Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

青黒を追いかけて

ガンバ大阪1vs アルビレッガンバ大阪1 vs 0 アルビレックス新潟

 PKを決めた宇佐美選手だけでなく、PKゲットした倉田選手、無尽蔵かと思えるほどのエネルギーでピッチを走り回って何回もチャンスをつくった山田&鈴木選手、あぶないところをおさえた一森&中谷&三浦選手、「美技」を魅せたネタ・ラヴィ選手などなど名前をあげると全員になってしまうのだけれど、いまいちだなあと思う選手がひとりもいなかった試合でした。
 ホーム開幕戦で勝利したのは2011年以来だそうです(「ガンバ大阪データランド」調べ)
 ホームでガンバクラップをしたのは昨年の8月以来だそうです。(同じく)
 そもそも勝ったのも昨年8月以来。
 お久しぶり〜〜〜がいっぱいの試合で、喜びもひとしおでした。
 もちろんまだまだチームの試合運びは粗削りで、勝利が確信できるような試合内容ではないけれども、昨年と比べると少しまとまってきたかなという感じがします。でも気を引き締めていかないとね。
 つぎの試合も期待!!

町田 1−1 ガンバ
IMG_7924

行ってきました、東京都の秘境、町田GIONスタジアム。
15000人強収容のスタジアムはメインとバックが屋根付きで、サッカー専用ではないけれどとても見やすい。ゴール裏やアウェイチーム用の座席は一般チケット売り出しとともにあっさりと売り切れだったので、バックスタンドのちょっといい席を購入。まわりは全部町田サポで、グッズを身につけるのはご遠慮ください、というゾーンでした。
久しぶりのガンバ観戦で、昨年に引き続き在籍している選手でスタメンだったのは5名のみ。新加入選手情報については、テストマッチや沖縄キャンプ情報をチェック済みだったので、背番号や名前はわかっていたけれど、生でプレーを見るのはもちろん初めて。まだ走り方や蹴り方のくせがわからないので、識別が困難な選手もいて新鮮でした。
で、試合はというと。
ひと言で言うならば、「一森選手(GK)ありがとう〜〜〜」です。
セーブやフィードだけでなく、ラインの上げ下げから指示出しまで、まだ未完成のチームをよく引っ張っているなと感心しました。横浜FMのような強豪チームのGKをつとめたことで、視野の広さやゴール前の自信も一段とアップしているような。
フィールドの戦いぶりについては、まだまだですね。町田も新加入が多かったけれど、チームはしっかり仕上げてきて、やりたいサッカーがよくわかりました。よく走り、球際強く、ピッチの使い方がうまい。個人技のレベルも高い。ガンバがだらだらパス回しを続けてなかなかゴールに迫らないのに比べると、町田はボールを奪ったら全員がなだれこむ。パスカットも巧み。小気味のいいサッカーでした。
ただ、後半60分をすぎたあたりからちょっとガス欠気味だったかな。勢いがあるのはすごくいいと思うのだけれど、勢いあまって2枚目イエローで退場を出してしまったのは痛かった。
そこで切り替えて守りに徹したところもすごくわかる。GKの時間稼ぎもすごくわかる。だからそこにブーイングするのはどうなんだ、と思います、私は。
1人少ない相手に同点までしか追いつけなかったのは、ガンバのいまの実力だと思う。でも、もう少しガツガツいってほしいな。

行きもバス待ちがとても長かったので、帰りは歩きました。鶴川駅まで70分。下り坂と平地だったから70分で済んだけれど、行きだと上り坂だからちょっときついかも。山の中にあるスタジアムで、前に一回行ったときも日が暮れると真っ暗の中をバス停まで歩くのが怖いだろうなと思った記憶があります(バスは使わなかったけれど)サポーターはとってもやさしくて親切でしたが、スタジアムはちょっと遠くて不便だなあ。
とはいいつつも、久しぶりのガンバの試合観戦は楽しかったです。

 サッカー担当記者による今年のJ1予想順位で、多くの記者がガンバを降格、もしくは降格争いに位置付けています。まあね、終盤の失速具合を見れば妥当な判断? 主力がどんどん出ていくし、あれだけ負けがこんでたのに監督を代えないし、補強も主力抜けたあとを埋めるみたいな感じだし、仕方ないかな。
 と思いつつも、くやしく、さびしい気持ちはぬぐえず。

 同志が10年くらい前、「ガンバは監督が替わっても変わらない。ヤットが抜けたあとに一番大きな変革が迫られるはずだ」といってたのを思い出します。2014年、長谷川監督のもと昇格即三冠を成し遂げたころかな。
 また別のガンバサポが、宮本さんが解任されたときに「ツネさんの最大の業績は大先生(ヤットさんのことを彼はそう呼んでいる)を主軸から外すと断行したことだ。ガンバが変わるためにはどうしてもやらなくてはならないことだった」といっていたのも思い出します。
 ガンバというチームにおいて、それくらい大きな存在だったヤットさんが選手を引退、ガンバに戻ってきました。トップチームのコーチとして。
 サッカー誌記者で「遠藤保仁がコーチになったことがガンバに与える影響」についてふれている人は少ないのだけれど(っていうか私が見てないだけか?)、私は今年一番の「補強」だったと思っています。いや、補強、というよりも、影響かな。ピッチの外側にいても、ヤットさんの影響力は大きい。それがよい風を吹かすのか、それとも空気をよどませてしまうのか。それが私にはいまのところ見えません。
 ヤットさんはクラブにおいても代表においても、監督がめざすサッカーを一番理解していた選手のように思います。監督も監督で、ヤットさんをどう生かすかを考えてチーム作りをしていたんじゃないか(監督はそんなことを認めないけれどね)。とくに西野さんはそうだった。それがあまりにも見え見えすぎて、ときに私は腹立たしかった。いつまでたっても同じスタイルのサッカーをしていることが。長谷川さんも無視できなかった。脱ヤットをはかろうとしてもかなわず、やはりヤットさんを中軸にすえて三冠達成。
 でもヤットさんが何度も繰り返しいっているように、サッカーは11人でやるチームスポーツです。軸となる選手がいても、そのほかがただの駒ってわけじゃない。ヤットさんはそのことを一番よくわかっていたのではないか。
 ヤットさんのあとをつぐ「軸」として宇佐美選手が名乗りをあげ、昨季から7番をつけています。遠藤のあとは宇佐美で、というクラブ側の意向もあるだろうし、もちろん宇佐美選手自身もその自覚があってのことでしょう。でも、ヤットさんと宇佐美選手はちがう。実力や実績が上だ下だ、というレベルではなく、2人はまったく別の選手だし、別の人格です。同じピッチにいたときは、ヤットさんがやはり軸となり、宇佐美選手もその意を汲んで気持ちよくプレーしていて、チームはうまくいっていたように思います。
 それがピッチの内と外に分かれたとき、どうなるのだろう?
 新旧の軸がコーチと選手としてうまく連動し、相乗効果を産んだら今季のガンバは化けるだろうし、齟齬が生じればやはり今季も降格争いかも。
 むずかしいところだな。
 そんなわけで、私は順位予想ができないでいます。でも、ガンバはやはり私にとってたいせつな存在なので、ひと桁順位で予想したいな。

久々にガンバのことなど。
いまNHKプラスでプレシーズンマッチを見終わりました。
キャンプ情報はチェックしていたのですが、知らない選手が活躍していて、開幕戦にそなえて名前と顔を一致させましたよ。
それにしても、ガンバさん、空気読まない。NHKが「新設なったサンフレッチェ広島のサッカー専用新スタジアムお披露目の試合」と何度も強調し、森崎ツインズが解説の席に座り、ピッチでは駒野さんがレポートするなど、広島のレジェンド勢揃いで盛り上げようとしているのに、ガンバさん、前半から飛ばす飛ばす。セットプレーでこづきあう。アラーノも黒川も相手選手を投げ飛ばしそうな勢い。広島さんに申し訳ないくらい激しい。
プレシーズンマッチであり、相手チームの新スタジアムお披露目だけど、勝っちゃいました。申し訳なさ半分、喜び半分のガンバサポです。広島に勝ったのって、同志いわく2022年6月以来だそうです。
新加入メンバーをふくめて目立って活躍していたのは、山田康太、ファン・アラーノ、鈴木徳真、黒川圭介の4選手かな。開幕スタメンのピッチには、この4選手が立つのではないかと。
山本悠樹選手が川崎に移籍して、中盤が心配だったのですが、それを吹き飛ばすくらい中盤での攻撃の組み立てが充実しているように見えました。間、間でボールを受けて、ワンタッチでパスを回すガンバさんに、ちょっと胸が高鳴りました。
でもね、毎年、シーズン前には期待をこめて「今年のガンバは去年とはちがう」みたいなことを書いては、5月くらいにもう「やっぱり今年もあかん」といっていますが、今年こそ期待を裏切らないでほしいな。
開幕戦、vs町田ゼルビア戦のチケットを入手。東京都のはずなのに家から2時間近くかかるGIONスタジアムにいってきます。うーん、プレシーズンマッチの勝利試合を見たあとで、楽しみが増してます。
さてさて、2024年シーズンのガンバは如何に?

山本悠樹選手が川崎フロンターレに移籍し、高尾璢選手がコンサドーレ札幌に移籍したというニュースを見て、今季のガンバを応援するモチベーションが一段下がってしまったところに、遠藤保仁さんが現役を引退して、ガンバのトップチームのコーチになるというニュースを見て、うーん、これはどうとらえたらいいのだろうか、こんどはもやもやが止まりません。
私が一番恐れているのは、開幕からまた連敗を続けて、5月くらいに監督解任、暫定的にヤットさんが監督にとかなることです。そんなことはぜったいにないと言ってくれ、誰か、じゃなくてフロントさん。
応援するかどうかはともかく、補強や選手の入れ替えを見ていると、なんかなあ、迷走している感がぬぐえないです。
今季はまた降格枠が広がるんですよね? 試合数が増えるんですよね?
それがどう影響するのだろうか?
降格するんじゃないかというハラハラをもう味わいたくない。

とりあえず、リーグ開幕戦は現地観戦します。
吹田スタジアムに行くより時間がかかりそうな町田のスタジアムなんだけれど。

↑このページのトップヘ