Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

読む快楽

いてて......目が疲れているので、目薬をさそうとしたら、うっかり目に突き刺した大バカ者です。ああ、目が痛い。

世間のGW気分に乗っかろうとしているのですが、そうは言ってられないのがフリーのつらさ。たまっていた洗濯ものを干して、さっきからくもってきた空を見上げては、雨降るなと祈っています。

家のなかに事務所(?)をもうけて働き始めてはや18年。

家事と仕事の両立、という点では会社勤めをしていたときのほうが断然両立度は高かったと思います。いまみたいに洗濯ものが気になってテキストに集中できないとか、夕方が近づくと(近づかなくても)夕飯のメニューをどこか頭の片隅で考えたりとか、集中度が落ちることも問題ですが、それ以上に「雨だ!」と物干し場まで階段をかけあがったり、「そうだ、ごはんだけでもたいておこう」とつい立ちあがって台所に行ってしまうのがいけない。

最近では「あと2ページ(翻訳が)終わるまではトイレにも立たない」など自分で決めて、椅子にへばりつくようにしていますが、それでも洗濯ものを干していて雨が降るとねぇ......。

家でできる仕事だから、翻訳は主婦には向いている、とよくいわれますが、本当にそうなのかな?

むしろ主婦だからこそ、家内で2つの仕事を同時進行させるしんどさがあるのではないでしょうか?

凡人には2つの仕事を同時進行させるのは無理じゃないか、と思います。家事をいっさい切り離したところで仕事するほうがずっと楽。

いきなり話が飛んで(でも実はつながりなのですが)最近読んだ本でとてもおもしろかった『中国の歴史――近・現代史』(陳舜臣著 講談社文庫)のなかで、李鴻章がいくつもの仕事を超人的な集中力でつぎつぎ片づけた、という逸話が出てくるのですが(『蒼穹の昴』by浅田次郎の描写はあながちフィクションではなかったらしい)、偉大な人はそれがきっと可能なのでしょう。でも、聖徳太子や李鴻章でも、家事との両立はむずかしかったと思いますよ。

陳先生の『中国の歴史』はハマります。正確にいうと、ハマる巻とハマらない巻とがあるのですが、『近・現代史』の一巻目はまちがいなくおもしろい!! 私はすっかり孫文と康有為のファンになってます。

「リアル」

井上雅彦

 

くにこさんが「好きなマンガ」というので、これまで断片的、というか最初の1~2巻、昔読んだだけで終わっていた「リアル」を大人買い(つっても古本屋だが)して読んでみました。いまさらですが。

井上雅彦はなんてったって「スラムダンク」だろうと思っていて、たぶんそれはまだ変わっていないのだけれど、「リアル」はたぶんスラムダンクを超える傑作ですね。傑作が好きかどうかは別にして。

ときどき「スラムダンク」を読み返して、最初は安藤先生がいい、とか、やっぱり流川にひかれる自分がはずかしいとか思っていたけれど、最近、といっても1年前に読んだときにはっきり「桜木くんが一番いい」と思いましたです。いや、主人公だから当然ですがね。でもこのキャラの味がわかるような大人になったわけです、私も(いまさら何をいっとるか)

で、「リアル」ではストレートに野宮朋美が好きです。野宮こそ、桜木でしょう。愛されキャラとして描かれているんだけれど、ものすごくうっとおしくて、うとましいキャラでもある。で、私はそのうとましいところが好きです。ほら、大人だから。

一番ひかれるのは、高橋のお母さんです。高橋の弱さとエグさは、結局お母さんの弱さ、エゴそのままであることに、お母さん自身がしだいに気づいていくところがすごい。ただの「献身的なお母さん」じゃない。プライドと自分が名づけたエゴを押し通そうとしてこわれていくところ。共感します。

一番つまんないのが安積で、この子と戸川がどうなるのか...になんの興味ももてないです(汗)

タイガースがどうなるのか、には非常にそそられますが。

障害者スポーツがテーマとはいえ、いったい「障害」とは、「健常」とは何なのか、ということに関して「リアル」にせまられます。ほんと、自分の身体のリアルとはなんなんでしょうね。

 

「沈黙のファイル  「瀬島龍三」とは何だったのか?」

共同通信社社会部編

新潮文庫

 

旧陸軍参謀本部作戦課のエリート参謀。30歳で事実上、対米英戦の作戦主任となり、「陸軍大学校開校以来の頭脳」といわれた俊才。

戦後、11年間のシベリア抑留を経て帰国。伊藤忠商事に入社。10年で専務、20年で会長になる。

中曽根康弘、竹下登らの指南役といわれ、政財界の影のキーマンとささやかれた男。

瀬島龍三はどうやって生き延びてきたのか? 表舞台に出ていながら、つねに背後に暗い闇をのぞかせていた人である。彼にまつわるエピソードには、どこかうさんくささとあやしさがともなっていたような気がする。本書はその男の多くの謎に迫ったルポルタージュであり、彼が亡きあとに出されたたぶん「瀬島龍三評伝」の決定版だろう。

前半は広範囲の取材によるルポルタージュで、後半に瀬島氏と深くかかわった人たちのインタビューが掲載されている。

冒頭から話はなまぐさく始まる。戦後のアジア(とくにインドネシア)への賠償に瀬島氏がどのように暗躍したかを、伊藤忠商事で瀬島氏とともに働いた小林氏の証言によって語られる。戦後「賠償」とは名ばかりで、実はヒモつき借款のからくりがあったことが暴かれる。デビ夫人がはたした役割や、日韓関係改善に向けて瀬島氏が裏で果たした仕事などが紹介され、実になまぐさい。

第二章では、瀬島氏が第二次世界大戦で参謀役として何をやってきたかが検証されている。なぜ無謀な戦争に日本が駆り立てられていったのか? 誰が被害をここまで大きくしたのか? 戦場を自分の目で見ることのないまま、参謀たちが「作戦」を立て、戦場はただ盲目的に従っていたことが、戦争をより悲惨なものにしていく様子が元兵士たちの証言によって語られる。

第三章ではシベリア抑留から帰国まで。ソ連の旧日本兵のシベリア抑留が、対米、対日政策をにらんだもので、現在の日ロ関係につながっていることがよくわかる。

そして第四章。かつての参謀たちがよみがえり、日本の政財界をいかに牛耳っているかの検証が行われて圧巻。ロッキード事件、政界と官界の汚職事件など暴かれたのはほんの一部。日本の政治・経済の底辺にあるのは、敗戦という汚点の責任をとらないばかりか、目をそむけてなかったことにしようとする日本の「体質」だという。

KCIAにいた崔英沢(チェヨンテク)氏、瀬島氏とともに大本営にいた井本熊男氏、シベリア抑留の指揮をとっていたイワン・コワレンコ氏のインタビューも、これまた「よくもここまで」という内容で読み応えがあった。単に私が無知だったからだけなのだが。

瀬島龍三氏がどんなことをやってきたか、というのはさほど大きな問題ではない。「瀬島龍三的なもの」がいまだに日本に根強く息づいていて人々の行動を動かす力があり、つまり日本において「戦後は(まったく)終わっていない」ことが問題なのだ。誰があの戦争の責任をとるのか? つぐないは誰がするのか? すべてうやむや。

防衛庁の数々の「失態」、自衛隊の海外派遣の問題、靖国参拝......根っこにあるものが少しだけ見えた気がする。

新幹線のなかでほぼ一気読みしたあと、次女に「ぜひ読みなさい。これを読まなきゃいまはわからない」と押しつけた。東アジアにはまっている彼女には、どうしても読んでもらいたい。

 

「聖(セイント)☆おにいさん」 中村 光(モーニングKC)

 

急にマンガが読みたくなって(QMY)、夜、ごはんを食べてからヴィレッジ・ヴァンガードへ。

ときどきのぞくブログで紹介されていたので、このマンガを買っていそいそベッドのなかで読みました......蒲団がずり落ちる勢いで笑ってしまった。

休暇で天界から現代日本の東京におりてきたイエスとブッダの2人が、アパートを借りて摩訶不思議な日本を体験する、というギャグ漫画です。

昼寝をするとつい涅槃の姿勢になって「あ、まずい」と起き上がるブッダ。

ジョニー・デップにまちがえられて女子高生に騒がれるイエス。

手塚治虫の「ブッダ」をマンガ喫茶で読んで、滂沱の涙を流すブッダ。

感動すると頭にまかれた荊にバラの花が咲くイエス。

スキンヘッドを見かけるとつい「あ、アナンダ」と叫んじゃうブッダ。

サウナで隣に座ったやっちゃんから「兄ちゃん、その傷はどこでつけたんか?」と聞かれ「ゴルゴダ」と答えるイエス。

神社でおみくじを引いて「天界からぜったいにツッコミがくるね」という二人。

私としては、ノリがよくておバカなことをするイエスよりも、お人好しのおばさんタイプのブッダのほうがツボにはまりました。

しかし......いいのだろうか。これ、宗教関係者からつるし上げられたりしないのかな。ちょっと不安です。

軽く見逃してやってください。イエスもブッダもとてもいい感じに描かれているのだから。

 

マンガとしては「臨死 江古田ちゃん」と「闇金 うしじまくん」以来のヒットかも。

「日本語の歴史」

山口仲美著

岩波新書

 

 石垣から戻ってきました。

 石垣の人たちが地元の言葉で話されると、さっぱりわかりません。Welcomeが「おーりそーり」の意味だといわれても、は~それ私が知っている日本語じゃないし、と方言の域を越えた言葉のちがいにため息が出ます。

 でも、日本語とはそもそも何? という疑問に応えてくれたのが、石垣島への往復で読んだこの本。同行者に「まあ、むずかしそうな本を読んで」と言われましたが、タイトルよりもずっとやさしく、わかりやすく書かれた日本語の歴史入門エッセイです。

 この本で私が注目したのは、現在「日本」とされている土地のなかで、「日本語」として「日本人」に通用する言語とするまでに何を統一しなければならなかったか、という点です。実際に「日本語」が成立するのは、明治時代が終わるころというから、たかだか100年ほどの歴史しかないのです。日本のなかで言語のちがいを生じさせていたのは3つでした。

その1。地域。沖縄県で使われている言葉が、現在の日本語とは大きく異なるのを見てもわかるように、方言ですませられないほど地域によって使用言語はちがっていたし、いまもちがう。

その2。性別と社会階層。男言葉と女言葉は江戸時代近くまで分離していたし、農民と武士とでは江戸時代においても別言語といっていいほどちがう言葉を使っていた。

その3。話し言葉と書き言葉。

著者はとくにその3について詳しく書いています。その1とその2も、その3のちがい(そして統一)が日本語という共通言語を成立させるのに大きな意味をもっていたからです。

江戸時代まで話し言葉が書きとめられることはめったになかったので、それぞれの地域でどんな言葉で人々が日常会話をしていたのかはなかなかわかりずらいのですが、それでも物語や説話に書かれた会話から推測することができます。そしてそれは明治が終わるころまで、書き言葉と大きくちがっていました。

書き言葉の変遷は、どんな文字を使うかで歴史をたどることができます。文字をもたなかった日本人(と仮にしておきます)は、中国の漢字を流用して、自分たちの言葉(やまと言葉)を漢字の意味に関係なく音だけに頼って書きあらわしました。万葉仮名と呼ばれるこの書き方にはかなり無理があったし、画数の多い漢字を延々と書かなくてはならなかったのでずいぶん面倒でした。

それじゃ中国語の漢字の使い方(漢字の一つひとつにこめられた意味を利用する)で書けばいいじゃないかというと、やまと言葉は助詞や助動詞という中国語にはない文法上の語があるし、文法がちがうのでややこしい。そこで私たちが漢文の授業で習った返り点を使って、いわゆる訓読をする漢式和文が発達し、そのうち送り仮名や助詞を補うために漢字を略式にしたカタカナが生まれました。

それじゃひらがなはというと、漢字を崩してうまれたそうです。安→あ、以→い、といった具合。

法律や政治的文書を書くために生まれたカタカナに対し、ひらがなは和歌のために発達しました。つまりひらがなとカタカナは同じように漢字から発達したとはいえ、生まれも育ちもまるでちがう。しかも、漢式和文→漢字→カタカナ→男性が使うもの、崩し字→和歌→ひらがな→女性が使うもの、という使う人まで分離していました。書くものによって、文字までちがっていた、というところがおもしろいですね。女は漢字を使うものではないとされ、男がひらがなを使うことは恥ずかしいことだったのです。

漢字とひらがなとカタカナを駆使した日本語の書き表し方にどういう風に変遷していったかは本を読んでもらうことにして、私が興味深かったのは日本語のなかに「外来語」がどう導入されていったかの部分。これには残念ながら、明治時代の言文一致の章のなかにさらりとしかふれられていません。それでも、日本にはなかった概念(たとえば哲学、科学、社会、思考、人格、必要など)を、西周をはじめとする明治時代の思想家たちが言葉を漢字でつくっていった、というくだりは興味深い。日本人がつくった西欧「外来語」を表現した漢字は、中国や韓国でいまでも使われているそうです。万葉仮名→漢式和文→ひらがな・漢字まじり文の変遷のなかで、日本は独自の和式漢字とでも呼びたいものを発達させてきたことがうかがえます。

翻訳をしているとき、頭の片隅にいつもひっかかっているのが、アルファベットで表現された言葉と、漢字とひらがな、カタカナを使って書き表す言葉の間にある深い溝のようなもの。溝というよりも、むしろ肌ざわりといったほうがいいような皮膚感覚的に近いものかもしれません。(でも溝という距離感でもある)言葉や文法の違いとともに、使用する文字の違いにときどき(しょっちゅう)いらだちます。

この本は、そのいらだちがどこから来るのかを少しだけ教えてくれると同時に、いま使っている言葉に甘えてはいけないといさめてくれました。「日本語」という言葉に絶対はない。「これこそが日本語だ」といいきるのは傲慢だというものです。いま大手メディアが使っている標準語(この言葉は嫌いだけれど)に絶対的に依存することのあやうさを自分のなかでいさめる意味でも、つねに「日本語とは何か?」を問いながら翻訳していきたい、と思いました。

ところで。本日、また一つ年をとりました。

お誕生日にメッセージをいただき、とても喜んでいます。私はなかなか誕生日が覚えられないので、お祝いをくださった方の誕生日にメッセージを送っていない失礼を重ねています。ごめんなさい。そういいながら、自分の誕生日を覚えていてくださるのはとてもうれしい! 今年一年、また元気に過ごしていきたいです。

↑このページのトップヘ