Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

青黒を追いかけて

代表ウィークでJ1の試合は1週お休みでしたが、女子W杯はあるわ、高くん出場のトゥーロン国際はあるわ、J3は中断なしだわ、でサッカー観戦で忙しい日々でありました。(日本代表戦は久保久保久保ってもう実況アナウンサーがうるさくて、しかも試合がつまらなくて、途中で見るのをやめちゃいました)
そして昨日は、中断明けのアウェイジュビロ磐田戦。小野瀬選手が怪我で離脱。右ウィングには当然米倉選手が入ると思っていたら、あれれ? 福田(以下敬称抜きでいきます)が右にまわって、左に中村! そうきましたか、と思うと同時に、一抹の不安が。ウィングの両サイドともが経験浅く、若い2人で大丈夫なのか……。そしてその不安はやっぱり的中してしまうのです。
前半のスタッツを見たところ、ジュビロの攻撃はなんと60%以上がガンバ側の右サイド、つまり福田のところが狙われていて、しかもジュビロの松本とばちばちやりあうものの、やっぱり負けていました。危ないシーンの半分は福田のところからで、あとの半分はヨングォンの動きのあやしさから。ヨングォン、怪我か体調不良? 足がもつれているんですけれど。キャーーー、アブナーーーイというシーンのときも、もっさり後ろに構えていて、動きがあやしい。よって、攻撃を跳ね返していたのは、ひたすら三浦、ときどき矢島と高尾。前半終わったときに「この試合のMOMは三浦!」と決定してしまいましたよ。
後半に入っても一進一退。前半は押し込まれるばかりだった福田も、ジュビロの選手たちの足が止まってくるにつれて勢いよく駆け上がるシーンも出てきて、反対に前半にいい感じで攻め上がっていた高江が消えてくると、交代出場したのがヤットさん。ずっとジュビロに押し込まれてセカンドが拾えないガンバだったので、ヤットさんも交代してしばらくはDFブロックに吸収されて、効果的な働きができなかったのですが、さすがのヤットさん、矢島とはちがったキラーラストパスを出すのですよ。
でも、それを決められないFW陣。っていうかウィジョ。ウィジョ、もう心もからだもMLSなんでしょうか? Hello, how are you ウィジョ?  Sorry, I'm not fine today.という英会話みたいなキレのなさ。
あの〜あの〜〜あの〜〜〜いやね、そういうこと推測するの悪いかなと思うんですけれど、もしかして代表戦に力を発揮するためにリーグ戦では力を温存している?>ウィジョとヨングォン。

引き分けでまたガンバは降格圏におちました。あああ、得点シーンが見たいわー! 

そしてトゥーロン国際で、はじめて決勝に進出し、8回の優勝経験を誇り、圧倒的な強さで勝ち上がってきたブラジルと決勝戦で戦ったオリンピック世代のU22日本代表。このチーム、ほんとにいいチームになったと思います。試合を重ねるごとに選手全員の意思が統一されていって、チームとしてのまとまりがどんどんよくなっていきました。誰か突出して上手い選手がいるわけじゃないのが良かったのかもしれません。
惜しくもPK戦でブラジルに屈してしまいましたが、旗手選手は責められない。(でも旗手選手、拙訳書「PK」(ベン・リトルトン著カンゼン刊)では、PKを蹴るとき、決してGKから目をそらしてはいけない、と書かれていますよ。目をつぶってイメージをしたんだろうけれど、あれが惜しまれます) それよりも、今大会15得点無失点のブラジルに、1−1で引き分けたことをおおいに称えたいです。小川選手のゴールのときには、深夜にもかかわらず、大声で「やったー!」と叫んで飛び上がってしまいましたよ。

我らがガンバの高宇洋選手、通称ヤンくんは、グループリーグ1戦、準決勝、決勝と3戦にボランチとしてフル出場。準決勝のメキシコ戦では後ろでバランスをとることが多かったけれど、きのうのブラジル戦ではお得意の(ですよね?)ボールを穫るプレーからの速攻の演出、つなぎやちらし、そして何よりも楔のパスをびしばし入れていて、もうね、おばさんは目頭が熱くなってしまいました。「川崎の田中碧くんには置いていかれてしまった感じがするのですが」みたいなことを大会前に言っていましたが、いえいえ、決勝戦ではブラジルを上回る最強ボランチコンビでしたよ。チームのヤンくんへの信頼感も、試合を重ねるごとに高まっていったことが見て取れました。
この大会を通じて、選手たちは大きく成長したと思うし、自分たちがこれからどういうサッカー選手になっていくのかイメージがつかめたんじゃないかと思います。もちろん、ヤンくんもそう。ガンバに帰ってきてから、この大会でつかんだものを大きく花開かせていってください。 

試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、ピッチに突っ伏して動けなかった食野の姿を見て(DAZNで)思わず泣きそうになってしまいました。62分(?)あのシュートが決まっていれば、きっと勝てたはずなのに……そういう彼の、そしてチーム全員の思いが伝わってきたからです。


引き分けだったけれど、ものすごく悔しかったけれど、そして後半はものすごくひやひやだったけれど、3試合、テンションを下げずに戦って負けなし、ということをプラスにとらえたいと思いました。
そして内容が濃いいい試合でした。どちらのチームも緊張が途切れなかったし、球際をびしばし競って「やってやる!」という気持ちが伝わってきました。結果として勝てなかったけれど、 鹿島に決して負けていなかった。そこを評価したい。
もちろん課題はあります。
1)先制点を奪ったあとにゆるみが見られること。
2)相手にペースを握られると、自分たちのリズムを取り戻すことがむずかしくなる。どうやってリズムを取り戻すのか、という意思統一ができていない。跳ね返したあとのセカンドボールの拾い方、とか、それを攻撃につなげるためにラインをすぐさまあげるとか、そのあたりがまだまだ。
3)いまに始まったことじゃないけれど、 試合の緩急のつけかたが下手。いったんためを作る、とか、くさびのパスが入るまでの間の取り方とか、相手をいなすとか、そういうのができるのが矢島と倉田くらいで、ほかはやみくもに前へ前へ(バックパスするよりもいいことなんだけれど)とあせりすぎ。
いま一生懸命考えたけれど、課題は3つくらいしか思いつかず、それも近々解決しそうな感じがしないでもない。
まだ上昇気流に乗った感じはしないけれど、少なくとも試合後に(ときには試合中に)「どこまで落ちるのか、まだ底が見えません」という鬱々とした気分に陥ることはなくなりつつあります。
小野瀬選手の怪我がどうかどうか軽症でありますように!(鶴)
そして試合前に宇佐美選手一家がDAZNで抜かれていましたが、それって……何?
 

同じ0−0でもFC東京戦よりも内容がちょっとだけましだったような気がします。たぶんシロート目線だから、気のせいなのでしょうが。
DAZN観戦終了後に「勝てたかもしれないね」とFC東京戦のときにはなかった悔しさがこみあげたので、おそらく内容はよくなっているのだと思います。「思います」としか言いようがないけれど。
でも、前半はウィジョのシュート以外チャンスらしいチャンスはなく、後半も結構攻められていたので、引き分けは妥当なのかな? ただペナルティエリアど真ん中で倉田を後ろから引き倒したあのプレー、あれでPKとらなかったらいつPKとるんですか? 浦和vs湘南戦であきらかな得点を得点と認めないような審判レベルなのだから、しかたないのか? あれがPKで決めていれば、後半の流れはもっとガンバに来たんじゃないなあ。
試合が引き締まったいい内容だという印象を持ったのは、東口選手のおかげです。GKが活躍すると、たとえスコアレスドローでも試合が引き締まりますね。この試合のヒガシは、守護「神」というよりかは、悟りの境地を開いた仏様みたいでした。どっしりと構えているのに、ひらりひらりと飛んでくるボールを枠に入れない。GKのファインセーブって、超人的なセーブとかじゃなくって、止めるべきところをふつうに止めることにつきるんじゃないでしょうか。そのためにはポジショニングだったり、流れを読むことだったり、DFとの連携だったりがものをいうわけで、この試合ではヒガシのポジショニング、読み、統率力のすべてに感嘆しました。
ヒガシもですが、この試合ではからだを張る(張れる)選手のありがたみがよくわかりました。
 菅沼選手と矢島選手です。
地味で泥臭くていいんです。大事な場面でからだを張ってくれるディフェンス(中盤も、そしてフォワードもですが)がいるのといないのとでは大違い。 どうもガンバはきれいなかっこいいプレーを求める選手が多い傾向があるんですが、いまのチーム状態にあって本当に必要なのは、試合を通して骨惜しみなくからだを張るプレーじゃないかって思います。若手選手ももちろん得点は狙って欲しいけれど、この試合の菅沼や矢島、攻撃陣では倉田のような地道に相手攻撃の芽をつみ、ボールを前に、ゴールに向かって運んでいくプレーを見習って欲しいなあ。
しんどいでしょうが、そうやってからだを張るプレーをみんなで続けていけば、きっとチームは上昇気流に乗れるはず、と信じています。
昨日の引き分けでまた降格圏に落ちてしまいましたが、私は諦めていませんよ。
毎回言ってしまうと神力が薄れてしまうけれど、つぎの試合こそ正念場で試金石。
鹿島は手強いですからね。
サポも一緒にからだを張って、降格圏脱出を計りましょう! 

大阪ダービー、勝利しました!
今シーズン、リーグ戦ホーム初勝利!
今シーズン、初めてのフォーメーション!
今シーズン、リーグ戦では初めて2巨匠ベンチスタート!
今シーズン、初スタメン3選手!
今シーズン、リーグ戦では初めてスタメン平均年齢26歳を切る!


(倉田選手のゴールは最高でした! 高尾→高江→倉田ゴール!!! ガンバの明るい未来がぱーっと開けた気分でした!)

試合前に私は相当にメンタル凹で、ガンバのことだけでなく、仕事やら何やらすべてに悲観的でマイナス思考だったのですが、昨日の試合終了の笛が鳴ったとたんに、プラス思考に切り替わりました。タンジューン! 
鳥栖戦後にガンバに対してかなりひどいことを書いたので、ダービー前に自分の気持ちを上向きにするためにも何かブログに書いておこうかなとちらっと考えたのですが、験担ぎでやめました。験担ぎといえば、これまでやってきたこととは違うことをしてみようと考え、これまでの個人的な「勝ちグッズ(アクセサリーとか)」を全部やめました。万博公園駅で待ち合わせた同志も同じことを考えたらしく、「今日はいつもと違うパナソニックロードで行ってみよう」と言ったので、あ、気分を変えたいのは同じかと思いましたよ。験担ぎ万歳! 験担ぎのおかげかな、勝ったのは! なんて、タンジューン!

試合を振り返ってみると、キックオフの笛が鳴ったときからガンバの選手たちの気合がスタンドの隅々まで伝わるほどで、鳥栖戦の1・3倍くらいの運動量と気迫(当社比)でした。球際はセレッソの選手よりも強いし、パスカットのスピードも速いし、リスク承知で思い切って攻撃に行くし、見ていて本当に気持ちが良かった。内容的には2018年から、いや、2017年シーズン前半以来のベストだったんじゃないでしょうか?
ただ、危ないシーンもいくつかあったし、もっと決定機を作り出さなくてはいけなかったし、決めるところを決めておくべきだった、ということは言えます。そんな感想は身の程知らずというもの。はっきり言って、今のガンバはサポの贔屓目で見てもJ1チームのなかで強いとは言えません。もうね、精一杯頑張って、これくらいなんだろうと思います。
試合終了のホイッスルが鳴ったあと、思わず泣きそうになりました。「俺たちが〜〜大阪さ〜〜」を歌う声が震えてしまったもの。アデミウソンが倒れ込んで起き上がれなかったのを見ると、もうたまらなかった。倒れこむくらいがんばったんだな。それくらいがんばらないと、どんなチーム相手にも勝ち点が取れないんだな、ということを実感してしまったせいかもしれません。圧倒しての勝利とか、たぶん、当分見られないでしょう。でもいいんです。これくらいがんばったら、また勝利がやってきます。

一夜明けて一番に思ったこと。
つぎの札幌戦が実は正念場だってことです。
ダービーでアドレナリンを放出しまくったあとの試合。
アウェイ。
降格圏は脱出した。
そんなときにまた昨日と同じだけの気合で戦えるか?
ガンバ伝統の「いい試合のあとに緩んでつまらない試合をして負ける」という悪癖を払拭できるか?
つぎの札幌戦で勝利をつかまないと、また昨年のようにずるずる負け続けますよ。
ダービーで躍動した若手たちが見せた「俺がやってやる!」というぎらぎらしたエネルギーや、中堅の選手たちが見せたような「俺たちがガンバの中心選手なんだ!」という誇りを継続していかないと、ガンバの未来はまたもや「闇」になってしまいかねません。
もうね、見飽きましたよ。7月、8月くらいに「よかったのはダービーだけ」「ダービー以来勝利がない」とつぶやくのは。
今年はもうそんなことを呟かなくていいようにしてほしい。

つぎの試合は、昨日を上回る内容での勝利を!!!

 
%Sn1xw+cSg6KWYhUxd3vgg
(私は今季初のガンバクラップでした)



個人の昨日のMOMは福田湧矢選手。試合後インタビューでも強心臓炸裂 

同じようなタイトルの、同じような内容の記事を書いた記憶があります。
2010年頃から何回か書いたかもしれません。
監督が代わるたびに「この人こそ、鈴をつけてくれるはず」と思っていました。
宮本恒靖が火中の栗を拾って監督を引き受けたときは、降格がちらついていたので思いませんでしたが、今季始まる前に「もしかして、もしかして、、、」と期待をしていたのだけれど、期待は裏切られ続けて今に至っています。
まず、言い訳をしておきます。
遠藤選手がガンバに移籍してきたときから、現在にいたるまで、監督が代わり続けても、選手構成が変わっても、8冠をとったあとも、J2に行っても、ガンバはずっと「遠藤ガンバ」です。悪いけれど、西野ガンバでも長谷川ガンバでもなく、遠藤ガンバなのです。
そしてガンバがACLで優勝した2008年から、私の不安は「ガンバは遠藤からどうやって脱却できるのだろうか?」でした。できれば軟着陸して欲しい。そう願っていました。でも、軟着陸はできなくてJ2に降格し、J1復帰して三冠とったときも「遠藤ガンバ」はそのまま維持されていました。それはそれでとてもありがたいことだし、ヤットの偉大さをあらためて感じています。ヤットには感謝をしてもしたりないくらいだし、ヤットがいるおかげでガンバがもっと好きになっていったし、ヤットがクラブの顔として今も支え続けけていることは疑いようもありません。
でも、でも、でも……遠藤後のガンバをどうするのか? そもそも「遠藤後」はいつやってくるのか? 遠藤をベンチに追いやるような若手がなぜ育ってこないのか? むしろ、ヤットは不本意でしょうが、ヤットがいるために有望な若手はガンバを敬遠する、のかもしれないとさえ思っています。
宮本が監督になったとき、正直に言うと真っ先に思ったのが「ツネさんならヤットの影響力を抑えてチームが作れるかも」ということでした。
でも、そうではなかった。
ヤットが理想とする「俺たちのサッカー」「ガンバのサッカー」がもうJリーグで通用しなくなって相当な年月がたっています。それなのに、ヤットを「猫」にしてしまい、「不可侵」の存在にしてしまったのは、いったい誰なのか? 少なくともヤット自身ではないことはたしかです。
フロントも、監督も、選手も、もちろんサポも、いまこそ「誰が猫の首に鈴をつけるのか?」を真剣に考える時ではないでしょうか?
もう遠藤後のガンバを「軟着陸」させられる時期はとっくのむかしに過ぎてしまいました。
だから、猫の首に鈴をつけにいく勇気を持った人を、けっして非難してはいけない。誰が鈴をつけても、かならずガンバに激震が走るでしょう。私としては、宮本監督にその役を全うしてもらいたいです。というか、宮本監督にしかそれはできないことです。
あまりに酷い試合に昨晩はあまり眠れず、監督交代を叫びたくなっていましたが、今朝になって思い直しました。
このまま宮本が監督を続けていたら、J2に落ちる可能性はかなり高くなります。でも、もし「遠藤後のガンバ」を示せるのであれば、私は宮本監督を「名将」と称えます。
(この記事を書くのでさえも、ものすごく勇気が必要でした。自分の中にあるヤットへのいろいろな思いが邪魔をしたからです。ヤットへの思いと、ガンバへの思いが混じり合ってしまっていることが、これを書くことを大いに躊躇わせたのですが、勇気を振り絞って書いておきます)

↑このページのトップヘ