Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

青黒を追いかけて

2017年秋に「しばらくガンバのことはブログに書かない」と宣言し、シーズン始まりには「クルピ体制には心が踊らない」と書いてスタートした2018年でした。
 不安は的中。心が踊らないどころか、開幕から勝ちなしが続いて心は沈むばかり。DAZNを解約しようかとさえ思ったくらいです。今年は5月末からロンドンでCONIFAの大会があって、その準備に追われていたこともあったので、ガンバのことをあまり考えないですんだのが幸いでした。いや、ぜんぜん幸いじゃないよね。CONIFAから帰ってきたらW杯中断期間中で、その間はワールドカップもあったし、安心して楽しめる試合でサッカー欲を充すうちにJリーグ後半戦がスタート。中断期間にもたいして練習もしなかったし補強もなく、期待感はますます下がりました。この時期、はっきり言ってガンバと聞くと「恐怖」を覚えたくらいです。
 恐れていたとおり、中断明けからも惨めに負け続け、クルピ監督解任、そして宮本監督登場。
 こんな形でツネさんを監督に引っ張りだしたくなかった、というのが本音でしたが、それでも「これから何があっても、ツネさんが率いるガンバを応援しよう」と心しました。
 そして始まった連戦の8月。10日のFC東京戦@パナスタは「まずはツネ監督を見なくちゃ……でも、長谷川FC東京は上位にいるし、うーん、不安」と言いながら恐る恐る現地観戦。そして94分のアデミウソンゴールで2−1勝利! このシーンは何回見ても泣けます。宮本体制になってからボランチに起用された高宇洋と高江がゴール前まで運んだボールをアデミウソンが技ありシュート! 弾けましたね。スタジアムがあんなに湧いたのは1年ぶり?


 でもそこからも苦難の道は続きました。8月のその後の試合はDAZNでしか観戦できなかったのですが、それでも宮本体制になってから、はっきりとチームの、そしてクラブの、スタジアムの雰囲気が変わったことがiPad画面からも伝わってきました。
 一番に感じたのは「選手たちが走っている」ことです。迷いなく走っている。それは長谷川体制のころにも感じられなかったことです。守備しようか、いや、前に行こうか、というほんの1秒ほどの迷いで棒立ちになっていることがなくなった。相手がボールを持ったら迷いなく寄せる。ボールを奪ったら迷いなく前に走る。走ったところにボールが出てくるわけではないけれど、少なくとも前に走るようになったことで試合に躍動感が生まれてきました。FC東京戦の劇的勝利があったからこそ、自信を持って走れるようになったのかしれません。
 もちろん、走ったから、また躍動しているだけでどん底のチームが勝てるわけではなく、結果は出ずにずるずる降格圏で順位を右往左往していたし、8月26日の鳥栖戦ではその躍動感さえ失って、この時点で私はJ2スタジアムを調べたりしていましたよ。 
 そして迎えた2位川崎フロンターレとの試合。これもパナスタで現地観戦しました。まさかこのときから怒涛の9連勝が始まるとは思ってもみなかった。結果は2−0でも、試合自体はどちらに転んでもおかしくない、というかむしろ川崎に転ぶかも、と思えた内容だったのですが、とにかく勝った。そしてこのときから、スタジアムとピッチの一体感が高まっていくのが感じられました。
 コイントスに勝ってサイドを変える、何度も救ってくれたゴールポストに宮本監督自身がお礼を言いにいく(清水戦)など、験担ぎにも余念がありませんでした。私もスタジアムに着ていく服やアクセサリーで験担ぎをしたりして、それが楽しみになりました。担いだ験の効果がありましたからね。
 結果として、11月10日の湘南戦でJ1残留が確定したのですが、雰囲気としては9月29日の広島戦勝利あたりで「ああ、これで残留できる」感が漂っていました。安堵感というより、選手もサポも焦りが少し消えたような感じでしたね。もちろん「まだまだ気を緩めちゃだめ」と自省を促しておりましたが。
 
 さて、苛立ち、怒り、落胆、無関心、絶望から、かすかな希望、歓喜、感動、期待へと大きく変わった2018年のガンバ生活でしたが、今はとにかく「来季こそは希望が持てる補強を!」とクラブに電話攻勢をかけたくなる気持ちです。思えば今年の苦境の直接の原因は補強の失敗にありました。起用された若手もがんばってはいますが、経験もフィジカルも足りない若手だけではチーム力はアップしません。来年こそは、若手も活躍できるように補強をお願いしたいです。

 これから長いオフに入ります。すでにガンバロスですが、せめて3回くらいは補強ニュースで踊って来季に期待を膨らませたいです。
 来季もガンバで熱くなれますように!
  


今シーズンのホーム最終戦はvs湘南ベルマーレ戦でした。
結果はいまさら書くまでもなく、2−1でガンバの勝利。小野瀬選手、中村選手の若手2人の得点でついに9連勝! 昨年の今頃、「あーあーあーあー、勝てましぇーん」と泣いていた私に「来季は辛いことも多いけれど、最後は笑えるよ」と教えてあげたいです。昨年、また一昨年のホーム最終戦は「来季がこわい」と笑顔が浮かびませんでしたが、今年は「来季が楽しみ〜〜」です。ま、その前に降格が決まってしまった柏との最終戦がありますが、その後にガンバの試合が何もないまま2ヶ月以上を過ごさねばならないことを思い、リーグ最終節前の今はガンバロスを思ってちょっと寂しい。

ホーム最終戦後のセレモニーで話題になっているのが、宮本監督の挨拶です。
書き起こしがツイッターなどにあがっているので興味のある方はそれを見ていただくとして、私がじーんときたのは「選手、スタッフ、クラブ、サポーター全部が同じ方向を向いて戦った」と「9連勝できた要因」の一つに一体感をあげたことです。
これはね、私も試合に行くたびに感じていました。宮本監督が就任後もなかなか勝てなかったのだけれど、それでもスタンドからは試合後に「次だ次!」「また頑張ろう!」「下を向くな!」という声援が選手たち、またベンチの監督やスタッフに飛んでいて、「あ、同じ勝てなかった時期とは違うな」と感じました。
そしてFC東京戦でのアデミウソン選手の劇的ゴールでの勝利。あの瞬間は本当に泣けた。86分に追いつかれたのだけれど、ピッチにもスタジアムにも「ああ、またか」と下を向く感じがなくて、それどころかもっと応援の声は高まっていき、そしてあのゴール! ゴールにもだけれど、スタジアム全体の弾け様に泣けた。だって、まだ17位なのに、まだ降格ゾーンどっぷりなのに、みんな優勝したみたいだったんですよね。宮本監督がいう「一体感」をあのとき感じましたよ。
その後もまだ勝てなかったりしたのですが、パナスタでの一体感はどんどん強まっていき、先制されても、追いつかれても、ますます高く大きく激しくなるチャントに私も盛り上がりましたよ。あの雰囲気がたぶん、3つ目の要因として宮本監督があげた「スタジアムの圧」なんでしょうね。
振り返り画像もアップしておきますね。アデミウソン選手のゴールシーンで何回も泣いてしまう私。

そろそろ出ていく人、入ってくる人の噂が出ているけれど、来季は宮本監督を軸にした「新生ガンバ」がきっと見られると期待しています。
でも、そうそううまくいかない時期もあるだろうし、成績はもしかするとそれほど上の方ではないかもしれない。そんなときこそ、今季終盤の「一体感」を思い出して、もっともっと「圧」がかけられるようにまた応援を頑張ろう!


  

きらきらの富士山に力をもらって、いってきました「私のホーム最終戦」vs湘南ベルマーレ戦。
fullsizeoutput_6ab4

もう結果はいうことなし!
結果は、ね。もちろんドキドキハラハラの展開で、ぎりぎりで勝ったのは否めないけれど、それでも宮本ガンバはこんなサッカーをします、というのがところどころに見えたから、 今季のあと2試合と来季につなげる意味ではとても貴重な勝利だったと思います。その意味で「おめでとう💙」
IMG_2135

8連勝は1997年(エムボマが大活躍だったシーズン、そして稲本選手が衝撃のデビューをしました)以来だそうです。21年ぶり。そもそも残留争いをしているチームがシーズン終盤にクラブの連勝記録タイって、すごいですよね。ちょっと信じがたい記録です。その意味で「おめでとう💙💙」

ファン・ウィジョ選手、6戦連続ゴール! これまたクラブのタイ記録だそうです。エムボマ、アラウージョなど歴代点取り屋に並ぶ偉大な記録です。宮本監督がこの記録について記者に聞かれたとき「ヘディングでのゴールも狙ったらどうか、と言ったら、今週一生懸命練習してヘディングで得点した。そういう素直さと器用さがあるので、もっともっと伸びていくはず」というようなコメントをしていました。どうかお願い、来季もガンバで大活躍し、Jリーグ得点王を狙ってください。今回まずは連続試合ゴールのタイ記録「おめでとう💙💙💙」


遠藤選手、祝600試合出場! 「おめでとうございます💙💙💙💙」フィールドプレーヤーでは初だそうです。正直に言いましょう。「ガンバはヤットから卒業しないと未来がない」なんてずっと思っていました。ヤットを超える選手はなかなか出てこないことに、またヤットのスタイルがガンバに浸透しすぎていることに懸念が抱いていることは確かです。でも、連勝が始まってからのヤットさんのプレーには、進化を感じます。そして600試合も先発出場していながらまだ進化を続けることにただただ感服しています。 試合前の花束贈呈でピッチに現れた4人のお子さんたちが、みんな健やかでかわいらしいことからも、家庭でもいいお父さんなのだろうなあと思いました。どうかこれからも怪我なく、健康で、進化しつづける「ガンバの」ヤットさんでいてください。
IMG_2138

そして宮本監督とチーム、クラブの大きなミッションだった「残留」も確定しました。そんなことにおめでとうと言うのは不本意だけれど、8連勝しての確定なので、やはり「おめでとう💙💙💙💙💙」と言っておきます。

今季あと2試合。残念ながらいろいろなことに重なって参戦できません。でも、久々に来季がとても楽しみで待ち遠しくなる私の「ホーム最終戦観戦」でした。 
オフでのお願いは3つ。
1)ファン・ウィジョ選手の契約更新
2)より頼れるCBの獲得(ファビオ選手の写真がないカレンダーを見て一気に不安になったので)
3)観客数を増やす企画の充実(せっかくのスタジアムがあんなにすかすかでは……)
 
来季はもっとちがう意味、ちがう気持ちで「おめでとう」の💙がたくさんつけられますように。
 


fullsizeoutput_6ab8
(残留が
決まったのでだるまに目を入れました。来季はもっとちがう目標達成で目を入れたいです)
 

 今年はサッカーに関して「掌返し」やりまくりの年です。W杯ロシア大会では日本代表について掌返しをしたし、ガンバについてもシーズン前に「心がまるで弾まない」とか言っていて、開幕後には「今季の目標はJ1残留!」と言いまくっていたのに、今は「少しでも上の順位に!」なんて言っちゃって、どこまで掌返しなんだ!
 でも、うれしいワクワクの掌返しです。

 宮本監督になったときに、「たとえうまくいかなくても、たとえ降格しても、私は応援し続ける!」宣言をしたのは3ヵ月前。その後に「うーん、がまんがまん」「まだ応援するからね」とくじけそうになる自分を励ましながら、耐える日々が続きました。鳥栖戦後には「どこまで耐えたらいいのか?」とDAZN観戦後にiPadを握りしめ、暗い部屋で一人むせび泣きました(半分ウソ)
 と、こ、ろ、が、で、す。
 FC東京戦(パナスタ観戦)でアデミウソンの劇的ゴールに涙し、川崎戦(パナスタ観戦)で完封勝ちに目を丸くし、神戸戦、広島戦(DAZN観戦)の結果に目を剥き(だって、試合中もまさか勝てるとは思えなかったから)、セレッソ戦(長居観戦)ではすでに心のゆとりさえも生まれ、一番強敵と思っていた横浜戦では逆転勝利にも「ま、ね、やっぱりね」と終わった後は余裕をかまし、そして一昨日の浦和戦。
 もうね、ピッチ際に立つ宮本監督の毎試合異なるファッションを楽しむ余裕すら生まれて来ましたよ。
 前半は相変わらず攻めまくられ、ヒガシに代わってゴールを守る林のおかげでなんとかゼロに抑えていた感じでしたが、小野瀬のスーパースーパーゴールで試合が一気に動きました。
 小野瀬、すごいね。ガンバに来てくれて、ほんとにほんとにありがとう💙💙
 レノファ山口の皆さん、小野瀬を送り出してくれて感謝に堪えません。
 そして後半、追いつかれてからやっとギアが入ったガンバさんは、とくに左サイドの藤春、倉田の春秋コンビが攻撃を活性化。
 そして生まれたのがファン・ウィジョのスーパーゴール! 今野が奪ったボールを即ヤットさんに渡し、ヤットさんが迷いなくハーフウェイラインの左サイドラインぎりぎりにいたウィジョにつなぎ、ウィジョがそのままドリブルでボックス内まで持ち込んで、DF2人を振り切ってゴール!!たぶん今野がボールを奪ってからゴールまで30秒を切っていました。
 そして3点目は、左サイドの駆け引きから、かつての「攻撃のガンバ」を彷彿とさせる美しいゴール。決めたのはアデミウソンだったけれど、ヤットさん、倉田、藤春の位置どりといい、距離感といい、最後のマイナスのアシストといい、お見事! 私はこのゴールシーンだけを3回以上見ちゃいましたよ。
 
 7連勝でも残留が決定していない魔のJリーグではありますが、おそらくこの勢いを考えるとガンバの残留はほぼ決まり。今週末の湘南戦で残留が決定したら、今年の初詣で購入しただるまに目を入れます。来季のだるまは「優勝」の願いをこめて購入したいものです。

 
fullsizeoutput_6aac

 あと数日で家の改装が終わります。断捨離も一段落、のはず。これでいつ死んでも恥なし、迷惑なし、かと言えばそうでもないのですが、とりあえず「これは私がボケたり死んだりしたら廃棄してよし」というメッセージが遺せる程度には整理がつきました。
 その中で「私は死ぬまで捨てられないけれど、私が死んだら捨ててよし」と明記したのが「ガンバ箱」です。20年近いあれこれが入っています。今回整理をしながら「こんなこともあった、あんなこともあったね」と一人頷きながらとっておくもの、泣く泣く処分するもの(大半がマッチデープログラムと新聞の切り抜き)をより分ける中で、「おお、これは貴重だ!」と「とっておく」方に入れたのが「1993年ガンバ大阪年間総集編」と「キックオフガンバ」のビデオでした。あれ、これ誰だっけ、とzaburouさんの「ガンバ大阪データランド」を調べて……という時間は今ないので落ち着いたらやってみよう。
fullsizeoutput_6a63

 そしてすでに13年も経っているのに、いまだにページを開くと涙がにじむほど感動が蘇るのが、2005年初優勝のときのサッカーマガジン。ツネさんとともに涙を流しましたね。表紙に写っている3人がまだガンバとともに戦っていて、ツネさんが監督になっているとは……当時も「いつかはツネさんが監督に、ハッシーが参謀になる」とか予想していましたけれどね。
fullsizeoutput_6a80

 ゲーフラもたくさん書いたけれど、残しておくのはまだマシな2014年三冠のときに書いたものだけにしました。あとは下手くそすぎて恥ずかしいです。ゲーフラ書くために書道を始めたのに、なんだこれは、っていうのが多くて。ゲーフラむずかしいもんですね。
IMG_2028

ナビスコ(ルヴァン)決勝時のプログラムとか、ヤットの写真集とかも残しておくほうに入れました。今一番迷っているのが、2014年三冠のときの新聞と雑誌。昔は全国紙からスポーツ紙(誌)まで優勝するたびにコンビニで全買してとっておいたのですが、さすがに2014年以降のものは貴重なものだけ残してあとは捨ててしまいました。最後に残った2014年のものをどうするかなあ。

横浜Fマリノスが17年ぶりにルヴァン(ナビスコ)決勝に出場という報道を見て、そうそう17年前の決勝を私は覚えていると思いました。中村俊輔がまだ欧州移籍前で、ジュビロと対戦して、PK戦でマリノスが勝って優勝したんですよね。たしかジュビロの中心選手だった福西と奥が出場停止で、ジュビロは機動力を欠いてたんじゃなかったっけ。国立競技場の抜けるように青い秋の空とか、イエローがばんばん出たんだけれど、どちらかというとマリノスのほうに多かったのは福西がいなかったせいではないかと思ったことや、アナウンサーが「中村の左足FK」と叫び続けてうんざりしたこととか……そうか、やっぱり記憶に残せばいいことなんですね。サポでもないチームの試合まで結構覚えていルもんなんだから、ましてやガンバの試合だったら、ね。
 

↑このページのトップヘ