Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

青黒を追いかけて

 毎日送られてくる沖縄キャンプレポート@YouTubeでガンバ不足を補っています。誰がいて、誰がいないか、誰が楽しそうで、誰が緊張しているか、チェックに忙しい。
 とりあえず(本当は緊張しているんだろうけれど)福岡選手とウェリントン・シウバ選手がやたらと楽しそうで、意外なことに福田選手がなんかもう疲れているみたいだなってことはチェック。新加入選手はみんな「ザ・緊張」でこわばっていて、いやいや、そこまでわかりやすく緊張せんでもいいから、と肩を叩きたくなる。あと、セジョン選手が「今年はやったるで」の雰囲気を漂わせていて、それも期待を盛り上げてくれます。
 今年のキャプテンは誰になるのだろうか? 私は倉田選手を指名したいところ。でも、昌子選手かもなー。そろそろ三浦選手を解放してあげて欲しいような。

 キャンプレポート見ながら、ふと思い出したのが、合宿とかキャンプって辛いこともいっぱいあるけれど、楽しい思い出もいっぱいだなということです。
 私は高校生くらいまでほんっとに運動神経がなくて、不器用で、体育嫌いで、体育の時間になると緊張してこわばって、だから余計にできなくて劣等感いっぱいでした。でも、からだを動かすのは好きだったし、運動で汗をかくことは楽しかった。速く走れなくても、高く跳べなくても、ダンスなんかまるでリズムが取れなくても、ボールがまるで違うところに飛んでいってしまっても、笑えるほどからだが柔軟じゃなくても、からだを動かすこと自体はとても楽しかった。そして、「楽しい」という記憶をからだに染み付かせることが重要だなと思うのです。
 体育の評価が、通信簿で10段階で6とかだった私だけれど(体育に6以下の評価はつかなかったので、つまりは最低の成績ってこと)、今もウォーキングに太極拳に筋トレに、とからだを動かすのに忙しいのは、楽しかったという記憶があるからこそ。
 だから子供たちに運動とかスポーツを教える人たち、もしくは体育が得意なエリートたちに言いたい。
 どれほどドンくさくても、どれほど下手でも、それを馬鹿にして笑ったり、できないことを叱ったりしないでほしい。
 うまいとか下手とか、そんなことはどうだっていい。形ができなくても、すぐに疲れて座り込んだりしても、あたたかく見守ってあげてほしい。ただただ「からだを動かすのって、ほんと楽しいよね」ということを記憶させてあげること。それが大事なんじゃないか。
 私はどこで楽しいことがすり込まれたかを毎日考えていて、思い出したのが小学5年生から参加していたガールスカウトのサバイバルキャンプのこと。あれは11歳の子供に体験させるには酷じゃないですか、というほどのサバイバル訓練でした。11歳から16歳までの女子だけで(女子大生のインストラクターはついたが)、テントを張り、炉を作り、(晴れていれば)マッチを使わず火を起こし、近所に流れる川の水が飲めるかどうか水質を確かめた上でわかして飲み水を作り、なんといってもトイレも自分たちで作ったこと。
 あの4泊5日のキャンプで、ひたすら自分のからだを使って「生きる」ことを学んだような気がします。何年か続けて毎年キャンプに参加するうちに、「そうか、からだって生きるために使うんだ」という当たり前で根源的なことがわかってくるのです。そしてそれが、めちゃくちゃに疲れるけれど、めちゃくちゃに楽しかった。
 もう二度とやりたくない、来年はもう行かない、と思いながら、重いリュックを背負って帰ってきて、解散式でなぜかみんな抱き合って号泣し、ありがとう、お世話になりました、とか挨拶し、数日後にまた片付けのために集まって「来年はもっとこのへんを訓練してから行こう」とか反省会をして、翌週から一年後に向けて訓練を始めてしまう。
 速く走る、高く跳ぶ、強くボールを蹴る、うまく踊ることだけが運動じゃない。速く、強く、うまくできる人のためだけに、スポーツはあるのではない。
 からだを動かすのって楽しいね、そして生きるためにはからだを動かさなくちゃね、ということを知るために運動はある、のだと私は思う。

 プロ選手のキャンプとはまるで違うことを書いてしまったのですが、つまり、何が言いたいかというと、そりゃもちろん甘っちょろいことを言ってるんじゃないよ、と言われそうだけれど、何はさておいても「楽しんでください」ということです。
 キャンプが楽しめたら、きっと楽しいシーズンになるはず。そう期待しています。
 

やっとキックオフ・イベントをYouTubeで見ることができました。以下、箇条書きで感想を書いておきます。

1)片野坂監督の誠実さに心打たれる。
 実は監督がまだガンバのコーチをなさっていたとき、偶然なんですが間近でお姿を拝見し、というかご挨拶をしたことがあります。もちろん通りすがりに「こんにちは」「お世話になっております」程度の挨拶をしただけでしたが、こんな一サポにすぎない私にまで、少し立ち止まって頭を下げられたことを、イベントのインタビューを見ていて思い出しました。
「最初から優勝を狙うとはいえない、まずは優勝争いができるチームにしたい」
 この言葉に心鷲掴みされましたよ。そういう言葉が聞きたかった。
選手に最初に挨拶された時「まずガンバに残ってくれた選手にありがとう、ガンバに来てくれた選手にありがとう、と伝えた」とのこと。この言葉に、またまた心鷲掴みされました。
 決して派手ではないし、言葉を選んでゆっくりお話になっているけれど、中にとても熱いものを持っていらっしゃるのだろうなあ、ととてもよくわかるお話ぶりで、なんというか「信頼しています! ついていきます!」と言いたくなりました。
 2022年シーズンからものすごい飛躍をとげることはないかもしれない。でも、ゆっくりとでいいので、強いガンバを作り上げていってほしいです。

2) 山見選手と坂本選手のガツガツ感に期待する。
 中村選手も含めて、この三人はもうJ(J3含む)の試合経験があるし、山見選手なんかゴールも決めちゃってるし、だから当然なのかもしれないけれど、いい意味でふてぶてしい。初々しさではなく、ふてぶてしさを感じさせる新人選手って、ちょっと記憶にないです。もちろん目の前の山は険しいでしょうが、大丈夫、ふてぶてしく乗り越えていってください。

3)(ガンバと直接関係ないけれど)前園さんの司会のうまさにびっくり。
 的確な質問で話を引き出し、盛り上げるエピソードを紹介して、決して話している人にかぶらずに話を聞き出すうまさ。ほとんどかまずにニュース解説者のようによどみのない進行ぶりに、ほほーと感心しました。

4)新ロゴはまだ慣れないなあ。
 毎回「え? これどこのチーム?」と思ってしまう自分。ユニのデザインがあまり変わってないので助かるけれど、これ、もしユニまで大幅チェンジされていたら、ガンバかどうかわからなくなってしまうかも。慣れるまでに少し時間がかかりそうです。

5)シーズン開幕が楽しみ!
 たしかに「うわっ!」という補強はなかったし、これからたいへんかもね、と思わないでもないけれど、でも今シーズンこそ「新生ガンバ!」の萌芽くらいは見られそうな期待感を抱かせるのに十分なキックオフ・イベントでした。
 開幕が楽しみです。 

発表はもう先週の水曜日のことだから、遅いよと怒られそうですが、個人的に年末の怒涛の締め切りラッシュの波に呑み込まれて、半分溺れそうになっていたので反応できず。
いま、なんとか今年中に送る予定だった締め切りを送付して、頭が「片野坂ガンバ構想」に切り替えられそうです。
まず、片野坂さん、ガンバに戻ってきてくれてありがとうございます。
しかもコーチまで連れてきてくださるとは!
私の個人的な意見で、何一つ科学的根拠はありませんが、監督は一人だけで成り立つものではなく、必ずコーチ・フィジカルも含めたセットで機能するものだと思っているので、これまで大分を動かしていた「セット」でガンバに来てくださることに感謝です。長谷川体制も片野坂さんや小井土さんというセットだったから、三冠が成し遂げられたのだと私は思っています。
片野坂体制に何か望むとか、そういうおこがましいことは一サポの私は言えませんが(といいながら、しっかり注文つけるんだわ。なんせサポだから)、一つだけ。
選手もスタッフも、できるだけ怪我や病気なくシーズンが過ごせるような体制でありますように、とそれだけは望みたい。
コロナのこともですが、昨年は本当に怪我に泣かされた一年だったし、それが不調を招いたのではないかと勝手に想像しています。怪我や病気は、元気な選手やスタッフにも負荷をかける。雰囲気も悪くなるし、成績にも影響する。
その昔、ガンバがACLを獲ったシーズンは、ものすごい試合数だったにもかかわらず、怪我が本当に少なかった。反対に、怪我する選手が少なかったからこそ、試合数がこなせたし、ACLが獲れたのではないか。フィジカル・コントロールだけで勝点は10以上違う、と私は信じています。

来季は開幕戦からホーム最終戦まで、できるだけパナスタで観戦したいな。
それができる一年であることを、今から祈っているし、がんばろうと思っています。
 

 松波監督が涙を流しながら不本意なシーズンを振り返り、宇佐美選手が渋面で黄金の脚賞を受け取り、そして私は一度もスタジアムに足を運ぶことができないで、私の感想としてはガンバに関するすべてのことが不完全燃焼で終わったシーズンでした。
 一生懸命やってがんばったから結果が出るってものではないし、というか、自分ではすごく一生懸命やっているのに結果が出ないことのほうが多いのだな、ということがわかってくる年齢ではあるのですが、それでも不完全燃焼で終わり、不完全燃焼の結果しか出なかったとなると、ちょっとばかり(いや、だいぶ)悔しいです。来シーズンは誰もが完全燃焼するシーズンであって欲しい。
 そのためには、選手だけでなくガンバに関わるすべての方達(サポ含む)はまず怪我と病気にくれぐれも気をつけてほしい。自己管理という言葉は冷たく響くから嫌いだし、自己管理ができなかったから怪我や病気になるっていうわけではまったくないのだけれど、でもできるかぎりの自己管理はして欲しいなあ。そうでないと、完全燃焼はできないんじゃないかな。
 ガンバに関することでは私は不完全燃焼でしたが、個人的にはほぼ完全燃焼した(している)一年でした。どこにも旅行に行けなかったし、ガンバの試合をオンライン観戦することも下半期はできなかったし、映画もあまり観られなかったし、友達と飲みに行くこともほとんどなかったけれど、仕事と書道では完全燃焼できているかなと満足しています。もしかしたらお楽しみをおあずけにしたおかげで、仕事と書道ががんばれたのかもしれません。
  昨年上半期はコロナの影響で仕事が減ったので、そろそろ引退しなさいというお告げか? と思ったりしたのですが、下半期からはいきなり忙しくなり、今年に入ってどんどん加速し、締め切りに追われる日々が続いています。そして体調をこわさず働けているのは、規則正しい生活のおかげだと思うのです。夜は11時にはベッドに入り、朝は6時に起床し、PCの前に座るのは一日7時間と決め、夜7時には夕飯を食べ終えてウォーキングしたり筋トレしたりする、という、もうね、自己管理の鬼みたいな生活を送っています。こんな生活はあまり刺激がないし、ちょっとばかり辛いところもあるし、楽しいかと聞かれると、うーんうーんと唸って首をかしげますが、少なくとも体調はいい。
 一昨年から全身あちこちに湿疹が出て、原因がわからないまま頭皮や顔までぶつぶつが進出し悩まされ続けたのですが、この面白くない規則正しい生活を一年以上続けたおかげかどうか、今ようやく湿疹との付き合いが切れたようなのです。早寝早起きとか馬鹿にしていたけれど、やってみるものです。湿疹ごときでもいらいらするし、仕事している最中に「アトピー」「湿疹」「かぶれ」とかネット検索してしまうし、なかなか仕事がはかどらず完全燃焼できない。そして湿疹と縁が切れると、もう二度とあのかゆみといらいらに悩まされたくない一心で、面白くない自己管理生活にも耐えられます。
  完全燃焼するにはやはり体調を整えることが第一歩なのではないでしょうか。私は残り少ない(とかいってあと20年、もしかすると30年生きるかもしれませんが、少なくとも今20代〜50代の人よりは残り少ない)日々をできるだけ完全燃焼していきたいです。老後の心配なんかする前に、まずは今日完全燃焼したい。
 なので、明日完全燃焼するために、そろそろストレッチしてお風呂入って眠ります。
C29163A9-AE73-4F8D-B456-77EA603AB304

 今年は紅葉黄葉が見事です。ウォーキングのおかげでそんなことにも気づけます。

先週の大分戦でとりあえず降格は免れたガンバさん。
パトリックのハットトリックで、ほんともうね、パトには感謝しかない。今年、降格しないですんだのはパトリックのおかげと言っていいほどです。
ただ、名古屋との実力の差は歴然としていることを実感させた昨日の試合でした。
NHK総合で生放送と聴いた瞬間に「ヤバイ!」と思ってしまった私。全国にぼろぼろガンバを知らしめてしまうのではないかといや〜な予感がしてしまったからですが、当たってしまいました。
まあもうすんだことは仕方ない。
来季、どんな体制でいくのかわかりませんが、私からのお願いとしては(最近は毎年同じお願いをしているような気がしないでもありませんが)降格するんじゃないか、もう降格だ、降格したらどうしよう、とそればかりを考えてしまって落ち込ませることはもう終わりにして欲しいです。
優勝争いをしてくれ、なんてそんな大それたことはお願いしません。
ただ、ただ、降格争いはしないでほしい。
試合を観ることをゆううつにしないでほしい。
スタジアムに行くのことをためらわせないでほしい。
NHKで放送があると聞いて、「ヤバイ」とか思わせないでほしい。
降格争いはつらい。
ほんと、つらい。
今季は開幕戦までは「今年は行けるかも」とか期待していましたが、結局、降格争いシーズンでした。
だから、もう来季は期待しないでおきます。
来季の目標(私の、ですが)
NO MORE 降格争い!!
チームの立て直しはゆっくりでいいです。まずはシーズンを通して降格の心配のない順位をお願いします。 

↑このページのトップヘ