Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

青黒を追いかけて

試合前からドキドキしていました。
一つは、同志から「ヤットが先発を外れるらしい」とメールが来たこと。そして「堂安がFWで先発らしい」とも。わ、遠藤、今野、アデミウソンという中心選手を欠いて、いったいどんな試合になるんだろう? でも、このドキドキは楽しみな胸の高まりでした。
もう一つは、ガンバのサポーターグループがナチス親衛隊SSのシンボルマークに酷似したマークを使用し、その旗をセレッソとのダービーマッチで降っていた、というとんでもない出来事を受け、ホームでもアウェイでもスタジアムで当分の間フラッグや弾幕の掲出を禁止する、とクラブ側が通達を出したことによるドキドキです。ゴール裏の雰囲気はどうなのだろう? お客さんは入るだろうか? こちらは不安のドキドキでスタジアム入りしました。
IMG_7131

試合結果はご存知の通り。キックオフ直後から、全員が躍動し前線は藤本を中心に前から追い込んでプレスをかけ、ボールを奪うとほぼ瞬時に前を向いてゴールを目指す、といういいときのガンバの攻撃が機能していました。レフティが3人もいるって(藤本、藤春、堂安)いいもんですね。
守っては井手口が躍動。ちょっと早めに飛び込みすぎなところはあるし、ボールの奪い方も明神さんよりせいてはいたけれど、すばやく奪って、即座に攻撃に移る姿勢は、ガンバのサッカーの進化形を体現していました。先取点はその姿勢が実ってまずは井手口。
そして攻守のバランスをとり、前線とディフェンスラインのつなぎ役として倉田が非常によく効いていた。 いつもの運動量をキープしながら、試合運びの緩急をうまくつけている姿を見てうるうる来ましたよ。4年前に「ガンバの未来は倉田にかかっている」と書いた記憶があるのですが、やっと、やっと、やっと、倉田の時代が来たな、と心震わせました。
この試合は全員にMOMをあげたいところだけれど、私の目に光ったのは泉澤でした。ドリブルで仕掛ける選手が倉田くらいしかいなくてもどかしかったのですが、そうか、倉田とは違うタイプで仕掛ける選手が現れた! と興奮しました。ボールを持つと、何かやってくれそうな期待感がふくらむ選手です。6−0とした後半残り10分。いつものガンバだったら押し込まれているうちにポロっと失点してサポをがっくりさせてしまうのですが、最後の最後までクリアボールを拾ってドリブルしていき、前線に繋げる泉澤に危うく惚れてしまいそうでした。いや、惚れたっていいんだけれどね。
そして翌日にもう一度試合を見直したら、藤本が攻守にものすごく効いていた! ポジショニングよし、パスの展開よし、プレースキックの選択肢もヤットさんにはないものを持っていて、さすが! の一言。移籍して1年半。藤本の進化と真価を見ましたよ。
ほかの選手もみ〜んなよかった。スタメンデビューでJ1初得点の堂安、やはりガンバでのスタメンデビューで精力的に走り回った赤崎。「超惜しい!」チャンスをつぎは決めよう! J1初得点で無失点に押さえた三浦、ほぼノーミスで攻撃参加やフォローもすごくよかったジョンヤ、驚くほどパス精度が上がっていたジェソク、囮になる技も出してきた藤春、 もちろん神セーブ2回の東口。(交代選手は割愛)
ガンバ6得点の平均年齢は21.8歳(20+25+28+18+2+18➗6)。若いですね〜〜〜 世代交代の光が少しだけ見えてきました。
IMG_7132

さて、もう一つのドキドキについても書かねばなりません。それはガンバサポであることを公にしているものの義務だから。
今回SS酷似マークを使用したサポーターグループについて、その存在はもちろん知っていました。スキンヘッドにグラサンのリーダーは目立つし、グループの人数も多くてそろって目立つ外見なので存在は目に入ります。ただ、言い訳に過ぎませんが、問題の旗にもエンブレムにもまったく気づいていませんでした。気づいていないからといって、ガンバサポの一人としてゴル裏にそんな旗が掲出されたことを「私は知らなかった」で済ませてしまうわけにはいかない。
もちろん、恥じています。ガンバサポとしても、そしてJリーグファンとしても、サッカーファンとしても、本当に恥ずかしく忌むべきことだと思っています。だから、6得点で盛り上がった試合後もどこか「わーい!」と手放しで喜べませんでした。 
今回の件への対応で、私が違和感を覚えたことが2つあります。
1つはクラブ側からの「掲出したサポーターグループに「い政治的意図はなかった」というコメントです。
え? どういうこと? と目を疑いました。メディアでも、ナチスがどんなことをやったのか知らないという無知ゆえの愚行、とか書いているところがあって、おいおいおい、ちょっと待て、あのマークをエンブレムや旗に使って振り回している時点で、政治的意図もあれば歴史の知識も十分あるでしょ。ナチス親衛隊を「かっこいい」と思って、あのマークを使った。その時点で十分すぎるくらいの政治的意図があり、意図を表明してのあのシンボル使用でしょ。だから「無知ゆえの愚行」では決してない。意図的な犯行です。しかも、クラブ側から再三注意を受けてきたにもかかわらず、使い続けた、とのこと(メディア情報だけれど)。もうどんな言い訳も通用しないし、許されることではありません。
単に人を不愉快にさせた、騒がれてクラブやチームや他サポに迷惑をかけた、罰金や罰則、わーたいへん、とか、そういう次元で話を終わらせないでほしい。今回の事件は「スポーツと差別と政治」の今後を、ガンバだけでなく、またサッカーだけでなく、スポーツファンだけでなく、日本社会全体が話し合って考えていくべき大問題だと思います。
2つ目の違和感は、応援旗や弾幕、ゲーフラがなくなったガンバゴル裏の風景が「さびしい限り」と書いているメディアが多かったこと。枕詞ですか? というくらい「さびしい」の連発。いやいやいやいや、現場にいた私は思いましたよ。「なんだ、旗とかなくても十分に盛り上がるじゃないか」
もちろん応援旗もゲーフラも大好きで、スタジアムを彩るし、選手も励みになるだろう、と思っています。でも、だからと言って、それがスポーツの応援のすべてではない。というか、応援のほんの一部だと思います。ゴル裏は手拍子とチャントで大いに盛り上がったし、とても楽しめました。スタジアムの一体感も少しも薄れていなかった。むしろ、メインやバックのお客さんとの一体感をよけいに感じました。
これまた、応援旗や弾幕を掲出するかしないか、という次元に止めることなく、スポーツ観戦のあり方自体を考えるきっかけとなってほしいです。
よく「スポーツと政治を切り離さねばならない」と言われます。それはスポーツの現場において政治について語らない、ということではないのです。スポーツと政治がどういう関係であれば、スポーツをする人も、見る人も、気持ちよく楽しめるか。そのためにスポーツと政治の関係の「負」の側面についても表に出して、口に出して、議論をしなくてはならない、と私は強く思っています。コアサポ(→なんだよ、その言い方、といつも思う)のやったことだから、ガンバのサポーターって本当によく問題起こすよね、とそんな風に矮小化して、我存ぜぬで済ませていいことじゃない。
今回の「事件」を、一サッカークラブの問題として片付けることなく、深いところまで掘り下げて考え、話し合うことが、これからのスポーツ界、そして大げさかもしれませんが日本社会にとって必要なことではないでしょうか。
事件がガンバ史に汚点を残したことは間違いありませんが、それを少しでもプラス(正)の方向に変えるために、1サポーター、1サッカーファンとして以上の頑張りが必要だな、と心しています。
IMG_7178
ガンバクラップもいつも通り。ヤットさん、見えてますよー、そのやる気なしなしのクラップが。

 

酷い内容の、酷い試合でした。
それしか言いようがない。なめている、とか、怪我人やコンディション不良の選手が多くて、とか、前線に迫力がないから、とか、そんな言い訳はまったく些末なこと。問題の芯のところが露呈されたのではないでしょうか。
この際はっきり言っちゃいます。
ガンバは幹が腐っている。
枝葉をいくら挿し木したって、幹が腐っているんだから育ちやしません。
J3のU23の目を覆わんばかりの酷さを見ても、いい若手が育っているとはとてもじゃないが言えない。
「ガンバのサッカー」の幹の部分は、もう空洞なんです。見かけだけはつくろえても、このまま放置したらいずれは根も腐ってくる。
そう、根はまだ腐っていない、と私は信じています。
2013年、なんとか養生して、根からちゃんと栄養を与えたことで、2014年には三冠達成できました。でも、あくまでも養生だったんです。養生は十分に功を奏したし、葉をおい茂らせることができた。
でも、それから2年。根に栄養を与えずに、すでに幹の中身は空洞になっているのに、太い枝を払うことなく、ただ養生だけをして外側の体裁を整えることに汲々としてきた結果が今だと思います。
世代交代をしながら成績を出す、ということのむずかしさはわかります。
でも、ガンバの次世代を支えるはずの若手があまりに迫力不足なのか、アカデミーも含めて考えるべきではないでしょうか。次世代の幹となるべき選手が見当たりません(森選手にはちょっと期待しているけれど)。せめてしっかりとした枝でもあればいいのだけれど、それもいま一つ。
まずは「幹が空洞」であることを全員で認識してほしい。同時に、根がまだしっかりしていることに自信を持ってほしい。
その上でどうすればしっかりとした幹を根っこから生やしていくのか。
クラブがそれこそ総力をあげて、早急に取り組むべきではないでしょうか。

その意味で、浦和戦、広島戦、そして特に昨晩の江蘇戦を前向きに反省し、これから5年後に振り返ったとき、ああ、あの試合が分岐点だったね、と言われるようにしてほしいです。
ここから上がっていくのか、それとも泥沼に足を踏み入れるのか、本当に分岐点ですよ。
 

IMG_7051
(途中であくびが出そうな内容でしたが、目が覚めたのは泉澤仁選手の鋭いクロスとシュートでした。仁くん(いきなりタメ口)、いいねー! 期待しているよっ。足を滑らすことが多かったけれど、それはきみだけじゃないから。それにしても芝、大丈夫なのかね。怪我人が増えそうでこわいです)

はいはいはいはい、負けましたよっ💢 
しかもつまんない試合で。
しかも17位で今季勝利がまだなかったチームに、初勝利を献上。
しかも無得点で!

何がご不満かって、攻撃の迫力がまったくないことです。
相手にとって「こわい!」と圧力をかけられる選手が一人もいなかったです。
なんでシュートを打たない! なんでラインを下げる! なんでそこで横パス!
そんなんばっか。
迫力とか圧力とか、そういうものがないと点って取れないんじゃないですか?
だーらだーら、ちんたらやっていても、点は取れませんよ。
かつての監督がおっしゃった一言が身にしみます。
「いつか取れるだろうと待っていては決してゴールは生まれない」
昨年からそんな試合ばっかで、これじゃね、観客も集まりませんよ。
ま、そんなに簡単じゃないってわかっていますけれど、ついシロートは疑っちゃうんですよ。
ねえガンバさん、シュート練習してる?

そして火曜日にはACL。引き分けでもグループリーグ敗退ですよ。
崖っぷちに立ったときこそガンバは強い、と信じておきます。

 ゴール、ゴール、ゴール!! 決めろよ!
ゴール、ゴール、ゴール!! ぶちこめ!

日本代表<<<<ガンバの人なので、代表戦にはさほど力が入らないのですが、今回は久々に今野選手と倉田選手が選ばれたので、録画までして見ました。
まずUAE戦は今野選手の一人舞台と言っていいほどの素晴らしさ。ガンバでの素晴らしさとなんら変わらなかったので、「日本の方々、これが今野大魔王@ガンバですよ」と叫びたい気分でしたね。すごい選手ってどんどん高みに登って自分のピークをもっともっとあげていくんですね。ほんま、すごいわ。
そして倉田選手、これまたガンバでの活躍がそのまま日本代表戦でも生かされた、という感じでした。本人は物足りなかったかもしれないけれど、でも20分という時間で持ち味が発揮できたんじゃないでしょうか。
しか〜〜〜し、なんというか、UAE戦はともかく、昨晩のタイ戦はどうなのよ。川島選手の好セーブにひたすら救われ続けるというのはどうなんだか。

こないだから英国のスポーツ社会学研究者が書いた「グローバリズムとフットボール」という本を読んでいます。そこには21世紀に入ってからサッカーの世界では東アジアと東南アジア諸国の台頭が顕著だ、と何回となく日本と韓国の例が引かれています。グローバリズムによって経済的に豊かになった国が、同じくグローバリズムによって大きな資金を集められるようになったサッカーに資本を投下し、国際試合で「国力の示威(ナショナリズムの発揚)」に利用している、というのが研究者たちの意見なのですが、その筆頭に上げられているのが日本と韓国。
そして2010年以降はそこに中国をはじめとするアジアの国々が入ってきているわけです。 グローバリズムの流れは変わらないとしても、「アジアの先進国」として息切れ気味の日本と韓国は、サッカーにおいても揺り戻しがきているのかもしれません。新しい勢力が台頭していく中で、相対的に力が落ちていくのは避けられないのかも。ACLを見ていても、差は縮まって来ている、どころか追い抜かれているんじゃないかと思うことが多いです。
そんなことを考えながら見ていた代表戦。日本代表も「新しい世代」を入れることで相当な活性化をはからないと上(欧州勢)に追いつくのはもちろん、下からの突き上げが厳しいんでしょうね。

 



やっと浦和戦について書く元気が出てきました。その前のACLで書く元気がすっかり失せてしまったみたいで。
前半、浦和9本に対してガンバ0。もうこれだけで萎えました。後半、ちょっと持ち直したところで今野選手の豪快なヘディング。これは浦和の3バックをうまく利用できたように思います。
その後、攻められ続ける中、藤ヶ谷GKが怪我、というアクシデント。なんと田尻選手が途中交代でJ1リーグ初出場となりました。不安、というよりもワクワクしましたね。こんなチャンス、そうそう転がり込んでくるわけじゃない。田尻〜〜歌が上手いだけじゃないことを見せたれ!とか叫びましたよ、一人で。
ところが、その後セカンドは拾えなくなるし、ラインはペナルティエリアの中まで入ってくるほど下がる下がる。3バックじゃなくて7バックくらい。だからセカンドは拾えない、攻撃に行くなんてとんでもない、という状態。
そこで起きたハンドでしたが、あれだけペナリティエリア内に人が密集していたら、そりゃハンドも起きますって。これまた3バック➕新人GKの不安が産んだ当然の結末かな。
終わってみれば引き分け。これをどう捉えるか?
同じ3バック同士。でも試合の内容はずいぶんと差がありました。去年から感じていた浦和とのチーム力の差がますます広がっているような嫌な感じがしていますが、少なくとも去年の埼スタの惨殺劇を見ないで済んだだけでいいとしなくちゃいけない?
W杯予選のためにしばしJリーグは中断。けが人が早く戻ってきますように。
 

↑このページのトップヘ