Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

読む快楽

1980年、長女を出産した夜、病院にやってきた母に「8週後には職場復帰(当時、勤めていた会社は育休制度を取り入れていなかった。産休制度も同僚たちからの嘆願書で導入された)。授乳も含めていろいろと考えなくちゃ」と私が言ったとき、母が言いました。
「私ができるだけ手伝ってあげるから、会社での仕事を続けなさい。でも、子どもを育てるというのも、人間としてとてもたいせつな仕事よ。外でお金をもらう仕事ばかりが仕事じゃない。家族が健康に生活して、子どもが安心して育つ場を作ることは、それ以上に重要な仕事じゃないかしら」 
そのときは、若くして結婚し外で働いた経験がなく、専業主婦として家庭を切り盛りすることに専念してきた母が、自分の人生の意義を強調しているのだ、とか思ったのですが、今になるとその言葉がずしんと響きます。
母の手助けがあったおかげで、私は外での仕事を続けながら2人の娘を育てられました。そして娘たちは2人とも結婚し、子どもを育てながら外で仕事をしています。私たち夫婦と同じ「共働き家庭」です。
孫が生まれたとき、一番に考えたのは「私はどんな形で、どこまで娘たち夫婦の手助けをすべきか?」ということでした。正直、無償労働でも有償労働でも現役で目一杯働いている私は、母が私を手伝ってくれたようにはとてもできそうにないし、やりたくもない。おばあちゃんの手助けなしには日常生活が回っていかないようでは、共稼ぎ家庭はサステイナブルではないのではないか。でも、そう思う反面、母が言っていたように、次世代育成こそ人としての一番大きな仕事ではないか、と思ったり。葛藤は今も続いています。
それにプラスして、夫婦二人だけになったのに、なぜか家事労働がまったく軽減されないこと、いや、軽減するどころか時間的、労力的にも増大していることに疑問と不安を感じています。自分もですが、夫の介護はどうするんだ? 娘たちには絶対に負担をかけたくない。そのためには働き方、暮らし方を変えなくてはならないのではないか。
ここ2ヶ月ほど、どうしたらいいのかという答えを求めて、以下のような本を読みました。

「家事労働ハラスメント——生きづらさの根にあるもの」
竹信三恵子著 岩波新書
家事・育児・介護という家庭内の無償労働のほとんどを女性がこなしていて、それが有償労働における男女の賃金格差を生む原因になっていることを解き明かした内容。なぜ女性たちが子どもを産みたいと思っても産むことをためらうのか、それは家事労働が無償であるがゆえに価値がないものとして、もしくは「家族の絆」とかいう情緒的な言葉で包んで圧力をかけ、女性に押し付けているからだ、という内容。家事労働の価値をどこに見いだすのか、そもそも家庭を運営することに、ビジネス産業界の論理を当てはめることに問題があるのでは、というところに頷きました。

「お母さんは忙しくなるばかり——家事労働とテクノロジーの社会史」
ルース・シュウォーツ・コーワン著 高橋雄造訳 法政大学出版
家事のための道具がどんどん便利に使いやすくなったことが、家事労働者(女性)への負担をより重くしている、ということを科学史の専門家がわかりやすく説いた内容。家電製品が安価に普及したことで、かつては男性の手を借りなければやっていけなかった家事が、女性だけでこなせるようになった。男は外で働き、女は家で家事育児介護、という近代家族が成立するのは、そういう道具が安価に普及したこともある。だが、そのうち女性が外での有償労働に関わるようになると、家事に関わらない(関われない)男性は家庭で疎外され、そのうち家庭にいる意味さえも失われていった……という話。
道具が発達しても家事労働はいっこうに楽にならず、しかも女性は家事を手放さない、というくだりに、ああ、私も手放したくないんだ、家事をより高度化することで、夫を疎外しているんだと思いましたね。

「結婚と家族のこれから——共働き社会の限界」
筒井淳也著 光文社新書
これが一番「腑に落ちた」内容でした。共働き家庭が増えて、男女が有償労働でも無償労働(家事育児)でも対等に分担するようになると、より社会格差を増大させ、子どもを産み育てにくくなる、という一見矛盾した論理(調査結果)に頷くことしきり。以下に頷いたところを引用しておきます。

「『伝統的な家族の価値観を大事に』という主張をする人たちがいますが、このような状況(注:仕事が家族のリスクになり、家族が仕事のリスクになり、この両方が人生のリスクになる、というのが日本の現状。つまり家族に最後のセイフティ・ネット機能を求めようとすればするほど、人は家族から逃げる)を踏まえれば、むしろ大切なのは『家族主義からの離脱』なのです。家族が最後のセイフティ・ネットになるような社会では、家族が失敗した時のリスクが大きくなります。ですから、安定した家族を形成できる見込みがない限り、人々は家族形成、つまり結婚を引き延ばすでしょう」
「家族の負担を減らすこと、つまりある意味での家族主義から脱することによって、人々は進んで家族を形成できるようになるのです。『家族を大事に』というのならば、家族から負担を減らして、家族のいいところだけを楽しめるような社会を目指すべきでしょう。逆説的ですが、そのような社会では私たちは家族という枠を超えた親密性の世界に生きているかもしれません。というのは、家族に頼らずとも生活していくことができるからです

 もちろん家族に特別な感情はあることは認めます。でも、家族だから家事も育児も介護も引き受けろ、それも無償で、と言われたら、そりゃ家族への感情が愛情ではなくなってしまう可能性は高い。
 共稼ぎのパパママの代わりに孫の面倒をみるおばあちゃんの気持ちに、いずれは娘や息子が自分を介護してくれるだろう、という期待がないとは言えないでしょう。私の母も「これだけ孫の面倒をみてあげたんだから、私の老後の面倒はあなたに頼むわ」と言い続けました。(そしてそれが私の気持ちを重くさせていたのは否めません)
 私は「孫の面倒をみるから、自分の老後の面倒をみて」という形で子どもたちに無償労働のお返しを期待したくないのです。だからというわけではないけれど、おばあちゃんとして孫の育児に関わることはもちろん、娘たちの家庭の家事手伝いも、本当に困っていてヘルプ要請がないかぎりやらないようにしよう、と思っています。
 家族が愛情という絆で結ばれ続けるためには、家事育児介護の無償労働を、家族だけでなく社会とも分担することが大事ではないでしょうか。どのように、どうやって分担するのか。そういう社会設計を今こそ政府に考案してもらいたいところです。

「翻訳というおしごと」(実川元子著 アルク刊)の刊行を記念して、新宿紀伊國屋でトークイベントが開催されます。
 私、実川と一緒に登壇いただくのは、金融翻訳のトップランナーでいらっしゃる鈴木立哉さんです。鈴木さん、とにかくおもしろくて、とにかくすごい方です。鈴木さんを取材したとき、ファミレスで2時間半たっぷりお話をうかがい、それでも聞き足りなくてそのまま焼き鳥屋でフルコース飲んでしゃべりまくりました。お話はどれも深くて、私はその後翻訳についての考え方が少し変わりました。
そんなことをイベントでお話できたら、と思っております。

翻訳というおしごと」刊行記念イベント!
とき:12月13日(火)午後7時〜
ところ:紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスース

https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20161126100007.html
本を紀伊國屋書店で購入していただくことがイベント参加の条件になっているのですが、何卒大勢の皆様にお越しいただければと願っております。
詳しいことは、店頭または直通電話 03−3354−0758までお問い合わせください。
翻訳というおしごと(イベント案内)

 


新刊「翻訳というおしごと」
実川元子著
アルク刊 1500円+税
翻訳というおしごと(表紙)

新刊が出ます。今回の本は、翻訳業という仕事を紹介する内容です。翻訳業といっても、たいへんに幅広い。たとえば翻訳は扱う素材によって、大きく3つの分野に分けられます。ビジネス、産業、医学、法律といった分野で発生する素材を扱う「実務翻訳」、映画、テレビ番組など映像に関わる素材の翻訳は「映像翻訳」、小説、ノンフィクションなど書籍については「出版翻訳」と呼ばれます。そういうことも意外に世間には知られていない。ましてや翻訳者がどうやって仕事を受注し、どういうスケジュールで仕事をし、どれくらいの報酬を得ているのか、などは翻訳業界にかかわっている人たち以外はほとんどご存知ない、というのが25年間この業界で仕事をしてきた私の印象です。
かくいう私も、自分が身を置いてきた「出版翻訳」以外の翻訳者もその仕事内容もほとんど知りませんでした。出版翻訳はすでに仕事として成立っていかない状況にあります。書籍の販売が右肩下がりで落ち込み、印税率はもちろん初版部数も下がる一方。だから最初にこの本の企画を編集者に打診されたとき、「翻訳業に未来はないんじゃないの?」とか及び腰でした。だが、翻訳業界全体としては実は翻訳は将来性がある仕事なのではないか、と編集者と話しているうちに思えてきました。
それ以上に、25年間やってきて、翻訳はまーーーったく儲からない仕事だけれど、とてもおもしろいしやりがいがある仕事だ、とは思っていることもあって、しだいに「書いてみようか」という気持ちに傾いていきました。何よりもグローバル化の蓋が開いてしまったこの世界で、翻訳なしに特に日本は産業も文化も社会も成立っていかないことは確かです。翻訳という仕事の重要性は高まるばかり……というか、必要不可欠な仕事ではないか、と私は考えているわけで、だから、翻訳業の重要性、必要性をもっとわかってもらいたい、ということで思い切って執筆を引き受けました。
ただ、私が通じているのは出版翻訳のみ。そこでアルクが毎年出版する「翻訳事典」の編集長である佐藤直樹さんとこの本の編集者である美野貴美さんに、実務、映像、出版を主戦場にしている翻訳者の方々を紹介していただき、取材をすることにしました。現在第一線で活躍しているとてもお忙しい方々ばかりだったのですが、なんと取材を申し込むとすぐに快諾いただき、2時間以上(ときには半日近く)に及ぶ取材に熱く語ってくださいました。それくらい、みなさん、翻訳業の現状と未来について考えるところが多かった、ということです。
よってこの本は、たしかにキーボードを叩いたのは私ではありますが、取材させていただいた方々の思いが結集したものです。よって、ここに感謝を込めて名前をあげさせていただきます。(あいうえお順)
新井珠美さん、井口富美子さん、井口耕二さん、齊藤貴昭さん、鈴木立哉さん、関口佳子さん、仙野陽子さん、野村佳子さん、林原圭吾さん、森口理恵さん、新楽直樹さん、本当にありがとうございました。みなさんのおかげで、「なるには」ではない形で、翻訳という仕事を紹介する本ができました。

本書の発刊を記念して、新宿紀伊国屋でトークイベントを行ないます。それについて、つぎのエントリーで紹介させてください。

神保町の駅すぐ近くにあるブックカフェ「チェッコリ」にてトークイベントを行ないます。

「布石を打つ翻訳者 林原圭吾×実川元子」
日時:10月18日(火)19時〜20時
場所:ブックカフェ「チェッコリ」
http://www.chekccori.tokyo/my-calendar?mc_id=180

チェッコリでも大人気の「翻訳」にまつわるお話。
今回は、韓国語の字幕翻訳の第一人者ともいえる林原圭吾さんが、英語翻訳家の実川元子さんの近刊『翻訳というおしごと』でのご縁から、改めてお2人で「翻訳者」ということについて語っていただきます。

 <イベント内容>

外国語を生かす職業として名前が挙がる翻訳者。「好きを仕事に」といったポジティブなイメージが世にあふれる中、翻訳者を取り巻く環境はどう変わり、当事者は何を思うのか。韓国語の映像翻訳に特化した翻訳会社、西ヶ原字幕社代表の林原圭吾と、2016年12月発売予定の『翻訳というおしごと』(アルク)を執筆中の英語翻訳家・ライターの実川元子が対談します。
※夢のある話はしませんので、ご了承のうえご参加ください。

<プロフィール>

林原圭吾(はやしばら・けいご):有限会社西ヶ原字幕社代表。「砂時計」「アイリス」「ドリームハイ」「セシボン」など数々の韓国映画・ドラマの字幕・吹き替え翻訳を担当する傍ら、映画「鯨とり」のDVD制作や「南営洞1985」「南部軍」の配給も手がける。11月公開の映画「弁護人」の字幕翻訳を担当。11月公開の映画「でんげい」の宣伝に協力。

 実川元子(じつかわ・もとこ):翻訳家・ライター。外資系会社勤務を経て独立。恋愛、ファッションなどを題材としたエッセイの執筆、翻訳をおこなう。サッカーにも造詣が深く、『孤高の守護神 ゴールキーパー進化論』(白水社,2014)などの訳書があるほか、フットボールチャンネルでレギュラーコラムを持つ。

お時間がありましたら、ぜひお越しください! 

今朝(8月14日)日経の読書欄にエコノミストの川本裕子さんが、獅子文六の『悦ちゃん』
を取り上げてらして、一気に気分は50年以上前に引き戻されました。『悦ちゃん』は私が小学5年生の夏休みに読んだ本。夏休みにいとこたちと葉山の別荘に出かける悦ちゃんが、水着を買いにいくシーンを読んだときの衝撃が今でもよみがえります。紺色のスクール水着しか知らなかった私には、遊ぶための水着をわざわざ買ってもらえる子どもが世の中にいる、というのが驚きだったのです。
それはともかく、私にとって夏休みの思い出は、ほとんどが読んだ本によって記憶に刻みつけられています。特に小学4年生以降、いわゆる「小学校高学年〜中学校」向けの本が読めるようになって以降は、クマゼミ(関西はシャーシャーシャーシャーというクマゼミの声が朝からうるさいほど降り注ぎます)と祖母が大好きだった大輪の芙蓉の花と、卵と牛乳と砂糖でつくる自家製アイス、そして読書が夏休みの記憶です。

私は小中高一貫の私立に通っていて、夏休みが公立の学校よりも10日ほど長く、50日あまりありました。 自分が親になってみてよくわかるのですが、子どもが50日間も一日中家にいるのに母はうんざりしていたのではないかと思います。家で母と顔を合わすと、即座に「外で遊んでらっしゃい!」とせきたてられました。活発で外向的な妹はいそいそと近所の友達の家に飛んでいくのですが、(今言うと信じてもらえないかもしれませんが)一人で本を読んだり、空想(妄想)にふけっている時間が一番幸せ、という内向的な私は、わざわざ友達を誘いにいくのも面倒で、やむなく出かける先は図書館。石造りの図書館は、夏でもひんやりと涼しく、足音を立てるのさえもはばかられるほど静かでした。
開架式の書棚を眺めているだけで1時間くらいあっという間に過ぎます。学校の図書室には置いていない「大人の本」を周囲の目を盗んでそっと引き出して盗み読みしたり、ファッション雑誌や音楽雑誌であこがれのモデルやミュージシャンの近況を読んだりした後、おもむろに子ども向けの本を選んで借りる、というのを繰り返していました。
『悦ちゃん』も図書館で出会った本。あまりにおもしろかったので、その後獅子文六の『自由学校』『てんやわんや』『娘と私』などを大人の本の書棚で借りて夢中になって読みました。小学生には理解できない事柄(特に恋愛の機微)も書かれていたし、母から「まだあなたには早すぎる」と注意されもしたけれど、獅子文六はおもしろくてやめられなかった。描かれていた昭和初期の風俗が子ども心にも洒脱で、ああ、私も大人になったらこんなおしゃれをしたいなと思いました。まだストッキングが高価だった時代にソックスにハイヒールをかっこよく履きこなす技とか、洋装に日傘の合わせ方とか、「断髪」のかきあげ方とか、今でも真似できるおしゃれの知恵がいっぱい書かれていたように思います。
悦ちゃんはお父さんの再婚が嫌で、家出して冒険に出ます。家出、冒険、なんて甘美な響きでしょう! というわけで、私は少年少女向けの冒険ものも大好きでした。冒険もので一番の思い出の本は『コンティキ号漂流記』(当時読んだのは別の本でした)です。トール・ヘイエルダールというノルウェーの人類学者が、南太平洋に住むポリネシア人の祖先が、南米大陸から海をわたってきた、という説を証明するために筏を建造。古代でも入手可能な材料だけを使って建造し、エンジンなどを使わず帆と海流だけで航海した記録をまとめたノンフィクションは、実話だからなのか、どんな冒険小説よりも興奮しました。
子どもたちだけの冒険ものといえば、ジュール・ヴェルヌ(『海底二万哩』とか好きだったなあ)『十五少年漂流記』があって、私は飽きるほど読みましたが、これは冒険なんかするつもりはまったくなかったのに、ほんの出来心から漂流させられてしまったお話。反対に、自分たちで計画を練って冒険に出かける、という意味で魅力的だったのが、アーサー・ランサムという英国の児童文学作家が自らの体験をもとに書いた『ツバメ号とアマゾン号』のシリーズです。子どもたちだけで無人島で生活することができるなんて! それも親たちに奨励されている! もうよだれがたれそうなほどの羨ましさ。私が大学時代にヨット部に入部したのも、多分にこのシリーズの影響があります。
その後『長くつ下のピッピ』で、池の真ん中にある島で兄弟とピッピが一晩だけテントをはって過ごしたのを読んで、庭にテントを立てて寝たいとねだり、叔父が持っていた山用のテントを立ててくれたものの、蚊にさされまくって1時間もたたずに撤退したこともありました。
今ではタイトルがどうしても思い出せないのですが、ラスコー洞窟(読んだのはこの本ではないと思う)を発見した子ども達を主人公にした冒険ノンフィクションを読んだのも、たしか小学5年生の夏休み。親に内緒でこっそり裏山の洞窟で冒険ごっこをしていた子どもたちが、偶然見つけた不思議な壁画。真っ暗な洞窟に持ち込んだロウソクの火に浮かび上がる獣や狩人の姿に魅せられる子どもたち。「危ないから入ってはいけない」と厳しく止められているところに入っていくことへの後ろめたさとワクワクする冒険心、最初に壁画を見つけたときの息を呑む衝撃、大人に知らせるかどうかの仲間内の葛藤など、50年以上たった今でも読んでいたときの胸の高鳴りが忘れられません。真似して、実家近くを流れる川を上流まで遡り、どこかに洞窟がないかと探しました。しかしなぜか小さな冒険は親にばれて、「危ない!」とこっぴどく叱られましたが。
振り返ってみると、林間学校や水練学校にも行かせてもらったし、旅行にも連れていってもらったのだけれど、夏休みの思い出、となると昼までも薄暗い図書館で本の世界に入り込み、嵐に翻弄されながら筏にしがみついたり、ロウソクの光が消えて真っ暗な洞窟に取り残されて恐怖を味わったりした記憶のほうが鮮明です。
今の子どもたちが夏休みに読んだ思い出の本は何なのだろう? ちなみに次女に聞いたら、彼女は小学5年生のときに読んだ岡田淳作『二分間の冒険』をあげました。 やっぱり冒険ものが好きな血筋なのかも。

↑このページのトップヘ