Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

青黒を追いかけて



やっと浦和戦について書く元気が出てきました。その前のACLで書く元気がすっかり失せてしまったみたいで。
前半、浦和9本に対してガンバ0。もうこれだけで萎えました。後半、ちょっと持ち直したところで今野選手の豪快なヘディング。これは浦和の3バックをうまく利用できたように思います。
その後、攻められ続ける中、藤ヶ谷GKが怪我、というアクシデント。なんと田尻選手が途中交代でJ1リーグ初出場となりました。不安、というよりもワクワクしましたね。こんなチャンス、そうそう転がり込んでくるわけじゃない。田尻〜〜歌が上手いだけじゃないことを見せたれ!とか叫びましたよ、一人で。
ところが、その後セカンドは拾えなくなるし、ラインはペナルティエリアの中まで入ってくるほど下がる下がる。3バックじゃなくて7バックくらい。だからセカンドは拾えない、攻撃に行くなんてとんでもない、という状態。
そこで起きたハンドでしたが、あれだけペナリティエリア内に人が密集していたら、そりゃハンドも起きますって。これまた3バック➕新人GKの不安が産んだ当然の結末かな。
終わってみれば引き分け。これをどう捉えるか?
同じ3バック同士。でも試合の内容はずいぶんと差がありました。去年から感じていた浦和とのチーム力の差がますます広がっているような嫌な感じがしていますが、少なくとも去年の埼スタの惨殺劇を見ないで済んだだけでいいとしなくちゃいけない?
W杯予選のためにしばしJリーグは中断。けが人が早く戻ってきますように。
 

来ましたね! 倉田選手、今野選手、代表に選出です。
今野選手は初ではないので置いておくとして(w)、倉田選手、選ばれただけじゃなくて、これを一つのステップにして、もっともっともっと上を目指してください!
これから、ですよね。まだキャリアピークを迎えるには早すぎる。
今野選手ともどもピークはもっと先にあると見ています。
まずは、試合にでてほしいな、2人とも。 


前回のエントリー、vs柏戦についての感想の最後に、この調子の良さが続かないのがガンバ、みたいなことを書いたのは誰でしょう? そう、私です。
ごめんなさい、間違っていました。土下座します。
柏戦のガツガツいって球際で勝ち、攻守の切り替えのスピードで勝つサッカーは継続していました。継続どころじゃない。明らかに進化していました。
そして「ク★審判」が地獄の釜の蓋を開けようとしたところ、颯爽と舞い降りて、地獄を遠くに追いやってしまった「神」がいました。
久々に叫ぶよ〜〜〜
「ヒガシ、ヒガシ、ヒッガシーグッチー(ちゃちゃんちゃちゃんちゃん)」
いや〜〜〜〜すごかった。
PKを止めたのも凄かったけれど、私が顎を外しそうになったのが試合終了間際の大久保のヘディングをはじき出したあのセーブ。すごすぎ。
スイッチ入っちゃいましたね。ヒガシ、神スイッチON!(ゴゴゴゴゴ〜〜〜〜♫(万博の)空を超えて〜〜、ららら、星のかなた、行くぞ、ヒガシ、力のかぎ〜り〜〜〜 Upper60限定ソング)
 そしてそしてアデミウソンの先制点もすごかった! あれはね、アデミウソンじゃなきゃかわせないし、蹴り込めませんよ。アデミウソンの一つの形ができていた。
そしてそしてそして、倉田くーん、今季初ゴールおめでとう!! 幻のゴールもすばらしかったです! 線審くん、他ではいろいろと旗降らなくちゃいけないシーンで降らなかったんだから、あのゴールのときも見逃せよ、とか叫んじゃいましたよ。

で、ごめんなさいと謝っておきながら、また最後につぶやきます。
次は中3日でACL、また中3日で浦和戦。厳しいですよね、ったく。どこまでスタミナが持つか。どうやってコンディションを回復するか。ガンバの強さが問われるのは次の2連戦でしょう。
ちゃんと打つ手を打ってくださいよ、監督!! 

1−4で惨敗した済州戦から中3日で迎えた「鬼門日立台」の柏戦。
行く前に同志に「今日はぼろ負けする。もう嫌だ、3バックやめろ、○○やめろ」とかブツブツこぼすメールを送ったら、柏までさすがに来られない同志が「まあがんばってください」と、励ましてるんだか(罵詈雑言を)牽制しているんだかわからない返信がありました。
ウチから日立台まで2時間弱。重い足を引きずるようにして、向かいました。
……(試合)
IMG_6774
(試合中に場所を代わってくださった隣の模範的ガンバサポの方、ありがとうございました。おかげで楽しく応援できましたです)

IMG_6783
(万歳までやれましたよ)

帰りはルンルン。「3バック、ハマってたわー。健太、固執したのは、柏にはこれが効くと見越していたんかなー」
はいはいはいはい、手のひら返し。
同志からの「いい試合です。羨ましい」というメールにほくそ笑む私。

さて、試合です。
柏レイソル1ー3 ガンバ大阪
得点者:小林(柏)、長沢✖️2、アデミウソン(PK)

勝因は何かと問われたら、1)出足が早くて球際が強かった、2)意地、3)長沢が早い時間に得点した、この3つをあげたいです。
1)については前節の甲府戦でも決して悪くなかったんだけれど、昨日との違いは「全員がよく走っていた」という点。甲府戦では井手口やアデミウソンは走れてなかったですね、当社比ですが。
走りで牽引したのは、何と言っても倉田と藤春。この2人の勢いに押されるように、CBのファビオや三浦までもが、セットプレー後に全速力で戻っていました。
2)については、済州戦の「酷敗」の反省からか、みんなが危機感を持って「こりゃなんとかせねば」と取り組んだことかな。緩みがなかったですね、最後まで。後半の早い時間に同点にされたのも良かったかも。
それと、ヒガシのスーパーセーブでますます緩みが消えたのも良かった。ヒガシ、三浦や初瀬にときどきアドバイスしていたけれど、その姿がシジクレイやルーカスの「試合中座学」を思い出しましたよ。よくCBを叱ったりしていたものね、あの2人。今はそれがヒガシ。
3)はガンバの悩みどころ。勝敗が「前半に長沢が得点できるか?」にかかってしまっている。なぜかという問いに対する答えはもうはっきりしていますね。長沢しか点を取る人がいないこと。以前はそれが宇佐美だったんだけれど、あのときはまだパトリックもいたし、倉田も前線で絡んでいた。でも、今は長沢だけが頼み。
アデミウソンもすごく上手くて推進力はあるんだけれど、なぜかシュートが下手。後半に絶好機を大きくふかしたときには、大森かと思いましたよ。 

と、今日までは浮かれてもいいけれど、ガンバサポのみなさん、これが今週末のFC東京戦にも継続されるか、というとそうはいかないと予想します。
またもや、試合前になると「ボロ負けしそう。もう嫌だ。今のFC東京には勝てない。○○やめろ」とか言い出しそうな自分が怖いです。

Jリーグ開幕戦。
ガンバは先週に24時間かけてオーストラリア、アデレードに遠征してきたので、1試合だけ行われた昨日、日曜日の試合でした。
試合結果は、ガンバ1−1ヴァンフォーレの引き分け。
攻めているけれど、決め手がなく、攻めあぐねているうちに反撃を受けてズドン! 慌てて点を取ろうと遮二無二やるけれど焦りからドツボ。最後のFKでなんとか1点返しました、という内容。はい、去年からまーったく変わっていません(^_^;)
IMG_6712
(私の期待の2人です。左井手口、右市丸。今年はチームを引っ張るくらいの成長を見せてほしい)
fullsizeoutput_4c87
(天気は曇り。歩くと汗ばむくらいなんだけれど、夕方になると冷え込みました)
久々のガンバ。天皇杯決勝の観戦で1月1日に吹田スタジアムには足を運びましたが、ガンバをホームスタジアムで観戦するのは半年ぶりくらいか?
新しいチャントがいっぱいできていて、私はできたことさえも知らなかったから口パク。でもゴール裏の人々はみんな大声でちゃんとチャントを歌っている(はい、ダジャレです)
ゴール決めろ、ゴールぶちこめ(と聞こえた)と歌いながらタオマフ振り回すのが気に入りました。
今野のチャントもできていた。ちゃんと歌えないとね(はい、ダジャレです)何と言っても、ガンバはコンちゃんのチームですから、いまや。
fullsizeoutput_4c8d

何が言いたいかというと、ガンバをホームで見られるのって、幸せだなー❤️ということ。
幸せで終わって試合内容についてはパスしたいところだけれど、そうもいかないので書きますね。ごくシロートの感想。まずはいいところから。
1)新しいCBコンビ。ファビオは何回か最終ラインからボールを持ち上がって攻撃に参加していましたが、ああいう姿勢、いいですよねー。 パスミスは散見されたけれど、パスを出そうというところがいい。三浦さんのダイアゴナルなロングパスにはしびれました。よくピッチが見えているし、積極的な姿勢も好感度高し。ラインの上げ下げも一生懸命指示してやっていました。DFラインとしては「鉄壁」かどうだかわからないけれど、攻撃の起点となろう、というCBコンビの意識は買います。
2)今野さんのサイドハーフ起用。たぶんサイドハーフという呼び方は適切ではないと思う。3ボランチ+倉田トップ下で、ダイアゴナルを形成。ボトムにヤットさん、両サイドに左今野、右井手口をおく布陣。でも、今野さんが上がる上がる。今野さん、攻撃好きなんだ。そしてまた数少ない決定的なシーンにはすべて今野が絡み、得点も彼。ただ、これってちょっとどうなの? というのは「うーんと思うところ」で書きます。
IMG_6725
(今野さまさまさま……)
3)堂安、初瀬、泉澤が交代。若手を使うぞ、という意欲は見えたかな。堂安は元気にプレーしていました。あの図々しさは買いかな。
そしてうーんと思ったところ。 
1)試合間隔が短い中、3試合連続同じスタメン。怪我人続出。
そうでなくても米倉、呉屋、藤本、藤ヶ谷と怪我から戻ってきていない選手が多い上に、長沢と井手口も怪我を抱えつつ出場。藤春はどうだか知らないけれど、試合の最初から足がもつれていて、自慢の快速は鳴りを潜めていました。
人がいない、っていうのはわかるけれど、怪我している選手を無理して出さなくてはならないほど? そうでなくても人が足りないのだから、何かを捨てる、ということも大事かもしれない、とか思ったりして。まあ、そうはいかないんだろうなあ。
2)攻撃が手詰まりすぎる。ポゼッションを取っているし、シュートもなんとか打つようになっているけれど、崩しきれない。グデグデボール持っているうちにミスが出て、相手に得点献上。その悪循環はまったく治っていません。同じパターンの攻撃を見すぎて、私、70分くらいであくびが出ましたよ。ガンバのパターンを知らない相手ならいいけれど、知り尽くしている相手に同じことを何年もやっていたら、そりゃ勝てませんって。
3)今野さんを酷使しすぎ。守備に攻撃に、結局今野さんとヤットさんが走り回る、というのはいい加減いどうにかしてほしい。もうね、若手の突き上げがぁぁぁぁとかいう問題じゃないと思う。監督、クラブ、どうにかした方がいいKY依存症。 

 中2日で済州戦です。そして中3日で柏戦。うーん、今年も厳しいシーズンになりそうです。
 でも、応援しますよ。どこまでも。

(まだDAZNを契約していない私。それ以上に問題は、PCのOSをうっかりバージョンアップしたら、メールの送受信にも苦労している今日この頃。確定申告もやらなくちゃならないし、PCで観戦は7月くらいになるかも〜〜〜) 

↑このページのトップヘ