Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

青黒を追いかけて



ガンバ大阪 2−1 サンフレッチェ広島

倉田選手のおそらく今節のベストゴール候補にはぜったいになるだろうと予想するスーパーゴラッソで喜んでいたら、今度は倉田からのパスで抜け出したパトリック選手が落ち着いてニアを打ち抜き、早々に2点目。 
2ゴール奪取の前も後も、広島に攻められまくり、ポストに助けられること数回(東口選手に救われるのはいつものとおり数えきれないほど)。広島サイドでみんなでディフェンス状態になっていて、後半途中で宇佐美選手が入ってからなんとか少しは前線にボールを運ぶことができるようになったものの、 その後も広島の猛攻を許し、70分についにポストも味方してくれずに1点を奪われました。
見ようによっては、「守備陣踏ん張る」とも言えるけれど、まあ、はっきり言ってしまえば「クリアするだけでは猛攻はやまず、いずれ失点」のセオリー通りの試合運び。前節名古屋戦は最初から最後まで主導権を握れたけれど、今節広島戦は最初から最後まで広島に主導権を握られながらも勝ってしまった、という感じ。
なぜ勝てたのだろう? なぜ3連勝できたのか? と試合後に考えていて、ふと思ったのが「キャプテン・倉田」効果です。今年はリーグ再開後から、どうも倉田選手が元気がなくて、空回りというか、ちょっとチームに入れてない? という印象があったのですが、キャプテンマークを巻いたとたんに、「あの」倉田が戻ってきた、という感じ。いやいや、まだまだ成長できるでしょ、と背中を叩きたくなるようなゴラッソでした。力任せに打つんじゃなくて、コース狙って肩の力を抜いて打つと入るんですよ!

ついで、といってはなんですが、3連敗していたガンバU23チームが、ロアッソ熊本に勝ったというので、見逃し配信を見ていて、いまさらなんですが、GKの重要性をすごく感じました。一森GK、そして新里CBが前半見る限りでは完全に負け試合を、後半に変えましたね。山口オム選手のスーパーゴラッソはもちろん、唐山選手の粘りからの白井選手のゴラッソも、どちらもその前のGKとバックスの踏ん張りがあったからこそ。嬉しかったので、これも動画を貼っておきます。


そして一番言いたいこと、東口選手、300試合出場おめでとう!
あなたがもし2014年にガンバに来てくれていなかったら、ガンバはまたもJ2とJ1を行ったり来たりしていたかもしれません。GKの重要さをあらためて教えてくれた東口選手には、もう感謝しかない! これからも350試合、400試合、そしてヤットさん越えを目指してくださいね。

ガンバ 2−1 名古屋

宮本監督になって、名古屋に勝ったのは初めてだそうです。これまで2敗2分で、やっと1勝をあげることができました。まずはめでたい、と喜んでおこう。
この試合、目立っていたのが1)山本選手、2)井手口選手(これはいつもだけれど)、3)福田選手、4)小野瀬選手でした。守備よりも攻撃をなんとかせんとあかんねっていうのが、たぶんこの4選手の高い位置のポジション取りに あらわれていたんじゃないかな。
とくに小野瀬選手がつねにペナルティエリア内への侵入を試みていたのが印象的で、なんだ、やろうと思ったらペナ内に入れるんじゃないか、なんで今までペナ外ばかりだったんだ? とかつぶやくこと3回。で、ペナに入ろうとして引っ掛けられてとったFKを、なんとヨングォン選手を差し置いて、ルーキー山本が蹴ってゴール!
後半の2点目も、右サイドを大きく回り込んでペナに侵入した小野瀬選手にヤットさんが心憎い浮き玉パス!それを宇佐美選手がズドン。これまた久々に見た気持ちのよいゴールでした。
名古屋が守備的なチームだってこともあったのか、ガンバが後半に入っても中盤から前目でパスを回すことが多く、ペナ内への侵入もやりやすかったのかもしれません。がんがん攻めてくるチームと対戦するとどうしても後ろに重心を置いてしまう。そうすると、ガンバさんは攻撃がたま〜〜〜にしか見られなくなってしまい、お決まりの失点となってうなだれるのです。
まだまだ安心していられないけれど、まあとりあえず連勝。ホームでの連敗もストップしたし、土曜日の広島戦まではリラックスしようかな。
ところで、ジェソク。やはり面倒なスッポンディフェンスやってました。FC東京でも、名古屋でも、あのスッポンディフェンスは健在。最後にゴール裏に挨拶に来たとき、万雷の拍手をあびて涙していました。私もそのシーンを見てうるうるしましたよ。

最後に、あ〜〜〜唐山くん見たかったなあ。やると思うんだよね、彼は。期待しすぎちゃいけないけれど。
 



3試合ぶりの勝利。しかも完封。
完封は昌子をスタメンから外したから、とかそういうことじゃないと思う。誰かがいないから、誰かがいるから、暑いから涼しいから、アウェイだからホームだから、采配があたったから外れたから、そういうことを勝敗の理由に求めちゃいけない。(まあ采配については、たまたまあたった、くらいはあるかな)
一昨日はプライベートライフで暴風雨が吹き荒れたので、結局ライブではまったく見られず。同志に結果を教えてもらってから、深夜に見直し版を見ました。そして解説や実況の人たちがいうことにいちいちツッコミを入れ、 冒頭の感想になったわけです。

昨日、BSで放送されていた浦和vs川崎戦をチラ見していました。
川崎はもう本当に「勝つべくして勝つ」というチームでした。全員が自分たちがやることをしっかり理解し、戦術にしたがって、勝つべくして勝つ。
ガンバはたなぼた式で、あれ? 勝っちゃった/負けちゃった。どうしてかな? みたいな試合が続いています。戦術が「ハイプレス」だけじゃなあ。もしくは戦術・井手口じゃなあ〜ってそれ戦術じゃないし。

誰か、いまのガンバのメンツにふさわしい戦術を編み出して、それをチームに落とし込める人が欲しいなあ。

一応勝ったから、動画を貼っておきます。つぎいつ貼れるかわからないしね。



 

すみません。
昨晩は19時からSkype会議があり、一瞬たりと見ていません。
もしも会議がなかったとしても、たぶん見る勇気はなかったと思います。
だから結果見て、あああ、やっぱりなあ、とスマホの電源を落としました。
なんでサッカーで、こんなに辛い思いをしなくちゃいけないのか……と勝手に辛い思いをしておいていうのもなんですけれどね。
今日も暑かったのに、ずっと背中が冷たくて気分があがらない。
8月からずーっと気分があがらない。
こんなウツ気分だだもれみたいな文章で申し訳ありませんです…… 

いや、もう無理。なんか言いたくなるのだけれど、ポジティブなことが言えないので、スルーします。
あの試合はないわ〜 

↑このページのトップヘ