Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

青黒を追いかけて

ヴィッセルとセレッソで新型コロナウィルス 感染者が出たことを受けて、ガンバ大阪はスタッフと職員全員を17日間の自宅待機と通告したそうです。4月14日までとありますが、また延期になるかもしれません。京都サンガだけがずっと練習しているそうですが、地域差もあるのでしょうか。
試合がいっさい行われていないいま、週末に私はほぼ自宅で過ごしています。でも土曜日の朝目覚めると「今日はほんとは試合のある日だったな〜〜」とか「去年までは飛び上がって喜んだり、落ち込んだりしていたんだな〜〜」とか思って、少し寂しい気持ちになります。
パンデミックのいま、たかがサッカーのことで落ち込むなんてあまり大きな声では言えない、ということはわかっています(と言いながらブログに書いているのですが)。サッカーだけでなく、ほかのすべてのスポーツとスポーツ観戦が中止。財政的な困難にぶつかるクラブが多く出るのではないか(実際もう出ている)とそこもたいへん心配しています。

Jリーグとプロ野球の試合が延期され、悪くすると今シーズンはもう無観客試合にするしかない、いやそれもできないのではないか、リーグの再開はかなり厳しいのではないか……という声までささやかれる中で、いまあらためて「スポーツの社会的意義」みたいなことを考えています。
つまり、スポーツって社会にとって「不要」な存在なのだろうか? とか考えてしまうのです。
スポーツの試合だけでなく、現在公演中止となっている音楽のライブやコンサート、演劇やバレエなどの舞台パフォーマンス、 美術作品などの鑑賞、そういった「生」「ライブ」「リアル」なものを見たり聴いたり楽しんだりする行為は、これからいったいどうなるのでしょうか? 
感染を広げないためにたいせつなのだ、命と社会を救うためにはやめるしかないのだ、とわかっています。でも、スポーツや音楽、パフォーマンスで生計を立てている人は大勢います。試合や公演が中止になって、たちまち生活に困る人が出てくるし、倒産するクラブや企業や劇場はたくさんあるはず。再開のめどが立っていない今、大きな不安を抱えて過ごしている人たちは大勢いらっしゃるでしょう。そういう人たちへの救済が示されないままでは、感染症が収束したあとに、この社会の文化活動すべてにどんな影響がでるか、考えるとこわいです。
ここ一週間ほど、日経新聞の下段には大学受験予備校の広告がほぼ毎日掲載されています。調べてみたところ、「医学部合格○名」とうたっているところが半分以上ありました。もちろん医師志望者が増えることはいいことだし、どんな時代でも医師はたいせつな職業であり、社会を支える存在であることはまちがいない。それはよくわかっています。
でも、広告の上段の記事では、スポーツインストラクターやミュージシャンやレストランオーナーたちの、生活が立ち行かなくなっているという声が掲載されています。
記事を読み、広告を眺めた私は、うがった見方かもしれませんが、ある種の「脅し」を感じています。
「医師はどんなときでも社会から求められている職業だけれど、スポーツや音楽(そして私のような文筆業も)なんかは緊急の場合には真っ先に切り捨てられる職業だ」

試合観戦も音楽ライブを聴きにいくことも、平和で安全な社会でこそできることです。平和と安全を取り戻したときに、試合や音楽でまた感動が味わえることを願ってやみません。そのためにも、すばらしいプレーや優れたパフォーマンスを披露してくれる人たちを、こういう緊急事態にこそ守る指針をとくに政府と行政に示してほしいと思います。
スポーツも音楽も本も映画も演劇も、たしかにいまは不要不急でしょうが、社会にとって、いや人間にとってぜったいに必要なものだ、と私は信じています。

と、ここでさっき見つけたスティーヴン・キングのすてきメッセージを貼り付けます。
「もしアーティストが不要だと思っているのなら、隔離期間を音楽や本、詩、映画や絵画なしに隔離期間を過ごしてみたら」
私はここに「たとえ録画でもガンバの試合観戦なしに在宅隔離時間を過ごせますか?」とガンバサポに問いたいです。
EUsIIBJXsAIoqm-
ついでに、フランス国立オーケストラの団員たちが、ネットを通じて演奏しているボレロの動画も貼り付けておきます。もちろんすばらしいパフォーマンスなんだけれど、よけいに生で聴きたくなります。


 

今年、5月30日〜6月7日に北マケドニアの首都スコピエで開催予定だった第4回CONIFA World Football Cupはこの日程での開催は中止になりました。
来年同時期に、同じ場所で開催するか、もしくは中止にして、2022年に第4回大会を開催するかはまだ未定です。4月1日に会長が決定して発表する、ということになっています。
http://www.conifa.org/en/2020/03/23/announcement-conifa-sportsbet-io-world-football-cup-2020/
(CONIFAからのWFC2020は中止するという通知です)
これからCONIFAの活動をどう継続し、発展させていくかについては、まずは新型コロナ・ウィルスの終息を見届けてからまたあらためて考えていくことになります。
世界が大きく変わっていっても、サッカーをともに楽しむことを通じて世界のすみずみまで友情の橋を架ける、というCONIFAの理念が必要であることは変わらない、と私は考えています。どのようにそれを実践していくかを、これからあらためて考えていきたいです。
 https://youtu.be/ZVmR_j265Xg
 

勝ったどぉぉぉぉ〜〜〜
マリノスvsガンバ 1対2
ガンバゴールは倉田と矢島 マリノスゴールはマルコスジュニオール

@日産スタジアム(味スタと並ぶ魔境)
開幕戦はいつもぐでぐでのガンバさんで開幕戦で最後に勝ったのが2011年
横浜Fマリノスがもともと苦手な上に、昨年は2タテくらってますます苦手
マリノスにはスーパーな選手がいっぱいいる上に監督3年目でチームの熟成度が高まっている
……というような数々のマイナス条件をくつがえして、ガンバさん勝ちました!

マリノスの試合前の応援歌が「レミゼラブル」の「民衆の歌」!
この歌ね、私が落ち込みそうになったときに口ずさむ応援歌なんですよ。いけないいけないと思いつつ、思わず一緒に歌っちゃいました。そのときガンバのチャントを歌っていらしたゴル裏のみなさん、ごめんなさい。
すばらしいサッカーでてっぺんをとったマリノスのみなさんに挑むガンバの面々に、民衆の歌の中にあるこの一節、「砦の向こうに世界がある、戦え、それが自由への道」ってのを送りたかったんですね。ほんと前線のハイプレスから、最終ディフェンスラインまで、みんなで築いた砦で、攻めてくるマリノスさんを跳ね返し続けました。

終了後にスタの階段を下りながら、同志に「なんかジャイアントキリングしたみたいな気分」とか言っちゃいましたよ。まだ「砦(英語ではバリケード)の向こう」には行けていない試合内容だったけれど、戦ってはいたよなーと試合を思い出しながら、帰りの電車の中でまた「民衆の歌」を脳内歌唱していました。

さて、私の記憶と記録の中では、 開幕戦はいつも張り切って万博またはパナスタでに入り、「シーズン始まるねーわくわく」気分で声を張り上げてチャントを歌う。試合、しょぼい。負けるか引き分け。帰りはしょぼんとお仲間たちとビール飲んで「これからこれから!」とか景気つけてた記憶と記録しかありませんわ。
そこで私の頭の中に「開幕戦に楽しいエキサイティングな試合を期待してはいけない」とインプットされてしまったかも。2018年と19年は開幕戦を欠席しちゃいました。

弱者のサッカーだ、とか、90分ハイプレスが続くわけないだろう、とか、攻撃は相手のミス頼みか? とか、あれこれあれこれ、せっかく前年王者を倒したという喜びにひたらずにネガティブコメントも見かけますが、私は素直に嬉しいです。
前年王者をリスペクトして勝ったのです。苦手の日産スタジアムで、苦手の開幕戦で、勝てたんです。どれだけ大きな自信が芽生えるか!
出てくる選手が全員走りまくり、足がつってもまだ走り、へろへろになりながらもからだをはり、最後の最後まで気を抜かなかった。前半で2点先取したハーフタイム、私はいやーな予感におののいていました。「魔の2点差。1点取られたら、がたがたとくずれてしまって、同点、いや逆転されちゃうんじゃないか」とね。
でも、今季のガンバさんは違いました。圧力を強めてきたマリノスさんに、受け身になりながらも耐える。耐えてまた前にボールを運ぶ。足をもつれさせながらもボールを奪う。もうね、後半1点返されてから息を止めること延べ5分くらい、、、でしたが、ふしぎと目をつぶろうとか、とても見てられない、とはならなかったのです。
むしろ、もっとガンバさんが戦う姿を見ていたい、もっと応援したい、そういう気持ちでした。
85分を過ぎた時から、ゴル裏だけでなくメインスタンドまでガンバサポみんなが大きな手拍子。何を歌っていたかもう私は記憶にないのだけれど、どうも声を張り上げていたらしく、夜中に喉が痛かったです。
あのときの雰囲気はとてもよかった。開幕戦であんなにゴル裏で一体感を感じたことはなかったかも。

開幕戦で勝利したからといって、次戦も同じような戦いで勝てるとはかぎりません。
でも、私は昨日の日産スタジアムのゴル裏で味わったあの熱い気持ちを忘れずに、今季もガンバを応援していきます。楽しみだな〜〜〜
tTrqwR6mT66nc9w9ZqvnHw

 アウェイでのガンバクラップはまたたまらなくおいしい!

昨晩の金Jは浦和が湘南を振り切って勝利しました。
浦和が獲得したレオナルド、脅威かも。それでも浦和のエースはやっぱり興梠なんだなあと思いましたね。レオナルドといい、オルンガといい、今年のJ1には規格外の脅威がいっぱいですね。

さて、ガンバの開幕戦は明日、vs横浜Fマリノス@日産スタジアムです。
もちろん行きますよ!
勝敗にはもちろんこだわって欲しいけれど、ガンバさんが開幕にどんな内容の試合をするのか、しっかり見届けてきます。

 

いよいよ始まりました、Jリーグの新シーズンが!!
でも、相変わらず緩いです、ガンバは。
宇佐美と小野瀬の2トップにすごい期待していたんだけれど、うーん、アデミウソンがいてくれたらなーとか思っちゃいました。たらればですね。
まあ、オルンガ規格外だから、つぎにあたるときにはきっと対策を練って大丈夫だよ(本当に?)……ってことで気を取り直し、後半はまあまあだった、と今のところは自分を納得させておきます。
23日の横浜Fマリノス戦がちょっとばかし不安になったけれど、大丈夫ダイジョウブ、キットヤッテクレルヨ、ガンバハ……と自分をいま励ましております。 

↑このページのトップヘ