぼしているんじゃなくてちゃんと行動しろよ、と自分に喝が入りました。
だいじなだいじな1年の始まりです。はりきっていきましょう!!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

fullsizeoutput_6c41

 

以前も年末に書いていた10大ニュース、久々に復活してみます。いま玄関周りの掃除とお正月の花を生け終わり、正月準備は半分終わってそんな余裕も出てきました。デッキブラシで外回りの階段や外壁をゴシゴシ洗いながら、10大ニュースも考えられましたね。

第10位 書道始めて10年経ち、はじめて「書作」という月刊テキストに優秀作品が写真で掲載されたこと。ほんと他人にはどーでもいいちっぽけな出来事だったのですが、私的には大きかったのです。
IMG_1884

第9位  次女出産後職場復帰、長女異動で、孫預かりが増えたこと。お孫2人ともすくすく育っていてそれはいうことないのですが、働くお母さんたちの負担は私の時代からあまり変わらず半端なく大変です。おばあちゃんの力を実感した、というこれまた他人にはどーでもいいちっぽけな出来事ですが、「幼児教育無償化」の法案が進む中で、社会制度、家族を取り巻く環境と意識、そして子育てについて考えさせられました。

第8位 またもや未承認国家訪問。北キプロスで CONIFAの年次総会が開催されたので行ってきました。地理的に東西、南北が交わる(ぶつかる)土地は、さまざまな民族とその文明が地層のように降り積もるところなのだと興味深かったです。その後に訪れたトルコのアンタルヤも印象的なところでした。
IMG_9277

第7位  断捨離決行。5年ほど前からずーっと「やらなくちゃやらなくちゃ」と思いながらできなかった断捨離に取り組みました。昨年からぼちぼち始めてはいたのですが、集中的に3ヶ月かけて私が管理できる範囲(つまり夫や子どもたちが管理している区域以外)の整理を敢行。少なくとも、どこに何があるかは私の中で明確になりました。「いま」でないとできないことだった、と思っています。

第6位 取材コーディネートという初の経験をする。5月末からロンドンで開催されたCONIFAワールドフットボールカップのプロモーションのために、スポンサーであるPaddyPowerが日本に取材チームを送り込んできました。ユナイテッド・コリアンズ・イン・ジャパンの紹介と、東京の観光案内を兼ねた15分ほどの番組のための現地コーディネートというのを初めてやりました。なかなかおもしろかったけれど、準備も含めて1ヶ月、結構重労働でした。
IMG_0411

第5位 キッチンをリフォームする。これまた他人にはなんもおもしろくない出来事ですが、リフォームしてみて、生活全体が変わったなというのが今の実感です。ある意味、生き方の節目的出来事だったかな、と。省エネ、とか、(もっと高齢になっても)持続可能な生活、とかをあらためて考えたリフォームでした。

第4位 ナオミ・クラインに出会って気候変動について真剣に考えたこと。この夏は異常な暑さでした。これはおかしい、なんとかしないと地球も、私たちの生活もたいへんなことになってしまう、でも何をしたらいいのかわからない、と汗をふきがら本屋でヒントになる本を探しているうちに出会ったのがナオミ・クラインの「ショック・ドクトリン」でした。その後、紐を手繰り寄せるようにレベッカ・ソルニットの「災害ユートピア」を読み、彼女の「ウォークス」に感動し、今年の後半は毎月「気候変動をなんとかしよう読書月間」 でした。まずは考え方を根本から変えないと地球は生物が住めない惑星になってしまいます。

第3位 ガンバ、驚きの9連勝。そしてJ1残留決定。このブログでも書きまくったからいまさら言うことはありませんが、フォロントには一言言っておきたい。いったいクルピさんってなんだったんですか?>ガンバフロント。そして、宮本監督は来年が勝負ですよ。フロントはもっと強力にバックアップすべし!!(いまの補強では来年も苦労するはず)

第2位 CONIFAワールドフットボールカップin London。これまたこのブログでさんざん書いたのでいまさらですが、CONIFAという組織は、これからの活動をどう「発展」させていくのか、もしくは「深化」させていくのか、正念場にきています。優勝したカルパタリアというウクライナの西部地域に暮らすハンガリーにルーツのある民族のチームが、ウクライナ政府から分離主義者のテロリスト集団として訴えられるなど、世界情勢の縮図のような出来事がいっぱいあった大会でした。中の人として現場に立ち会えたことは大きかったかな。
IMG_1002

第1位  「CONIFA東アジア地域担当マネジャー」に就任。「きみはいったい誰なのか?」と言われ続けて4年。関わる以上は肩書きが必要だと痛感したのでCONIFAに申し入れたら快諾されました。今後は本格的に組織の「中の人」として活動していきます。アジアにもっとCONIFAの理念を広めること、これが来年の大きな課題になります。まずはCONIFAアジア・カップの開催ですね。来年1月にポーランドで開催されるCONIFA年次総会で内容を詰めてきます。

↑このページのトップヘ