Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

青黒を追いかけて

暑さ、連戦、新メンバーとの連係、どんな言い訳を並べても虚しくなるほどの完敗でした。
西が丘にキックオフ45分前に到着したら、なんとスタジアムの半周以上先まで待機列が延びていて、キックオフに間に合うのかと不安になったほどです。間に合いましたけれど。4500人強の観客でスタジアムは満杯。その3分の2はガンバのユニを着ている人たちで、平日の夜18:30キックオフで、しかも台風の影響でなんとも蒸し暑い気候だというのに、なんでまたこんなに……といささか呆れました。はい、もちろん私も呆れられるその一人。
キックオフ15分前にようやく入場できたけれど、もう座ることはあきらめて立ち見の場所に陣取りました。背後にはどこかの大学のコーチかマネージャーみたいな人がいらして、プレイの一つひとつを分析してくれたので、まるで解説を聞いているみたいでした。
そしてその人たちがガンバのプレーを「お、いいね」「さすがプロだね」と言ったのは、、、、、1回だけかな。前半開始5分くらいに小野瀬が突破したワンプレーだけでした。でも、クロスをあげても中には渡邊一人しかいなくて2人くらい法政のDFがついているからもちろんチャンスになんかまったくならず。
法政大学はディフェンスも攻撃もやることが整理されていて、ボールの取りどころ、プレッシング、受け渡し、どれもガンバが見習いたいところばかり。組織的なプレーが魅力的でした。
誰がひどかった、とか、監督の采配が、とか、12人も移籍させたフロントが問題、とかそういうことはどれだけ並べてみても不毛です。
今のチームでやっていくしかない。
ただ一つだけ言いたい。
記念試合、とか、新加入選手の起用、とか、なんか試合とは別のところに気を使ったみたいな忖度采配はもうやめてほしいんだな>宮本監督
本人にはそのつもりがないのかもしれないけれど、新人ゆえの自信のなさか、周囲に忖度しているような気がしてならない。忖度が生まれるのは、まわりを身内で固めているからだ、と私は思います。
フロント、スタッフ、選手を若い(というか子ども時代)頃からよく知っている身内で固めてしまった いまのクラブ運営が健全とはどうしても私は思えないのです。家族経営の企業がつぎつぎと不祥事を起こしたり、経営不振に陥ったりしているのと同じ。ましてや結果がすべてのプロのスポーツクラブなのですから、外部の厳しいプロを入れていかないと、チームにもクラブにも発展はない、と私は思います。

平日の夜、汗をふきながら応援していた4500人の熱心なサポーターのブーイングを、どうぞ前向きな力に変えてください。
何度も言うけれど、いま、ガンバ大阪は10年後にクラブがこのまま存続できるかどうかが問われるところまで来ている、と私は見ています。それくらいの危機感を持って、この完敗を受け止めてほしいです。 
 
IMG_6899

(美しかったのは
法政大学のプレーと満月だけ)

実は家庭でいろいろとあって、ライブ視聴できず。
DAZNでなんとか前半まで見ました。
前半だけの感想だと、「え! ガンバ、なかなかいいじゃない!」です。 
みんな(宇佐美以外)動けているし、連動もだんだんさまになってきました。
でも結果を知っているから、「いいじゃない」とは言えない。
後半を見るのがこわいです。
89分に得点して、90+2分に失点、、、、、、、
何があったのか見るのがこわい。
ドロー沼にずるずるとひきずりこまれていく感じ。

水曜日の天皇杯はどうするのだろう?
おそるおそる西が丘に行ってきます。 

来季からガンバ、セレッソ、FC東京のU23チームが廃止になり、J3への参戦はなくなるそうです。
今季、あいも変わらず不振のガンバにあって、U23育ちの若手の活躍で降格圏からかすかに浮上をキープできていますが、来季は「若手を使えよ!」ということが言えなくなっちゃうわけですね。
その活躍の筆頭が今季からFWで起用され、J3で一気に8得点、トップチームでも3得点をあげている食野選手です。
食野選手、プレミアリーグのマンチェスターシティから完全移籍のオファーを受けて、もう渡英しているとのこと。
ガンバに残っていてもベンチをあたためるだけか、来季はなくなってしまうU23でJ3に出場するしかない、という思いなのかな。
もう優勝だのACL圏内だの望めない今季のガンバにあって、私の楽しみは食野選手の活躍だったんだけれど、それも幻となりそう。
食野選手自身にとってはたぶんいい話なのかもしれない、応援しなくちゃとちょっと思っても、マンチェスターシティ(だけではないが)の「商売」にのっかっちゃうのか〜〜と残念な気持ちのほうが強いです。他国リーグの若手有望株を安い金額で獲得してはオランダやベルギー、はては韓国やオーストラリアのクラブにレンタルし、成功したら高値で買い取りさせる、という「ビジネス」にかき回されるのはなんとも……。 ガンバの不振とJの魅力後退がますます加速する懸念。
U23とはいったいなんだったのか、とくちびるを噛んでしまいます。ま、「功」の部分も大きかったからこそこうやって海外に移籍する若手が育っている、とも言えますが、それにしてもねえ 

ポストをたたいた倉田選手のあのシュートが入っていれば……
高尾選手のあのシュートがもう数センチずれていたら……
審判があの人ではなかったら…… 
2点先行したあとの戦い方がもう少しチーム(ベンチ含む)で共有されていれば……
そして、そして、あんな蒸し暑くなかったら……

でも、でも、私は言いませんよ。
1000試合出場がかかった遠藤選手の交代出場が(2点先行したまま)89分くらいだったら…………なんてことはね。(と言いながら書いているやないかw)

じっとしていても汗が流れ落ち、夜になっても気温が30度という日本の酷暑の中で、90分間どうやって体力を配分し、交代を上手に使いながらゲームをコントロールするか。
ふだん以上に監督には采配の技が求められる季節がやってきました。
昨年、監督交代したばかりだった8月の戦いはドローと敗戦だった宮本監督。今年の8月入ってすぐの試合はドローで幕を開けました。 
前半から後半途中までは、倉田選手のゲームを読む目の確かさと走力、そして矢島選手のエロいパスやポジショニングに何度も唸り、「こりゃ今日は勝てるかも〜〜〜」なんて思ったのですが甘かった。2選手の走りがほんのちょっとずつ遅くなり、ボールコントロールが数センチ甘くなったところからゲームは崩れ始めます。
そのことからも、あらためて思いました。いまのガンバを支えているのは、ベテランでも若手でもなく、ましてや3冠という勲章の宇佐美選手やパトリック選手ではなく、倉田選手と、やや若手でムラっ気があるのが難点ではあるけれど矢島選手なんだと。この2人に、これからのガンバはかかっているのだと。大事にして欲しいです。同時に、自分たちにかかっているのだということを、この2選手にはもっと自覚して欲しいし、まわりの選手も2人に敬意を払って欲しい。頼っておまかせする、というのではない。大事にしてほしい、敬意を払ってほしい。
名古屋戦は「負けていたところを勝ち点2拾った」気分になり、そして一昨日は「勝てたはずなのに勝ち点2落とした」気分で帰り道にたらればを繰り返しました。
あああああ、スカーーーーッと勝ちたいです!!
なので、ヤット1000試合出場おめでとう、は今はお預けにしておきます。

 

 誰(某大国大統領を筆頭に)がなんと言おうと、この地球温暖化は人類の過剰な経済活動によって引き起こされている、だったら長期的に食い止める努力を人類自身がしないと、あと10年のうちに人間どころか動物も植物も含めた生き物が住める地球になくなりかねない、と朝に窓を開けたときにどわーっと押し寄せる熱気を浴びるたびに思います。スウェーデンの16歳トゥエンデリさんを見習って、飛行機の使用をやめるべきなのか……。あ〜でも海外に行くのはやめられないなあ、ああ、老い先短い私が飛行機の便利さを利用するのを許して、と言い訳を探しながら汗をぬぐう毎日です。

梅雨明けしたら、いきなり熱波。来年のオリンピックは大丈夫なのでしょうか?
暑さにめげて、あ〜〜〜もう無理〜〜〜やめておこうと思うことがあります。
その1、就寝前の運動。
昨年、老化を感じることが多々ありました。なんとかしなきゃ、といろいろと調べたのですが、結局老化を少しでも食い止めるために有効なのは、適切な運動と食事と睡眠しかないと知り、まずは就寝前に30分、八段錦と太極拳をやることにしました。旅行中はホテルの部屋の狭さからできない日もありましたが、なんとか毎日30分が無理なときにはせめて15分はストレッチを入れながら10ヶ月間続けてきました。
ところが暑さが厳しくなると、運動がつらい……で、この一週間ほど言い訳をしながら隔日にさぼるようになっています。お風呂上がりにやっていたのですが、太極拳ってものすごく汗をかくので、もう一度シャワーを浴びなければならないことが続いたのもいやになった理由、じゃなくて言い訳の一つ。 
その2、 週3回筆を持つこと
週1はさすがに言い訳とかまったく考えずに稽古に励めるのですが、週3となると頭を過ぎるのが「うーん、今日はさぼりたい」です。で、やっぱりさぼっちゃうこと数回。仕事が忙しいもん、今日は疲れたから無理しないほうがいいし、暑くて毛氈広げるのもいやだ、1回くらい課題提出をさぼってもなんとかなる、とつぎつぎと湧き出る言い訳の泉。でもって、7月はかなと近代詩の課題提出をさぼりましたw
 さすがに仕事となると多方面に迷惑をかけるから締め切りはなんとかクリアしていますが、直接的に迷惑をこうむるのが自分であって、さほど強制力がない趣味や生活習慣となると、やらないことの言い訳を探すほうに一生懸命になってしまいます。 
でもね、そういう言い訳探しをやめよう、と決意したのが50歳のとき。
いまさぼってしまうことが、5年後、10年後の自分に、ひいては周囲に悪い結果をもたらしかねないと思ったら、言い訳をやめて実行しよう、と決めたはずなのです。
1日30分の太極拳も、週3回筆を持つことも、ひいては地球温暖化のために飛行機の利用を自粛することも、 私が自分で勝手に決めたことで、やらなかったとしても、今日明日に誰かに迷惑をかけたり、自分に大きな影響がおよぶことではない。
でも、1年後にはどうだろう? 2年後、3年後にはきっとマイナスの影響が出てくるはず。
今日さぼってしまうと、明日もさぼりたくなり、1年後にはやめちゃうかもしれない。そうなると、悪影響は避けられない。

遠藤ヤット選手がブラジルW杯前に抱負を聞かれて「明日やろうはばかやろう」といったことがあります。ほかの選手が「勝利のために走れる選手に」とか「日本のサポーターの気持ちを背負って戦う」とか言っているなかで、この一言。そのときは笑ったけれど、今ではヤットのすごさはこの一言に凝縮されていると思えるようになりました。
毎日、やろうと決めたことを必ずやる。今日すべき努力を明日に先延ばししない。どんな小さなことでも、今日やると決めたことは今日やる。やらないことを、できないことにすりかえない。言い訳を探すひまに実行する。1ヶ月後に目に見えた違いは出てこないかもしれないけれど、1年後、2年後、3年後にははっきり出てくる、ということをヤット自身が証明しています。 
言い訳するのは簡単です。
「疲れているから」「仕事忙しいし」「眠いし」「1日くらいさぼってもどうってことない」という言い訳の数々が足を引っ張る。
「無理することないよ〜〜」「そんなにがんばってどうするの?」という声も聞こえてくる。
そんな言い訳をふりきって、明日やろうはばかやろう精神で、今日やることは今日やる、と汗をぬぐいながら決意したのでした。

↑このページのトップヘ