Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

青黒を追いかけて

試合が終わってからいままで、ちょっと冷静さを失っていたので仕事をしながら気持ちを鎮めようとしました。

今夜はこの試合について書くのはやめよう、感情が先走ってとても汚いことを書いてしまうから、と自分をいさめていたのですが、やはりこれは今日中に書いておいたほうがいいと思いました。記憶が鮮明で、この怒りを変に理屈をつけて鎮めてしないうちに書いておいたほうがいい。

直接的な怒りは、ボールではなく相手選手の身体を削りにいっていた中国選手たちに向いています。とくに安田選手に対するGKのあの飛び蹴りは許せない。ボールはぜんぜんちがうところにあったのに、なぜあんたはまっすぐ安田に突進していったのか? しかも怪鳥のように四肢を広げて。ミチ(安田選手のこと)の容体がわからないのでいまはいえない、と思ったけれど、負傷退場させたこと自体、とてもじゃないが許せない。しかもそういうGKがなぜイエローカードで、しかもカードが出ただけでなぜ審判に抗議する?

今日はスポーツの試合ではありませんでした。スポーツというのはルールがあるからこそ成立するものです。ルールがないなら、単なる暴力でしょう。そして重慶のピッチでも、スタンドでも、繰り広げられていたのは一方的な暴力でした。

つぎの怒りの対象はJFAに向っています。

もしJFAと岡田監督が、この選手権の主催者と中国サッカー協会に厳重に抗議して、謝罪させるなりしないのであれば、私はJFAにがんがん抗議の電話をするね。

ハンドボールの試合のときも、政治がからんでややこしいという話を読んだけれど、やっていることがあまりにもせこくて笑えるほどでした。政治ってスポーツの場になるととたんに子どものケンカ程度のレベルになるんですか? いや、子どものケンカのほうがまだルールにのっとって行われている。

「ギョーザ食って親善大使になれ!」といった川★さん。こんな試合をやる大会のどこが親善になるんですか?

むしろ反中国、反日感情をひたすらあおるだけだと思う。

ああ、いやだいやだ。サッカーの試合という仮面をかぶったどろどろの汚い暴力シーンを見せられて、ほんとに不快。

あとはひたすら、安田が「だいじょうぶだP」とか笑顔でブログを更新してくれるのを祈るばかりだ。

GK 川島

DF(右から)内田 中澤 水本 加地

MF 鈴木 遠藤 

羽生        山岸

  田代  播戸

 

 Bチームなんていわれてます。

 失礼な(怒)

 でも、初キャップ 初スタメンが続々。前半はリズムに乗り切れず、パスはまわらず、失点してからもっと動きがぎごちなくなってました。

 でも後半に播戸→前田、山岸→安田とメンバー交代すると、これがあたって全体の動きがよくなり、安田がしかけて左サイドを突破。あげたクロスをGKがはじいたところ、飛びこんだ前田がGOAL!!

 ほっとしました。

勝手に採点

川島 5.5 安定感はいまいちながら、初キャップにはりきっている様子ありありでかわいい(ハートマーク)

内田 6.0 パスミスをなくしてほしい。あとクロスよりもシュートを打ってほしい。でも上下動は○

中澤 5.0 試合のはじまりに失点したのは×。でもあとは落ち着いていた。もっとできたはずだけど。

水本 5.5 たぶん初スタメン。最初は硬かったけれど、慣れてくるとテセをすっぽんマーク

加地 3.5 見てられなかった。いろいろな意味で、加地の左サイドはいたすぎる。

鈴木 4.5 シュート、パスどれをとっても今日の啓太は......。

遠藤 5.0 5分に1回気を抜いていた。前半のヤットは観戦者みたいだった。やる気がなかったのかね?

羽生 5.0 空回り。リズムに乗ることはできても、リズムをつくる選手ではない、ということがわかった。

山岸 5.0 うーん。「距離」というのが彼の課題のような気がする。私はどうも山岸のよさがわからない。

田代 6.0 私は気に入った。特に後半。あともうちょっとシュートを打てれば、脅威になると思う。ヘディングだけじゃない。

播戸 5.0 空回り。ポスト役だったのだろうか? 裏に抜けるパスが少なかったし、マークされるとたちまちシュートの精度が落ちる。もし西野さんが今日の試合を見ていたら、すぐにハワイから中国に電話をかけて怒りそうだ。

安田 6.0 今日の安田はいい安田。やったるでー! うっちーには負けへん。俺はもってる男や! という気持ちがプレイ全面に出ていた。実際、仕事したしね。もし西野さんが今日の試合を見ていたら、すぐにハワイから中国に電話をかけて「口だけやないな」といいそうだ。

前田 6.0 得点した。それ以外にも、田代のスペースを上手に使うことができていた。でも......へんな言い方だけど、どうしてこの人ってプレイが暗いんだろう?

 重慶のスタジアムを見るのはこれが3度めなんだが、一度たりとすっきり晴れて明るかったことがない。夏は地獄のように暑そうで、冬はじっとり湿って寒そうだ。雰囲気も悪いし、前に浦和だかの選手が「のどが痛くなり、鼻をかむと黒いものが出てくる。あそこには二度と行きたくない」といったのがわかるなぁ。

 

 

そりゃね、ガンバサポを自認する私としてはガンバつぶしか?と言いたくなる。

私が社長なら「いやだ、出さない!」ときっぱり言ってやる、と思っていたらやっぱり言っていたのね>ガンバ大阪 佐野泉社長(私個人的には、にしのんよりも泉タン(→失礼ながら私は親しみをこめてそう呼んでいる)のおかげで現在のガンバがあると思っている)

そんなに浦和にタイトルをとらせたいのだろうか?

「選手はギョーザを食って親善大使になれ」とまたもや失笑発言したキャプテンと臣下たち(そんならおまえらが100個食え!)は、たぶん浦和以外のJリーグのチームはどーなったっていいのだろう。以前にのたまわったように「(日本サッカーの恥だから)ガンバなんて消えてなくなれ」(→信じがたいけれど、ウソではありません)とキャプテンはいまも思っているにちがいない。

いや、これは私がガンバサポだから熱くなっているわけじゃない。去年の川崎フロンターレがJリーグと協会にさんざんいじめられているのを見て思ったのだ。

そうか、日本サッカー協会やJリーグがJのチームをつぶすのはいとも簡単なんだ。でもそうやってチーム(浦和のライバル)をつぶして、あとにいったい何が残るんだろう? 

上位チームだけが優勝する仕組みをつくったセリエAがどうなったか? 

日本らしいサッカーのスタイルを確立する、といったオシムさんが日本代表のチームづくりでやろうとしていたのは、あくまでもJリーグのチームを基盤として多様な才能を集め、切磋琢磨しながら日本サッカー全体のレベルアップをはかることによって、ではないか? 

ガンバから今回主力とされる7名が代表に招集されたわけだが(それもワケのわからん、意味ほとんどなしの試合。ギョーザを食って、アメリカ横断ツアーをするだけといってもいい)、この7名がJリーグの開幕スタメンに出場できる見込みは当然ながら低くなる。橋本と播戸のポジション確保はかなり厳しいだろう(橋本のかわりに倉田か武井になるだろうし、バンちゃんはもともとサブの上に、今年は山崎がバンちゃんにとってかわりそうだし)。安田や寺田だってせっかくつかみかけたレギュラーポジションを失う可能性が高い。一度もガンバに顔を出してもいない水本は、たぶん開幕スタメンはないだろう。かろうじて遠藤と加地は出られるだろうが、それだって代表招集が続けば若手にとって代わられることも十分考えられる。Jリーグがあくまでもベストメンバー規定をふりかざすのであれば、おかしなことに代表選手のJリーグ出場はもっと厳しくなる。だって代表選手抜きでチームを組まざるを得ないし、それがウチの主力ですから、ほらちゃんと8名出します、といわざるをえないわけだから。

もっといえば、代表選手がJの試合に出場できない状態が続いたら、日本代表のレベルだって低下しないか?

もし日本代表の試合にもっと観客動員をはかりたい、と本気で日本サッカー協会が思っているのなら、(浦和以外の)Jリーグのチームを無視した代表優先の日程は組まないことだろう。

だって、いまやJリーグに足を運ぶ人たちこそ「ウチの選手が出ているから」とか「(Jリーグに通うくらい)サッカーが好きだから」というので日本代表の試合にも行くのだから。

それにしても腹立つ。重慶の試合なんか、ぜったいに見ないぞ!(といいながら見ちゃうんだろうけれどね)

そこまでガンバをいじめるのであれば、せめてパンパシフィック大会のTV放送くらいはしてくださいよ!

このブログでも長々と書きつづった家長くんへの思い。

大分に移籍して、ため息を10回くらいついてからやっと「それならがんばってこい! でも道は厳しいよ」と気持ちが切り替えられた...はずだったのに、なんと昨日の練習で大けがを負ったらしい。

おいおいおい、移籍したといっても、保有権はガンバにあり、いつかガンバに帰ってくるはずの天才だったんだぞ。

と、大分に怒りをぶつけてもしかたない。怒りたいのは大分のほうだろう。やっと獲得したと思ったら、開幕前に大けが。全治6か月。プランが大いに狂ってしまうだろう。

とにかく、あせらず、でも早く治してあのぐりぐりドリブルをまたピッチで見せてほしい。北京は絶望的、とかいわれているけれど、いまからあきらめないでほしい。

まだまだチャンスはいくらでもある。21歳なんだから。

 

ワールドカップ2010。

いよいよ予選が始まりました。

もちろん行く予定にしていましたが、朝から降っている雪を眺めながら、迷う迷う。

寒いよなぁ。

相手がタイだしなぁ。(タイの方、ごめんなさい。悪気はありません、たぶん)

第1戦だしなぁ。

先は長い。

それにしても寒い。

でも、せっかくだからと気を取り直して、行ってきました。

手作りのお弁当(肉じゃがと春菊のごまあえと卵焼き、そしておにぎり)、魔法瓶に詰めた熱いほうじ茶をもって。いったいどこへ行く気ですか? 私は。

浦和美園駅は代表戦、しかもW杯予選の試合があるとは思えないほど静かでした。浦和戦のときの3分の1くらいのにぎわい。平日の夜。雪が降っていて、しかも埼玉スタジアム。これは人が来ないでしょう。案の定、3万5千人でした。

私の座席の周囲は人がいなかったです。ゆうゆうと3席くらい使って荷物を置き、毛布にくるまり、ホカロンを使いまくって観戦。雪がかからないところだったので、意外にあたたかく見られました。試合もそこそこおもしろかったし。あらためて、日本代表は遠藤さんのチームだということを確認しました。

なまいきに採点しちゃうと(10点満点)

川口 5点(ずーっとペナルティエリア近辺で体操しているだけだったから、可もなく不可もなくでこの点数。タイのあのミドルは彼の責任ではない。あれはとれないでしょう)

中澤 6点(得点したし、今日は守備の必要がなかったからかなりあがっていたのはniceだけれど、失点のときにただぼんやり見ているのを目撃したので減点)

駒野 6点(うーん...たぶんよかったんだと思うけれど、後半は消えていた。加地スケールからすると、今日の駒野クロスは7点)

内田 7点(よかった。後半はとくに。ケンゴ、ヤットとのダイレクトパス交換がすてき)

鈴木 6点(今日は闘莉男(→あってる?)がいないんだから、もっと前でプレイしてもよかったのに)

阿部 6点(地味だった。でもボールがあるところにからんでいくのがうまかった。勘がいいんだな。気持ちいいくらい。あべちゃんにもFKをけらしてあげようよ>ケンゴ&ヤット)

中村ケンゴ 6点(目立っていたし、最後まで運動量が落ちなかった。でもマークが厳しくなった後半はたびたびボールを失って周囲をひやりとさせていた。もっとできるはず。ミドルの練習してほしい)

遠藤 7点(今日はいい面がいっぱいでていた。よく走っていた。びっくりするほど。ガンバでもあれくらい、とまではいわずとも、8割くらいは走ってください。ゲームコントロールとはこうするんだよ、というのを今日のヤットに教えてもらいました。FK決まってよかったね)

山瀬 8点(そうなんだよ、山瀬くん。足りないのは自分で勝負すること。今日、それをやっていたのは山瀬くんだけでした。内田くんはやろうとしてびびっていた。あの起死回生の2点目は山瀬くんの得点です。山瀬くんがボールをもったときだけ、点のにおいがしました。今日の山瀬くんは、10番の意味をよくわかっていました)

大久保 6点(うーん......前半はボールにあまりさわっていなかった。高校選手権のときから、私は大久保のFWはあまり好きではなかった。背負ってナンボの選手じゃないから、ついうろうろしちゃう。でもって、ボールを引き出すのがヘタだから、クロスにうまく合わせられない。性格的なものなんだろうか。彼が生きるのはフリーでボールを持って、自分でごりごりしかけられるサイドではないでしょうか? 右ウィングあたりがよさそう。誰と組み合わせても、FWの大久保くんが輝いているのを見たことがありません。でも得点したからとりあえず2点増し。点がとれていなかったら、4点)

高原 4点(うーんうーんうーん......こういう高原は見たくない)

というわけで、ジツカワが選ぶ今日のMOMは山瀬くんです。

ところで、今日みたいな日にサッカーの試合を見に行くのは、はっきり言ってアホだと思います。そう、私はアホです。自虐的ではなく、自慢げに言ってるんですけれどね。

でも、2000年ごろには日本代表戦、しかもワールドカップ予選となれば、そりゃもうたいへんでした。雪が降ろうが嵐が来ようが、熱を出そうが仕事が押していようが、あらゆるものをふりきって出かけて行ったもんです。

それが8年たつと「アホです」といってしまう私と世間の風潮。ガンバの試合だったら、台風が来ていても出かけていって「これこそ本物のサポ」とか胸を張るのにね。

代表<<<応援しているチーム、というはかりにかけるようなことはしたくないけれど、Jリーグのサポを代表サポとして同じ熱意をもって応援してください、と取り込むのがむずかしくなってきたかな、という印象をもちました。よほど大きな試合でないと、なかなか集客できない。それでも3万5千人も集められるんだから、いいじゃないか、というのは甘い? 浦和レッズの試合よりだいぶ下回るけれど、予選の第1戦としてはまあまあではないかと。

↑このページのトップヘ