Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

読む快楽

 今年一番といっていいくらい嬉しかったのは、伊藤詩織さんの「勝訴」でした。記者会見を見ながら、思わず涙ぐんでしまいました。事件から4年半、裁判を起こしてから2年半の間に、伊藤さんが味わった思い、受けた仕打ちがこの判決でぬぐいさられるとは決して思わないけれど、少なくとも、伊藤さん側が訴えた「合意なき性行為」が法的に許されない犯罪であることが明確に示されたこと、そして伊藤さんが自ら声を上げ、支援者の人たちとともに起こした訴えに公益性があると裁判所が認めたことは、一つの大きな進歩だと思っています。
  2017年10月に刊行された「Black Box」(文藝春秋)をすぐに購入しながら、なかなか読む勇気が湧いてこなくて3ヶ月ほど置いてました。あるとき、ふと手にとって「はじめに」を読み始め、頭がくらくらするほどの衝撃を受けて一気に読み終えました。なぜこの本を伊藤さん自身が書かねばならなかったのか、なぜ身を切るような思いをしながらも、書かねばならなかったのか。読みながら痛かったです。
 伊藤さん個人に起きた「事件」としてすませてはならない。一応、法治国家であるはずの日本で、「合意なき性行為」という犯罪が犯罪と認められるために「被害者」が高いハードルを超えなくてはならないのは、どう考えてもおかしい。この本は私にも、あなたにも、誰にでも起きうる犯罪の恐ろしさを示す本です。
 伊藤さんの「勝訴」後の記者会見を見てから、もう一度「Black Box」を開きました。事件のあらましよりも、私には合意なき性行為が犯罪として成立するまでの難しさと、かつ起訴に持ち込むまでにあるブラックボックスの恐ろしさ、そして性犯罪に対して向ける日本社会の歪んだ視線が衝撃でした。もしもまだ読んでいない方がいらしたら、ぜひぜひ読んでほしいです。

 おそらく「Black Box」に触発されたのだと思いますが、昨年から今年にかけてフェミニズム関連の小説やノンフィクション、エッセイを多く手にとったと思います。
 その中から私の頭と心にずしんと響いた本をあげておきます。

「私たちにはことばが必要だ〜フェミニストは黙らない」
イ・ミンギョン著 すんみ/小山内園子訳
性差別者(セクシスト)、また性差別的な言葉をかけられたときにどう対応するか、ということを具体的に示した「解説書」
ことばの暴力が、からだへの暴力につながっていること。だからことばの暴力をあいまいに流していると、それがときには殺人にいたるまでの暴力を誘発することを教えてくれます。
ことばとジェンダーについては、以下の本からも多くを学びました。

中村桃子著「<性>と日本語」(NHK出版)
「女ことばと日本語」(岩波新書)
社会から無意識に植え付けられた性差別意識をことばにして発することが、性差別を助長していくことを教えてくれ、まずは気づいて歯止めをかけようという気にさせる本です。無意識に使っている「女ことば」が、実は比較的新しく(明治時代以降)作られたことばであって、しかも「男ことば」を使っていた少女たちが、社会から女ことばを押し付けられる、という指摘にはどきっとします。

「三つ編み」
レティシア・コロンバニ著 斎藤可津子訳
インドの不可触民の女性、シチリアで家族経営の毛髪加工会社を立て直そうとする女性、カナダのがん患者の女性の3人が、髪を通してつながっていく物語。女性であるというだけで社会的な弱者に置かれてしまうことに、やり方は異なっても抗って生きていく勇気に拍手をしたくなります。

「イジェアウェレへ フェミニスト宣言、15の提案」
チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ著 くぼたのぞみ訳
もうね、私はアディーチェとくぼたさんの大ファンですよ。新刊出たら必ず教えろ、とAmazonに命じてある。それはともかく、娘をさずかった親友に向けて、「どうしたら「女だから」という理由で降りかかる、理不尽でマイナスな体験をさせずに子育てができるか?」という15の提案をアディーチェが書き送ったエッセイ。1つひとつの提案にうなずくしかない。

「掃除婦のための手引書」
ルシア・ベルリン著 岸本佐知子訳 講談社
1936年アラスカで生まれた作家の短編集。親も自分もアルコール依存症、各地を転々とし、3回結婚するもすべて離婚。シングルマザーとして4人の息子を掃除婦、看護師、高校教師などをして育てながら数多くの短編を残した作家です。これがフェミニズムの本にあたるという意見には反対されるかもしれないけれど、私には女性として生きていくことの喜びと困難さを率直な言葉でつづったその一言ひとことが胸にしみました。

「女性のいない民主主義」
前田健太郎著 岩波新書
女性の政治家がほとんどいない、女性を政治から締め出してきた日本の政治は、男性にとって(のみ)重要な事柄のみを扱う「男性の政治学」に過ぎず、それは民主主義とは呼べないのではないか、というテーマで「男性」の政治学者、行政学者が書いた本です。なぜ女性が政治から締め出されているのか、について歴史的に、また国際社会との比較において論じています。
伊藤詩織さんの訴えがなぜ不起訴になったのか、根本的な原因は、日本が、男性の、男性による、男性のための政治でしかないことにある、と知ると腑に落ちます。

最後に女性に対する暴力に対する法改正に立ち上がったチリの女性たちのデモが世界中に広がっている、というBBCニュースの画像を貼り付けます。私にとって、今年を象徴するニュースでした。
 

 幼稚園から小学校にかけて、私は母親や学校の先生たちから、何かヘマをして、叱責されるたびに言われたのが、1)だらしがない、2)不器用、3)粗忽、4)鈍臭い、5)物覚えが悪い、この5つでした。
 もうね、耳タコでこの5つの叱責を繰り返されて、私は割に最近まで自分のことを「整理整頓ができず、何をやらせても不器用で、おっちょこちょいで早とちりの粗忽者で、運動神経がなくて鈍臭く、人の3倍努力しないと何事も覚えられない人間」だと信じ込んでいました。人の言うことを素直に、というか鵜呑みにして信じてしまう「鈍臭い」性格なので、とくに母親から二言目には言われる「あんたはだらしがない」「あんたは人の3倍努力しないと人並みになれない」という言葉を鵜呑みにして「私ってこういう人間だから、しかたないよね〜〜」とか思っていました。
 でもさすがに40歳をすぎるころから「いやいや、そういう決めつけはおかしいよね」「本当の私はそれほどひどくはないのではないか」とか思い始め、はやりの「自分探しの旅」を愚鈍にやり続けてきた気がします。
 とくに60歳を迎えたときに、なんとか整理整頓ができるように、スケジュール管理をしてできるだけ「やらなくてはならないことをやること」を心がけ、不器用なりに時間をかけても習得することを自分に課してきました。幼少時から叩き込まれてきた「鈍臭い私」におさらばしたかったのです。
 5年間がんばってきて、ふと気づいたこと。
 鈍臭くて不器用でだらしがないのも「本物の私」だけれど、整理整頓を愚直にやって、不器用を努力で補って、粗忽者にならないようにゆとりをもって行動することを心がけるのも「本物の私」だと言うことです。
 つまり、世間さまが決める「本物の私」なんてものは、ない! 他人様に「あなたらしい」「あなたらしくない」と言われても、いやいや、他人様にとっては「らしくない」と見えるところも、実は私なのです。他人(親きょうだい夫子どもを含む)が期待する「私」になることも、ときには大事かもしれないけれど、ある程度の年齢に達したらもういいんじゃないか。人間ってのは、さまざまな面があって、世間に見せている表面だけを見ての人物評価ではまったく十分ではない。掘り下げれば掘り下げるほど自分自身でもとらえきれないほどさまざまな「自分」がいる。
 そういうさまざまな「自分」を素直に外に出していけるのが、たぶん高齢者の特権だろうと思うことにしたのです。
 そう思わせてくれたのが、芥川賞作家、若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」の主人公、日高桃子さんでした。
74歳の桃子さんがある日気づくこと。
「老いると他人様を意識するしないにかかわらず、やっと素の自分が溢れ出るようになるらしい」
 素の自分、でもそれは万華鏡のように光の当て具合、動かし方によってさまざまな変化するのです。自分の見方によってさまざまに変化することこそが「素の自分」
 私と同い年の若竹さんが描いた73歳の日高桃子さんが私に、自分探しの旅なんてやめちゃいなよ、と言ってくれたような気がします。
fullsizeoutput_7b1c


 
 

このところ、締め切りが続きます。締め切りが明日、というとき、私は逃避の読書に走ってしまうとってもいけない性癖があります。
いま、目の前にある仕事とはまったく関係のない本に逃避して、なかなか戻ってこない。
この本読むことで、目が疲れて、体力が奪われて原稿が書けなくなるだろう?(自分に言い聞かせている)
ただただ時間がずるずるすぎていくだけで、 ますます自分の首を絞めることになるだろう?
わかってる、わかっているけれどね、あともう1ページだけ許して!(100%、あと100ページ読み終わるまで本を閉じないことは目に見えている)
この章を読み終わったら、ぜったいに本を閉じる、と言い聞かせているのに、気づくともうつぎの章に入っている。
(登場人物の)この人がどうなるか見えてきたらやめよう……読み終わるまで見えてこないことが自分でもわかっている。
だから長編はダメだ。短編小説だけにしよう……でも結局1冊読み終えるまで本は閉じられない。
で、ここんところの逃避で読んじゃった本をあげておきます(いや、そんなことしている場合じゃないだろう?>自分)
「老後の資金がありません」垣谷美雨(垣谷さんの本はどれも逃避中には決してページを開いてはいけない、とよーくよーくわかっているのに)
「アフリカを見る、アフリカから見る」白戸圭一(新書だし、ビジネスと政治の話だし、きっとこれなら大丈夫、数ページ読んだら仕事に戻れると思ったのに、予想外のおもしろさで結局読み終わってしまった。あーーーアフリカ行きたーい!!! あ、いかんいかん、アフリカの本をポチりかねない)
「東大で文学を学ぶ ドストエフスキーから谷崎潤一郎へ」辻原登(これまたきっとすぐに本を閉じられる、と思って読み始めたら、なに、これ、終わらないじゃない! 辻原さん、文学論も小説並みにおもしろいのか。本棚にずらっとならぶ谷崎(→大ファン)の文庫本に目がいかないようにするのに苦労した)
でもって今朝は「ボーダー 二つの世界」ヨン アイヴィ デリンドクヴィストをさっき読み終わったところ。もうね、書評しますよ、この本は。すごい本でしたよ、すごい小説でしたよ、すごい世界観でしたよ、これは。映画がいま公開中なんだけれど、ぜひとも見なくちゃ。ひさびさに出会った興奮の本でした。

というわけで、まだ原稿がぜーーんぜん進んでいない。
締め切りは目の前だ。
 

 セクシュアルハラスメントを訴える"#Me Too"運動が起こったきっかけは、アメリカの映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインの30年にわたる女性たちへのセクハラを暴いたNYタイムズの1本の記事だった。2017年10月5日付のNYタイムズ紙に掲載された、たった3300ワードの1本の記事が、「堅固だと思われていた厚い壁を一瞬にして打ち砕いた」(”She Said"まえがきより)のだ。
 ミラマックス社を創設し、ディズニーのヒット作やアカデミー賞を受賞した「恋に落ちたシェークスピア」などで映画界に一時代を築いたハーヴェイ・ワインスタインが、若手女優たちやスタッフ、秘書まで身近の女性たちに「いうことをきかないとクビだ」「いうことを聞けばスターにしてやる」と地位を利用して性的関係を迫り、ときにはレイプし、訴えられそうになると高額な慰謝料で黙らせ、それでもいうことをきかなければ高額の弁護士をやとって悪評をTwitterやSNSでばらまく、という悪辣なセクハラを繰り返していた、というもの。記事を書いたカンターとトゥーヘイという2人は、その後もワインスタインにインタビューをし(もちろんワインスタインはセクハラを全否定)、被害にあったという女性たちにも話を聞き、ついにワインスタインは破産して、逮捕された。記者たちはピュリッツァー賞を受賞した。
 
 この2人が今月、”She Said"という本を出版した。シェアしたのは、「バックラッシュ」で著名なスーザン・ファルディの書評だが、これを読んですぐに本を購入。まだざっとしか目を通していないが、自分自身や周囲の女性たちを見回しても「あるある」と思い当たる話が書かれている。そして「あるよね」とわかっていながら、他人事として黙認するのは大きな不正義につながることを思い知らされた。
 だが、この本はワインスタイン本人と数々の悪行について実はそれほど多くのページを割いていない。むしろ「何がセクハラを生むのか?」「セクハラを女性も男性も(メディアでさえも)見て見ぬ振りをするのはなぜか?」「セクハラを受けながら泣き寝入りし、嫌なことは早く忘れようとすることで、のちのちどんな悪影響があるか?」というほうに力点が置かれている。
 1970年代、まだワインスタインがそれほど有名でも力もなかったころに秘書をしていた当時20代の女性が、彼にレイプされた。だが、弁護士から高額の口止め料を渡され「もし訴えたりしたら、社会的に葬ってやる」と脅された。その女性が半世紀たって記者たちに「あのとき私が黙っていなかったら、被害はのちのちまで広がらなかったのに」と涙ながらに語った話は典型的な「悪影響」だ。
「セクハラって何?」「これがセクハラ? たいしたことしてじゃない」「口を開くとうるさいフェミニストと思われて、嫌われるんじゃないかな」「私は別にセクハラされたことないから関係ない」「女は強いよ、まったく」「男ってほんとダメだね」「据え膳食わねば男の恥って言うじゃないか。誘うようなことをする女もよくない」……そういう言動や姿勢がセクハラの温床となり、社会全体を病ませる。
本書を読めばそれがよくわかる。
映画プロデューサーという特別な権力を持ったエロジジイの話と片付けてはいけない。黙っていてはいけない。#MeTooは起こるべくして起こり、女性だけでなく男性にとってもよりよい人生を約束するための必要な運動だ。それがはっきりわかる本である。
Faludi2-superJumbo

 

まだ残暑は続きそうですが、とりあえず夏が終わったということにして、7月、8月で読んだ本を記録しておきます。

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」
ブレイディみかこ著 新潮社
「子どもたちの階級闘争」以来すっかりファンになったフレイディみかこさんが、新潮社の冊子に連載していたエッセイをまとめたもの。英国南部の町ブライトンで地元の「元底辺中学校」に進学した息子さんとブレイディさん一家が出会う、英国の階級、家庭環境、教育、移民、人種(差別)を体験的につづっています。公立ながら裕福な家庭の子弟が多かった小学校から、いきなり「殺伐とした英国社会を反映するリアルな学校」に進学した息子さんは、いじめあり、人種差別あり、喧嘩あり、の学校生活を開始。崩壊家庭の子どもたちがクラスメートにいて、ドラッグやら売春やらにも11歳にして出会ってしまう息子さんとブレイディさんたちだが、そこはブレイディ一家、くじけず、いじけず、逃げず、かといって立ち向かうこともなく、学校生活を自分たちなりのやり方で楽しんでいくのです。もちろんある意味「闘争」の学校生活なのだけれど、日本人と英国人の間に生まれ育った小柄な息子さんは、英国社会をひょうひょうと泳いでいくのです。

「エスタブリッシュメント」
オーウェン・ジョーンズ著 依田卓巳訳  海と月社
ブレイディみかこさん一家が暮らしている英国は、階級社会だと言われています。そのトップにいて、経済、政治を牛耳っている「エスタブリッシュメント」層とはどんな人たちなのか? 英国の底辺にいる(とされる)「チャヴス」を書いた著者が、今度はトップに斬り込みました。うーん、正直、読んでいる間に吐き気がしそうでした。エスタブリッシュメントと呼ばれる人たちにはエスタブリッシュメント以外の社会階層(9割)から非難が集まりがちなのだけれど、実際、エスタブリッシュメント層以外には腹が立つことこの上ないほど傲慢で、無知で、幼稚で、それなのに金と権力と地位だけはしっかり確保している、という話です。過激左翼(とされている)労働党党首コービン支持者のオーウェン・ジョーンズ(でも彼も学歴経歴はエスタブリッシュメント層なんだけれど)が著者であることを差し引いても、英国社会、エスタブリッシュメント層以外が生きていくのが厳しい! と思えてしまう。ブレクジット後はどうなっちゃうんだろう? ちなみにいまの首相、ボリス・ジョンソンは超エリート階級出身のばりばりのエスタブリッシュメントです。

「よい移民〜現代イギリスを生きる21人の物語」
ニケシュ・シュクラ著 栢木清吾訳 創元社
英国もの3連発のとどめ(?)は移民の本音です。純粋な英国人ってどんな人たちを指すのか、英国に住んでいる人たちだってちゃんと答えられないと思います。純粋な日本人って何ですか、という問いに明快に答えられる人が少ないのと同じ。ロンドンでは移民とその2世、3世が半数を占めると言われるほどですが、数が多くてもどこまでも彼ら彼女らは「移民」扱いされる。そんな英国で、今、市民権を得て暮らしている、またはかつて暮らしてた人たち21人へのインタビュー集です。ルーツはアフリカ系、東アジア系、東南アジア系、東欧系、北欧系、アラブ系、もしくはさまざまな系統の人たちが混ざり合っています。そもそもこの「系」っていう言葉が問題なんですが(たとえば東アジア系=East Asian)欧米に軸足を置いたオリエンタルなんていう差別的呼び方をなんとかしようというので生まれた言葉だからしょうがないそうです。
親もそのまた親も英国で仕事をし、教育を受け、家庭を持ったという人たち。でも「移民」。帯に、編者(移民)が言った「良い、悪いはいつも他人が決めている」とあって、これが言い得て妙。「私たちがポピュラー・カルチャーで活躍したり、競技会で勝利したり、おいしいケーキを焼いたり、良心的な医者になったりすることで、人びとの意識の中の一線を超えて「よい移民」になるまで、社会は私たちを「わるい移民」ーー仕事泥棒、福祉手当にたかる奴ら、ガールフレンドを盗む連中、難民ーーとみなしてくる」。耳が痛くないですか? 移民と向き合わざるをえない今の日本がぜひとも読まなくてはならない本2冊目です。

(出かけなくてはならない時間となりました。帰宅してからつづきを書きます)

さて、帰宅したら疲れて寝てしまったので、翌朝続きです。

「老いと記憶〜加齢で得るもの、失うもの」
増本康平著 中公新書
 毎朝起きて一番にすること。スマホの電源を入れて、今日の予定と天気のチェック。今日やることをカレンダーとリマインダーに入れておかないと、私は約束と締切をすっぽかします。スケジュール、とくにプライベートな飲み会の予定を忘れちゃうのは30代のころからなので、老化のせいだけとは言えないのですが、60歳代になった今、私はスマホにアラームを鳴らしてもらわないと、その日の予定遂行が危うくなっているレベルにまで来ています。老化だ、物忘れ外来に行かねばならないか、と怯えていたところに、いや、大丈夫だよ、記憶補助の道具(スマホとか)を支えていれば、それは認知症ではない、と励ましてくれたのがこの本でした。
 記憶と一口にいっても、短期記憶(昨日やったこと、先週会った人の顔や名前など)、エピソード記憶(思い出、ですね)、ワーキングメモリ(複雑な思考や並列的にいくつもの作業をする能力)、言語的知識(意味記憶、さまざまな知識をつなげて記憶する能力)とさまざまで、脳の働かせ方や働く場所、記憶を蓄えて置く場所も異なる、そうです。そして老化に伴って、言語的知識以外の「記憶力」は50歳代を境に顕著に低下していきます。
 それでは生活に支障をきたさないために、低下をどう補っていけばいいか。スマホなど記憶を補助してくれる道具に頼るのはもちろん正解ですが、もう一つ、生活習慣だそうです。どこにしまったのかわからなくなる、ということを防ぐために、使ったら必ず元あった場所に戻す習慣、決まった曜日に決まった家事をする習慣、忘れてはならないことをメモをする(スマホでも)習慣、なのだそうです。
 しかしいくら補助道具を使っても、正しい生活習慣を身につけても、老化による記憶低下の食い止めは限定的です(悲しい)。それならどうすればいいのか。新しい経験に挑戦する、知り合いを増やして積極的にコミュニケーションをとる、未知の場所に出かけていく、などで新たに神経回路を開いていくことで、脳全体の「可塑性」(柔軟性)が増し、脳が老いて縮んでいき、一部分の機能が衰えたとしても、ほかの箇所が補っていく、ということが可能なのだそうです。よい生活習慣を身につけるのは基本としても、同じことを同じように繰り返して、慣れた場所でよく知った人たちと顔を付き合わせていては脳の可塑性は失われていく。何歳になっても、つねに新しいことに挑戦し、外の世界に興味を持ち、新しい知り合いを増やしてコミュニケーションをとる努力をする、それが肝心。
  読み終わって、なんだかとても励まされました。これからますます老いていくだけなのですが、老いを否定的にとらえない姿勢の一つを学んだような気がします。

あと、書評がらみで読んだ本を何冊か挙げておきます。書評に取り上げなかったけれど、印象に残った本も記しておきます。とくに中村桃子さんの「女ことばと日本語」(岩波新書)と「翻訳がつくる日本語〜ヒロインは「女ことば」を話し続ける」の2冊は、ずどーんとお腹に響く衝撃だったので、「書く書くと言いながらまだ書けていない」フェミニズムについての本のところで書きます(書く書く詐欺にならないように自戒の意味で宣言しておきます)

「女に生まれてモヤってる!」
ジェーン・スー/中野信子 小学館
あの小学館がよくこの対談集を出したな、と妙なところで感心した。この世界でどの年代、どの国、どの社会階層で生きていても、「女子」というだけで抱えざるをえない葛藤に斬り込み、最後に斬り捨てるための方策を教えてくれる。65歳でも女子だよ、私は、と自分で自分の肩を叩きたくなった。

「あなたの人生、片づけます」
垣谷美雨著 双葉文庫
 親の家を処分し、自分の家の断捨離を続行中の私にはもう「そうそうそう、あるあるある」と叫び続けた小説でした。

「厳寒の町」
アーナルデュル・インドリダソン著 柳沢由実子訳 東京創元社
同じ著者、同じ役者、同じ警察署の面々のミステリ。レイキャビク(アイスランドの首都)にまで、というかレイキャビクだからなのか、増え続ける移民と受け入れ側のアイスランドの社会との軋みを描いている。「よい移民」でも言及されているが、欧米男性の中には帝国主義の時代からある一定の割合で、小さくて、かよわくて、従順そうなアジア女性を好む層がある、ということがテーマになっている。事件はすっきり解決したけれど、後味は苦かった。

「特捜部Q〜キジ殺し」
ユッシ・エーズラ・オールスン著 吉田薫/福原美穂子訳 早川書房
シリーズ一作目「檻の中の女」を読んだときに、わー、暴力的すぎて苦手と敬遠していたのだけれど、映画化された4作目の「カルテ番号64」をWOWOWで放映していて、はまって見てしまったので、じゃ、本も読んでみようかとポチった。 やっぱり暴力的で途中で投げ出したくなったのだけれど、なんとか読了。うーん、たぶんもう読まない。映画ではアサドというシリア人男性がかっこよくて好みだったんだけれど。

「バタフライ 17歳のシリア難民少女がリオ五輪で泳ぐまで」
ユスラ・マルディニ/ジョジー・ルフロンド著 土屋京子訳 朝日新聞出版
シリアで戦闘が始まってから、国外に逃亡し、ドイツにたどりついてリオ五輪を目指して泳ぎ始めるまでの緊迫感で一気読み。もちろんユスラとサラ姉妹の水泳にかける思いやまわりの人たちの支えは素晴らしいのだけれど、それ以上に私はかなり進歩的なはずのムスリムの家庭においても、男女が支配と服従の関係にあることにちょっとショックを受けたかな。

だんだん疲れてきたので、あとはタイトルをあげるだけにします。
「夢見る帝国図書館」 中島京子著 文藝春秋
(すごく面白かったので、後日、感想を書きます。これはおすすめ)
「雪花の虎」8巻目まで 東村アキコ 集英社
(上杉謙信が実は女性だったという想定のもとに描かれた漫画。面白い! 早く続きが読みたい)
「団地と移民」 安田浩一著
(これもぜひとも感想を書きたい。腰を据えて!)
「風と行く者」上橋菜穂子著 偕成社
(バルサの過去と現在が重なり合う守り人外伝)
「掃除婦のための手引書」ルシア・ベルリン著 岸本佐知子訳 講談社
(今年のベスト10にぜひ入れたい。書かずにはいられなかった人の言葉が重い)
「夏物語」川上未映子著 
(うーん、共感がなかなかできないまま読了してしまった)
「いかれころ」三国美千子著 
(書評で取り上げました)

 

↑このページのトップヘ